FC2ブログ
2020.06.19 18:09|老後
ずいぶん更新の間があいてしまいました。

ずっと物件探しをしていて、間に描く方の仕事も入っていたので、
(合間にバレエも行ってるので)、なんだか目まぐるしい日々が続いています。



やっと、物件が決まり、いよいよ引っ越しになることに。
ここを賃貸に出して、私は国立の賃貸を借りることになりました。

そこに住むのも一時的になると思いますが、、
なぜこの年で、そんなややこしいことをするのか?
全て最終目標の夢のため、、なのですが、、

資金をもたない、年齢が高い、収入も低い、となると三重苦で
やれる方法も限られてくるので、少しづつやっていくしか方法がないわけです。

賃貸物件を借りるにしても、ほんとに大変でした。
年齢が高い、鳥を飼っている、植木鉢をたくさん持っている、
それら1つだけでも何軒にも断られました。

いまだに年齢が高い人に貸さないところがけっこう多いようです。
これから高齢者が増え、若い人は減っていくのに、
高齢者には貸したくない、と言っている大家さんが多いのですね。
とても驚きました。

IMG_20200609_223011_148.jpg東京でびっくりの田んぼが近い

最初このマンションを賃貸に出すために、どこかに越さないといけないので、
安いアパートを探してたのですが、上記理由で、断られまくっていて、
仕方ないので、安いボロ物件を買うか、、と思って探していました。

でも安いボロ物件は、リフォーム代がかなりかかりそうだったので、
どうしようか?と思っていたら、転貸借という方法があることを知り、
一番リスクが少ない、と思い、そちらでさがしはじめました。

どっちみち、高齢者シェアハウスをやりたかったので、
それができそうな物件を探したのですが、
これがまた断られまくり、高齢者と言っただけで、無理です、、と。

また私の収入です。
原稿料は確定申告で必要経費を落とすので、査定の時、
収入がすごく低いとみなされるのです。

困った、、で、貯金、もっているもの全て見せる、、という形をとることに、、

それでも、私の年齢のせいか、怪しいと思われたのか?貯金が低いからか?
いいと思った物件が断られ、
他にも探したものの、高齢者、シェアハウス、転貸借、それらのワードだけで、
断られまくっていたのです。



なので、あいまいな言い方で片っ端ら、申し込みをして、
一件反応があった物件を見せてもらい、そこの審査がやっと通ったのです。

やってみるものです。
弟たちの協力もあり、やっと借りられることになりました。

あとで。別の不動産屋さんに聞いたら、よくそんな物件ありましたね、と
言われました。
よほど偶然が重なったのでしょうか?

そうでなくても、初めては、実績が全くないので、ハードルがとても高いわけだし。

これから、そこに引っ越しをして、シェアハウスに入ってくれる
高齢の人を探すわけです。
地域のケアマネさんを当たってみようと思います。

これからが、ほんとの挑戦になります。
やっとスタートラインに立てたところで、
これから、いくつものハードルが待ち受けています。



でもまあ、能天気な私は無謀にも何とかなるのでは?
あきらめなければ、何とかなるのでは?と思っているのです。
ほんとに無謀ですね。

もし、埋まってきそうなら、私はまた引っ越し、ともくろんでいるのですが、、

この年で、安定した暮らしを捨てて、何も越さなくてもいいのに、とも言われましたが、、
でもまあ、やりたいことがあって、やらないで人生終わったら、それこそ悔いが残ります。

すごく大変だろうけど、やりたいことがやれるうれしさがあります。
やりたいこと、夢があるのは、幸せなことだと思います。

そんなこんなで、とりあえずここを賃貸に出すこと、
借りたところの入居者の募集営業、勉強、
ここを賃貸に出すにあたって、壁紙張り替え等、なんやかやお金が、
かなりかかります。

なにしろ、全て初めてのことばかりです。
引っ越しの荷物もこれからやらなくては、、
もう大変、、

IMG_20200618_180111.jpg近くの水路横の小道

友達にも途中である今の段階を話したら、話が見えなかったようでけど、
目指しているのは同じです。
資金のない者は、少しづつしか進めません。
資金がないため、方法が少し変わったりはするけど、
目標はずっと同じ。

やっと一歩を踏み出しただけなので、これから目標までが長い道のりです。
もう年だから、とか、もう引退しなきゃとか、そんなの私には全く関係ないのです。
やっと第二の人生を踏み出したばかり、、

これも、友達や、家族の協力があり、
そして健康だからできることです。
ほんとにありがたいことだ、と思います。



今日のオカメ様   またまた、何か企んでたんですねっ アタシにゃカンケーない?か?
IMG_20200617_233639.jpg



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト



2020.03.25 01:26|老後
最近、10ン年ぶりに仕事をしました。

仕事と言っても、以前のかく方の仕事で、
ほんとに久しぶりに原稿をかきました。
といっても、エッセイなので、短い8ページほどの作品です。

今発売中

「50代からの私たち」という本です。
私が第二の人生で、別の仕事をやってることを知った
編集さんからの依頼でした。

もうずっと新作はかいてないので、すごく迷いましたが、
短いことと、エッセイなら、と、
ずっと再録をのせてもらっていて、お世話になっていたところだったから、
やらせてもらうことにしました。

旧ペンタブはパソコンに対応してないは、インクはないは、
ホワイトもないは、紙も小さくしすぎてしまい、タッチは汚いは、、、
そりゃもう、ひどいもんです。

でも、描くのにあたって、考えてみたら、
私にとって、50代はほんとに大変な時期だったなあ、、と、改めて思いました。

それまでの生き方が、立ち行かなくなって、
これからの人生をどう生きていったらいいのか?
悩み、苦しみ、考え直す時期でした。



私にとって、とても大事だった前職を諦め、次にやることを模索しないといけない時期。
デスクワークで身体もボロボロだったのが、
バレエを始めて、少しづつ身体が元気になっていった時期でもあります。

60代になっても、まだ模索は続き、今も夢に向かっての模索はずっと続いていますが、
50代の時のしんどさは、もう全くないのは確かです。

そして、ほんとは、仕事をあきらめたことで、命拾いをしたという思いもあります。
机にかじりつくことがなくなり、とても元気になりました。
友人、知り合い何人もが、病気になり、亡くなってしまいました。

それに長年物をかくことで、解消され、自分の中のものをかく動機付けも
だんだんなくなってきていました。




おかげで、かかないでも再録がずっと続いていて、お金が入ってくるのと、
年金もあり、第二の仕事もあり、貧乏ながらゆとりの暮らしができていて、
好きなことをして、健康に暮らせています。

前職に、再録に感謝と、自分のマンションがあることもあって、
ほんとにありがたいことだと思います。

なのに、、、こんな時に、
さらにまた私は冒険を始めよう、と企んでいる、、
ほんとに懲りないヤツ、と自分でも思いますが、、
最後に人生やり残したことがあっては、悔いが残ります。

というか、ずっと模索はしていたのですが、、
いよいよ年齢的にも融資が80までと知り、
そんなに時間があるわけではないと、いまさらながらに気づいたのです。

いくら長寿の時代とはいえ、
世間的には、もう後があまりない年齢なんだ、、と。
動かないと、時間はあっというまに過ぎて終わってしまう、、と。



今のマンションの部屋が仕事で使ってないので、一人で住むにはもったいない。
色々考え、専門家のアドバイスも聞き、今引っ越しも考えていて、
色々検討中。

人生最後のあがき。
結局無理、と諦めるかもしれないけど、、一通りトライだけはしてみたい。

亡くなった絵本作家の親友の作品、
それらをなんとか生かす方法はないか、、と。
ずっと思ってきて、動くだけ動けれたら、、

トライしてみる、それが私の最後の夢でしょうか。



今日のオカメ様   う~ん、何でもいいけど、、アタシは今眠いんですけどっ
IMG_20200325_001013.jpg



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2020.01.11 18:23|老後
お正月は実家に帰省してきました。
母は介護保険を利用しながら、何とか一人暮らしを頑張ってくれています。



慣れた暮らしは何とかできるものの、慣れないことは
認知症で、ほんとに覚えられない状態です。

趣味であった、手芸や編み物は、目が悪い、指先の細かい作業ができない、で
もう全然できなくなっているので、今は楽しみがあまりない。

おそらくそういったことも、認知を進ませているのかも、、と思います。

老後の趣味は大切です。
自分が楽しい、と思えることをやることが。

年末に仕事の機材点検があり、その後、女性3人で食事しました。
S区のシルバー人材、植木班では、女性が4人います。
(うち一人は来ていない)

3人のうち、70代の職人さんは、油絵をかいています。
去年入った人は、趣味でオペラをやっています。
舞台にも年何回か、たつそうです。
私はバレエ。発表会にも出れるときは出ます。

その時の2人の写真を見て、70代職人さん
「二人ともいいわねえ、そうやって化粧して、衣装着て、着飾って、別人になれるなんて」と。



別人、着飾る、、
たしかに、かなり華やかなイメージです。

じつは私はそういうのが苦手で、人前で踊るのは好きではないのですが、
「バレエをうまくなりたいなら、発表会は出た方がいい」、という鉄則があるので
機会があるときは、出なくては、と思うようにしているのです。

でも、考えてみると、確かにこの年で、衣装を着て別人になる機会はなかなかない。
年がいくほど人前で、という機会はないわけです。
油絵の場合、そういう機会とはちょっと違うでしょうし。

最近、別の友人と会った時にも、「友達のソシアルダンスの会を見に行って、
友達がものすごく着飾って、普段と全く違って、別人でうらやましかった、、」
と言っているのを聞きました。

そうかあ、、
女の人って、そうやって着飾って、きれいにするのが好きな人もいる、、

と、オシャレや、着飾ることに、あまり興味のない私は思ったのですが、
年をとればとるほど、人に見られることもなくなる。
なので、そういう機会があることは、ほんとにありがたいことなんだなあ、、と
あらためて実感したのです。



ホリエモンが言うには、
彼は今、趣味で演劇をやっているそうです。

「年がいった時に、趣味がないといけない、
そして、年齢層の色んな人と触れあう機会がないといけない」と。

「日本は同じ年齢層の人ばかりつるむから、年をとった時に人が抜け落ちていくし、
色んな刺激があるので、違う年齢層と付き合わないといけない」、、と。

まったくその通りだと思います。
同じ趣味をやっている人は、年齢と関係なく、友達になることができます。

そして、個人的には、できれば身体を使う(動かす)、
人と接する趣味がいいのでは?、、と。
母のような編み物等の趣味は、目が悪くなるとできなくなるし、
人と接せず、こもってやりがちだし、、

否が応でも、人と接する、色んな年代の人と接する、
そういう機会が、そういった趣味があれば、
とてもラッキーなのかもしれません。



でもこれは、中年以降の話であって、若い時はそうはいかないだろう、、と。
仕事や、子育て等で忙しくて、なかなか趣味にまで時間がとれないでしょう。

バレエに来ている人でも、仕事が忙しい人は、週に1回くらいだし、
、やはり若い時は、「これ」と決めたことに、何年かは必死でやるべきです。
趣味を楽しむのは、やはりある程度ゆとりが出てからで十分でしょう。

中年こそ趣味が必要だと思います。
じっさい会社人間で、仕事以外何も趣味がない、というのは
ほんとに面白くないだろうな、と思います。
退職して、いったいどう暮らすのでしょう?

バレエにも、おじさんが何人か来ていますが、ほんとにハマっているんだろうな、と
いう人は、頑張っていて、微笑ましいものです。

中年以降は、趣味をみつけるのが、その後の人生を楽しく過ごせる
コツだ、と、つくづく思います。



今日のオカメ様   汚れたからって、洗われてしまいましたっ。でも、こうしてると気持ちいい~
IMG_20200102_235843ぱる



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2019.12.07 15:03|老後
仕事で、よくごいっしょになる82歳の先輩職人Sさんがいます。

IMG_20191120_163153 burogu

この方を、私は「超人」とお呼びしているのですが、
とにかくものすごく元気で、力仕事である太い枝落としでも、
重いはしご、幹でも、枝でも、難なく動かし、運び、切り落とし、
ものすごいスピードで、剪定仕事を仕上げていくのです。

いったい、その年で、どうしてそんなに元気で、人並み以上の仕事がやれるのか?
しかもシルバーの仕事以外の、個人での仕事も受けおって、
毎日のように、たくさん働き、仕事がない時は、ゴルフに行っている。

肌もツヤツヤ、白内障の手術もしていない。
その年でよく見えるし、家では「ゾンビ」と言われているよ、と笑います。

まさにスーパー超人!
まったく、舌をまくしかありません。
80歳を超えた元気な方が、4人ほどいらっしゃるけど、ここまでたくさん仕事をしているのは
おそらくこのSさんだけだと思います。

80を超えたら、のんきに隠居、のイメージが変わります。

どうしてそんなに元気?
前から不思議で、謎だったのですが、
おそらく仕事量が多く、毎日のように身体を動かしているから、、?と思っていました。

IMG_20191124_074758 burogu

ところが、この前仕事の合間に話していて、これも秘密のひとつか?と
思ったことがあります。

それは、10何年の間、毎日セサミンを飲んでいる、というのです。
セサミンといえば、ゴマの成分で有名なの健康食品です。
高齢でも元気、が売りの製品。

つまり60代の終わり頃から毎日のんでいる、、と。
「きいているかどうかはわからないけど、習慣になってるからなあ、、」と、おっしゃる。

そうかあ、、
それはしっかり効いているのでは?そう思った私は、
それじゃ、私ものんでみようか、、?と。
今まで、けっこう高額だし、ほんとに効果があるのかな?と半信半疑だったのですが、、、

そういえば、登山家の三浦雄一郎さんも、セサミンをのんでいる、と言っていたなあ、、
彼は87歳!

う~ん、Sさんが元気なのは当然で、まだまだ、、なのか?
すごい世界です。



三浦氏は、60歳前頃に不摂生をしていて、
99歳!の父親のモンブラン滑走成功に刺激され、
メタボで、余命3年以下といわれた身体を、鍛え始めたそうです。

「トレーニングを始めるまで、膝の半月板は1ミリもなかった。
ちょっと人に呼ばれて、体の向きを変えただけでも、針で刺したように痛かった。
それが、重りをつけて歩いて1年ちょっと経ったら、痛みがとれていた。」

、、だそうです。
やはり、身体は鍛えないといけないのですね。



S区のシルバー人材の植木班の人は、
60近辺の定年まで、会社勤めをして、そこから学校に行ったり、
元植木の仕事をしていたプロや、植木の手伝いをしながら、シルバーに入り、
経験を積んでいる人が多いのですが、
全部のみなさんが、健康なわけでもありません。

元気な人が多いのも確かですが、70代途中までは、まだみなさん元気。
そこから病気等で何人か抜け、80代までこれた人はさらに元気。
そんな印象です。

途中、ガンや色んな病気で、止めていく方、亡くなる方もなかにはいらっしゃいます。
煙草をガンガン吸う人や、食事が??の人もいます。

でも、世間一般の引退した人よりは、みんな元気な印象です。
なにしろ外で、身体を動かすきつい仕事です。
各家庭に仕事で行くと、同じくらいの年でも、庭仕事ができなくなっている依頼人の方が、
けっこういるからです。

同じ年で、かたや庭仕事がもう無理で、身体が思うように動かせない人。
かたや現役で、バリバリ仕事をこなす人。
これは仕事先で、よく見かける光景です。



なので、やはり体は動かしてないとダメだな、、とつくづく思います。
第二の人生、身体を動かすことにシフトできて、ほんとによかった。

けっこう体力使うし、きついし、力仕事なので、私も上半身に筋肉ついたし、
何より、木、植物が相手の仕事は、精神的にもとてもいい。

よくスポーツクラブで筋肉をつける、とダンベルや、走るマシンで、
身体を鍛えている人がいます。
(私もバレエは主にスポーツクラブでやっている)

でも、冷暖房のきいた部屋の中で、クラブにお金を払って、身体を鍛えるよりは、
外で、好きな木、植物を相手に働くほうが、お金ももらえて、身体も鍛えられ、
そのほうがよほどいい、と思っているのです。

下っ端は、そんなに仕事があるわけじゃないけど、
Sさんたちも、時々シルバー以外の個人仕事を回してくれたりもします。
バレエもできて、週1,2回は働く。
デスクワークではなく、人間相手でもなく、植物相手の仕事。
ほんとにいい仕事につけたなあ、、と思います。

IMG_20191013_080915.jpg

バレエもふくめれば、毎日のように身体を動かす。
ちゃんとした食事をとることと、それとセサミンも、、。

さっそく買おう、、と、調べてみたら、
セサミンは何社もから、色々出ているのですね。
テレビでも宣伝しているS社のしか知らなかったのですが、
ごま油のK社からも出ている。(こちらがセサミン量は一番多い)

なぜ、セサミンの含まれるゴマが体にいいか、というと、
「鉄、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、銅、食物繊維、ビタミンB1,B2,、ビタミンE,、必須アミノ酸
栄養素が色々含まれている。
ゴマ特有の希少成分(ゴマグリナン)の一種がセサミンで、
セサミンは体内に吸収されると、肝臓にまで届いて、抗酸化力を発揮。」

とあります。
年とともに衰える、抗酸化力に力を発揮してくれるわけですね。

さっそく調べて、お高いけど、
私が飲み始めたのはいうまでもありません。



今日のオカメ様   寒い日に日光浴に出されたせいで、具合悪くなりましたよっ。もっと大事に扱ってちょ!
IMG_20191127_143122 burogu



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活




2019.10.30 00:12|老後
最近、仕事が続いていました。
雨が多く、雨が降ると外の仕事ができないので、予定変更で
都合がつかない人がでます。
代わりに私が呼ばれることが続いたのです。

IMG_20191013_161331.jpg

そこで呼んでくれた、植木職人の先輩の方は、82歳で現役バリバリです。
最近、その方と組んで何度か仕事をし、舌を巻きました。
すごい元気で、体力もあって、気持ちも若く、全くの現役仕事をしているのです。

仕事の依頼があったのお家の方が、80歳で引退生活を送っていて、
とても高い木を切れないから、と呼んだ職人が82歳だ、とわかり
とても驚いていました。
そりゃそうです。82歳で高い木にどんどん登り、太い枝でも
バシバシ剪定しているのですから、、。

けっこうな力仕事なので、その年で、そんなに体力があるなんて、、
ほんとにすごいことです。

人の年のとり方は、ほんとに個人差があります。
この前も、友達に年だからあまり無理しないで、とラインが来たので、
80代で現役バリバリの人がいるから、私など全然若輩者よ~とお返事を。

友人は心配してくれているので、ありがたいことなのですが、
60代でもう年、と思っているんだなあ、、と、人によってとらえ方が
ずいぶん違うなあ、、と思いました。

そんな80代の先輩を見ていたら、私などまだまだと思ってしまうのですが、
世間的には60代はいい歳、、ということなのでしょう。

IMG_20191013_080915.jpg

もちろん、病気があったり、具合が悪いと、弱気になり、なかなか
そうも言ってられないでしょうが、
本人が年齢をどう考えてるのか、によってもずいぶん違いが出そうな気もします。

60代で、そろそろ終活を始める、とかきくこともありますが、
まだそんなことは全く考えられません。
終活の前に、これからをどう生きるか、それの方が自分にとって大事なことです。
60代で、「老後」、という言葉にさえ違和感があって、
全く老後、だなんて考えていないし、
第二の人生、どう生きるか、そっちの方に気持ちがいっています。

やりたいこともあれこれあるし、今はバレエの発表会にむけて必死なので、
終活など考えるひまなどありません。

シニアのワークライフバランスに関する調査によると 
92.6%は老後に「不安あり」だが、対策をしている人は76.0%と大差あるそうです。

全国20〜79歳までの男女1万4,100人を対象に「老後」について調査したものによると、
老後不安を具体的に聞いたところ、「お金」「健康」「認知症」「介護」が上位に。
男性は楽観的、女性は悲観的、
それは現実の暮らしで女性が介護に向き合うことが多いせいでしょうか、、
お金については、投資を考えつつもやっていない人が多いようです。



プライベートの時間をどう過ごす時が楽しいか、では
男女ともに1位は「趣味をして過ごす」、
2位「配偶者/パートナーと過ごす」以降、男女で大きな意識差が。
男性は「配偶者/パートナーと過ごす」と回答する人が多く、
女性は「家族・友人・ペットと過ごす」とパートナー以外に色々な過ごし方が。

こんな調査もあります。
「老後不安がない人の85.1%が本音で話せる友人がいるのに対して
「不安がある」と答えた人は75.9%と低く、
老後の備えが「ある」人の方が「ない」人よりも本音で話せる友人がいる割合が高くなっている。」

結局は、人との繋がり具合が大きいのですね。

色んな人を見ていて思うのは、なかなか本音で話せない人も
けっこういるように思います。
私は取り繕うことが何もないので、けっこう本音を言ったりするのですが、
周りを気にして本音を出さない人も多い気がします。



老後にかぎらず、やはり人との繋がりが大事だと思っているので、
友人とは本音でお付き合いしたいものです。
私の場合、一人暮らしなので、趣味、仕事、健康、友人つきあい
これが充実していたら、それでじゅうぶんだと思うのです。

仕事をしていたら、お金もある程度は入ってくるし、
年金と、前の仕事での収入も少しあるので、ビンボー暮らしではじゅうぶんです。

介護や認知症は、ぎりぎりまで自活できるように頑張る、としか
いいようがありません。
心配していたって、なるようにしかならないし、不安を感じるのは
知らないから、というのもあるので、そっち方面ではけっこう知識もあるおかげで、
そんなに不安を感じていないのです。

植木仕事は、80代の人も続けられるなら、
健康でさえあったら、私もまだまだやれるかもしれないし、
どんどん腕をみがいていけたらいいな、と思っています。
やりたいこともあるし、、

趣味のバレエはやはり、80代で続けている人がいるので、
まだまだ続けられそうだし、踊れることは楽しいし、仲間とやれるのは楽しいし、
なにより私にとって健康には、バレエが一番です。



人生第一部でも好きな仕事をやっていたけど、、
第二部でも好きなことがやれて、ほんとにありがたいことだと思います。

若い時は、精神的にけっこうしんどいことが多かったので、
こんなに楽しい60代がくるとは思ってもいなかったものです。
これからも自分らしく、元気で、明るく楽しい人生を生きられたらいいな、と
希望しているのですが、、。

これもやはり、今健康だからそう思えるのかもしれませんが、、
70代以降はどうなるか、、?
それもまた楽しめたらいいのだけど、、



今日のオカメ様   楽しい人生、それはアタシがいるからできるのではないですかっ?
IMG_20190917_082704.jpg



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

2019.06.28 17:19|老後
もう、少し前から、年金が2000万足りない問題が騒がれています。



これはどうやら厚生年金の人が、高齢者になった時に
月々5万円足りない、ということのようです。

う~ん、じゃ国民年金の人は、もっともっと足りないわけです。

厚生年金の平均が、夫婦あわせておおまかに月27万らしいので、
それに5万足りない、ということ、、

夫婦二人で、それだけあれば、十分暮らせそうに思うのは、私がビンボーだからでしょうか?
年がいけば、現役の時ほどお金がかかるわけじゃない、と思うしなあ、、

そもそも何が問題になっているのか?、、私にはよくわからないのですが、、
若い人はそんなに年金がもらえない、というのはだいぶ前から言われているし、
65過ぎたからって、全く働かない人もそんなに多くないのでは?とも思うし。

年がいっても働くことはできるわけです。
もしかりに、月に5万足りないなら、働けばいいだけのことです。
夫婦だったら二人で働けば、一人2,5万稼げばいいだけです。
それくらいなら、よほど具合の悪い人や、どうしても働けない人以外でしたら
稼げる額だと思うのですが、、



私など、国民年金なので、はなから老後資金は自助努力でやっていくのは当然
というのが、最初からの前提だったしなあ、、

厚生年金の人は、違っていたのでしょうか?
誰も年金だけで足りる、とは基本思っていないのでは?とも思います。

だから、お金を貯められる人は貯めているのでは?
私のように思うように貯められなかった人でも、ある程度の覚悟はあります。
国民年金では足りないのは、最初からわかっていたので、
個人年金もかけていたし、貯金もしようとしていました。
まあこれは、貯金が思うようにできなかったので、しかたないので
働けるだけ働くしかないな、とは思っていました。

そのための、できることは色々トライしようと。
実際シルバーに入って植木職をしているし、(これはまだ少額にしかなっていない)
他にも色々挑戦中です。

ただ今のところ、幸いにも年金(個人年金も含め)と、いまだに入ってくる原稿料で
ビンボーながら、何とか暮らせています。
これはほんとにありがたいことです。



なんとか食べていけるだけのお金が入ってくる間に、
いまのうちに次に繋がることに、色々トライしておかないとな、とは思っています。

今すぐお金にならなくても、やっているうちにお金に繋がることも
あるだろうしね。
そういったものは時間もかかるので、種をまいて育てていかないといけないし、、
植木職の方も、まだ下っ端なので、職人になるまでは時間もかかることでしょう。

若い人の場合、年金が減らされることを前提に人生設計をたてるしかない、と
言われている状況の中で、厚生年金だと老後2000万足りないから
政府が悪いなんて、文句言ってる人がいるのでしょうか?

たぶん選挙に利用されているだけじゃないのかな?と、つい勘ぐってしまいます。
そもそも麻生大臣が報告書を受け取らない、というのもおかしな話です。

そこには、他にも重要なことが書かれていたといいます。
昨日経済ニュースで言っていたのですが、

認知症の人が持っている財産が、認知症がひどくなって、家族が施設に入れようとしたときに
お金が必要になっても、本人のもっている資産が凍結され、使えなくなってしまう。
といいます。保険も全て凍結。



2030年には、認知症患者の保有資産が215兆になるそうです。

「これは、家計金融資産全体の10%を超える割合。
財産を持つ本人が認知症等になり正常な判断・意思表示が難しくなると、
金融資産は金融機関からおろすことができなくなり、
生活費・介護費用のためであっても、自由に使えなくなる。
これを俗に「資産凍結」というが、これは単なる家族単位の問題ではない。」

「215兆円ともなると、日本社会全体の問題として、
お金が滞留し経済活動を妨げかねない重要かつひっ迫した問題と言える。

政府発表の高齢社会白書によると、
65歳以上の認知症患者数は2015年に推計で約520万人となり、
この3年間で約50万人増えた計算となる。
高齢化が進む2030年には最大830万人に増え、総人口の7%を占めると予測されている。
もちろん政府も、高齢者の持つ資産が消費・利用・活用されなくなることはGDPを下げることにつながる、
と危機感を強めていることは確か。」(日経新聞より)

そういった報告も含まれていた、といいます。
こういった大事なことを、もうちょっと取り上げてくれればいいのに、、
2000万足りない問題ばかり、ピックアップして取り上げてしまう。



ちなみに、認知症の人の財産管理の、成人後見人制度は利用しずらいので、
「家族信託「」という制度があって、本人と家族で信託契約をすれば、
財産をいざというときに、使える制度のようです。
そういったことも報告書には書いてあったようです。

死後凍結は、よく聞きますが、認知症の凍結も
本人が受け答えがちゃんとできる間に、信託制度で契約しておかないと、
凍結されたら、お金が使えなくなってしまいます。

これは、とても大事なことです。
うちもやっておかねば、、

ほんとに、税金つかっているんだから、もっと肝心なことを、
争点として論じてほしい、、とつくづく思います。   
ほんとに建設的じゃないなあ、、
そう感じるのは、私だけではないのでは?と思うのですがねえ、、



今日のオカメ様  なに?年金?そんなのアタシにはカンケーないですっ。今眠かったのにっ
IMG_20190628_165200.jpg



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2019.01.10 10:41|老後
新年もすぎ、あっというまに毎日が過ぎていきます。

例年のごとく、年末から新年は郷里に戻っていました。
母が一人暮らしで頑張っていてくれるので、
なかなか帰れない私は、たまには親孝行をしないといけないのですが、
短い間には、できることは限られてしまいます。



母は高齢で運転免許を返上しているので、普段は車がなく
買い物には行けません。
買い物は、生協の宅配を頼んでいるのです。

なので、ここぞととばかり、義妹に借りた車で買い物に行き、
足りないもの、壊れたものを買って設置しておきます。

前から思っていたのが、
介護保険のサービスを受けたら、いったいどれくらいのお金がかかっているのか?
という疑問でした。

ヘルパーさんが週3日来てくれて、
デイケアに週2日行き、訪問看護婦さんが週1日きてくれています。
それと整体に週2日いっているのです。

そして週1生協の注文を出さないといけません。
なんだかんだで、けっこう母も忙しいのです。



で、銀行引き落としを見てみると、ヘルパー代はものすごく安いことが判明。
母の場合、年金暮らしで、280万未満で1割負担だから、のようです。
介護保険のサービス等をあわせても、月1万5千円くらいですんでいます。

けっこうサービスを受けてる方だと思いますが、そのくらい。

介護保険のサービスを受ける場合の自己負担は
年金収入が280万未満の人は1割負担、
280万~340万までは2割負担(夫婦世帯は346万~462万が2割)
それ以上は3割負担です。(夫婦世帯463万以上)

やはり老後の収入次第、でしょうか。

デイケアも介護保険だし、整体も医者が必要との診断書があれば、
保険がきくというのがわかってから、それでやってもらうので、安くつきます。

おまけに車なしで、買い物には行けないので、生協以外お金を使うことが
あまりないのです。



まあ、病院や整体に行くときに、タクシーを使うので、タクシー代はかかりますが、
タクシーも助成があって、少しは安くなるようです。
これは自治体によって、サービスが変わるでしょうが、
高齢になると、なにやかや安くなる制度が色々とあるようです。

東京では70歳以上はバスの無料パスがあると聞いていたのですが、
これは前年の収入が125万以下の人、非課税の人、となっています。
(1000円は払う)
それ以外は2万ちょっとで、無料で乗り放題とか、、、
まあ、少ししか使わない人には、2万払って、は実用的ではない、、か。

介護保険もそうですが、うちの母のように、
一人暮らしの年金暮らし(280万未満)の人が最強です。
色んなサービスが安く受けられます。

医療費もそうです。
医療費の自己負担は、前年の住民税の課税所得によって決められ、
後期高齢者で、医療費の自己負担が1割ですむのは、課税所得額が145万円未満の人。



同居している後期高齢者の中に、課税所得が145万円を超える被保険者がいれば、
現役並み所得者の扱いとなり、医療費の自己負担額も3割負担になる。

ほんとに最強は一人暮らしです。
しかも年金額が多くない人。

老後が心配だから、と色んな個人年金、収入が入るようにしていたら、
税金や保険料もけっこう取られます。
知り合いの方は、万全をきしていたため、保険料がめちゃくちゃ取られる、
とけっこう嘆いておられました。

そう考えれば、うちの母はけっこう運があるのかも?
なにしろそんな状態なので、計算してみたら、月に10万もあれば色んなサービスを受けながらも、
ゆとりで暮らせているのです。

老後に必要なお金、とよく特集していていくらいくら必要という数字が
けっこう高いのですが、年を取ったら生活費はそんなにかからないと思います。



まあ、これは高収入が入る方は、税や保険でけっこう取られるので、
そうはいかないでしょうが、、

年がいったら、若いころのように生活にお金がかかるわけではなく、
そもそも買い物にも行けなくなることもあるし、
お金を使う場が減ってきます。
お付き合いも冠婚葬祭は減るので、お金がかからない。

おまけに趣味で家庭菜園を、ぼちぼちですがやれていて、
外に出ていく趣味があるわけでもなく、趣味でお金も使わない。

う~ん、これが私だったらバレエに一番お金を使っているので、
そうはいかないか、、
でも後期高齢になったら、行く回数は少しは減るか?

まあ、でも普通の年金額の人なら、思ったほどお金はかからないのでは?
と思います。
よほどお金のかかる趣味とかやっているなら別ですが。

それにしても、足がないとどこにも行けない場所に住んでいるのは、ほんとに不便です。
自転車でどこでも行ける、歩いてどこでも行ける所に住んでいてよかった、
と帰ってから、つくづく思いました。



今日のオカメ様   う~ん、眠いです。実家にもどると体重減ります。(写真ぎりぎり削ってみました)
IMG_20190102_175048 ぱるru



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.12.12 14:15|老後
一生を、ずっと同じ仕事を続けて行くことはすばらしいことです。

でもそれができる人は、ほんの少しでしょう。
サラリーマンも定年がありますし、、



私も、自由業だったので、ずっと一生やれるかも?と思っていたのですが、、
業界の不況と、自分でも思いがけないほど、かくことに興味を失ってしまったことで、
何年もの間悩み考え、試行錯誤状態が続いたものの、、
今ではやめてよかった、と。

今までやったことのない未知の分野に行き、仕事としてやろうとすると、
なかなかハードルが高いものです。

そんな時、訓練校でリフォームの勉強をして、自分でボロ家のリフォームをした
人がいることを知り、おもしろそう、、と思い調べてみたら、
なんと、そこに造園の学課がある、ということを知ったのです。

どこかで庭作りの勉強をしたい、というのは、ずっと昔から思っていて、
でも、どこでどんな勉強をすればいいのか?不明だったので、
無料で勉強を教えてくれるところがあるなんて!とびっくり。
これは絶対行きたい!と思ったのです。

で、即申し込んで、学校に行ったわけです。



後先なんて考えてないし、行動すれば何か見えてくるだろう、、くらいの感じで。
で、流れで、今はシルバーの植栽班に所属、、となり
まだこの春からの見習いなので、そんなに仕事になってはいないけど、
何年か頑張れば、職人になる道が開けています。

60代での新しい人生。
何より植物相手だし、技術職、かつ身体を動かす仕事です。
これは健康にも気持ち的にもとてもいい。

今思うと、50代はけっこう惑いの年周りです。
このままでは、年も年だし、今までやってきたことの先行きが見えてきて、
行き詰まり感があるし、若い時の情熱でやって来たことも、先が見えているので、
希望がもちにくい。

50代の友人も、今その年周りで、色々考えているようです。
ずっと好きでやってきたことを、なかなかスパっとはやめにくいものです。

私の場合、学校に行く段階では、とっくに踏ん切りがついていましたが、
第二の人生に踏み込むのは、やはり勇気と思い切りがいります。

年上、同世代の業界の人たちをみても、
みなさん食べるのがどんどん大変になっているのに、そこから離れられないでいる人が多い。
(離れる気もないのかもしれませんが)
でも、年がいけばいくほど、ますます新しいことに挑戦しにくくなる。
なのに、人生けっこう長く生きる可能性もあるのです。



人生百年時代(ライフシフト)の著者もいっているように、

「みんなが同じ時期に同じことをする一斉行進の時代は終わり、
世界はマルチステージの人生に変わりつつある。
1人ひとりが違った働き方を見出し、また人生のイベントの順序もそれぞれ違ってくる。
自分にとって理想的な人生を追い求めていくことになる。」

「長く働くために働き方を変えようとするとき、より重視されるのが個人の無形資産の構築
無形資産の種類としては3つ挙げられる。

1つは生産性を高める、価値あるスキルの生涯学習、
自分のプラスになる人間関係の維持、
そして会社や組織に頼らない自分自身の評判

2つ目は活力の維持。100歳まで生きる、運動や食生活に注意すると同時に、
適切なストレスマネジメントの実践。例えば友人をたくさん作る等

3つ目として、変身する力。
長い人生を歩んでいくとき、ずっと同じ人間ではいられず、
同じ会社に居続けるわけにもいかない、年を重ねれば体も変化する。
70代や80代でも生き生きしている人は、そういう変化についていける人たち。
世界に対してワクワク感を忘れずに変わっていく活力ある人、変身する力のある人」



全くそのとおりだと思います
人生長くなる可能性もある場合、60代だからもう遅い、とか
今さら、、なんて、言ってる場合じゃなくなってきています。
うだうだ考えていると、時間だけがたってしまいます。
(私も何年かどうしよう、と考えていたんだけど)

それに、身体を使わないデスクワークだったので、早死にする人が多い。
最近友達が死んだことを書きましたが、仕事でお付き合いのあった方が
ついこの前亡くなられたことを知りました。

身体を動かす仕事に変われてよかった!とつくづく、、
身体を動かすことが必要なのは、
40代の終わりにバレエをはじめてから、気づいたことです。

今の仕事では、80代で元気に働いている職人さんも何人かいます。
70代は当たり前に、みなさん普通に働いていらっしゃる。
う~ん、やはり人はいくつになっても、身体を動かさないとダメだな、、と
しみじみ実感していることろです。

「 成長 に伴 って増加 す る骨格 筋の量 は,
20歳 台を ピーク と し, その後45歳 ご ろか らわ ずか に減少 を始め,
60歳 を超 え ると減少 率 は大 き くな る。
突然死 した15歳 か ら83歳 まで の男性 の骨格筋量 を直接 測定 した研 究で は,
25歳 か ら50歳 までの減少率 はお よそ10%で あ るの に対 し,
80歳 まで の減少率 はお よそ40%,。」



「つ ま り50歳 か ら80歳 の30年 間で, 25歳 時 の骨格 筋量のお よそ30%が 減少 す る 。
さ らに この減少 は, 主 に筋 線維 の数 の減少 と速筋線維 のサ イズの減 少 によるもの
男女 の比較 では, 20歳 か ら70歳までの減少率 が, 女性で は10.8%, 男性 で14.7%」
(アミノ酸研究の小林久峰氏)

筋肉の減り方を考えると、中年以降に何もしなければ、筋肉がどんどん落ちていって、
高齢者の転倒、骨折、寝たきりにつながっていくわけです。

まあこれも、仕事でなくても趣味でもなんでも、
それはひとそれぞれでしょうが、
自分の興味があって、好きなこと、やりたいのにやり残したこと、、と
こういったものがある人は、
中年以降でも挑戦する価値があって、いや中年以降だからこそ、、
思い立った時がタイミング、というのを思います。



まず好きなやってみたいことをやってから、考える、
そうすると、思いがけないアイデアがひらめくこともあります。
初めての業種では、色々と気づくことがあるものです。

それで今、私もささやかな起業に向けて、試行錯誤しているのですが、、
これは新しい業界に入ってみて、思いついたことなので、
何でもやってみるものだなあ、、とつくづく思います。
まあ、老後?のお楽しみ、、といったところでしょうか、、


今日のオカメ様   だから木や葉をたくさん持って帰る?けっこう迷惑ですけどねっ
IMG_20181129_234434ぱる2




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2018.09.27 11:21|老後
私は今、シルバー人材に登録しています。
自治体によって、年齢の規定もまちまちだけど、
S区では60歳以上なら、登録できます。

こちらは山形の人材センター画像

人材センターとは、
「高年齢者が働くことを通じて生きがいを得ると共に、
地域社会の活性化に貢献する組織」、、、だそうです。

どんな仕事をしているか、というと
S区の場合、
公共:自転車駐車場管理、通学案内、学校施設管理、児童館管理、

家庭:大工、塗装、ふすま障子、ハウスクリーニング、除草、家事援助、屋内外掃除、
家庭教師、パソコン出張、植木剪定、etc

自治体によっては、お墓掃除、空き家の管理をやってるところもあるようです。

で、私は植木剪定班に入っています。
いわゆる専門職なので、時給が少し高いのですが、
まだ見習いなので、月のうち時期にもよりますが、4,5回仕事があるだけです。

IMG_20180704_134113.jpg

職人、準職人、手元(見習い)と段階があって、
職人になれば、もっと仕事が増えるようです。
というのも、はじめはもっと経験を積みたいと思うのですが、
仕事が少ないので、経験がつめないのです。

最初入ったときは、勉強会が終割った後、月1回の仕事がきただけ。
え~っそれじゃ経験つめない、、と驚き、
なので、梅ウイルス調査のバイトをしたのですが、、

この時期4,5回に増えましたが、経験つむには少なすぎです。
なにしろ不器用な私は、仕事を飲み込むのに時間がかかります。
掃除が苦手で、朝早いのが苦手、おまけに地図がよめない、、

はじめのころ同じ家に続けて2回行くことがあったのに、
2回とも迷ってしまい、遅れてしまう、、というひどいありさまでした。
焦ってしまい、スマホの地図の見方に慣れてなくて、見まちがいもあったのですが、、
住宅街は、ほんとにわかりにくい、、、



なので、前もってちゃんと家を見に行って、どんな木が植えられているか、
ちゃんと確認して当日にのぞむ、ということがとても大事だと痛感しました。

造園を教えてもらった学校の先生が、女で年をくってると2重苦なので、
ふつうの造園会社だとハードすぎて無理、シルバーならいいんじゃ、と
すすめてくれました。

なので、少々シルバーをなめていた?わけでもないけど、
ちょっと甘く見ていたところがあったけど、とんでもなかった。

60代はまだ若い、、と言われ、700代が多く、
みなさんその年でバリバリ働いていて、造園会社の経験者もいます。

話をきくと、ほんとに造園会社はハードで、力仕事をやり、
時間内にきれいに完璧にやることを求められ、労働時間も長い、、と。



ほんとに先生の言う通りで、シルバーをすすめられよかった、、と、
それどころじゃありません。
シルバーでも、落ちこぼれないようにしないといけないな、と
身を引き締めているところです。

経験がものをいう世界です。
70代の(80代の人もいる)経験を積んだ人は、やはり体力もすごいし、
時間内にテキパキきちんと仕事をこなす。

世間のいわゆる70代のイメージとは大きく違う気がします。
なにしろ現役で、経験をつむ専門職なので、意識も大きく違うのでしょう。

70代の女性の職人さんに言われたのが、
「女は男に比べ力がないから、その分何倍も努力しないといけない、
そう思って頑張ってきた」でした。
「女は準職、職人に上がれなくて、やめる人が多いから、頑張ってね」、、と。


う~ん、根性なしの私にそんなに頑張れるかなあ、、??
今のこの調子で、やれるのかなあ、、?
なんだか不安ですが、技術を身につけたいので、あまり頑張りすぎずに、
やれるだけはやってみよう、、と思う今日この頃でした。

人が相手の仕事ではなく、木、植物相手の仕事はいいですからねえ、、
木、葉、土にふれているのは、ほんとにいいものです。

それに庭関係でやりたいことがあるしねえ、、。



今日のオカメ様  ふうん、、きょうもアタシはナッツを食べてますっ  
KIMG0092.jpg



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.06.07 14:40|老後
毎日遠くに仕事に出かけ、なかなかブログアップできませんでした。

今日はお休みに、、
というのも、軽い交通事故にあったからです。
またかよっ!?と突っ込まれてしまいそうですが~
大したことはなかったので、ご心配なきよう願います。



自転車で梅の調査に回っている時に、信号のない十字路で車とぶつかったのです。
縦に進んでいて、車が右から来た、と思ったのですが、
車はこの状況では止まるし、突っ切った方がいい、と、とっさに判断したら、
車が止まらず突っ込んできた、というわけです。

左に放り出されたものの、たいしたことはなかった。
念のため大事をとって、今日、明日は休みをとらせてもらいました。

今回、とっさの状況判断も、もっと慎重にしないといけないな、、と
思ったのは、高齢者ドライバー問題です。

というのも、相手が80歳くらいの方で、急いでいたのですか?と聞いたら、
私が通っているのが見えなかった、、と言われたので、びっくり!
とても見晴らしのいい、昼の住宅街の人通りのない十字路です。

で、病院で、その方と話す時、メガネもかけてないのに気づき、
老眼なのに、かけてないな、、、と思いきくと、
よくみえてない、とおっしゃるので、私のメガネをお貸ししたら、
あ、よく見える、、と。   え~っ
じゃあ、そういった見えるメガネをかけろよっ、と思わず突っ込みを入れたくなりました。



う~ん、そんなよく見えない状況で運転するのは、違法では?
耳も遠いようで、何度も聞き返されたので、補聴器は?
と聞いたら、つけてるけど、よく聞こえない、とおっしゃる。
そりゃまずいな、、
世の中、そんな状態で運転する人がいるんですねえ、、。
あまりに危機意識が低すぎる、、
これはたしかに危険だ、、、

最近も、90歳のお年寄りの大きい運転事故があったばかりです。
うちの母も弟たちのすすめもあり、本人もだめかも、と思って免許返上しました。
私は運転してもいいのでは?と思っていたけど、
たしかに目も見えない、耳も聞こえない人の運転はとても危険です。

でも、なぜそんな見えてない状況で運転が可能なのか?
とても疑問に思ったので、警視庁や免許の適正検査の方にきいてみました。

そうしたら、75歳以上の人の免許更新は、
他の人と同じで、3年~5年(ゴールド免許)、ということで、びっくり。
ただ、75歳以上は講習があり、それに認知機能検査が加わるとのこと。
運転適性検査もあり。その講習も同じ3年~5年。

う~ん、もっと高齢の方は、間隔が狭いと思っていたけど、ちがっていました。
思うに、この制度では認知機能の方はチェックできるかもしれませんが、
目と耳の方は、あいまいです。
近眼の人は、メガネをかけることで、見えるわけです。
老眼も、自分にちゃんとあうメガネをかければ見えます。
ただ他の病気とかで、見えない場合、運転をやめる、としないとダメなのでは?

180607_1345~01眼光学研究で最近作ってもらった、PC用メガネ。
奥がふだん外でかけるメガネ

運転時には、老化の機能衰えをおぎなうことのできる、ちゃんとしたメガネや補聴器を
つけることを義務化すればいいのに、、とつくづく思いました。

事故がおきると、すぐ免許返納、と言う方向に世論が向かうのは
ちょっと違うのでは、というのはずっと思っています。

ただ、どうしても老化にともなって機能が衰えるので、
それを補えるメガネや、補聴器を、運転時に必ずつける場合のみ、運転可、
というルール、義務つくりでいいのでは、と思うのですがね、、
もちろん認知機能検査は必要。

今回の80歳の方も、もっとちゃんと合うメガネがあって、
あう補聴器があれば、運転時にはそれをつけないと運転できない、という
ルール、義務があれば、事故も起きなかったのでは?と思うのです。

やはり車がないと不便な場所、買い物にも行けない場所はあります。
ちゃんと合うメガネや補聴器がないと、運転できない、となったら、
どうしても運転したい人は、頑張って自分にあうメガネや補聴器を探して、つけるでしょう。

歳だから、と一律に免許返納圧力をかける、ではなく、
個々の衰えた機能を補える機器をつけるなら、という線引きルール作りが
とても必要だな、、と、思います。
なにしろ、年で全て一律、というのは、個人差があるなかで、無理なことです。



ちなみにドイツの場合、 ADACというロードサービス組織があるようです。
そこで高齢者ドライバー尊重をしていて、

「高齢者をサポートするために、社会へ働きかけると同時に、
高齢者自身が行うべきことについても提案。」

「高齢者が、安全運転をするために注意を払わなければならないこととして、
「視力」「聴力」「運動能力」「記憶力」を挙げている。
中でも運転に必要なほとんどの情報は、目を通して認識されるため、
目は交通安全にとって、最も需要な器官である。」

◆夕暮れ時や暗闇で運転するのに目の障害ゆえ困難に感じる場合は、
この時間帯の運転を避けること。
◆道路標識やナンバープレートが見にくかったり、暗闇や夕方に交通状況が認識しづらい場合は、
眼科で検診を受けること。
◆50代から2年ごと、60代は年に1度の眼科検診を励行すること。
◆運転用には視野を狭めない細いフレームのメガネを使うこと。

「生涯安全運転を」は、高齢者を単にサポートするだけではなく、
高齢者自身も年齢に見合った学習をし、あきらめずに前向きに進むことを
社会がサポートするという、個人の権限を尊重する、個人主義原則に沿った考え方。

もちろん、運転免許証を返納することも、1つの意思表明であり権利であるが、
選択肢の多い社会が、多様な層が生きやすい社会につながるのでははないか、、。」

大した怪我でもないのに、なぜか乗せられるはめになってしまいました;

全くその通りだと思います。
高齢で運転したい人は、目の検診を定期的に受ける、
これは必要条件だと思います。
報道もそういったことが大事、という情報を流さないで、一律に返納圧力をかけるのは、
ちょっと違うと思うのですがねえ、、

それにしても、車にぶつかってもたいしたことなかった、なんて、、
なんて丈夫なんでしょう!
もし骨粗鬆症なら、骨が折れていたことでしょう。
これくらいですんだのは、ほんとにありがたいことで、感謝です~。



今日のオカメ様   もう、何やってんだか~、しっかり注意しろやっ! 
180607_1345~03



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

「顔洗うジェルの化粧水」お試し100円のご請求はこちらから!
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おじおばば

Author:おじおばば
オカメインコ(26歳)と暮らす、独り者おじおばば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも第二の人生を色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおすすめ品

化粧水 なちゅRE 顔を洗うジェルでぷるぷるすっぴん肌へ              ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン           水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム