2018.04.21 23:57|鶏肉、肉、魚
ほぼ毎日のように食べている私の大好物があります。
それは鶏のひざの軟骨。
酒、みりん、醤油で煮て食べます。

180303_1811~01

これを食べていると、スムーズに身体が動くし、とても元気でいられる感じ。
というのも、器にいれてさめると汁が固まっているので、コラーゲンが豊富
とわかるし、コリコリしてとてもおいしいのです。

「コラーゲンが豊富で、美肌効果がある上、コレステロールを下げるといった効果も。
B1、2、6、C、E、パントテン酸、カルシウム、マグネシウム、、リン、葉酸、レチノール」
軟骨はすごい栄養豊富のようです。
(軟骨にヤゲンというのもありますが膝の方が好き)

骨は栄養豊富、というのを知っていたので、なんとか食べられるものがないか?
色々試して、それで見つけた食べやすいものが、鶏の軟骨でした。
オカメ様もこれが大好きです。(共食いか~?)

で、ぼちぼち色んな人に、鳥の膝の軟骨をすすめています。
膝がギシギシの人にすすめてみたら、スムーズになり痛みがとれた、、と。

ただ、この軟骨はどこにでも売っているわけじゃないので、買ってまで食べる人は
意外と少ないかも、、で、売ってる店を探す必要が、、。

以前も書いたように、人のご先祖は動物の食べ残しの骨の髄液を食べていた、
ということらしく、それを知ってからは、そうか、何かそれに近いものはないか、、と、
色々食べてみて、試してみて、これが食べやすく、好き、、となったのでした。

180422_1018~01ダシを取ったあとつくだ煮に

人の身体の構造は、原始時代からそんなに変わっていない、といいます。
それなら、人に一番あっている食が、肉や動物の骨に近い部分、、と思います。
これは、ゆるい糖質制限をしている私の根拠にもなっているのですが、、、

最近、人類誕生というテレビを見ました。

人類の祖先とされている、ホモエレクトス、からホモサピエンスに移行する
その暮らしをCG映像でみることができ、とても興味深いモノでした。

動物の死骸にむらがるハイエナを追い払って、骨をとってきて、
石で骨を割って、髄液を食べるホモエレクトス。
道具を使うことをその頃から始め、それは食べもののためだった、、と。

ホモサピエンスになると、狩りをはじめています。
動物は体温が上がりすぎるため、長距離を走れない。
人は体温が上がりすぎないので、長距離が走れ、持久戦で動物を狩ることができた。
、、と番組ではいっていましたが、
穀物の栽培を始める前は、人類の主食は肉食だったのですね。



ホモサピエンスが、氷河期に入って、人口が激減した時に、
海に移動していき、そこで未知の貝を食べることで、生き延びた。

結局、生きていくための食べものの戦いで、人はたまたま生き残れ繁栄できた、、
食が生きていくための、全ての原点なのもうなずけます。

この後、穀物栽培に入っていくので、まず人類はメインは肉食だった、ということです。
そして、原始人と今の人類とは大きく違うわけではなく、
「今後も、生物学上人類の進化は止まっており、今後人類が100万年生存していたとしても
今の人類とほとんど変わらない」(スティーブ・ジョーンズ教授)
、、、のだそうです。

そうなると、やはりどう考えても、肉食(タンパク質)は必要、ということになります。
だけど、多人数を養うためには、穀物食がないと維持できない。

アメリカで菜食主義が盛ん?なのも、みんなが肉食をすると
肉が足りなくなり困るから、そういった運動が進められた経緯がある、という説すらあります。
そもそも家畜は穀物を食べているわけですし。

これはとても難しい問題です。
いつだって、食は生きていくための一番むずかしい問題でしょう。



東京老人総合研究所という機関で、追跡調査したデータによると、

1.納豆、豆腐は食べるが、肉、魚、乳製品は摂らない
2.菜食中心だが、卵や乳製品は食べる
3.肉や魚を週に1~2回は食べる
4.肉や魚を週に3~4回は食べる

という4つのグループに分けて追跡調査した結果

「1.は70歳前後で亡くなっており、ほとんどの死因は脳卒中か肺炎。
で、早死にする順番に2.3.と続き、4.が最も長生きだった。」、、、とのこと。

やはりねえ、、
それが人類の本来の食性だから、当然と言えば言えるのだろうな、、と思います。

色々な問題はあるとしても、私は一人暮らしなので、
健康に気をつけて、食べ物にも気をつけて、できるだけ元気でいないと、
誰にもみてもらえないので、真剣です。

元気でいるために、生きていくために何が必要か、、?

寝たきりになる人は、アルブミンが足りない、とよく言います。
アルブミンは600個のアミノ酸からできた、小さなタンパク質。

180421_1859~01スペアリブも好き

ギリギリまで元気で突然亡くなる、そういった最後が理想です。
バレエに来ないわねえ、、といっていたら、亡くなっていた、というのがいいなあ、、

男性では、そういった亡くなり方をする人の話を時々ききましたが、
女性は長く患う人が多かった気がします。
でも、最近は女性も、そういった亡くなり方をする人もチラホラ出ています。

そのためにも?ギリギリまで元気でいたいので、肉や魚を食べよう、、と。
もっとも、大量に食べれるわけではないですが、、

まあ、肉食について、色々考えすぎると生きていけないので、
できるだけ元気で健康に過ごためにも、
肉や魚や卵の、他の命に感謝して、ありがたくいただこうと思っています。

植物だって生きているのだから、命をいただいているのは同じです。
植物や動物を食べることで、人は生きている。
太古の昔から、人が生き抜いてきたように、、



今日のオカメ様  アタシも鳥とはいえ、じつは肉食もやるのですよっ
180421_1901~05




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活





スポンサーサイト
2018.04.16 00:25|園芸、造園
この前、シルバーの実習で個人宅に行かせてもらいました。
庭仕事で出た、枝や葉をゴミに出せるように、まとめる方法を教えてもらったのです。



知らなかったのですが、そういったゴミは全部各家庭のゴミの日に
ご自身で出さないといけないそうです。
なので、高齢の一人暮らしだと、その方が自分でゴミを出すので、
出しやすいように、枝を同じ長さでまとめて縛って、細かい葉やゴミは
出しやすい大きさの袋に入れておくのです。

一回に出せるゴミも3袋まで、と決まっているそうです。
なので、何回かに分けて出さないといけないので、出しやすい形にしておく。

今回行ったおうちでも枝の束もゴミ袋も、それぞれ10づつくらいは出たと思います。
けっこう時間がかかる作業にびっくり。
学校ではゴミは全部山にしておき、車でまとめて回収してもらっていたので、
剪定等した後のゴミ出しに時間がかかるんだ、、というのがわかりました。

で、そのお宅で、夏みかんがたくさんころがっていた。
もちろん無農薬です。
もしかして捨てるなら、少しいただけないかなあ?と思い、聞いてみました。

180412_1113~01これの倍もらう

「こんなのおいしくもないし、あっても困るから、いるならいくらでももっていって」とのこと。
で、みんなで何個かづつ分けていただいてきました。
友達にもあげようと思ったけど、誰もいらない、と言います。
そうなのかあ、、

帰ってからむいて食べてみたけど、たしかに実が水分が少なく、しなびた感じです。
最近おいしい柑橘系が色々出ているので、そのとおりだな、、と。
今、夏みかんは人気ないのですね。

じゃあ、、と、これを何とか生かそう、、と奮発。
皮はりっぱなので、皮でピールを作ろう、と調べて作ることにしました。

色々みてわかったのは、皮の表皮を削ることで苦味をとる方法。
チーズ削り器で、表面を削るのです。
これがよさそう、、と思い、削り器で表皮を削ると、すごい苦味の汁がでてきます。
こちらを参考に作ったら、とてもうまく苦味が抜け、おいしくできました。

http://marron-dietrecipe.com/desert/dessert_natsumikanpeel.html


180412_1303~01

これはナリンギンという成分らしく、
「柑橘類の苦味や刺激感の元になっている。
抗アレルギー作用を持ち、花粉症の症状を緩和する。 免疫力を高める。 」
そういった成分なんですね。
削ったものをなめると、めちゃくちゃ苦い!

ひととおり表面をそいでいって、その皮をむいて切り分け、
それを煮ます。一回目煮て、汁を捨て、2回目煮て汁を捨て、
計3回煮て、皮が手でちぎれるくらいになるまで煮ます。

皮が固いと、砂糖が入っていかないそうです。

そのあと、一晩水に浸け置く。

けっこう手間がかかります。2日にわたってやるのですから、、
それでやると苦味が抜けるようです。
上記のページでは、次の日にさらに水を変え、3時間置く、、とあったけど、
それははぶきました。
そんなに苦味を完璧に抜かなくていい、と思ったからですが、
はぶいても、苦味はかなり抜けていました。

180412_1112~02

で、それをザルにとって目方を計り、皮の8分目の量の砂糖を用意。
それでやっと、砂糖で煮るのです。
しかも3回に分けて砂糖を入れ、20分くらいづつ弱火で煮る。
はしでかき混ぜるとちぎれるから、時々ナベをふって上下を動かす。

いっぺんに砂糖を入れると、皮が固くなるそうです。
なので、3回に分け少しづつしみ込ませる。

ほんとに手間がかかります。
でも、ちゃんと作れるなら、と思い、そのページの書いてあるようにやってみました。

皮に透明感が出てきたら、OKのようです。
それをザルにあげ、うちわであおぐ。
さめてきたら、グラニュー糖をまぶす。
それを紙に広げて、乾かす。

180412_1258~01

ここまできたら、もうできたようなもんです。
あとは乾くのをまつだけ、、
乾くのをまつ、までいれると、ほんとに何日かに分けて作るのですね。

柑橘系のピールはおいしいので、何度かトライしつつ、
なかなかうまくできなかったのですが、
今回は何とか失敗せずに作りたい、と思い、上記ページに出会えたので、
とてもよくできて、美味しく食べれました。

そして、中身の方は、ジャムとゼリーを作りました。
とにかく、ほとんど全部を捨てないで、利用し切れたのです。

180412_1412~01種をとる

ゼリーは中袋から取り出した実と、しぼった汁で作ります。
絞るのが面倒だったので、ミキサーでかき混ぜ、濾しました。
汁と実でゼラチンで固めました。
ゼリーは何度も作っているので、ゼラチンの分量比でやればいいので適当です。

ジャムは中袋も入れて煮詰める。
ただ種がけっこうあるので、種は取り出しました。
よく種がペクチンが多いので、茶袋に入れて一緒に煮ると書いてあるけど、
中袋にもペクチンがあるようなので、種は捨てました。
そのせいかどうか?
ゆるゆるのジャムというか、フルーツソース的なものになりました。
まあ、それはそれでも味に変わりはないのでいいのです。

中袋の苦味も出ましたが、多少の苦味はあったほうがいいので、
こちらも美味しくできました。
砂糖は、味をみながら好みの甘さに、、

180412_1514~01

こちらはヘスペリジンという成分があるようです。
「ヘスペリジンは、 果皮および薄皮に多く含まれるフラバノン配糖体(フラボノイド)。
ポリフェノールの一種。陳皮の主成分。
ビタミンPと呼ばれるビタミン様物質の一部。
ヘスペリジンは植物の防御に関与していると考えられ、抗酸化物質として働く。」

苦味成分も少しは入ってないと、そのぶんせっかくの栄養がなくなるわけです。

不人気の果物も、手を加えれば、こんなに栄養があっておいしいものができます。
これを捨てるなんて、ほんとにもったいない。

きっと高齢の方がお住いの庭付きの家では、
庭をもてあまして、せっかくのこうした果物や素材は捨てられているんだろうな、、
実が落ちて汚れるから、木を切ってしまう人もいる、、と聞きました。

もったいない、、これを何とか生かせないのかなあ、、

180412_1126~01ゼリー

またまた、色々生かせる方法はないのかなあ、、と、
考えてしまいました。

今回作ったものは、夏みかんをくださったお家の方にも、お礼にもっていってみようと
思っています。

それにしても、こんなにもれなく素材を利用できると、気持ちがいい。
時間はだいぶかかったけど、達成感があります。
柑橘系ピールは、何とかうまく作りたかったので、これでコツがわかったのも
うれしいことでした。
これも、苦労して実をつけた、夏みかんの木の恵みのおかげですねえ。
夏みかん様様です。


今日のオカメ様  アタシもかじってみましたが、おいしかったですよっ
180311_2226~01





↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2018.04.08 01:49|老後
またまた実家に帰っていて、記事の間があきました。
(ネット環境が悪く、記事がアップできない)

今回は、一人暮らしの母の老人ホーム探しを、、
今すぐというわけではないのですが、
一人暮らしが不安な状態になってから、あわててさがせないだろうし、
元気なうちに入っていたほうがいいのかも?
ホームの方が、似た年頃の人がいて、さみしくないのでは?、、等々で、
良さげな所があるか?今のうちに見ておこう、となったのです。



弟達もいずれは、自分たちも入ることになるから、見ておきたい、
とのことで、いくつかを調べて、予約をいれ、見学させてもらったわけです。

ひとつめは、よくある普通の感じのホーム。
少しだけ高級風?
食事はホームで作っていて、試食もさせてくれました。
現場で作って出してくれるのは少ないとのことです。
たしかにおいしかったです。

2つめは、とてもアットホームな感じ。
こちらは、施設長が介護の現場で働いてきて、こんなホームにしたい、、と
自分なりの理想をもって、自分の土地にホームを建てたものでした。

多少雑然としているからか?
ここは前のより好き、、と母も言います。
犬もいるようで、ゆうずうもわりとききそうで、家っぽくていいかも、、と、思いました。

3つ目は、シンクや風呂が個室についている広めの個室のホーム。
これは弟たちが見たい、といったところです。
でも、入ってからオシッコのにおいがして、
トイレをかりたら、大がくっついていた、、う~ん。
これは、完全に職員の手が回ってないんだろうな、、とわかります。
人手不足なのかもしれません?
個室は広くていいけど、こんなところはいやだなあ、、



で、帰ってから、どれが良かったか?どうしたいか?母に聞いてみたら、
このまま家にいたい、どこかに入るのは、身体が動けなくなってからでいい、、とのこと。
まあ、そりゃそうだろうな、、
そうなった時に、急に探すわけにもいかないから見学したわけですが。

でも、そんなのんびりしたことも言ってられないのかもしれません。
最近は、地方のO県でもホームは満室状態になってきていて、
入居待ちの所も多くあり、すぐには入りにくくなってきているそうです。

なので、いくら今から探していたからといって、希望のところには
入れないかもしれません。

それだけ、老人がどんどん増えてきている時代なので、当然といえば当然なのでしょう。
そういうこともあって、順番待ちで、いいと思う所に、
元気なうちに、入れる時に入る人もいるのでしょう。

うちのようにのんきなことを言っていると、どこにも入れず、
病院、、となるのかもしれません。
じっさい具合が悪くなると、家から、そのまま病院に入って、
病院で亡くなる方も多いですし。

でもまあ、介護保険を受けながら、弟達もフォローしてくれているので、
頑張って、ひと通り自分のことはなんとか自分でできていることも
ホームに入ってしまうと、それらもできなくなる可能性もあります。

色々考えると、母にとって一番いいのが何か?
ほんとに難しいなあ、、
でも本人のやりたいように、してもらうしかありません。



次は自分たちの番になりますが、
独り者は、はじめから誰も頼りにはできないので、
できるだけ、健康に気をつけて、元気でいられるように、頑張っていくしかない。

なにしろ、ホーム入居するには、月に20万くらいの定期収入がないと難しいわけです。
年金の多い人、定期収入のある人でないと入れないでしょう。
私のように、国民年金プラスの収入では、入居は無理です。

O県でもホームに入るのに、明記してあるのが、平均月に14,15万。

有料老人ホームは介護付きホームと、住宅型ホームになります。
それで介護保険料の扱いがちがってくる。
住宅型の場合、上記のお金に介護保険料も別にかかります。
(介護保険のサービスはホームとは別に受ける)
介護型ホームだと、ホームで介護保険を使うわけです。

2番目にみたのは住宅型だったので、月15万でも
介護保険料も別に払い、他にもいろんな経費を入れて、
最大20万くらいみた方がいい、、と言われました。

介護度が一番重い場合、最大に見積もって25万くらい。
それより多い料金を要求する施設は、どこかでぼっている、、とのこと。
施設の説明を聞くときに、重要事項の個別事項に
細かい料金の決まりが書いてあるので、それを聞くといいそうです。



そういう話をきくと、月15万と書いてあっても、色んなお金を考えると
20万くらいみておく必要があって、
これだと、入れない人もけっこういるだろうな、、と思います。

私はまずホームに入るのは無理ですねえ、、
子どももいない、ホームにも入れない、となると、
最後まで自力で頑張るしかないわけです。

そもそも家族がいても、今は家族を当てにする人も少ないと思いますが、
弟達も子供がいないし、そういう夫婦も多いだろうし、、、と思ったら、
どうやら、子どもをしっかり当てにしている人もいる、、らしい。
あてにして、子どもに家を建ててあげたりしている人もいる、という話を
友達からききました。

う~ん、
財力があって、子どもがいるのなら、私が思っているより、
意外とそういう人はいるのでしょうかねえ?
それとは違いますが、
東京の友人、知人の中には、親といっしょに暮して、
母親の面倒をしっかりみている人も何人かいます。

自宅で、娘が毎日とてもいいお食事を作ってお世話をしてくれる、、
なんて幸せなお母さんだろう、、と思います。
親不孝の私からみても、お世話する友人はほんとにえらいなあ、、と、つくづく思います。
ご本人は、誰かにみてもらうことは、おそらくあてにしていないでしょうから。



バレエ友達の一人は、4人もお子さんがいても、
自分は子供たちに迷惑をかけたくないから、ホームに入る、と
ハッキリ言っている人もいます。
あっぱれ、、と思います。

ほんとに世の中の人はさまざまですねえ、、。

私は今まで好き勝手に生きてきて、上記友達のように
親のお世話もしていないので、ずっと好き勝手のまま最後を迎えるんだろうな、、
と思っています。
やれることはやろうと思っていますがね、、

母もデイサービスを使い、ヘルパーさんにきてもらって、
何とか身の回りのことは、ギリギリ自分でできています。
(弟たちはよくやってくれているし)
車の免許を返上し、買い物に行けなくなったので、ヘルパーさんに買い物をしてもらって。

で、今度から、生協で宅配を頼んでみることになりました。
最近91歳になったばかりで、宅配の注文の仕方を勉強中!
弟たちに連れて行ってもらい、補聴器もつけはじめました。
ほんとに母もけっこうがんばってくれています。

あまり甘やかさない子供をもつと、しっかりしないといけないので、
親も大変でしょうがねえ、、



今日のオカメ様  アタシも頑張って暮らしてますよっ 新幹線での移動は大変ですっ
180217_2320~02





↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2018.03.26 01:42|バレエ、身体
いよいよ学校も終わりとなりました。
もう6時半に起きて、したくして行かなくていい、、
そう思ったら、しっかり寝てしまいました。



最終日も帰ってから、うたた寝をくり返し、
次の日も遅めに起き、2日に渡りものすごく寝たのです。
よほど疲れていたんですねえ、、

なにしろ、しっかり8時間は寝て、朝は8時~9時くらいに起きる暮らしから
学校に行った半年は、6時間半ほど寝て、朝6時半に起きる生活でした。

学校に行く前は、遅起き生活。
早起きが超ニガテな暮らしだったので、朝起きれるかどうか、がとても心配でした。
友人たちも心配してくれていたけど、なんとか半年頑張って早起きし、
学校に通えました。
なんだ、頑張れば私だってできるじゃない、、と思っていた、、

ところが、ドンデン返しがありました。

それは血圧です。
学校の終わり前頃になって、血圧を計ってみたら、ものすごく上がっていたのです。
上が160台!170も!う、うそでしょ、、



筋肉もついて、身体を動かす毎日で、ものすごく元気なのに、、
他の50代の人達が、腰や足が痛い、、といっていたのに
私は何ともないですよ~。健康、元気ですよ~と
ブログにも書き、そう思っていたのに、、

いらい気になって、何度も計ってみても高い!

とても元気だったのに、、どうして~?
いったいなにがこんなに血圧を上げたんだろう??

そもそも、40代で高血圧と診断され、薬を飲め、と言われ、
しかたなく降圧剤をずっとのんでいたのです。
その後、自分で色んな工夫,努力をした結果、血圧も下がり、
薬をのまなくなっていたのです。

高血圧を克服できた、、と思っていました。
内臓脂肪が減ることで血圧が下がった、と思っていたのですが、、、
けっこうショックでした。また薬をのむ暮らしに戻りたくない、、、
いったいなぜ!?

むろん、病院でいう高血圧の定義には疑問をもっているので、
まんまうのみにはしていないし、年とともにある程度上がるのは当然、、
と思ってはいるので、神経質になりすぎる必要はない、、



でも、それにしてもちょっと高すぎる。
普通の暮らしにもどって、
しっかり寝たらどうなるか、しばらく 様子見しよう、、と思い、
しっかり寝て、昨日、今日とスポーツクラブに行き、同じ状況で血圧を計ってみたのです。

そうしたら、ウソのように血圧が下がっている!
今までと同じように上が130台、、、今日などは110台!
そ、そんなことってある!?
つい数日前まではずっと160台だったのに、一気に30も50も下がる!?

これにはびっくりしました。
今までの朝自然に目が覚めたら、起きて、のんべんだらり、と暮らして、バレエに出かける。
その暮らしに戻ったとたんに、血圧が下がり、
目覚ましで無理やり起きて、眠い、寝不足気味で、毎日頑張って暮していると、
血圧がすごく上がる、、、。

う~ん、、私って、究極の怠け者なんだなあ、、
ストレスがかかると、すぐに身体が反応する。
自分ペースで、好きなことをやっていれば、血圧も安定しているのですから。

180316_1028~02

まあ、好きな造園の勉強をしていたのですが、
そもそものニガテな共同行動、共同作業だし、力仕事だし、慣れてないし
ずっと自分のペースで仕事をしてきた自由業だったので、
人との作業、人に合せる作業は、ものすごく気を使う。
特に相性の悪い人と組んでからは、ストレスだらけだったしなあ、、

まあ、それが社会、というものでしょうが、
そういう意味では、やはり社会不適応者なのかもしれない、、
クラスメイトの人達にも、ものすごく変わっている。
めずらしい人だ、と言われたしねえ。

友達たちにも、よく半年やったわね、と言われたのは、
自由に暮らしてたのに、よく規律と規則ある暮らしをやれたわね、、
という意味だったのでしょう。

ほんとに身体は正直ですねえ、、
でも、そういったストレスはあるものの、やはり一番きつかったのは、
寝不足、早起きだった気がします。

そもそもロングスリーパーとショートスリーパーと、
人には遺伝的にあるようです。



私は子どもの時から、ロングスリーパーで、
とにかく寝ないともたないのに、眠いのに朝からたたき起こされて、学校に行くのが
ほんとに嫌でした。(このころは超低血圧)

これは中年になって、いきなり高血圧といわれてからも同じで、
睡眠時間が短いと、とにかくもたない。
(このころは9、10時間が理想)

バレエをはじめて、筋肉がついてから、多少は短くてすむようになりましたが、
(身体が疲れて、眠りが深めになったからか?)
どっちにしろ、最低7時間か8時間は寝たいのです。
それより短いと、家に帰ってからうたた寝をしっかりしてしまいます。

家で自由業をしていた時も、どんなに忙しい時も、8時間は睡眠時間を
割くようにしていました。

同業者にショートスリーパーの人がいて、彼女は仕事もでき、短時間睡眠ですむので、
(3、4時間)若い時は、ほんとにうらやましかったものですが、
人にはそれぞれにあった、睡眠時間があって、
こればかりは、努力しても、どうやっても、やりようがもないものだと思っています。

今回のように、頑張っても、こうして身体に影響が出ているしねえ、、
そもそもが軟弱だから、なのかもしれませんが、、

180319_1505~01作った池に放流されたメダカ

それにしても、シルバーとはいえ、造園関係仕事は朝が早いのですよね、、

でもまあ、ときどきの仕事だろうから、なんとかなるか、、?
毎日じゃないから、せいぜいあいまにしっかり眠ることにしましょうか、、
無理は禁物ですからねえ、、



今日のオカメ様   アタシもしっかり眠りますよっ  いくらでも眠れますよっ
180324_1211~02






↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活





2018.03.18 19:20|園芸、造園
来週で、いよいよ学校も終わりになります。
毎日が忙しかったので、半年間があっというまでした。

もう卒業制作の日本庭園は、できあがりました。

180316_1023~03

あとはパワーポイントにまとめて、それぞれの班の発表、となります。
結局4人いた女性は、私だけになってしまいました。ううう、、
早くに個人事情で抜けた人、そして就職が九州に決まり、早めに卒業した人、
もう一人個人の事情で抜けた人。
私も休もうか、とも思ったけど、休む事情もなく、もう卒業なので、あと少しガマン、、。

ガマンというのは、いっしょの植栽班にものすご~く相性の悪い人がいて、
ちょっと辟易しているからなのですが。
まあ、向こうも嫌でしょうが、この人に辟易してるのは私だけじゃないので。

ほんと、世の中、一番避けたい人と当たるもんですねえ、、
これもいい勉強、、と思うしかないのでしょう。
でももう、あとちょっとで、もう会うこともないからいいや~。

もちろんいい人、やさしい人も何人もいて、すごく助けてもらいました。
私も人といっしょに作業することに全く慣れてなく、力もなくて、
要領が悪くて、呑み込みが悪くて、色々てこずらせたことでしょう。
出席順の同じ班だった人達には、ほんとに色々フォローしてもらって、感謝しています。
人に対して、思いやりのある、なし、の人間性はすぐにわかります。
世の中、やさしい人はいますからねえ、、

きっと振り返れば、充実した、中身の濃い時間だったな、、と思うことでしょうねえ。
色んな意味で、とてもいい勉強ができました。

180316_1023~02

もう、けっこうの人の就職先が決まってきています。
で、私の場合、結局就職をどうするか、、は、シルバー人材センターに登録、、
ということになりました。
これも先生のおススメです。

私の住む、S区の場合、シルバーには専門職の植栽(剪定)があるので、
そこに入れてもらうことに。
もちろん見習いから、です。

意外といいな、、と思ったのは、職人、準職人、見習いというふうに
システム化されている、、と聞いたからです。
時給も段階に応じて上がっていくようです。

それと、都合の悪い曜日や日を前月までに出しておくと、そこには仕事が入らない。
なので、のんびり仕事をするには、ちょうどいいわけです。
意外と自給も高めで、1000円超えていました。
(ただし保険がないもないから、自費でかけないといけない)

民間企業なら、休みをそんなに取れないだろうし、
年齢制限がけっこうあるので、シルバーが意外といいかも?と思い、
仕事を探すのをやめました。

180316_1025~02

ただし、シルバーは仕事がそんなにないでしょう。
時期にもよるらしいけど、2,3月、4月もあまりなく、秋から冬が多いそうです。
でも仕事先は同じS区の各家庭なので、近いし、自転車で行くことができます。

まだお呼びがかからないので、詳しいことがよくわからないけど、、
まあ、のんびり、ボツボツ仕事、が可能なら、それもいいかな、と思っているのですがね。

働き盛りの他の人達は、生活費を稼がないといけないので、
給料と休みとの兼ね合い等で、必死で仕事探しをやっているようです。

ときどきハードすぎず、給料のいい、おいしい仕事募集があって、
それには応募者が何人もでて、倍率が「高く、大変そうです。
奥さんが働いている、とはいえ、男の人はメインの稼ぎ、、となるので、やはり大変ですねえ。

子どもさんがもう社会人になった50代後半の人達は、ガツガツ仕事をさがしていないようで、
それで、すんなり決まっている。
大変なのは40代、30代。
まあ、どの時代も、その世代が一番大変なのかもしれませんが、、

180316_1024~01奥に蹲踞がある

それにしても、体調もこわさず、何とか最後まで続けることができて、
ほんとによかった、、

造園を教えにきた先生が言っていたのは、
「身体を動かすことで健康になれる。
身体を動かすと、とてもしんどいけど、健康がついてくる。
じっとして身体が楽な仕事は、健康を壊すことも多い。」

それは、私も実感できました。
ただしんどいことは、必要がなければ誰もやらないと思うので、
そういう機会に出会うか、作らないかぎりは難しいだろうな、、と思います。

そういう意味でも、ズボラで横着な私にとって、
今回は、ほんとにいい機会だったなあ、、といい経験をさせてもらいました。
筋肉もついたことだしね、、

これからのやりたいことに向けて、、ボチボチやっていけたら、と思っています。



今日のオカメ様   アタシもあまり動きたくはありません~じっとしてるのが好きです~
180306_2131~01





↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.03.11 22:52|亜麻仁油、サバ缶詰
この時期、
花粉症でうっとおしい思いの方も多いことと思います。
これが油で、けっこう変わるとしたら?



私の場合、鼻水、クシャミ、目の痒さはあるものの、
亜麻仁油をとりはじめてから、だんだんにマスクもなし、薬もなし、
病院にも行かなくてすむようになりました。
これは以前とは比べものにならない軽い症状です。

前にも何度か書きましたが、
亜麻仁油を毎日とっているから、、と今では確信しています。
オメガ3の油で、炎症が押さえられている、、と。

油がこれほど身体を変えるんだなあ、、と。

火で調理する油は、たいがいオメガ6なので、これは炎症を促進。
てんぷら、から揚げ等、惣菜で使っているので、摂りすぎに、、
で、家で火を使う料理には、オリーブオイル(オメガ9)を使っています。

花粉症の人がこんなに増えたのは、
どうやら魚(オメガ3と同等の油)を食べる人が減り、簡単にとれる植物油
(オメガ6)が、やたらに増えたせいもあるのかもしれません。



油はとても大事です。
油のコントロールが命に直接関わってくるくらい、大切です。

よく言われるのが、
最初に南極点に到達できたアムンゼン隊と、できなかったスコット隊。
アムンゼン隊は到達し、全員無事に帰ってきたが、
スコット隊は、次点で到達したものの、全員死亡した、というもの。
この生死を分けたのが、脂だった、という説を最近知りました。

「死に絶えたスコット隊、
彼らが携行した食べ物は、イギリス本国で加工された塩入り肉。
彼等が携行した赤身加工肉は、脂肪分が殆どなく、
大変なエネルギー(カロリー)を必要とする南極探検には向いていなかった。」

「その反対に、アムンゼン隊は北アメリカ平原に暮らすインデアンと同様な、
赤身肉と脂を50%:50%の割合で混ぜたものを携行していた。」(荒木裕)

アムンゼンは生肉を食べたり、エスキモーに弟子入りして、
極限状態では何が有効か?用意周到に準備していたそうです。
で、エネルギーの元が何かわかっていた、、と。



脂、、エネルギー源として、一番有効なのが油です。
渡り鳥は脂肪をためて、それをエネルギーにかえて長距離を飛びます。

糖質制限で有名な江部康二先生も

「人類700万年間の狩猟・採集時代は糖質制限食だった。
私たちのご先祖は、日常生活の多くの場面で
「脂肪酸−ケトン体」をエネルギー源としていたと考えらる。

このことは、備蓄エネルギーとしてみると、
体脂肪が10kgあれば、9万kcalとたっぷりあるのに対して、
肝臓や筋肉に蓄えられるブドウ糖(グリコーゲンに変換)の量には限界があり、
一般的な蓄積量250gではわずか1000kcalしかないことからも推察される。」

脂と糖、ものすごいエネルギー差です。
糖質がすぐお腹がへるはずですね。

「人類において身体の多くの細胞の主たるエネルギーシステムは
「脂肪酸−ケトン体」で、
「ブドウ糖−グリコーゲン」は、闘争、逃走などで激しく筋肉を収縮する緊急事態や、
運良く糖質を摂取できたときだけの予備のシステムであったと考えられる。 」(江部)



原始時代、糖質は予備で、主なエネルギーは脂だった。

今の時代、本来予備システムだった食べ物が中心となって、
主なシステムの方が、悪者になっていることが、
色んな体調不良をまねいているのかもしれません。

渡り鳥のエネルギーは脂肪酸、ケトン体を使っているので
あんなにパワフルなんですね。

これは私も実感しています。
世間の常識は、後で間違っていることが多いので、それに気づいてから、
油抜き、ひかえめ、はしないで油分をしっかりとるようにしています。
(オメガ6と3のバランスは考えるけど)

炭水化物を控えた分、肉や魚等タンパク質をとるようにしていると、
油分もとるので、少食でもけっこうエネルギーがもっている気がします。
肉体労働をしていても、私のお弁当は少量ですが、ちゃんとそれでもつのです。

180311_2223~01残り物をつめただけのタッパ+ヨーグルト、おやつを少々

調べていたら、サッカーの長友選手が、
ケトン食を実行している、とわかりました。
持久力のいるスタミナが必要なスポーツには、やはり炭水化物をひかえた
脂の摂取が必要なのでしょう。
アムンゼンのように、、

どうも世間的には、油が悪者になってから久しいので、
いまだに、油分を控えよう、、という考えが強いようです。
栄養学や料理関係の方の文章を読んでも、油を控える、、という言葉が
たくさん出てきます。

炭水化物の取りすぎなうえに油をとるから、脂肪過多となり、
油を控える、、となっているのでしょうが、
悪いのは油ではない、、と気付いている人も今は増えてきている、、と思います。
糖質さえひかえれば、油分が一番強いエネルギー源となるのですから。

ちなみに
「スェーデンでの研究・調査によると、閉経後女性に見られる乳癌では、
赤身肉や魚の飽和脂肪やオメガ-3脂肪酸を摂取している女性で少なく、
オリーブ油のオメガ-9で1価不飽和脂肪酸や穀類・種子・ナッツ類に含まれる
オメガ-6多価不飽和脂肪酸を摂取している女性で多い事が示された。」
(クルミにはオメガ3は多い)

やはりオメガ6や3は、意識しないといけないようですねえ、、

180303_1811~01好物の鳥の軟骨

60過ぎでも、やったこともない力仕事ができるなんて、
若い頃には想像すらできませんでした。
男の人に比べて、瞬発力は全くありませんが、
持久力で頑張れるのは、やはり食べ物のおかげだなあ、、と、つくづく思います。


今日のオカメ様   アタシも軟骨は大好きですよ~いつもの定位置その3
180311_2226~01




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2018.03.04 22:54|バレエ、身体
もう少しで、学校も終わります。
今は卒業制作で、みんなで庭園作りをやっています。

180226_1454~03

これがものすごくハードです。
15人の生徒が3,4人の担当に分かれ、東屋(木工)、池(土木)、竹垣(造園)、
植栽に分かれ、広めの日本庭園を作っているので、休む暇もありません。
先週は特にハードな作業が続いていて、
間に夜に2回バレエレッスンにも出かけ、もうへとへと状態。

植栽班の私は、(つくばいや池ができないと、木を植えられない)
その間、他の班のお手伝いもやり、1日中竹洗いや、
竹垣用の支柱を立てたり、穴掘りをやっていました。
時々木の植え替えで、やはり穴を掘ります。

連日の疲れで、体調をくずして休む人もいて、(就職が決まった人もいるので)
いつも15人いるわけではないので、余計頑張らないと、、
ということになるわけです。

で、気がつくと、腕の筋肉がモリモリになっていました。
スポーツクラブで筋肉量を計ったら、今まで水色か灰色だった筋肉量が、
初めて腕だけピンク色に、、うわ~っ

180304_1941~01上の赤が筋肉量が多い

意外と短期間で、外筋肉はつくんだなあ、、としみじみ実感。

「人間の筋力は、17歳がピークだと言われている。
その後運動しないと40代で70%、60歳で45%まで低下する。
実はこの筋肉の衰えが、加齢とともに人の体力を奪い、さまざまな病気を引き起こすひとつの原因 」

「運動や筋トレを定期的にしていると、70歳を超えても、
筋力や筋肉量の向上が認められている。」

まさにそれを実証中です。
何もしていないと、筋肉は落ちる一方で、負荷をかける運動をしていると
筋肉はすぐにつく。

バレエの場合は、ムキムキの筋肉ではなく、細く長く身体を伸ばしながらつけていくので、
力仕事でつく高負荷筋肉とは、つきかたが違うので、困ったものなのですが、、
これはしかたありませんね。
(上の計測器ではインナーマッスルは出にくい、という説もありますが)
造園作業の穴掘りは高負荷がかかるので、短期間で腕に筋肉がついたのですね。

images[6]

でも、考えてみたら、しんどい仕事で体調をくずして休んでいるのは、若い人です。
花粉症がひどくて休んでいる人もいます。(就職が決まっているのもあるでしょうが)
60代の私が細々でも、何とか休まずに頑張っていられるのは、
ほんとに年齢はあまり関係ないなあ、、と。

これはバレエで鍛えていたおかげだと、つくづく思うのです。
若い時は、ほんとに身体が弱くて、筋肉も体力もなかったのが
40代の終わりにバレエをはじめてから、身体が変わりました。
筋肉がつき(インナーマッスル中心に)ほんとに丈夫になった。

その土台があったから、身体の使い方がある程度わかり、
造園にもトライしてみようと思えたし、
ハードでも何とかコントロールしながら、続けて頑張れるんだなあ、、と。

2015年度ですが、スポーツ庁の「体力・運動能力調査」のデータによれば、
「高齢者で体力は向上しており、65~69歳の女性、75~79歳の男女は過去最高を更新した。
一方で30歳代の女性は低下傾向がみられた。」

「男女とも40歳代後半以上では運動をする人が増え、
1日の運動・スポーツの実施頻度が高い人ほど体力水準が高い傾向が、
男女ともにほとんどの年齢でみられた。」、、、とあります。

なので、年齢ではなく、どれだけ身体を動かすかが大事で、
いくつになっても、身体を持続的に鍛えることは、健康のためにも必要、、と、
いうことなんですね。



どうやら大事なのは、「定期的に心拍数の上がる運動を行う」ことのようですし、、。

今でも週に3回はバレエに行っています。
土日と、木曜の夜、学校が終わってからバレエに行きます。
そこで、身体を整え、リフレッシュさせます。
ストレッチもして、できるだけ身体のバランスがくずれないように、、と。

いい筋肉は財産です。(腕のムキムキ筋肉はもうちょっとなんとかしたいけど、、)
いい筋肉を、なんとか維持していきたいものだなあ、、と思います。


それにしても、先週はほんとにきつかった~;
家にいる時は、疲れはてて寝てばかりでした。
そして、筋肉つけて身体が変わってでも、何とかしようとしているわが身に、
もうほんとにびっくりです。



今日のオカメ様  アタシは体力維持のため??小魚を食べて栄養とってますよ~
180211_2325~03





↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.02.25 18:38|園芸、造園
最近サンゴジュの剪定をやりました。

もう何度か剪定の実習があり、そのうち高い木に登ったのは2度目です。
犬につけるハーネスのような、人用の安全帯をつけて登ります。



前回はシラカシの剪定で、8mくらいの高さまで登りました。
こんな高い所には子供の時だって登らなかったので、全くの初めての経験です。
はじめ不安だったのが、そのうち夢中になり、どんどん高い所に登り、
夢中で剪定を、、この時に何だか不思議な感覚になりました。

ものすごく木に包まれている、という感覚でしょうか、、
とても木が暖かく、ふところが大きいのを感じました。

木は自分の枝を切っている人間を、
やさしく包み込んでくれているわけですから、懐が大きい
ほんとに癒されているという感覚、、
高くても全然怖くなかったのです。
それどころか安心感があり、気持ちがすごくよかった。

これはサンゴジュを剪定した時よりも、シラカシの方により強く感じました。
木によっても違うのでしょうか、、?不思議なものですね。

180125_1141~03紺色は私の足

いなかに住んでいたのもあるでしょうが、木や植物は当然のようにそばにあって、
子どもの頃は木登りもしたし、植物のない暮らしなんて考えられなかったものです。
東京にきて、周りに緑が少なくて、だんだん緑に飢えてきました。

植物と暮らしたい、、と思うように、、それで植木鉢で緑を置いていたのですが、
時々山とか、木の多いところに行かないと、酸欠になりそう、、 そんな感覚になりました。

この感覚は、畑をやることで少なくなっていたのだけど、
木に包まれる、、という感覚はほんとに木の中に入っていかないと 感じられないだろう
初めての経験でした。

180125_1141~04

そもそも剪定って、いま一ついいイメージがなかったのですが、
庭に木を植えているかぎり、その中で木にとっても一番いい状態で
いてもらうためには、必要なことだ、、とだんだんわかってきました。

枝葉が茂り過ぎても、風や陽が通らないし、害虫がわきやすくなるし、
限られたスペースの中で 、木にとっても一番いい状態に保ってもらうためにも、
とても必要な作業だったのですね。

それぞれの木の性質を知り、どこをどう切ったらいいのか、
切ったらいけないのか、その知識がかなり必要で、経験がものをいう、、

剪定実習の先生は色んな人が来られましたが、
「木にこれからやらせてもらいます」と、ちゃんとあいさつをするように、と
言った先生も。

それは気持ちの問題でしょうが、とても必要なこと、、と思いました。
おそらく木にも、この人がどういう心がけでやっているか、は伝わるだろうと思います。
ほんとに生きているのですから。

171107_1506~01

庭に植えている大きな木を、抜かないといけないことになった時にどうするか、、?
ということがあるようです。
その場合、お払いをしたほうがいい、、とか、お酒、お水で清めるとか、
お礼をいうとか、あるようですが、そうしたくなる気持ちもわかります。
でも、最近はブルドーザー等で、容赦なく引っこ抜いているのも見かけます。

太い幹からぶつ切りにされている木を 、たまに見かけることがあります。
ひどいことをするなあ、、と心が痛みます。

そもそも人のエゴで、かってにあちこちに植えて、人の都合で
切ったり、植え替えたり、やっているわけですが、
木は何も言わず、ただだまって受け入れるだけです。

街路樹などは、ほんとに劣悪な環境の中で、それでも精一杯生きていて
人がかってに緑はいい、とか、癒されるとか、木陰があっていい、とか
落ち葉がジャマとか、好き勝手言っているわけですが、
木はされるがままに文句ひとつ言わずに、生きているわけです。
頭が下がる思いです。

180125_1141~02

人類が出てくるずっと前から、地球の生命だった植物には
とうてい人がかなうわけがありません。

よくパワースポットには大木がある、といいます。
それは木自体がパワースポットになっているのでしょうが、
ほんとに大きな木は神々しく、思わず手をあわせたくなります。

色んな環境条件や、奇跡的な偶然、 いえ、必然がないとそこまでは育たないでしょう。
ほんとに木も色々苦労が多いですねえ、、

後からきてのさばっている人は、木に頭を下げるしかありません。



今日のオカメ様  22歳の高齢のアタシにも、頭を下げてほしいものですねえ、、
180210_1530~01




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.02.18 23:24|鶏肉、肉、魚
今日は久々に食事のことを、、

学校に行きながらも、ずっとゆる~い糖質制限らしきことを続けています。
肉や魚や卵、野菜をしっかりとっています。
こんなにハードな学校授業を受けていても、とても元気でいられるので、
おそらく食生活に問題はないだろう、、と、自分では思っています。

180217_2319~04

でも、この前、風邪をひいた時は、肉や卵が全く入らなくなり、
少しのおかゆくらいしか食べられなくなりました。

調子の悪い時は、肉は消化に悪いからかもしれません。
そういう時は、食べられるとしても炭水化物くらいでした。

肉食は良くない、いやいい、、という論争がずっとあります。

自分の中では、「肉も必要」という答えは出ているのですが、
わりと信用している情報源に、「肉がガンの元」などと書いた記事がありました。

それはほんとう?何が根拠?と、疑問が、、
いわゆる「チャイナスタディ」が根拠のようですが、
それも肯定説と、否定説が両方があります。



う~ん、、、いくら調べても、納得できる意見がない。

だって臼歯は、穀物をすり潰すのではなく、軟骨をすり潰すため、
という説をいっている学者さんもいるんだけど、、。
原始人は、他の動物の食べ残しの動物の肉や骨(軟骨)を食べていた、という説です。

それはすごく納得ができます。
鮭の缶詰等に入っている骨や、鳥の軟骨。
骨にはタンパク質、カルシウム、コラーゲンが豊富に入っています。
ナイアシン、パテントン酸、ミネラルも豊富。

私は鶏の軟骨が大好きだし、豚のスペアリブも大好きです。
魚のすり身も。小魚も食べます。
煮干しでダシをとって、そのあとを捨てずに、つくだ煮にして食べます。
骨も食べられるものは食べる。
そして、それで体調がすごくいいのですから。

そうしたら、いわゆるパレオ食というものがある、と知りました。
いわゆる原始人食。
パレオダイエットとして知られている、、とか。



「人間の進化は、旧石器時代までに完了しており、それ以降は遺伝子的にあまり変更がない」
旧石器時代以降に、農耕の開始があったので、人は本来が穀物に遺伝的に適応できていない、
というものです。

なので、パレオ食は、カロリー計算もなく、肉や脂肪、骨、内臓も食べる。
穀類は食べない。炎症をおこす可能性があるから。豆も。
野菜はたくさん食べ、果物、ナッツも食べる。
これがパレオダイエットで、痩せるというダイエット法として、一部に人気があるらしい、、と。

これは上記の臼歯が何のためか?という説と、考え方は近いので、納得できます。
パレオでもなんでも、極端すぎると、とっつきにくいですが、
逆に、肉がガンの元、、という説は、よほど飼育飼料の悪い肉を食べると、、
という意味ならわかりますが、肉そのものをガンの元、というのは、よくわかりません。

人の体が遺伝子的に原始時代にできているなら、
あまり穀物を食べ過ぎるのは、やはりまずいだろうし、肉食を悪者にしすぎるのもなあ、、と。
タンパク質は必要です。
寝たきりになった人には、蛋白質のアルブミンの不足が言われています。

元気な高齢者の方は、肉好きな人も多いようですし、
年がいくと、血管が心配になります。
動脈硬化をふせぐには、葉酸、B6、B12が効果あるようです。
B6は動物性食品に含まれているし、B12は魚介類に多く含まれているわけです。

180217_2319~03

それを思えば、やはり動物性も食べた方がいいわけです。
よく菜食主義のビーガンの人がB12が摂れなくて、サプリで摂取している、といいますが、
それくらい身体に必要なビタミンでしょう。
葉酸は野菜、レバー等内臓に含まれている。

ただ、ホルモン剤入りの穀物で育てる家畜の問題、
牛1頭育てるのにたくさんの飼料を使うこと等、 環境問題はあるし、
みんなが肉食になると人口がまかないきれない、等の食料問題もあります。
これは考えていかないといけない、とても大きな問題です。
動物を食べることへの、宗教的、倫理的な問題もあります。

食べものとしていただくことへの、「いただきます」、の気持ちをもちつつ、
おかげで健康に暮らせることへの感謝を感じながら、、、

体調が悪い時は、タンパク質が食べられなくなることもあるし、
雑食である人は、穀物も食べます。
ただし食べ過ぎないように、これは気をつけます。
風邪が治ってから、少しづつまた蛋白質が食べられるようになり、
今はまた、穀物は少量にしています。

もちろん野菜は大好きなので、けっこう食べるし、
あい変らず朝の野菜ジュースは、ずっと作り続けています。

野菜ジュース寒い時はぬるま湯を入れる

あと少しですが、毎日元気で、学校に通えるのは、ほんとにありがたいことです。
もうずっと何の薬ものんでないし、病院にも行っていません。(歯医者にはいったけど)
風邪も病院には行かず、薬ものまず、、
今の所、悪い所はどこもなく健康に通えているのですから、、

これをキープするには、やはり食事だと思います。
お弁当も毎日残り物ですが、もって行っています。
それと、運動(バレエ)と、睡眠。

今回は、肉のことで気になる記事をみたので、再度考えてみました。



今日のオカメ様  アタシも今日も元気ですよっ 煮干しも好きです!
180217_2320~01





↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.02.10 16:10|園芸、造園
この時期、学校のみなさんは面接を受けたり、
就職もだいたい決まったり、ハローワークに行ったり、と、あわただしくなってきました。
かくいう私も、就職活動日としてハローワークに行かされたのでした。

170830_1555~01

なにしろ、仕事は65歳まで、というところがほとんどでどこにもひっかからない。
パートも65歳まで、だったりします。
このご時勢、こういった造園関係でも、こんなに65の壁が厚い、、
これからは人生100年時代、とあれだけ世間で言っているのにねえ。
どうも、多くの経営者さんは頭が固いらしい、、

2018年から賃上げが本格化し、新卒の超売り手市場が到来、、
とか言ってるらしいですが、、
そりゃ、これからは人出不足になる、とあれだけ言ってるんだから当然でしょう。

もっと女性や高齢者に働いもらわないと、といいつつ、
頭の固い会社では、結局年齢制限がまかり通っているわけです。

まあ、たしかにパソコン作業とかも、ある程度若い人なら何の苦も無く
チャチャッとできるでしょう。そういった世代の分断はあるかもしれません。
体力もあるだろうしねえ、、

まあ、私の場合、別に就職をしなくてもいいのですが、
せっかく学んだことを、生かせたらいいな、と思うし、もっと技術を身につけたいし、
好きなことを仕事にできたら楽しいだろうと思うので、
フルではなく、少しは働きたい、とも思っているわけです。



今、日本の会社はブラックが増えたことへの反省?からか、
社員を大事にしよう、、と、いう意見が、あちこちでめだってきました。
今までの、もうけ主義への反省、、から、でしょうか。
このままでは、立ち行かなくなったからでしょうか?
そういった論調がめだってきました。

昔の経営者は、少しでも働き口をつくって、社員が食べていけるように、、と
企業したり、社員を大事にし、客を大事にし、世間を大事にし、、と
経営理念がはっきりしていた。
お金儲けを目的にすることは、いましめられていたのが、
いつのまに多くの会社で、成果主義がはびこり、もうけ主義になっていたのです。
そして、それらが行き詰ってきている?人手不足のせい?、、
なのでしょうかねえ。

バレエ友達も、一時期、転職先がブラックばかり、とぼやいて
転職を繰り返していましたが、今は彼女も落ち着いているようです。



日本の資本主義の父、と言われている渋沢栄一
日本には、その流れを引き継いでいるいい会社がまだまだ残っている、
1000社あれば、中に80~100社くらいは、理念のしっかりした社員を大切にする会社がある。
正しい経営は滅びないが、欺瞞に満ちた経営は滅びる、とは
経営学者坂本光司教授。

逆に言うと、残り9割がいい会社じゃない??
企業の内部留保はどんどん増えていて、過去最高になっても、社員に還元されていない。

「企業が稼いだ付加価値のうち、どれだけ人件費に回したかを示す
「労働分配率」は下げ止まったが、まだまだ儲けが十分に分配されているとはいえず、
結果、内部留保の増加に結びついている」

「労働分配率は67.5%。
労働分配率はアベノミクスが始まる前の2012年度には72.3%だったが、
毎年低下を続け、2015年度は67.5%にまで低下したが、
労働分配率の低下に歯止めがかかってきた。」

こういうのを聞くと、企業が何を大切にして、してないかが、わかる気がします。
株主ばかり見てたんじゃ、本末転倒じゃないの?と。

人を大切にするいい企業は、たったの1割くらい、、、少ないなあ。



坂本教授の例の中に、91歳の社員がいた会社の話が出てきます。
18歳~と80代、90代の社員がいっしょに働く会社。
今いる89歳の人が、かつていた最高齢の91歳の人を抜いて記録をのばして
勤めてくれるのが、「みんなの夢」、というすばらしい会社です。

そういう話をきくと、ほんとに心が洗われます。
何を大切にしているか、の理念がほんとに問われているんだなあ、、と。

会社はもうけばかり考えていると、もう取り残され、淘汰されてしまうかもしれません。
厳しく姿勢が問われていく、、
上記のような、社員を大切にする会社が、少しでも増えてくれるといいなあ、、と思います。

年寄も大切にする所は、障害者にも、弱者にもやさしいところです。
経営者のみなさんは、年齢で左右されたり、稼ぐことばかり考えていると、
しっかり時代に取り残され、淘汰されていくかもしれませんよ~
もっと柔軟に、常識にとらわれない経営をしてほしいものだなあ、、
と思うのですがねえ、、



今日のオカメ様   アタシも人に換算すると、90歳こえてますから、大切にしろよ~(22歳)
180210_1530~02



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活




03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

おじおばば

Author:おじおばば
オカメインコと暮らす、独り者おじおばば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも第二の人生を色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム