2017.09.14 10:54|世情
最近、みたテレビ番組で不思議に思ったことがあります。

リフォーム番組があれば、興味があるので、できるだけ見るようにしているのですが、
有吉ゼミという番組で、本銚子駅のリフォームというのをやっていたので見ました。



ヒロミさんが、古くてボロボロの小さい駅をリフォームするというものです。
子どもたちから要望があり、鉄道会社からも資金がないけど、リフォームしてもらえるなら
、、というので、ヒロミと仲間が頑張ってリフォームする、というものでした。

これはどうやら、24時間テレビで放送したもののダイジェスト版?だったようです。
24時間テレビをみていないので、不明ですが、、
このリフォーム代、いったい誰が払ったの?という疑問が、、
でも、それは疑問は不明のまま番組は終わりました。

24時間の番組でやったのなら、人件費はもちろんチャリティだろうから、
資材のお金も、もしかしてチャリティなのかな?と思ったのです。

リフォームに興味ある人なら、リフォーム代が気になるでしょう。
リフォーム番組では、これくらいのできだと、いくらかかっているか?は大事です。
だれがお金を出したかで、出した人の希望はかなったかどうか?が大事です。
喜んでいた子供達がお金を出したわけではないし、鉄道会社が出したわけでもない。
じゃ、誰が出したの?



セミプロ?のヒロミさんがやるし、番組モノだし、24時間がからんでいる
となると、募金で集めたお金?と、疑問が出たのでテレビ局に聞いてみました。

で、「集めた募金はそういうことには使いません。おそらく番組もちでしょう」
という返答が、、。

そうなんだ、、
番組もちなら、感動の絵がほしいところでしょう。
番組の意図にそって、タレントさんにリフォームをしてもらい、話題作りをする。
それは当然です。

でも調べたら、どうやらタレントさんは、出演ギャラをけっこうもらっているらしい、、
チャリティなのに?

それと気になったのが、これはセンスの問題で、どれがいい悪いではないのですが
いくらボロイとはいえ、もし私が依頼者ならその風情をもっと生かしたリフォームにしてもらうなあ
、、ということでした。

もちろんヒロミさんの場合も、そう考えて大正ロマン風にしたつもりのようですが、、
う~ん、、あまりそうは見えない気が、、
ただ、色んなところに工夫はしてありました。
で、リフォーム後に、この駅のリフォームが、鉄道オタクには大不評で批判がけっこうきた、
ということが あったようです。
そして、さらに批判した鉄オタの方に、どっと批判がきた、、と。

kannon6.jpg

というのも、その駅舎は、古くてぼろいけど、風情ある駅として鉄オタの人達には
人気があったのだそうなのです。
それが風情ない駅に変わってしまった、、というのです。

そして、それへの批判として、利用もしない、たまにしか行かない、鉄オタに
そんなこと言う資格がない。 地元の人の不便さを考えろ、、とか。
新しくてきれいになって、地元の人が喜んでるのに何が悪い、、と。
地元ではない人達が、批判をしているようです。

そんなことがあったんですねえ、、
私としては、鉄オタの人たちの言いたいこともわかります。
リフォームのやり方で、もっと風情を残しながら、きれいに直すことはできると思うからです。
でも、今回は番組の企画だったので、それは仕方がないかも、、。
タレントのヒロミにリフォームしてもらい、感動を呼びたい、企画なわけですから。
なにしろ資金は番組もちですからねえ。

リフォームにケチをつけた鉄オタの人たちに批判がいく、、
やはりなあ、、
日本では、いいことをした、ということを求める人が多いから、
それが正義だ!といいたい人が多いから。
番組もいいことをした、そこを感動につなげたい、というつくりになっています。

いいことをすれば、全て許されるでしょ?的なにおいがプンプンします。
まあそれは、24時間テレビだから仕方ないのかもしれませんが。
それにしても、高額出演料もらっているなら、本来チャリティ番組にならないのでは?
と思うのですがねえ、、
逆に感動も半減してしまうのでは?と思いますが、、?そんなこともないのでしょうか?



とにかくお金のことは、いっさい番組ではふれなかった。(24時はみてない見た番組では)
隠さないといけない事情があるからかもしれないけど?、そこを隠すから、
色んな批判や誤解がくるのだと思うけどなあ、、

まあ、そういうところも日本的かも、、お金の話にはふれない、、

それと、これもそれぞれのセンスの問題なので、人それぞれなのですが、
がいして日本人は、新しくて、きれいなのがいい、と思う人が多い気がします。
気がします、、ではなく、実際、家は新築を望む、という人が圧倒的に多い。

今回の駅をみても思ったけど、古いものの良さを生かしながら
使いやすいようにうまく変えていく、といういい例が少ないからなのか?
とにかく新しく、きれい、を求める人が多いと感じました。

今は、家やマンションを、中古のリフォームでやる人も増えてきていますが、
新築信仰は、どうも根強いもののようです。

古いモノの良さ、を生かす、、という感覚が少ない人が多い、、
そういういい例をあまり見る経験が少ないから、なのかもしれませんが、
古いモノ好きの私は、新しくきれいだといい、という感覚についていけないところが、、。
やはり、自分ははぐれ者だなあ、というのを感じます。



ひとつの番組のありかたや反応で、日本人の気質がしっかりでてきますねえ、、
私はやっぱり、古さを生かした家や建物が大好きです。
少数派でしょうがねえ、、、



今日のオカメ様  アタシにお金の話はしないでちょうだいっ。今それどころじゃないです
170913_1255~03



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト
2017.09.07 23:43|世情
最近、40代(前半)の人の話をきいて、思ったのが
やはり今の人は、今後に金銭的危機を感じている、、ということでした。



彼女の友人たちは、けっこうな人が起業をはじめているそうで、
彼女もこのまま勤めていてもうんざりだから、何かを見つけたいんだけど、
今のところこれといってない、、とのことでした。

将来が心配。
勤めだけではこの先どうなるかわからない、年金はあまりもらえない。
危機感で、友人達は自分で仕事をはじめているけど、
自分には何がむいてるかわからない、、と。

たしかに年金は心配だろうし、
これからの時代、今までのパターンがくずれて、先がみとおせない。

この10年で、手取り給料も年平均7万減ってきている、というデータもあるようです。
家計の足しに、何かしないと生活費も足りなくなっている、、らしい。
子育てしてると、お金がかかるし、将来もだけど、今が厳しい、、、
何かして働かねば、、という人もいるでしょう。

ほんとに生きていくのは大変です。
30代~50くらいまでが一番大変かもしれません。
一番の働き盛りの時期です。
やりたいことが見つからない、というのはまだゆとりがあるのかもしれません。

でも、どう生きるかは、人それぞれです。
自分はどうしたいのか?どう生きたいのか?何を目指しているのか?
それによって、かなり違ってくるような気がします。



平凡でありふれているけど、幸せな人生を生きたいのか?
トップを目指して、リッチになりたいのか?
ビンボーでも好きなことをして充実して生きたいのか?
他にもいっぱいあるでしょうが、、平凡、、、が一番多いのかな?とも思えます。

で、仕事をどう選ぶか?ですが、
私の場合、選択肢からして、まず普通の事務員には絶対になれない。
計算や事務仕事が超ニガテだし、人と接する仕事も超ニガテで、できることは、
好きなものをかく仕事しかない、、と。
なので、それを仕事にしたい、、と思いました。
親には大反対され、「そんな夢みたいなことできるわけがない」と。
なので、反対を押し切るような形で、上京したのです。
食べられるかどうか?なんて考えてるゆとりもなく、自分にはそれしかやれることがない、
と思ったので、もう必死でした。
ビンボーはお友達で、逆にそれを楽しんでいるのが当たり前の生活です。

結果、おかげでずっと何とかやってこれて、今まで何とか食べていけています。
マンションも自宅なので、できることですが、
ビンボー覚悟にしても、好きなことでやってこれたのは、ほんとにラッキーだったと思います。
今はその仕事はしてなくても、あい変らずビンボーでも、好きなことができて、
元気で楽しくすごせて、食べていけてる、、それ以上何を望むことがあるでしょうか?
まあ、戸建に住みたい、とか、いくつかやりたいことはありますが、、

でも、これはたまたまそうなっただけで、漠然と好きなことで食べていけたらいい、と
イメージはしていたけど、現実にはとにかく仕事をとれるように、と思い
自分の好きなこととの妥協できる範囲、かつ自分のできる範囲をさぐりながら、
必死でやっていただけです。

よく、どんなふうに生きるかイメージすることが必要といいますが、
イメージしたってできるものでもないし、人生思惑どうりにはなかなかならないものです。

ただ、一生懸命に自分の限界、できる範囲と真剣に向き合って行動していれば、
世の中、何とかなるものです。



不器用な私は、色んなことがすぐできなくて、あちこちぶつかって失敗だらけ。
でもぶつからないと、結局何もつかめないのです。
なので、今でも色んなものにぶつかって、失敗して、考えて、納得して、
という方法でないと、他にやりようがないのです。
はたから見ると、フラフラあちこち動いて、さぞ危なかしく思えるだろうな、、と思うのですが、
小さい失敗をやっていると、そこから色々学べるので、結果、大きな致命的な失敗が
ない気がします。 結果、いい判断をしているのでは?とも思えます。  
これは自己満足か~?

上記のやりたいことがない、という人は、もしかして器用な人で、
はじめから色んなことが、ある程度できてしまうのかもしれません。
できるのが当然なので、失敗する経験が少ない?
いろんなことにぶつからずにすむのかもしれません。
でもぶつかってないので、逆にやりたいことがわからないのではないでしょうか?

あと、世の中には、色んなことにぶつかって失敗をしたくないので、行動をしない人も
意外と多いことにも気づきました。
口で、あれやこれに興味があって、あれこれやってみたい、、とは言うのですが、
実際には何もやらないのです。

う~ん、どうしてやらないんだろう?
何かをやるのに、はじめから上手くやろう、なんて、そんなのできっこないじゃん、、と
私は思うのですが、、、はじめからうまくやろうとする人も、できると思う人も、
世の中にはいるのでしょうかねえ、、

ただ、小さい失敗を重ねていないと、年をとってから、もし大きな失敗をしてしまうと、
ダメージが大きくなる気がします。
なので、早いうちにできるだけ失敗はして、少しでも慣れていた方がいいのでは?と思います。



何でもやってみないとわからない、失敗してみないとわからない。
そこから何を学ぶか、で、経験値が違ってくる、と思います。
思うに、失敗からしか、人は何かをつかむことはできないのでは?と。

そのためにはまずは行動。 動かないと何もはじまりません。
とにかく動いてみて、行動しながら考えて、色々修正していけばいいと思うのです。

私もこれからも色々トライしてみたいことがあるので、
失敗を重ねて、第二の人生、次の仕事?をめざして、なんとか試行錯誤しながら
やっていきたいなあ、、と思っているのです。

この年で、こんなことを考えているのですから、40代の人なら、その気になれば、
今からどんなことだってできるでしょうし、どんな失敗をやっても大丈夫でしょう。
お金の心配があれば、色々トライしてみたら、いい経験になるでしょうし、
何かをつかめるかもしれません。

人生100年時代。 
ますます今までの既成の世界が崩れていく時代です。
自分で何かをつかまなくて、いったい誰の人生だと言えるでしょうか? 
なにしろ、40代なら人生、先はまだまだ長いですからねえ、、。



今日のオカメ様  アタシはなんでもうまくやっていますよ。できるインコですからねっ
170816_1318~04




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2017.05.20 01:44|世情
前回サポート詐欺にあったかも?という話を書きました。
もしかして詐欺にあったかも?



一応詐欺?のサポート会社から、返金するとの
連絡があったのですが、ほんとに返金があるのかどうか?
きてみないとわからないな、、と思っていました。

で、今日、消費者ホットラインから連絡がありました。

消 「返金があると言っても、ほんとかどうかわからないので、
カード支払いを止めた方がいい」、とのこと。
私 「そりゃそうですよ。でも、某楽〇カードはまったく応じてくれない」、と。

すると、
消 「再度、当事者のサポート会社に、決済のキャンセルしたいこと。
キャンセルデータをあげてほしいことを伝えること」を言われました。

そしてもう一つ、再度カード会社に連絡して
「もしかして返金はない可能性もあるので、、引き落としを止めて、調査をしてほしい」と
きっちり伝えるよう言われました。
そして、「決済代行業者の名と連絡先も聞くように」、と。
「消費者センターにアドバイスを受けている」ことも伝えるよう、、と言われたのです。

そういう言葉をまっていました!それでこそ消費者センターです。
やっと的確なことを言ってくれる、、と思いました。



前回の聞いた時は、「とりあえず相手方に解約の連絡をいれて、
カード会社に支払いを止めるよう」、それだけ言われだけだったのです。
だめだったらどうするか?の話もなく、その後の流れがわからないままでした。

で、即、当事者のサポート会社に「決済キャンセルとキャンセルデータをあげるよう」
メールを入れておきました。

そして、カード会社に再連絡。
また前回と同じ、「そういうことはできない」、の返事が。
なので、上記の消費者センターの相談を受けていること、決済代行業社を調べてほしい
ことを言うと、「ちょっとおまちください」に変わりました。

そこまで言わないと、動いてくれないわけです。
消費者センターは、おどし?となるのですねえ、、

で、「決済代行業者はうちのリストにはのっていない会社なので、
ちゃんと調べないとわからない。」
「調査会社から1週間以内にそちらに連絡して、色々きくと思います。
それから調査をします。」とのこと。

できるだけ急いでお願いします。と答えておきました。
これでやっと、カード会社も動いてくれました。




かつ、当の怪しいサポート会社から、メール返信があって、
確実に返金することが書いてありました。
カード決済会社経由のために時間がはっきりしないが、支払いはキャンセルとなること、と。
文面の最後に
「すでにカード会社様へ請求さし止めの抗弁書をご提出なさっていたり、請求停止の手続きを
ご依頼なさっている場合は、こちらから、手続きをいたしますので、
取り下げをお願いできますでしょうか。何とぞよろしくお願いいたします」

もしかして、この辺が一番やってほしくないことなのかもしれません。
それもあって、すんなり返金に応じるのかな?と思いました。
カード会社にも、詐欺をやるような怪しい会社と思われたら、困るのかもしれません。
じっさいに怪しいんだけどね。

で、消費者センター(ホットライン)に連絡。
「それでは、あとは調査会社の連絡をまって、調査をしてもらうのをまつことですね。」

的確なアドバイスのおかげで、確実にお金の引き落としはなくなりそうです。
それでこそ消費者の味方、ホットライン(センター)です。
ありがたいことです。

今回のことで、あらためて、詐欺のようなことにあっても、できるだけやれることは
やることで、何とかなることもある、、と思いました。
どうせダメでしょ、、とか、言ったってムダ、と思ったら、それまでなんだろうな、と。
だれもが詐欺にあう可能性もあるご時世です。
気をつけることももちろんだけど、もし出あっても、できることはしたほうが
いいんだろうな、、と。



なお、パソコンをやっていて、そういう怪しい画面が立ち上がった時に、
どうやっても、その画面が閉じられない時、強制終了という方法もあるけど、
終了すると、ウイルス感染とか書かれていたら、ついためらってしまいます。

その怪しい画面を閉じる方法として、教わったのが、
パソコン下のタスクバーを右クリックして、タスクマネージャーを軌道させて、
立ち上がっているインターネット画面を閉じられる、、と聞きました。
その怪しい画面さえ消せればいいわけです。

ほんとにIT音痴には、わからないことが多いので、色々惑わされますねえ、、



今日のオカメ様  世の中何がおこるか読めませんねえ、、アタシの胸も今はげているんです  
170515_1229~02



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2017.05.12 23:47|世情
最近あせったことがありました。

夜中に、健康情報のユーチューブを見ていたら、突然CMになり、そうしたら
いきなりウイルス感染したという画面が立ち上がり、警告音声が流れるたのです。
何!?これは何?
あわてて、画面を閉じようとしたのですが、どうやっても閉じられない。



ユーチューブの音声も止められないし、ウイルス感染警告の音声も止められない。
しかも電源を切ったり、再起動をかけると、ウイルス感染が致命的になる、と
警告が書いてある。

う~っ、、いったいどうしたらいい??
IT音痴の私はうろたえました。

真夜中で、どこにもきくこともできなく、しかたなく書かれた所に電話して、
この状況をとりあえず止めてもらおう、、と思ったのが、まちがいでした。
電話には、片言の日本語を話すオペレーターが出て、指示に従えば大丈夫、
改善します。と言うのです。ホントかあ??

怪しいと思いました。でもうるさい音声が、自分ではどうやっても止められない。
IT音痴の自分には、どうにもできず、仕方ない、と思ったわけです。

で、指示に従いカード払いすることになり、おまけに遠隔でウイルスも直すことができる、
といわれ、「怪しい、怪しい、絶対怪しい」、とつぶやきつつ、、、
他に何も方法が浮かばず、しかたなく従ってしまったのです。
このうるさい音声の状況を止められるなら、もうなんだっていい、、と
思ってしまったのですね。



で、エラーがこんなに溜まっているから、こんな状況になっている、とかなんとか
わけのわからないことを片言の日本語で言われ、エラー画面を見せられる。
怪しい、、とつぶやきながら、とにかく早く音声止めてくれ~っという感じでした。
契約は1回きりのサポートにして、15000円+消費税?16000いくら引き落としに。

で、途中で日本人のエンジニア、という人から電話があり、全ての状況を改善するのに
時間がかかり、終ったら遠隔も切っておくから大丈夫、と言われました。
もうどうでもいい、、夜中の3時頃で、もう眠いし、判断どころではなく、
自分では今はもうどうにもできない、と思い、とりあえず寝て、
あとは明日考えよう、、と思い、居直って寝たのです。
気にしたってしょうがない、なるようになるさ、、という感じで寝ました。

次の日パソコン内に、メモが張りつけてあり、
「PCNET Support をご利用いただき、誠にありがとうございます。
ITチームによる、修繕作業が終了いたしましたことをご報告いたします。
パソコンは今お使いいただける状態でございます。」
以下、連絡先も書いてあります。
電話番号は海外の国際電話の番号。
へえ、ちゃんと色々書いてあるんだ、、と。

でも、パソコンメーカーに電話して、聞いたら、やはり「そういう詐欺がけっこうおきていて、
最近でもテレビでやっていました」、、と。
私は、その手の詐欺があるのは、全く知らず、テレビでもみてなかったので、
知っていたらよかったなあ、、と思ったけど、もう仕方ない。
で、遠隔されたのが心配だったので、セキュリティのマカフィにどうすればいいか、
連絡してみました。



で、そこで全部をスキャンした方がいい、と言われ、延々とスキャンを実行。
そして、カード会社には、すぐ支払いを止めてくれるよう言ったのですが、
それはできないと言われてしまいました。
もちろん怪しいと思ったので、カードはふだん全く使ってないカードにしたのですが、、。

消費者ホットラインにも連絡。
私が電話した時は、もうしまっていたので、
次の日に連絡入れると、とりあえず、契約解除を伝えるよう言われました。、

で、電話して「解約したい」と言ったら、片言で、「あとで日本人に電話させる」、と言われ、
待っても来ない、やはりねえ。
といっても、私も用があり、出かけたりしたので、かかってきたかどうかは、不明ですが、
おそらくかけてはこないでしょう。

で、再度次の日に電話、やはり同じ返事。
その時メールアドレスがあったのに気付き、そこにメールで解約意思表示を出しておきました。

で、再度消費者センターに。
カード会社に、支払いを止めることはできないが、解約申し出たことを伝え、
あとは会社の判断で支払を止めることもあるし交渉次第、と言われたので
再度、カード会社に連絡。
解約申し出たことを伝えたけど、品物が届かなかった、等のこと以外では
支払い取り消しはできない、と言われました。



そりゃ無理だろう、、とは思ったものの、やるだけやってみようと思ったからやったのですが、
やはりね、という結果に。
カード番号を変えようか、と思ったのですが、使わないカードだったし、最初からケチのついた
気にいらない某楽〇カードだったので、即解約することにしました。

まあ、そんなこんなで、何日かけっこう振り回されることに、、
強制終了の仕方も、うろ覚えだったし、強制終了してパソコンが壊れたら困る、と思った、
IT弱者はいいカモなのかもしれません。
変なユーチューブを見ていたわけでもなく、武田教授の健康談を聞いてただけなのに、、

そう思っていたら、今日、なんと!先方の日本人から電話があったのです。
びっくり!で、「満足いただけなかったようなので、お金も返金します」、、と。
ええっ!?そんなことってあるの!?

「何度電話しても、後で連絡する、と言われて、連絡がなかった」と言うと、
「対応が外国人で、説明がまずかったかもしれないので、教育し直します」と。
「そ、そういう問題じゃないでしょ??はじめからそう仕組んでたんじゃないんですか?」
「いえ、そのようなことはありません。連絡先も書いていてたので、ご不満があれば
そちらに、、ということでした。」
「それって国際電話だから、日本語しか話せない人にはかけれない。
今どこから電話くれてるんです?」というと、
「パラオからです。外国の会社だけど、日本人スタッフもいるので、日本語も通じます」、、と。

170512_1511~01これが張りつけてあった

う~ん、パラオ、、!?
しかも、だますつもりで詐欺まがいのことして、返金?
だますつもりじゃなかった、、と言いたいのでしょうか??
つまり、ウイルス感染を防ぐために、自分たちは警告を出した、、といいいたいの?
なんだかさっぱり訳がわからない。IT音痴には理解不能、、、
悪人なら悪人でもいいのに、良心的な対応をしようとするのでしょうか?
どう考えても、意味がよくわかりません。

カードは解約した、というと、「カードとつながった銀行はわかるので、
そちらに返金しておきます」、、、と。

う~ん、もしほんとに返金されたなら、、いったいあの騒動はどういうことなんでしょう?
いったい、その人たちは何をしたいのでしょうね??
それとも、もしかして、、うるさく言う人にだけは返金しているのでしょうか??
ほんとに不可解な、、謎の出来事です。
もし何かご存じの方がいたら、教えていただきたい、、と思います。

今回は、初めての詐欺まがいの出来事にであった、、という話でした。


今日のオカメ様   何ですかねえ、、?アタシの乗っかっている、このパソコンで何か?
170512_2301~02



↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2017.04.20 11:45|世情
最近、日本の技術がすごい、という番組が増えた気がします。
日本人があまり興味をもたない文化に、すごく興味をもつ海外の人が、
日本に来て、現場を体験する番組です。

9d0f8fe86bbdd055d98ea3bf18be9d58[1]

この前見たのが、組子細工を愛するアメリカ人で、自分流にやっていて
不明なことが多いし、尊敬している、みたい作品がある、その人を日本にご招待、、
というわけです。で、実際に組小細工の、すごい職人さんの仕事を、
テレビをみている私たちも、知ることができるわけです。

今回の組小職人、塩澤氏。その仕事をみて、すごい!と、
その技術の完成度に驚きました。
緻密で繊細。ものすごい根気のいる仕事です。
日本人の私たちが知らないけど、日本にはほんとにすごい職人さんがいるのですねえ、、
それを外国の人に教えられる、、というわけです。

たしかに、海外では(東南アジア以外)雑で、いいかげんな作りのものがけっこうあります。
彼らから見たら、日本の技術は驚きでしょう。

このように、日本人は自分たちの技術や、粘り強さでコツコツやる気力、そういったものに
あまりに無頓着で、知らないことが多いです。
実は、それは技術の面だけではなく、経営にもそれはあるらしいのです。

スティーブジョブズが日本、禅に惹かれていた、という話は知っている人も
多いと思います。ビルゲイツが軽井沢に別荘をもっている、、という話も
軽井沢の友人から聞いたことがありますが、
オラクルの元CEOのラリーエリソンが、京都に家をもち、京都にいたりするとか、、
いわゆる経営者も、日本に興味があるらしいのです。

それが、日本文化だけでなく、企業家の思考法に興味があるとか、、
日本企業は、よくガラパゴス化している、と言われますが、
実際には、どうやらそうばかりでもないらしい、、というのです。

どうやら日本の企業は、渋沢栄一からの系譜で、日産、日立を作った鮎川義介等、
明治期からの日本の企業家の考え方、精神、ノウハウが受け継がれていて、
それを上記の米人経営者も学んでいるらしい、、という話を最近聞きました。



100年以上続いている長寿企業は、日本には26000社以上あるそうです。
これは世界一。そんなにたくさんあるんですね。
そして200年以上続いている企業が5568社もある。これは世界で見ても
上位1~6位までが日本企業で、9位も日本、、、だそうです。

う~ん、そんなにすごいとは!
技術と伝統もありますが、経営を長く続けるのは、それは並大抵ではないでしょう。
全ての企業ではないでしょうが、日本企業は本来、
「企業の始まりが、天道にのっとり自然の摂理に従うこと、
地球の求心力の「愛」と「仁」にのっとっている、それをはずさず実践する」
徳山 暉純氏によると、明治期からのそういう企業の基本精神があるようです。

仕事のない時代に、みな貧乏で食べることもままならず苦労しているのをみて
頑張って企業し、仕事を作り、人を雇うことで食べていける人を増やした。
こういう企業からはじまった精神がある、、というわけです。

日本企業は平等で、社長も社員と同じ食堂でご飯を食べる、というのはよく聞きます。
これは他の国ではありえないようです。
身分の差が、はっきり分かれているからです。

そんなに続く企業や精神ノウハウがあれば、その奥義を学びたい、と思う外国人も
当然いることでしょうね。

でもそういったことは、日本人はほとんどは聞かされていないし、知らないことです。
相変わらず、日本企業の欠点やダメな所を、あれこれ取り上げて、
自虐していることが多い気がします。
実際、そういう上記精神のない会社も多いでしょうし、そんなにして雇ってもらわなくても、
今は人手不足で、売り手市場なので、仕事はいくらでもあるでしょう。



今の日本人の特に20代、30代の若者(男性)は、海外に行かないそうです。
行きたいとも思っていないようです。
それは、それだけ日本が居心地がいいから、でしょうが、
自閉していると、世界の危機感が見えないし、他の国を知らないと、
逆に日本が見えてこないのでは?というのが気にかかります。

「ハーバード大に留学している日本人は5人、中国人1000人、韓国人700人、
日本人が少なすぎることが心配されている。
それは世界中から集まる場所で、他国の友達の人脈が作れることが一番重要なのに、
これでは日本が孤立する」、その可能性があるから、だそうです。

「アメリカでは、若者に日本のアニメやマンガがすごく人気で、
東洋思想を題材にした映画、スターウォーズ、ラストサムライ、フィフスエレメント等
たくさんあり、日本の文化がヒーローに、自動車や精密機器、寿司バーがステータスになっている」
とは、アメリカ、日本在住の日産グローバル取締り役の徳山 暉純氏の言です。

そして、「世界の遺産、ピラミッドや、コロッセオ、パンテオン等は、
もう同じものを建てることはできない。それができる技術者も技術もない、といいます。
でも、伊勢神宮、出雲大社等の日本の建築は、20年ごとに建て直しをしていて、
その技術が次の人に受け継がれるような仕組みになっている。」、、と。

以前にも少し書きましたが、
今までの欧米社会の近代合理主義が、とっくに行き詰まっていて、
これからの展望を、心の世界を追求してきた東洋に、特に日本文化に見出そう、、
と考える、外国の人が増えているようです。(特に米国)
でも、日本人自身はというと、
「他の国を知らないで、自国にばかり籠っているので、日本の良さがわかっていない。
日本がいかに幸せな国かをわかっていない。
若者は海外に5年くらい出て暮らしてみることが、これからの日本のためにも必要。」
(徳山 暉純)



でも、なにも好き好んで、海外に行き、あえてしんどいことをする動機づけが、
今の若者にはあまりないのでしょうね。
親もその必要性をまったく感じていないでしょう。
でも、かといって、日本に満足しているわけでもないようです。

2016年度の、世界の幸せな国ランキングでも、
日本は157カ国中53位で過去最低になっているそうです。
(第1位のデンマークはじめ上位北欧)

まあ、不満やおかしいこともいっぱいあります。
私もおかしいことは、おかしい、、と色々書きます。
落差も広がっている、、とはいえ、日本の落差は他の国とは比べようもない気がします、
夜も平気で外を歩けるし、財布やカードを落としてもちゃんともどってくる。
世界中の食べ物が食べれる、水道水も飲める、平和で安全で自由な国。
時々なんて幸せな国で暮しているんだろう、、
この時代に、この日本に生まれられていてほんとに良かった、、というのは、
ときどき思うことがあります。

私は長めの海外旅行に行っただけで、住んだことはありませんが、
旅行で色んな国をみて、やはり日本に生まれてよかったなあ、と思うのです。
旅行に行くならいいけど、それらの国に暮らすのはきついだろうな、、と。
(東南アジアの一部暮らしやすい国はあるかもしれませんが)



それだけ若者も居心地がよくて、海外に行く必要も感じていない、と
いうことなんでしょうねえ。

でも、それだけいい国に生れた者としての責任?として、
日本のもっている精神が、これからの時代には求められている。
日本人の自覚が必要、というのはもっていなくてはいけないのでは?と思います。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」、、ということわざを、今の若者も
親の世代も、もしかして知らないのかもしれません。
それだけ恵まれた国に暮す日本人には、危機感もハングリー精神もないでしょう。
これからの時代、日本のはたすべき役割は大きいだろう、と思うのですがねえ、、

これには私たちの受けてきた、戦後の教育の問題が、大いに関係ありそうです。
いいかげんに目を覚まさないといけない、、と思うのですが、、。


今日のオカメ様   今日は怒ってますよっ、ほっといてちょうだいっのポーズですよ!
130503_1533~02




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2017.02.04 00:33|世情
東京に住んでいると、車をもっていなくても全く困ることはありません。

ただ、帰省した時には、車がないとどこにも行くとこができません。
いずれ親の介護とかはじまった時のために、と思い、何年も前に郷里の岡山で
運転免許を取りました。なので、帰省した時だけ運転をします。



母は89歳の高齢だけど、一人暮らしなので、頑張って買い物や病院には
自分で運転して出かけています。

この前弟のところに行った時に、その話がでて、
もう無理なんじゃないか、免許を返した方がいいんじゃないか、、と。
最近はちょっと減りましたが、高齢者のブレーキ踏み間違い事故が
やたらと報道されていましたからねえ、、。

高齢者は免許を返上した方がいいのでは、、
世の中、そうしたほうがいいような風潮になっているようです。
その方が良識がある人、、みたいなね。

でも私は、そうかなあ?と思いました。
高齢だからって、一律に同じように考えなくてもいいのでは?
人によってそれぞれ違うだろうし、それぞれ事情もあるでしょう。
母のように超慎重に安全運転している人もいます。
第一車がないと自由に行動できなくなります。
病院にも行かないといけないし、買い物にも行かないといけません。
できるうちは、何とか頑張っていた方が、本人のためにもなる、、と思います。
多少頑張ったほうが頭も使うし、刺激があるし、自由があります。

そうしたら、高齢者にいいブレーキのついた車がある、、とのこと。
それがどういう車なのかよくわかりませんが、じゃあそれでもいいかもね、、、
という話をしました。



そうしたら、最近みた記事で、へえ、、と思ったのが、
どうやら高齢者の運転事故が増えているわけではない、、というのです。
逆に高齢者の運転による事故は減っている、のだそうです。

減っているのです。
あんなに高齢者事故ばかりテレビでも取り上げて、毎日のように
事故だまた事故だ、、と流していたのが、、じつは減っている。
過去10年の65歳以上の事故件数データをみると、減っています。

他にも、加害者年齢別で死亡の一番多い世代は、35~39歳。
次に多いのが20~24歳。
被害者死亡で一番多い年齢が80歳以上、次が75~79歳。
高齢者は加害者より、被害者として多いのです。
やはりねえ、、そっちは納得の数字です。

高齢者はテレビであんなにいうように、加害者として多いわけではなく、
被害者に一番多いのです。

じゃあ、過熱報道はいったい何なのか?
裏で何か意図的に情報を流す。これはよくあることです。
交通ジャーナリストの吉田武氏の記事によると、
警視庁への質問の答えとして

「表面的には高齢者の運転技術が近年衰えていることを伝えるのが目的なんですが、
つまりマスコミに、高齢ドライバーの事故を報道させるのが手っ取り早いわけですね。
これは意図的に報道させているんです。
統計データはインターネットとか見れば誰もが閲覧できるのですが、
運転事故は減っているので、疑問を感じる方が多くいられるのも事実です」



「警察庁としては高齢ドライバーへのけん制的な意味を含めて、
マスコミ各社へ積極的に高齢者の運転ミスによる事故を報道して頂けるよう手配しています。
その報道により、高齢者の方は気を付けなきゃいけないと、
自分なりに注意しながら運転するようになりますし、それが大きなけん制になっているわけなんですね」

まあ確かに、あんなにテレビで流れると、やはり危ないから気をつけよう、、とは思うでしょうが、
やはり高齢者は危ないとか、高齢になると運転しない方がいい、とか
良識ある人は、免許返上、、みたいな変なイメージが植え付けられてしまいます。
免許を取りあげられた老人がいる話しも聞きました。
これは偏見となる可能性もあります。

「将来の日本は高齢者だらけになりますから、来たるべき未来へ向けて
まずは自動ブレーキ装置を今後発売されていく新型自動車へデフォルトで導入。
ブレーキとアクセルを間違える事故が多発していることを考えると
世間的にもウェルカムになりますよね。
高齢ドライバーの安全を守ると同時に歩行者の安全も守れます。
自動ブレーキ装置が普及した暁には次に自動運転技術を普及させる事案です。」



なんだ、結局そういう技術車を買わせるためなのか?
うちもそういう話が出たので、しっかりそれに乗るかもしれませんがね。
記事でも「警視庁、メーカー、政府が結託して情報を流してるのでは?」
と疑っています。

「政府側としては2020年の東京オリンピックまでに、
自動ブレーキ装置と自動運転技術の2つを導入した新車を数多くリリースして
普及させることを考えているんですね。
それは世界へ日本の自動車メーカーがアピールできる最大のチャンスなんですよ。」

この辺が本音なのか、、なるほど、、とすごく納得できます。
全く油断できないですねえ、、
あれだけ危険だと流してれば、そういう車を買おうと思う人も多いことでしょう。

裏でどんな情報操作があるのか、しれたものではありません。
まあ、これも今はデータがちゃんとあるので、それを見ればわかることなので、
みんなが情報に乗ってしまうわけではないのでしょうが、
テレビが正しいと思ってる人は、まだまだ多いですからねえ、、



ただ記事で、男性高齢者の中には、自分の運転に自信をもちすぎている人もいる、
と書いてありました。
そういう人はたしかに怖いかもしれないので、気をつけてほしいと思うけど、
うちの母のように慎重すぎる人もいるので、年齢だから、、とひとくくりにするのは
やはり違う気がします。
まあ目や耳の衰えはみんなあるでしょうから、そういう意味では
高齢者の定期的チェックは必要でしょうが、
加害者の一番多い世代も、それは同じですからねえ、、

ちなみに、時々しか運転しない私は、怖いので
高齢者マークと初心者マークを貼りつけて、誰も近寄れないようにして運転します。
こうすると、ちょっと安心して運転できるのです。



今日のオカメ様   それちょっとはずかしいかもねえ、、
170116_1438~03




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活





2016.11.10 01:59|世情
世界で貧富の差が広がっています。
日本でも貯蓄のない世帯(2人以上世帯)が、3分の一いるそうです。
単身世帯では、半分強が貯蓄なし。
これは若い世代ほど、貯金なし、になるようです。



金融資産保有額の平均は1209万円。
意外としっかりと貯蓄されているように思えても、
資産を多い順、少ない順に並べた時に真ん中に位置する「中央値」は400万円。

貯蓄の多い人はたくさんもっているが、少ない人もってない人との差がある。
世代によっても差がある、ということのようです。

雇用も正規社員が減り、非正規が多く、差がちぢまらない。
なんか同じように働いても、報われないのは悲しいですよね。
若い知人も、仕事に行く先々がブラック企業で、こき使われるし、雰囲気が悪くて
転職を繰り返している人がいます。

1億総中流といっていたのは、もう遠い昔です。
いつからこんなことになってきたんだろう、、と思います。

アメリカの大統領選がトランプ氏に決まりました。
日本では、クリントン氏優勢という雰囲気で、マスコミでは意外という声が、きかれます。
ヒラリーだと、何も変わらず、トランプだと未知数で不安もあるが、
世の中何か変わるかも?と期待している人が多かった、ということなんでしょう。

アメリカは日本以上に貧富の差が、ひどく進んでいるようです。
それを変えたい、と思う人がじつは多い、と。
「米国民の3分の1は貧困層か貧困層予備軍」という説もあります。
トップ1%の人たちがアメリカ全体の23.5%の富を所有しています。
アメリカンドリームはもう昔の話。

ほんとに世界中、変動期です。
これはもう資本主義が限界にきてるということなんでしょう。
いつの時代も、貧富の差が開きすぎた時が、変動のきっかけになるようです。



最近読んだ本に、水野和夫の
「資本主義の終焉と歴史の危機」という本があります。

「資本主義は、時代によって色々形を変えているが、本質は
中心と周辺の分割があって、富やマネーを周辺からもってきて、中心に集め享受する。」
「資本主義は少数の人間が、利益を独占するシステム」

「1900年前~2001年は、地球の全人口の15%が、豊かな生活を享受できた。
この15%にはアメリカや日本も含まれ、1億総中流が実現できた。」

「世界の総人口の豊かになれる定員は15%
20世紀までの130年は、先進国の15%が、残りの85%から資源を安く輸入して
利益を享受してきた。
資本主義は世界のすべての人を豊かにできるシステムではない。」

そうなんですね。1億総中流のいい時代も、残りの85%の人たちの
上に成り立っていたものだったんですね。

そして、今の時代ではもう周辺が残っていない。
なので、国内に無理やり周辺を作り出し、利潤を確保しようとしている

アメリカでは、サブプライムローンで、低所得者をつくり、住宅ローンを貸し付けた。
日本では労働規制を緩和して、非正規雇用を増やし、
浮いた社会保険や福利厚生のコストを利益にする

あらゆる国で、落差が広がっているのは、グローバル資本主義の必然的状況。



なるほどねえ、、
そうやって非正規を作って、利益を蓄積しているのですね。
富める定員は15%で、資本主義が世界をおおいつくせば、周辺はなくなり、
もうリターンは望めないわけです。成長はもう望めない。
資本主義は、そういうシステムで、どこかに貧富の差をつくることでしか、もう利を得ることが
できない、ってわけなんですね。
だから、富を増やそうとする人たちは、貧富の差をなくそうとはしないわけです。

で、新しく「電子、金融空間を作り出したが、
これも将来これだけの稼ぎを作り出すだろうという、投資家の期待を織り込んで
資産価格が形成されるだけで、将来の人が得るべき利益を先取りしていることになる。」

ほんとに行き詰っていますねえ、、。
地球から周辺は消えたし、未来からも収奪していて、もう資本主義の終焉がきている、
というわけです。これは西欧史の終わりでもあるようです。

で、資本主義が、どう終わっていくのか?
水野氏によれば、どのようなシステムを作ればいいのかは不明だが、
手がかりとして、「定常状態」。これはゼロ成長社会
買い替えサイクルだけで、生産と消費が循環するような社会。
なんか江戸時代みたいなものでしょうか?

この定常状態の優位性をもっているのが、最も早くゼロ金利、ゼロ成長、ゼロインフレに
突入した日本。
今までが「より速く、より遠くへ、より合理的に」、、とあったのを
逆に「よりゆっくり、より近くへ、よりあいまいに」の方向に、考え方を変えていく。



成長主義の人や、貪欲な人には難しそうですね。
常に成長していかないといけない、というのは企業では
おそらく、当然のように言われていることではないでしょうか?

水野氏によれば、今の超低金利の時代、これと同じ時代がイタリア16世紀にあった。
この後、利子率革命があった。
つまり大変動の前に、超低金利の時代がある、ということのようです。
日本で続く低金利は、近代資本主義の終焉のサインではないか、と。

強欲資本主義にしがみつくと、破局的なバブル崩壊のハードランディングとなり、
経済の危機、国家の危機、地球維持の危機にまで発展の可能性もある、
と警告されています。
歴史の危機を直視して、資本主義からのソフトランディングをする。
日本は定常化社会への準備をする。
ゼロ成長社会は、余剰をストックし続けることに執着しない社会
資本の蓄積と増殖のための強欲を手放すことで、人の豊かさを取り戻す。

成長主義の経営者さんがきっと多いだろうし、そういう人たちが、
なかなかそんなふうに考えるとも思えないけど、
もしそれができる人がいたら、ほんとの変革者なんでしょうね。
強欲でリッチな暮らししても、貧乏な人が多ければ、あまり楽しいとも思えないし。

ほんとに、トランプさんの手腕も不明だけど、
これからの世の中どうなっていくか、、読めないですねえ。
でも日本が率先してやっていかないといけないんだろうなあ、、
日本が暮らしぶりや社会を、成長にとらわれないシステムとして選んでいくことができたら、
何か見えてきそうですけどねえ。



今日のオカメ様  アタシャ何もため込んでいませんよ。欲張りでもないですしねっ
160825_1144~02




↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活




2016.09.10 00:29|世情
この前、長いつきあいの友達と話していて、お金の話になりました。
小さい介護事業所をやっている人なので、
彼女とは、ざっくばらんにお金の話もします。



で、言われたのが、私が今住んでるマンションは、
「ずっと、親に買ってもらったと思ってたんだよね、、」と。
「え~っ、うちの親は資産家でもないし、足りない分は親に援助はしてもらったけど、
基本、私が貯めてたお金と、ローンで買ったのよ」と私。
これは何度か言ったのですが、今一つ納得できてないようです。
「だって、古い安アパートに住んでて、急に新しいマンションに越したから、そう思ってた」と。

う~ん、どうも人は住んでいる所で、お金のあるなしを判断する傾向があるようです。
見た目がけっこうポイント高いわけですね。
住んでる所がボロイからって、お金を持ってないわけではありません。
また逆も言えます。

なので、「世間では、ほんとの金持ちは、質素に地味な所で暮らしてるらしいよ」と私。
(念のため、当然私のことではありません。今ビンボーなので。)
「そうよね、成金とか、個人事業で稼いだ人の方が派手な暮らしをしてるのかもね、、」と彼女。
「でも私は、その方が好きだな~。」とおっしゃいます。
彼女は稼いでいるのもあるけど、けっこうお金も使って人生楽しんでいるからです。

それは人それぞれで、お金の使いかた、考え方は色々です。
お金にかんしては、日本人は話題にするのははばかられるところがあり、
学習する機会もないので、それぞれの育った家庭の考え方で、ずいぶん違うように思います。

お金に関して読んだ本といえば、
昔、ロバートキヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んだことがあります。



これは、今一つピンとこなかったのですが、
本多清六という人の本を読んだ時は、この人はすごい!!と思いました。

本多清六は「明治〜昭和期に東京大学教授でありながら、勤倹貯蓄を旨とし、
貯金と株式投資によって40代で現在の価値で約100億円もの資産を築き上げた。」

「父が死に、多額の借金をかかえた貧乏家庭で育ちながら、向学心あふれ、
勉強と農作業をこなし、働きながら学業優秀で、農林学校、帝国農科大学で首席卒業。
本多家の婿養子となった。
その後、林学を学ぶためにドイツに留学をする。」

「ドイツで林学を学んだ、ブレンダーノ教授から言われたのが、好きな学問を続けるためには
お金も必要。お金がないと嫌なこともやらなければならなくなる。
なので、まずお金を貯めなさい。というもので、以後、勤倹貯蓄を処世訓とした。」とあります。

「収入の1/4は必ず貯蓄をし、貯金と株式投資によって40代で、分散投資を実施した。
また、日々1ページ原稿を書くことを常としたため、370冊を超える著作がある。」

ものすごい、勉強家、努力家で、かつ投資の才能もあった。
当時安い山林を買ったり、株式で不況時に買い、長期投資をし、欲張らずコツコツと増やした。
日本の有名な公園は、ほとんど彼の手がかかっている。



で、すごいのはここからです。
日本で最初の林学博士となり、投資家としても巨万の富を築いたが、
退官を機に、匿名でほぼすべての資産を教育、公共の関係機関に寄付したことでも知られる。
つまり、彼は子ども達にほとんど遺産を残さなかった
お金でなく、自分の生き方を子供に残した、というわけなのでしょう。

こんなことができる親が、今の時代にいるでしょうか!?
生き方を残さず、金を残そうとするのが、今の普通のような気がします。
巨万の富をつくるのも難しいのに、その上それを匿名でほとんど寄付できるなんて!
なんてすごい人がいるんだろう!今の時代に欠けている考え方じゃないのか、
少しでも見習いたいものだ、、と感激したものです。

でもまあ、怠け者の私には、その己に克つ働き者、努力家の人のようにはとうてい無理。
才覚もなく、マネができないのはわかりきっているので、のんびりマイペースで、と。
そして、私もお金を貯めなきゃ、と思ったのも事実です。

お金に振り回されず、やりたいことをやるには、ある程度のお金がいる。
そしてお金を貯めるには、ある程度質素でいないと貯まらない、、わけです。
そして、その貯めたお金を、何かに投資する、というわけなんですね。

で、私はその投資で失敗してしまい、今ビンボーなので、うまくいかなかったわけです。
なので、えらそうなことは言えませんが、、

家がない時は少しはお金があったけど、家を買ってからはお金がない。
友達の中にも、りっぱな所に住んでいるけど、じつは内実けっこう大変な人もいます。
なので、住んでいる所で、お金があるか、ないか、なんてわからないわけです。



で、資産と負債のことを書いているページをみつけました。
それによると、「金持ち父さん、貧乏父さん」を不動産の本だと思い違いしてる人がいる、と。 
私も思い違いしてました。昔読んだので、よく覚えてないけど、ピンとこなかった。

資産と負債について書いた本、だというのです。
家や車は資産かというと、じつは負債だそうです。
「例えば車をもっているだけで、保険代、税、ガソリン代がかかるし、
家も税や修理代がかかり、負債となる。
ポケットからお金が出ていくものが、負債で、ポケットにお金を入れてくれるものが資産
そういうことが書いてある本だ」、というのです。

「家も人に貸し、お金が入れば資産となる。
もっているモノを、どのように活用するかによって、資産にも負債にもなる。
お金持ちになるためには、この資産を増やす必要がある。
それが、キヨサキ氏の本では不動産だったが、要は
ポケットにお金を入れてくれるものであれば何でも資産になる}という考えができるかどうか。」
(深井良祐、ビジネス思考への転換より)

なるほど。あの本はそういう本だったんですね。
持っている家でも何でも、持っているモノが生かせられなければ、負債となるわけですね。
それはごもっともです。
要は何でも生かすには、頭を使わないといけない、ということなのでしょうね。

そういう観点からいくと、いい所に住む、住まないは、あまり関係ないわけなんですねえ。
生かすも殺すも、人次第、ということでしょうか。



ちなみに、お金持になる人に共通するものとして何があるか、書いてあるページがありました。
それによると、共通したものは、
・実際の生活自体は質素である。
・自己投資はおしまない。・健康管理が行き届いている。・無駄な浪費はしない。
・資産運用をしている。・決断が早く、行動力がある。・自分の好きなことで稼いでいる。
・人にしんせつである。・お金が好きで大事に扱っている。

お金持になれない人に共通するのは、
・金持ちになることに罪悪感をもっている。・利己的なことが悪いことだと思っている。
・お金に対して感情的である。・変化を恐れ安定を求める。
・1つしか選べないと考えている。・短期的な計画しかできない。
・学歴が必要だと思っている。

また、もっとも基本的なところで、「収入と支出のバランス」が取れているかどうか、
わかっているのは当然。
(こころと身体の教科書より)

なるほどねえ、、やはり実際の生活は質素、なんですね。
これからみると、私は金持ちになってもいい条件の気もするのですが、、
生活は質素でも、やりたいことにお金がかかり、少ない収入とのバランスが悪いですからねえ。
なので、ビンボーも、まあしかたないわけです。
それもまあ、食べていけるのなら充分ありがたいことですし、それもいいかな、と感謝しています。

とまあ、今回は、お金のことを色々考えてみました。



今日のオカメ様  そんなのアタシにゃカンケーねぇ。おやつも食べれて遊べたら何でもいいですよ。
160905_2245~01




↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2016.08.25 12:26|世情
最近ミニ同窓会をやりました。(高校)
同窓会といっても、女子4人の予定が、1人が都合悪くなり
3人で1泊友人宅に集まり、おしゃべり会に。



みな、みごとにそれぞれです。
①ものすごくやさしく、有能ないいご主人に恵まれ、お金の心配がいっさいなく、
仕事も一時期やり、ずっと幸せな人生を過ごしている人。

②まるでドラマができるかも?的な、夫の過酷な病をかかえ
塾をはじめ、それを切り盛りしながら、子育て、夫の闘病を支え、
夫無き後、一人で塾経営をしながら、子育てを終え、
今は再婚して幸せに過ごしている人。

③そして、私。ずっと1人で、やりたい仕事をして、今はほぼリタイヤ。
ビンボーとはいえ、好きなことができ、今は仕事のしんどさからも解放されてありがたい状況。

みな、ほんとにそれぞれ違います。
でも、人生とっくに後半だけど、今の段階で、みな健康に幸せに生活できているだけでも
ありがたい、一様にそう思って暮しているわけです。
運的には、たとえ良くても悪くても一生懸命生きてきて、今があると言えるでしょう。

これは、みなそうですが、そうしようとして計画を立てて、予定どうりに
きたわけではなく、その時その時を必死で生きてきた結果、
たまたま今がある、、という感じなのでしょう。
運なんて、いい時もあれば、悪い時もあります。



②の彼女が、夫婦で関西に引っ越すのですが、(個人の事情で)
今の家の隣にものすごい迷惑おばあさんがいて、彼女もかなり嫌な思いをしてきたようです。
聞いていると、その人はとても病気の人、不幸の人だ、と思いました。

テレビでも時々迷惑おばさん、おじさんが出ますが、
その隣人は、人のアラや、ちょっとしたことにケチをつけ、いんねんをつける。
ずっと人を見張っていて、近所の人の動向をさぐり、ケチつける機会をねらっている。
自分の偏った価値観を、上から人に押し付ける。
プライドばかり高く、自分は優秀、頭がいいと思っている。
自分の妄想に人をあてはめ、おかしいことをがなり、文句を言う。

う~ん、そんな人いそうだけど、回りにいてほしくない!
よく友達も長年我慢したなあ、、と思いました。

アメリカの研究者ソニア・リュボミアスキー氏の言葉で、
「私たちが幸せになれるかどうかの40%は、自分が変われるかどうかにかかっている
そうです。

幸せになるか、ならないか、は自分次第、ということなんでしょう。
苦労があっても、なくても、それをどうとらえ、考えるかでちがってくるわけです。

長年不幸な人を観察していたら、彼らに共通していた「7つの習慣」がある、、とか。



「いつも笑顔の人は大変な状況に陥っても悲観せず、好奇心を持って立ち向かう。
責任逃れをせず、問題解決の方法を考える。
一方、常に悲しんでいる人は、自分を社会からの被害者と感じてしまい、
悲観的に嘆くだけで問題解決をしようとしない。」

「幸せな人はよく人を信頼し、性善説を信じている。
初めて出会った人にでも優しく接し、どんな人にも心を開き、コミュニケーションをとる。
反対に不幸な人は、なかなか人を信用しない。
自分の殻に閉じこもり、新しい出会いのチャンスを自ら断つ。」

「幸せな人は、悪い面に注目するよりも良い面を探そうとする。
反対に不幸な人は、悪い面ばかり見て文句を言いがち。
何か自分が脅かされることはないか、いつも恐怖を抱いている。」

「いつもネガティブな人は、誰かが自分から幸運を奪ってる!と感じている。
他人を羨ましく思い、嫉妬や怒りなどの感情を抱いている。
一方ポジティブな人は現状に満足し、自分がどれほど幸運であるかを理解している。」

「人生の目標のために努力することと、人生をコントロールすることは全く違う。
幸せな人は目標に向かって日々努力を続けるが、
自分がコントロールできることがとても少ないということに気づいている。
不幸な人は些細なことまでコントロールしようと頑張りすぎるため、
少しでも計画がずれると嘆いてしまう。」



とまあ、幸せな人と、不幸せな人は、いくつも考え方が違うんですね。
これは幸せかどうかで、運とは少しちがうけど、幸せなら運もいい方向に動きそうです。
悪い面ばかりみていると、運が落ちそうです。
考えてみたら、今回集まった人は、みなそれぞれ幸せに暮らしています。

①は考え方が個性的でポジティブで、自分の失敗や物忘れを笑い飛ばす人。
自然に運が回ってきそうです。
②は理知的で冷静で、物事や自分を客観的に判断できる人。
これでもか、の困難が襲ってきたのを、逃げないで必死で生きて対処してきて、
今のおだやかな生活があるわけで、神様のごほうびなのかもしれません。

そして私。 昔ネガティブ人間で、くよくよ弱気だったけど、仕事を続けることで鍛えられ、
考え方が180度変わった。
人が幸せになれるかどうかは、自分が変われるかどうか、だというのと、
振り返ると、けっこう運があったなあ、、と思います。
好きなことをでき、食べていけたのだから、自己変革と努力があったとしても、
けっこう運があったと思います。

かたや上記迷惑おばあさんです。
もちろん、世の中には、病気の人もいます。いろんな障害をもった人もいます。
一概には言えませんが、物事のとらえかた、考え方でずいぶん違ってくるだろうと思います。
迷惑おばあさんは、自分の見方、考え方をワンパターンのまま、
ずっと変えずにきたのでしょう。
で、あちこちに不幸をまき散らかしている.わけです。
まあ、こういう人って逆エネルギーが強くて、悪運は強いのかもしれませんがねえ。
ご本人も回りもあまり幸せ、とはいえないでしょう。



私達は、人生とっくに後半なので、残りはおだやかに、健康で楽しく過ごせれたら、と
みな思っています。
残りの人生、これから何があるか、、、この後の展開を、ちょっと楽しみにしています。
あまり暗いイメージはありません。
かなり能天気だけど、何があっても、何とかなるだろう、、と思っているからです。

あ、ツキをよぶ言葉としては「ありがとう」だ、と書いてありました。
「ありがとう」はとても必要な言葉ですねえ、
私もちゃんと言えていない人には、言っておかねばいけませんねえ。



今日のオカメ様  アタシは強運だと思いますよっ。何にも負けてないし、身体も丈夫だしねっ
160825_1145~01


↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2016.05.17 22:36|世情
最近見た番組で、やっていたのですが、
アメリカのハーバード大学の研究で、若者がどんな人生をおくるか、生涯を追いかけて調査。
どんな人が幸せな人生をおくるか、調べる研究をしているそうです。

724人の10代の男性を、老年になるまで追跡。
75年前!から続いている調査だそうです。すごい調査ですね!
もう、なくなっている人も多くいるわけですから。



その前に、今の新世紀世代(2000年以降に生まれた人)に
「人生の時間とエネルギーを何に使うか?、目的は何か?と質問すると
80%以上の人が富を蓄えること。同じく50%の人が有名になること」、と、答えたそうです。

若者ならそう思うのかもしれませんね、日本の場合でもそうなんでしょうか?
ちょっと違う気もしますが、、アメリカではそう思う若者が多いんですね。

で、研究ですが、今も60人が健在で、90歳代だそうです。
「1938年以来、男性の2グループを追跡した。
① 一つのグループはハーバード大学の学生。
② もう一つはボストンの最貧民家庭の若者。
この2グループを、幸福と健康のために、何が必要か?を、それぞれの人を追いかけて調査。
結婚した妻からも話を聞き、参加してもらったり、かなり綿密に生活状況を調べた」ようです。

「それらのことから、見えてきたのは、、、幸せに必要なのは、富でも名声でも、
無我夢中で働くことでもなく、人を健康で幸せにするのは、良い人間関係に尽きる

、、ということが、わかったそうです。

「家族、友達、コミュニティと繋がっている人ほど、健康で幸せを感じている。
健康だが孤独な人より、長生きもする」、と。
「孤独は害になる。孤立して生きる人は幸せをかんじていない、、
かといって、友達の数や、生涯を共にする人の有無ではなく、
身近な人達との関係の質が重要」だそうです。



それはそうだろうな、、と思います。
よくお金さえあればなんとかなる、、ということを聞きますが、ある程度は
ないと困るでしょうが、お金ではどうにもできないことが、世の中にはある、と、
いうことなんでしょうね。それは、この年になるととてもよくわかります。

で、調査ですが、「80代でどんなふうになっているかを、50代の時に予測してみて、
どの人が80代で健康と幸せを感じている人か?を調べてみたら、
50代の頃の人間関係の満足度で、80代がピッタリ予測されたそうです。」
つまり、人の生き方は50代の頃にはほぼ見えている、、ということなんですね。
「これは中性脂肪がどうこう、、という健康数値は関係ないことらしく、中年の頃の
人の生き方はそのまま、老後にも受け継がれる」、、というわけです。
50代で最も幸せな人間関係にいた人が、80代で一番健康な人」だったそうです。

「親密な良い関係が、クッションとなり、加齢過程での様々な問題を和らげてくれる。
さらに良い関係は、脳も守ってくれる。
何かあった時に、ほんとうに頼れる人がいる、と感じている人の記憶ははっきりしている。」

老年が中年の延長、というのはよくわかります。
結局、老後になって慌ててどうにかしようとしても、それは無理でしょう。
生き方、考え方は老年になったからといって、急には変わらず、人はそれまで生きてきたように、
年をとるんでしょうね。
ただ、いい人は早く逝く、、ということわざもあるくらいなので、いい人間関係が、
そんなに健康で長寿を招く結果になるとはねえ、、そこまでとは思いませんでした。



私は独り者ですが、おかげでお気楽に楽しく過ごせています。お金はないけど。
お金がたくさんあっても、家族がいても、問題がけっこうあって、あまり楽しそうじゃない人もいます。
大変な家族をかかえてても、楽しそうにすごしている人もいます。
もちろんいい夫婦関係、家族関係を作っている人もいますが、
なかなか、いい人間関係を作っていくのは、難しいのは確かです。

「なぜこの人間関係がおろそかにされがちなのか、、は、てっとり早くないから」、だそうです。
「人はつい、手っ取り早い方に目を向けがちだから。 
人間関係は複雑にからみあっているので、家族や友人達との関係を維持していくのは
至難の業だから」、、ということのようです。
私も50代の時、一番大切な人を2人も失くしました。
人が死ぬ、ということは、回りに大きな影響を及ぼします。

まあ、人は動かせませんし、変えられるのは自分だけですし。
たとえ親子でも夫婦でも、友達でも。愛の力で変えられる、、とつい誤解する。
それが、人間関係をこじらせる。
それと思いこみ、思い違い、すれ違いも。コミュニケーション不足で、互いの気持ちが
すれ違ったままになってしまうこともあります。

地道にコツコツと信頼関係を積み上げて人間関係を作っていくのは、
ほんとに気の遠くなる、大変な作業ですねえ。



調査の続きです。
定年退職後、幸せな人生になった人は、仕事仲間に代わる、新たな
人間関係を自ら進んで作った人達
。」

定年後、男の人も大変でしょう。それまでの人生がガラリと変わります。
「新たに人間関係を、自ら進んで作って行った人達」、、と言われても、
そんなことできる人ばかりでもないでしょう。
特に日本の男性は(若い人は違うかも?)、孤立しがちです。
男のプライドが邪魔をし、誰にも助けを求められず、奥さんが亡くなったり、離婚したりで、
孤立して、その後、老後破産に追い込まれる人もわりといるようです。

今の調査の責任者ロバート・ウォールディンガーによると
「調査の人達も、若い時は新世紀世代のように、仕事や名声が大事だと思っていたが、
結局、最も幸せに生きた人達は、人間関係に頼った人だった。それは家族、友人、コミュニティ。」
いい人間関係とは、
「他者と繋がっていると考えられる人。精神的な支え、物理的な支えがある人。
よい人間関係を作れる人の特徴は、柔軟性がある人。人を尊重できる人

そして、その人にとって意味があると思えることは、年とともに変化をする。
年をとるにつれ、時間に限りが出てくるので、幸せと感じる優先順位が変わってくる。」

これもよくわかります。若い時の幸せと感じることと、
年をとっての幸せと感じることは全然ちがってきます。
好きだった仕事が、けっこう生きがいだった私も、ころっと変わりました。
今では、仕事はもうどうでもいい、、と思っているわけです。
こんなに価値観ってかわるものなんですね。



そして、彼が言うには
「今後のために、それぞれの世代で今できることは、テレビやパソコンにさく時間を、
人と過ごす事に充てる。
マンネリした夫婦関係を、いつもと違うことを共にしてみる。
何年も話してない家族と連絡を取ってみる。
よくある家族のいざこざは、遺恨を抱く人にひどい悪影響をおよぼすから。」
というものでした。

最後に、年をとったマークトゥエインの言葉が引用されていました。
「人生を振り返ってみて、人生ははかない。争いや責任追及に費やす時間はない。
あるのは愛するための時間だけ。」

愛する時間、、、それにしても、人といい関係を続けることは、ものすごい持久力と
努力が必要で、ほんとに難しいことですねえ。
私もわが身をふり返って心せねば、、と思います。
もう残りの人生を、色々考える年になってきましたが、、。


今日のオカメ様  アタシは誰とでもうまくやっていけますよ。ちゃんと遊んでくれさえしたら、、ね。
160424_2313~02



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム