2016.05.09 22:41|ミツバチ
蜂の話には続きがあります。
減るミツバチを減らさないようにするには、どうするか?
ミツバチに元気にいてもらうにはどうするか?
それは人が花を植える、できるだけたくさん植える。
ミツバチが好きな花ならなおのこと。
これは、蜂の研究家マーラ・スピバクの提言です。

ミツバチの好きな花→アカシア、レンゲ、クローバー、リンゴ、ミカン、ベリー系、
ハーブのシソ科のラベンダー、ローズマリー、オレガノ、タイムetc.

160425_1737~01区民農園に植えたイチゴ

虫は嫌いでも、花が嫌いな人はあまりいない、、と思います。
花好きは多い、ことでしょう。
好きで植えた花が蜂にとってもありがたい、、というのは、うれしいことです。
これなら鉢でも植えられるし、庭があればもっといいわけです。
うちもマンションだけど、色々植えています。ハーブの花はかわいいし、色々植えています。
ちなみにテイカカズラが咲くと、必ずクマンバチがやってきて蜜をとっていきます。
こちらが何もしなければ、何もせず花に夢中です。

この前、郊外に住む友達の家に、野菜の苗植えの手伝いに行ってきました。
彼女も花が大好きで、家の庭、借りた畑、一面に色んな花を植えています。
家に広い庭があって、外に出て、ニラやエシャロット等を、ちょこっと取ってきて
食べられるなんて、とてもうらやましい生活です。
花盛りの庭は、都内では難しいですからねえ、、

私のやっている小さい区民農園のイチゴも上の写真のような状態ですが、
最近やっと収獲ができはじめました。
これも気がつかない間に、蜂や色んな虫がきて受粉してくれていたのですね。
これも虫の恩恵にあずかっています。

なにしろ人間が出現するず~っと昔から、虫と植物は助け合ってきたのですから。

160509_1606~01収獲。少しだけど、甘くておいしいイチゴ

「被子植物は、生殖器官である花が特殊化し、果実は心皮が成長したもの。
被子植物は風や昆虫によって受粉する。
被子植物の繁栄は、受粉をになう多様な昆虫類の出現した時期と重なる。
受粉の担い手の昆虫は、ハチを含む膜翅目以外に、甲虫類、双翅目(ハエ、アブなど)、
鱗翅目(蝶や蛾など)がいる。
花蜜を分泌する蜜腺をもった植物が出現したのは、8000万年前頃とされている。
150万年前と推定される人類 の登場は、地球の植物の様相を大きく変化させた。」
(みつばち研究支援サイトより)

8000万年前から、花と虫はお互いに助け合ってきたが、
人間が現れたのは、たかだか150万年前頃からなのに、
花と虫の関係に、大きく変化をおよぼしてきたわけです。

「その第1は、1万年前から数千年前から始まった農業である。
農業は次第に規模を拡大し、植物相だけでなく、動物や昆虫の相も変化させている。
人間の移動は、この動きに拍車を掛け、産業化は、それを加速させている。
さらに20世紀に顕著になった石炭や石油などの化石燃料の大量消費は、
地球温暖化をもたらしていると警告されている。」(同サイト)

007[1][1]

温暖化等の面もありますが、虫に取って一番大きいのが、やはり農業でしょう。
「有機リン系農薬の影響が懸念され、さまざまな警告や規制が強化されたことで、
農薬は、ますます微量で効き目があり、短期間で揮発してしまうなど、残留性の低い、
「環境にやさしい」、選択性の高いものが開発されている。(ネオニコ)
それでも、ミツバチなどへの被害は少なくないと思われる。」
前回ネオニコ記事→ミツバチがいなくなると人は4年

虫の受粉のおかげで、実がなり食料となっているのが、生産量の3分の1以上あるわけです。
キュウリ、トマト、リンゴ、イチゴ、梅、桃等、蜂やアブの受粉なしでは実はならない。
トマトの場合、蜂の羽音や振動がないと受粉しないのです。
以前受けた農園講習では、蜂があまり来ないかもしれないので、
電動歯ブラシの音を近づけるよう言われました。
その振動で蜂がきたとトマトに思わせ、それで花粉が出るそうです。

160501_1015~02友達の家で咲いてた花。小さい白いのはコリアンダーの花

アメリカのアーモンド園では、蜂はアーモンドの受粉作業など受粉動物として酷使され、
人工授精など不自然な育種も行われている。
なんだか、、、生き物にとって、しんどいことですねえ。
人の効率を追い求める生産体制に、蜂も植物も巻き込まれているわけです。

人間はほんとにかってな生き物です。
後からやってきて、やりたい放題、我が物顔で、植物や虫にとっては、
ほんとにいい迷惑なことでしょう。
虫の恩恵がなければ食物もうまく育たないのに、食料確保のため虫と競合、敵対し、
生息環境を壊すわけです。
これは結局、自分たちの首をしめることになる、、というのにね。
でもまあ、人も過酷な効率生産に追い込まれているから、、なんでしょうか?。
農家だって、生きていくのに必死でしょう。

やはり人間が一番えらい、というおごりがあると、しっぺ返しにつながる気がします。
後から参加させてもらっている人類としては、分をわきまえて、植物、虫のサイクルに
うまく加わらせてもらう、、と考えるべきなんだろうな、、と思います。

160429_1124~01うちのタイムの花

昔は田んぼには、レンゲが一面に咲いていました。
今都会暮らしなので、どうなっているのかわかりませんが、レンゲはずいぶん減ったようです。
みな化学肥料をまいているから、、のようです。
昔は緑肥としてレンゲを使っていたからですが、
今でも一部の化学肥料を減らそう、としている方がレンゲをまいている、ようです。

ミツバチとレンゲは互いに、共生関係を築いているようです。
ミツバチの重みで、レンゲの花弁が下がり、中の蜜や花粉がつくようになっていて、
こういった花を、もっと人が植えられる農法をやることが、いいんでしょうね。
それも一時期に偏るのではない方がいいわけですが。

蜂の研究家マーラ・スピバクによると、
「第二次世界大戦後、アメリカのミツバチの数は半減した。
耕作法も変わったせい。以前は休耕地にクローバーやアルファルファを植えて
空中の窒素を固定化させていたが、化学肥料に取って代わられた。
除草剤を使って農地から雑草が消え、そのため、ミツバチの栄養を供給する花がなくなった。

単一の作物だけを栽培する面積が拡大した。
そのため、花はある時期いっせいに咲き、いっせいになくなる。
ハチが一年を通して生き延びるために必要な花をつける植物が地上から消えて行った。
さらに単一作物の栽培は生態系が単純になるため、病害にに弱くなる。
そのため農薬の使用が多くなる。」

160509_1606~02畑のナバナ

ほんとにそうです。
単一に作物を植えるのは、プロの畑ではそうしてるところが多いでしょう。
趣味でやってる畑で、それをやる必要はない、と私は思います。
そして、そういう場所が少しでも増えるといいと思います。

どこでもいいので、空き地、スペースがあるなら色んな花をまこう。
農薬を使わないでいいよう、単一ではなく、色んな時期に花を咲かせるように。
これがせめてもの気づいた人がやれる、ミツバチをはじめ色んな虫への罪滅ぼし、
かつ、人も生き延びる方法でもある気がします。

、、と書いてきて、日本にも
そういう会があることに気づきました。→ミツバチが好きな花を咲かせましょう

上記の友達の家にも、うちにある花の種をもっていきました。
うちはもう蒔く場所がないので、、、うちの周りも土のある場所が少ないのです。
それにしても、みんな考えることは同じなんですねえ、、、


今日のオカメ様  アタシに協力できることは、、?これといってありませんねえ、、
160509_1806~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト
2016.05.02 02:21|ミツバチ
この前テレビで、蜂の研究家が話しているのを見ました。
マーラ・スピバクというアメリカ人です。

「世界の食料生産の3分の1以上は、ハチによる授粉に依存している。
ハチがこない場合は人工授粉をせざるを得ないが、ハチが授粉した方が品質の高い実ができる。
食料生産は増えているのに、ハチはどんどん減っている。
減っている理由は、農薬のネオニコチノイド。」



以前、ミツバチの大量失踪が話題になりましたが、
結局、農薬ネオニコチノイドが原因、、というのがいわれています。
ネオニコ系農薬がミツバチの神経を狂わせて、巣箱にもどることができず、
近場で大量に死んで、巣が崩壊してしまう、というものです。

上記のマーラ氏によると、
「ペンシルバニア州立大学の調査では、ミツバチが巣に持ち帰る花粉から多くの残留農薬が検出された。
ミツバチがネオニコチノイド系の農薬を高濃度で摂取すると死んでしまい、
低濃度で摂取すると神経が麻痺して巣に帰れなくなる。」

蜂が神経毒のせいで、巣箱に帰れない、、というのは,ほんとにむごいことです。
いえこれはミツバチに限らず、人間にもふりかかってきます。

「ネオニコ系殺虫剤の特徴は、害虫に対して少量で高い殺虫効果を示す神経毒で、
効果が長期間続く残効性に優れており、水に溶けやすく殺虫成分が根や種子などから
作物全体に移行する浸透性を持つ。」
つまり作物の種にしみ込ませておけば、成長した作物にその毒素が浸透していて、
殺虫効果が続くわけです。

幅広い害虫に効果があるが、哺乳類、鳥、水生動物には毒性が低い、、とメーカーは説明。
家庭園芸用、シロアリ駆除剤、ペットののみ取り、コバエ駆除等、身の回りでも広く使われているのです。



哺乳類や鳥に毒性が低く、虫によくきく、、なんて、そんなの信じる人がいるのでしょうか?
影響が生き物の大きさには関係して、小さい虫ほど影響が大きいことはあると思いますが、
わかっていても、より被害の少なそうなものを使う、、という選択枝しかないということで
使われていたのかもしれませんが。

ネオニコが、人間の神経系統を大きく乱して、 発達障害等の重い病気の原因になると
も指摘されているようです。当然 ミツバチだけの問題ではなく、人への影響もあるわけです。

環境脳神経科学情報センターの黒田氏によれば、
「発達障害を起こしうる化学物質として、まずは、環境化学物質。
それから、有機水銀、鉛などの重金属。PCB、ダイオキシンなどの有機塩素化合物、
ネオニコチノイドなどの農薬がある。そして、喫煙。」
「自閉症やADHDというのは、シナプスの結合がうまくいかないことで発生する。
神経細胞の情報伝達がうまくいかない。」

有機リン系の農薬が、批判にさらされ、ネオニコはそれよりは人への被害が少ない
ということで、害虫退治に広まったわけですが。

「この殺虫剤は農業生産者にとって使い勝手がよい。
農薬の散布回数が少なくて済むし、見かけ上の「減農薬」も簡単に達成できる。
イネの苗を育てる「育苗箱」に使え、環境への負荷も小さいように見える。
農林水産省は積極的に推奨していた。」(グローバルコラムより)

20150524044248s@odfp[1]

ほんとに人間は作物を作る大昔から、作物を食べる虫と戦ってきたわけで、
どんなにいいと思える殺虫剤を作っても、それは結局人間に跳ね返ってくる、、
ということをくり返しているんですねえ。

「ネオニコチノイド系農薬3種(クロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサム)は
2013年12月より2年間暫定的に、EU全域で使用が原則禁止となる。」

そんなおり、日本では、「厚生労働省がネオニコチノイド系農薬のクロチアニジンと
アセタミプリドの基準を大幅に緩和した。」と聞きました。
全てではないとはいうものの、今回の基準緩和で、日本のほうれん草の残留農薬基準が、
従来の13倍(40ppm)に引き上げられた、、というものです。

えっ!EUでは禁止されているような、そんな危険なものをなぜ緩和するの?と疑問がわき
調べてみたら、たどっていくと、農家から緩和してくれとの希望が農薬メーカーにいき、
そこから申請があり、農林水産省→内閣の安全委員会が検討し→厚労省→環境省→
最終的に農林水産大臣が決める、、となったようです。ややこしいなあ、、、

結局出荷直前にまくと、残留農薬の数値が上がるわけです。
同じ畑に、成長度合いの違うホウレンソウを育てていた場合、若い野菜にまくときに
出荷直前の野菜にもかかってしまうから、、ということのようです。
たしかに分けて農薬はまくのは大変な手間でしょう。
農家の方も野菜を育てるのは大変でしょうが、でも、そうやって緩和するのも問題だなあ、、
と、つい思ってしまいます。



じつは、日本の単位面積あたりの農薬使用量は、世界の中でトップクラスです。
これはまあ、農地集約型で、細かく色んな作物を作っているのと、高温多湿で虫が多いのと、
日本人のきれい好きのせい、、ということでしかたない面もあるのでしょうが。
小さな面積で、多くの収量をあげる必要があるから、というのと
他の国は農薬があまり必要ない作物を育てている、、というのも使用量に関係してるとか。

でも、日本人のきれい好き、というのも大きい気がします。
形の悪い野菜は買わないとか、虫食い野菜は絶対買わないでしょうしねえ、、
そうすると、作る方はどうしても農薬できれいな野菜を作るわけでしょう。
作物は工業品ではないのだから、均一できれいなものを求めてもなあ、、と思います。
それが回りまわって、自分たちに跳ね返ってくるわけです。

それにしても、きれい好きで、虫嫌い。こういう人があまりに多い気がします。
区民農園で自分用に野菜を作っている人でさえ、農薬をまく人がけっこういます。
自分用なら虫に食べられても、いくら見栄えが悪くても 安全な方がいい、、
そう思うので、私はいっさい農薬はまきません。
きれい好きでもないし、虫もあまり気にしませんしね。
まあ、人にあげる時はきれいなのを、、とつい思うのかもしれませんが。
どうも虫を敵対視するのと(これは雑草もそう)、見栄えのいいものを作りたい、
几帳面にきっちりやりたい、、、そう思う人が多い気がします。

160501_1525~03うちの雑然とした畑(まだきれいな方)

でも基本的に、日本の農薬の使用量自体は、減ってきているそうです。
作物の見た目のきれいさより、少々の汚くても安全な方がいい、、と思う人が
もっと増えればいいなあ、、と思います。
そうすれば、作物を作る人も多量に農薬は使わなくなるだろうし、
ミツバチももっと生き易くなるのでは?と思います。

ちなみに、タイトルの言葉は、アインシュタインが言ったとか、それはちがうとか、、
諸説あるようです。結局なぞ?ですが、
蜂のおかげで、人は生きている、、ということですね。


今日のオカメ様  みょおっ! アップです。正面から見ると変顔かしら?
160424_2314~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活





2013.03.30 11:55|ミツバチ
「ネオニコチノイドは神経毒

人体に与える影響として、神経障害症状(手足の震え、注意力散漫、うつ的、協調障害、記憶障害、
暴力行動、心電図異常)
免疫症状(アレルギーの悪化、ウイルスへの抵抗力低下)等があげられる。」


つまりネオニコを薄めて使うと、すぐには死なないでボケてしまう。
それでミツバチが巣に戻れなくなるのですね。
これは人間にも当てはまりそう、、、

007[1][1]


ミツバチは果物等の受粉に、かなり使われているので、減るとどうなるか、、、
虫が減り、それを食べる鳥も減り、
生物指標として、そこに影響が出た、ということは次は、、、
昆虫が減るということは、生き物としてシグナルが出ている、ということですよね。
ミツバチは単なる虫のひとつではなく、鎮守の森を作るのに5割は
日本ミツバチが関わっていた、という説もあるくらい、人にとっても重要な生き物です。


「浸透性があり、作物の中に染み込む。
種をひたすと、成長しても残っている。」


これはいくら洗っても落ちない、ということのようです。

基準値がヨーロッパと比べても、お茶300倍
キャベツ、いちご、300倍
ぶどうにいたっては500倍
基準値が少しづつ上がっている。
出荷の前日までまいていいことになっている。

(田中優さんDVDより)

これは上位の作物の基準値です。
もちろん全てがそんなにかけてるわけではないし、
例えばキャベツは春には虫がつきやすいからでしょう。
冬キャベツは虫はつきにくいから、そんなに使ってないだろうし、
しゅんの季節には、そんなに虫はつかないので、
季節にあったものを食べるのが、安全ということなんでしょうね。

それにしても、日本の基準値はどうみてもゆるすぎるようです。
これはおそらく日本で作られた殺虫剤、という面と
消費者のきれいな、見栄えのいい商品を求めることとも関係ある?
それから季節以外のものを求める、ってことも。
そしてその現状がが、あまり知られていない、ってことでしょうか、、

人間は自然から離れて人間圏を作って暮らしているけど、生き物の一員でもあることも忘れるな、
というメッセージ、いえ警告なのかな、とも思ってしまいます。

人への影響もかなり出てきているのでは?と危機感を感じます。

(28日のオルタナより、は金沢大学教授らの発表した論文より、です)






マジメな話で、なんですが、、、ついでに今日のオカメ様も。ん?羽が変、、に見える

130329_1412~02


ついでに、、どうぞよろしく~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013.03.28 00:15|ミツバチ
前から気になっていて、書こうと思っていたのですが、

みつばちの大量失踪の謎。

007[1][1]


ご存じの方も多い、と思いますが、コロニーから働き蜂がいっせいにいなくなる、と騒がれたやつです。
海外でもあちこちで発生。結局巣に帰れなくて、どこかで死んでしまう、というもの。

尋常でない危険を感じて、原因はいろいろあげられていたけど、今一つはっきりしなかった。
どうしてだろう?とずっと思っていたのですが、
どうやら原因が、農薬にあった、との研究発表が出てきて、だんだんクリアになってきています。

それはネオニコチノイドという農薬。

さらに知らなかったけど、日本は農薬使用量が世界でも1,2位。
何年か前の本に1位、と書いてあって、え~~っうそでしょ!?
中国なんてすごいじゃない。と、ほんとかな?と疑っていた。
国産野菜なら大丈夫か、、とも思っていたし。

でも、2011年のデータで、やっと世界2位になりました。というのがのっていて、
喜ばしいこと、みたいな書き方でした。
(下の参考資料。これに中国がのってないのがよくわからないが、仮に中国が入っても2か3位あたり??)
さらに単位面積あたりアメリカの17倍農薬を使っている。とのこと、、
もちろんこれは作る作物の違い、というものもあるようです。日本は作る種類が多いし。

途上国では農薬が高くてそんなに使えない。日本人はお金もあるし、几帳面だし、きっちりと農薬を使う。
とも、、、

これは驚きでした。
でも考えてみたら、キチっと形のそろった野菜、虫食いなんてとんでも、の野菜を求める国民性では、
それはありうることなのかもしれません。
みんなまじめにキチっとやるんでしょうね、、;

農薬が前より減った?のも、ニコチノイド系に変わったからだそうで、
りん系農薬に比べ、使用量が少なくてすむからだそうです。
だからといって、殺虫剤として、米、果樹、野菜に使われ、公園、森林の松枯れ病に使われ、家庭用殺虫剤、
シロアリ駆除にも使われ。と、考えたらあっちでもこっちでも使われ放題~

虫にはきいて人間には影響がない、といわれていたらしいが、
(虫の神経に影響が出る農薬なので、ハチが帰れなくなる。)
虫にきいて、人間にきかない、なんて絶対ありえない。
人間も生き物なんだから、、
虫の神経にきく、って、きっと人間の神経にもそうとう作用しているんだろうな、と思う。

長崎では大量にまいたらしく、虫が全然いなくなったそうです。
夜、明りに虫が全然こなくなったらしい。
それってあまりに不気味すぎる。

フランスでは2006年に、ハチの大量死と関係があるとして、殺虫剤として使用禁止になっている。
ドイツ、イタリアでも。
日本とはえらい違いです。


たぶんガンや、化学物質過敏症や、アレルギーは、そのせいもあるだろうとも言われている。
それはありうるだろうな、と感じます。
精神にもそうとう影響大きいでしょう、、

私も花粉症だし、、きっと脳にも色々影響きているんだろうな、、って。;

それでも、ゴキはできるだけ、はたくことにしているし、殺虫剤は極力最小限(小バエ取り用を使ってた)
(そういえば、それを置いていると何か変な違和感感じてました。)
ついでに洗剤他生活用品も合成物は使わないことにしている。
(薬局に行くと、頭ボ~っとすることもあるし)
汚れは少しくらい落ちなくてもいいし、家に少々虫がいても、汚れててもそれはもうしょうがない。

しかし食べ物は、、お金ある時は、私も気を付けて、生協等で無農薬の野菜を買っていたが、
ビンボーになってくると、高い野菜を買うのもきついので、洗えば大丈夫さ~
これは国産だし、、、と考えて、商店で買っていたのです。

曲がっていても、不格好でも、虫食いでも何でもいいから、安全なものを食べたいです。

あ、もちろん全てが農薬まみれってわけじゃないです。
しゅんのものや種類によって、そんなに使わなくてすむものもあると思います、、

インフレ対策もあるけど、自分で野菜を作りたい、と思ったのは、そういう理由もあるのです。
ビンボー人にできるだろう自衛策なのでした。



オルタナより
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130305-00000301-alterna-soci

農薬使用量
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/child/pest/pesticide_usage_in_OECD%2010.htm


田中優さんのすごくわかりやすい解説動画(22分18秒の辺り)
http://www.youtube.com/watch?v=z9U2cft47_M


↓今日のオカメ様(刺激のあるもの?のつもりで入れた、サンタのおじさんと、、)

130327_2051~01



↓ どうぞよろしくお願いします~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム