FC2ブログ
2019.04.10 12:22|園芸、造園
今所属している植栽班の、グループ展が阿佐ヶ谷であり、
私も小さい掛け軸を出展させてもらいました。

IMG_20190406_103305.jpg

大きいのも作りたかったけど、間にあわず。
着物地で作ったお軸です。
でも、どう見たってタペストリーにしか見えませんねえ、、

飾ってある絵?は、はがき大の紙に張り付けた、ドライフラワーです。
道端にはえていたナズナ等の草もあります。

草は吊り下げて乾燥したものや、シリカゲルに漬け込んだもの、
放置したもの、クリスマスリースで使ったものの残りも。

ドライフラワーは色がすぐ変わってしまうものや、意外とけっこう色もちがいいもの、と、
植物によってけっこう違いますが、その形状は残るので、
自然の造形の美しさを感じて、好きな保存方法です。

IMG_20190404_114605花柄4.3

で、
このお軸のワークショップを、とりあえず自宅でやってみることにしました。
今月の18日(木)、20日(土)の10時半~12時半、2時~4時
無料体験をやってみます。
布、材料はこちらで用意するため、材料費が600円かかります。
ブレードがわりと値段が張るために、微妙な値段になってしまいました。

ハガキ大の紙に飾る、中身はご自由に、、
書を飾ってもいいし、絵を描かれたものでもいいし、ドライフラワーでしたら、
うちにあるものをお使いいただけますが、
お軸を作るだけで時間が無くなると思うので、ご自分の好きなものを飾ってもらおうと、、

場所は西荻窪駅から10分ほどの場所です。
もしも興味ある方がいらしたら、コメント欄から非公開で申し込みをお願いします。
アドレスを書いていただけたら、詳しい連絡先をお送りします。
他に質問、等がもしあれば、よろしくお願いします。

写真のお軸は私の趣味で作ったものですが、人によって好みはそれぞれなので、
作る人によって違うものになると思います。

IMG_20190404_114616軸白4,3

準備に時間がなかったので、人が来てくれるかどうか?
まあ、初めてのことなので、それもしかたありません。

こうやって締め切りをつくらないと、いつまでたっても
片づけが後回しになってしまうので、思い切ることにしました。
一人でも来てくれる方がいれば、ズボラで横着な私も必死で片づけると思います。

これも今までの職業病ですねえ。
締め切りがないと、いつまでたってもやれない、、
グループ展もやることになったおかげで、あわてて何とかお軸も3点作ったしなあ、、
困ったもんです。
なので、日にちを決めてからの片づけ、整理です。

玄関前の植木鉢は、何とか整理でき、北側の庭もあと少しで終わって、
今は屋上の植木の鉢の植え替えをやっているところでした。

それにしても,いつも付け焼刃で、いきあたりばったり。
チラシを作ったら、日にちを入れ忘れていて、あとで貼り直したり、、と
何やら相変らずやることが、抜けてばかりなので、、
いったいどうなることやら、、

IMG_20190406_103316.jpg

写真もどれもピンボケだなあ、、
そんなこんなですが、どうぞよろしくお願いします。



今日のオカメ様  およっ? おうちでくつろいでたのに、人騒がせですねっ
IMG_20190410_120935.jpg



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト



2019.03.20 18:42|園芸、造園
最近、初めて庭の外構のお手伝いをしました。

IMG_20190314_120147.jpg

春から夏にかけての木の芽時は、シルバーの植木関係の仕事がない時期です。
それがわかっていたので、他のことをやる予定だったのですが、
たまたま、植木班の先輩職人Aさんが、手伝いでさそってくれたのです。(二日)

そもそも外構関係は、シルバーではやることがありません。
Aさんが、個人で引き受けた仕事だったのですが、色んな意味で
さんざんな仕事になってしまいました。

色々あったなかで、気になったことのひとつが除草剤のことでした。

依頼主の奥さんとAさんとの打ち合わせでは、
草が生えて困るから、ということで防草シートを敷いて砂利を敷く、
ということになったようです。

で、何日か前に、砂利等の運搬をするということで、手伝いに行きました。
庭を見て、けっこうこだわって作ってる庭だと思ったのです。
そこにほんとに砂利を敷いていいのかな?と思い、聞いてみたら、
色付きの砂利を敷いてほしい、と言われたが、これにした、、と見たら、
普通のよくある白っぽい砂利です。

えっこれでいいんですか?、と聞いたら、
任されたんだから自分の判断でやっていい、とのこと。
余計なこと言うんじゃないとも。

IMG_20190315_123945.jpg

今、防草シートを敷いて、その上に砂利で抑える方法が多いようです。
私はその方法ではやったことがないのですが、
庭に合わないな、ほんとにいいのかな?とつい思ってしまったのです。

で、結果、奥さんはやはり気に入らなかった。
白っぽい、と。それに対して、ついそうですよね、白いですよね、、と言ってしまった。
で、Aさんは怒ってしまったわけです。

結局全部に敷く予定だった、砂利は半分だけやめて、
すごくちぐはぐな庭になりました。

Aさんも、判断ミスと思ったようで、残りの半分は防草シートを敷かなかったので
(奥さんが真っ白になるのが嫌だったから)
草が生えるのを心配している奥さんに、気を使って

草は除草剤をかければいい、除草剤は大企業が出してるんだから安全、とAさん。
使い方やどれがいいか、で、百均ので十分と、昼休みに買ってきてあげたり、と
色々アドバイスをしています。

う~ん、、、ほんとかな?そうかな?違うんじゃ、、と、もう私は疑問だらけに。
Aさんの、何とかフォローしたい気持ちもわかるのですがねえ、、



で、調べてみたら、やはりかぎりなく危険の疑惑がありそうです。
色んなタイプの除草剤があるのですが、どれも使っていると草に耐性ができて
きかなくなって、もっときついの、、となるようです。

ラウンドアップはよく効く、とおっしゃっていたけど、
それって、モンサントです。
除草剤を作り、それに耐性のある遺伝子組み換えの作物を作り、
セットで販売している会社です。

主成分にグリホサートが。
グリホサートについては、遺伝毒性・発ガン性についての各国・各研究機関の見解が
危険と危険ではないと、意見が分かれています。
日本は危険ではないとして、逆に基準値を上げている。

しかも、
「近年、アメリカでは大多数の農地でグリホサートに耐える雑草が増殖していることから
米国環境庁は残留許容量を引き上げた。
小麦は、6倍に引き上げられ、遺伝子組み換え大豆の許容量の倍。
これによって、小麦によるグリホサートの使用量はより大きくなり、
小麦や大豆の中に、高い濃度で、グリホサートが残留。」

どんどん耐性ができた草に、どんどんきついものを開発する、、
何をまいたって、耐性のある草は出てきて、より強い除草を、といたちごっこで、
どんどんエスカレートする可能性があるのは、怖いことです。



「モンサントが、保持していた特許が2000年に切れた為、
今日ではモンサント以外の多くの企業が、グリホサート系の除草剤を製造・販売するようになり、
農業、芝生、園芸など多くの目的で使用されている。」

自然栽培の考え方では、その土が求めている草が生える、という考え方で、
草が生えることで、土の状況を変えてくれる、と考えます。
なので、畑でも草の根が土を耕してくれる、と考え、
ちぎった葉をそのままかぶせたりして、雑草を敵対視しないでやってきました。

うちの北側の猫のひたいの庭は、目いっぱい広がったシャガと落ち葉のおかげで
草はほとんどはえていません。
これは北側のせいもあるし、区民農園は小さい面積だからできたのかもしれませんが、、

IMG_20190320_173247.jpgうちの北側の小庭(レンガを敷いてみた)

でも、草に勝てるような状況をつくるのが難しい場所もあるでしょう。
広い庭とか、、友人は草取りに閉口して、庭の一部にレンガを敷いてもらったようです。
そこは、とても素敵な場所になったようです。

たぶん、今回の奥さんも、そう思って何とかしたかったのでしょう。
Aさんと奥さんの打ち合わせがどういうものだったのか、私にはわかりませんが、
ちゃんと依頼者の意向を確認取って、サンプル的な物もいて打ち合わせが大事、
とつくづく思いました。

たぶん今までのお年寄りは、専門家のやることには
お任せして、後で文句を言わない、というスタンスだったのかもしれないけど、
今の50代、60代はそうはいかないと思います。
お金を出す側なので、自分の庭のこだわりや、イメージがあってそれに近づけてほしい
それは、当然です。

なんだか、色々噛み合わない仕事となってしまいました。
私もついつい余計なことを言ってしまうところがあるので、
反省しないといけないな、、とつくづく思いました。

でも、できれば、できるだけ除草剤は使いたくない、、とも。
草とうまく付き合っていけるのがいいのですが、、
これは人の永遠のテーマかもしれません。



今日のオカメ様   ふんっ、今眠いんだから、ほうっておいてよねっ
IMG_20190320_173433.jpg


↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2019.02.22 21:44|園芸、造園
最近マンションの理事会がありました。

雨漏りと大規模修繕の話です。
屋上のどこかに問題があって、雨漏りがしている世帯があるので、
その問題を特定中、そしてその後大規模修繕が、、

それが決まれば、いよいよ屋上の植物をどかさないといけません。

IMG_20190222_131904_20190222142618492.jpg

雨漏りしてる方の話を聞いてると、屋上のどこかで雨漏りが、、、
「屋上が夏は暑くて60度くらいになって出れない。
日当たりがすごくて、屋上劣化も早いから、雨もりしてるのかも、、とのこと。

そりゃ、14年もたつと、そろそろ防水の取り換え時期なのかもしれないのですが、、
日当たりがひどくて劣化がすごいなら、植物置けば少しはましでは?
と思ったので、きいてみました。
「植物がいっぱい置いてあれば、そんなに高温にはならないし、劣化も減るのでは?

すると、
「かみさんが植木鉢を色々置いたけど、どれも枯れてしまって、置くのをあきらめた」と。
それくらい照り返しで暑くて、育てられない、ということのようです。

う~ん、そうだったのか、、
屋上緑化しているのはうちだけで、他のみなさんはどうしてやらないのだろう?
と不思議に思っていたけど、トライしてダメだった人もいたのですね。

そういえば、別のマンション住まいの人がよく言うのが、ベランダの照り返しがひどくて
植物が全然育たない、と。
うちと構造が違うせい?と思っていたけど、うちのマンション屋上も
そうとうな状況だったのですね。60度!?



夏の日差しの強い時でも、植物がいっぱいあれば、だいぶ違うように感じます。
うちは、夕方にいっせいに水撒きすると、とても涼しくて気持ちがいいし、
緑が多くて、とてもくつろげる場所になります。
風もでてきて、蚊もこないし、(3階になるから?)快適です。

思うに、、、
ちまちまと植木鉢を置くだけだと、日照りに負けてしまうのかもしれません。
うちのようにたくさんの鉢やプランターを置いておくと、植物同士の連携?で
逆に温度が上がらず、床に直射日光もあたらないので、傷みにくいのでは?と。

「かみさんの親は育てるのがうまかったけど、かみさんにはその才がないのかも」と
おっしゃっていたので、いわゆる緑の手のことですね。

たぶん、私は「緑の手」なんて別にないと思っていますが、
性分として向いてない人はいるのでしょうね。

きちんとしすぎの人や、説明書どうりにやりすぎる人、肥料や水をマメにやりすぎる人、
そういう人や、手間をかけすぎる人が、枯らしてしまうのかもしれません。

IMG_20190214_143741_201902222021395cb.jpgもらった梅と椿

ずぼらで、適当にしか水やりをしない方が、植物にはいいようです。
私のようにテキトーで、ずぼらで、めんどくさがりが。
植木鉢の土の状態をみて、もうそろそろやばいな、というくらいでやると
ちょうどいい気がします。

たぶん、お互いに関わりすぎないのが、いいのかもしれません?
あとは慣れ、、うちは植えたら、勝手に生きています。
お世話は気が向いた時しかしない、、
ほとんどしないので、もうちょっとしなくては、と思うのですが、、

夏はさすがに毎日水をやっているけど、これは自分も暑さに耐えきれなくて
涼しくしたくてやっているだけだしなあ、、。

でも、ひとつ気になっているのが、木が大きくなっているのが、
根が植木鉢の下に出て、防水シートの方にいっていないか?
それが気になっています。
なので、もうちょっと剪定して、小さくしておかないといけない!と思っているのですが、

他所のお家に、仕事で出かけてるのに、自分ちはやってない。
どっちみち見習いはそんなに仕事があるわけでもないけど、、
特に3月~芽の出る時期、夏ごろまでは、剪定仕事は全然ないようなので、
時間もゆとりができそうだし、、。

なので家の模様替えが終わったら、外回りの緑も少しづつ
整えていこうと思っています。

IMG_20190222_132153 (1)片づけ

そういえば、区民農園は3年の期限がきて、今月半ばで返還しました。
(6年使わせてもらった)
悲しいことに、次の抽せん申し込みに遅れてしまい借りられませんでした。
今キャンセル空きまちをしています。しくしく、、

それと、もし大規模修繕時期が決まったら、
屋上の植物をいったんどこかに移動させないといけません。
それを考えると頭が痛い、、
引っ越しまで考えたけど、結局ここにいることにしたので、
修繕の間の植物の移動先を探さねば、、
結局、やることがいっぱいあるなあ、、

マンションの屋上緑化は、とてもいいことだけど、
大規模修繕の間の移動が大問題ですねえ。

緑の恩恵を受けるには、それなりの対価を払わないといけない、
ということなのでしょう、、、



今日のオカメ様  やっと写真の大きさがマトモになりましたねえ、、やれやれ
IMG_20190222_153231パル



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.11.30 00:02|園芸、造園
この前の日曜にフリマに参加してきました。



すごい昔にバザーには1度参加したことがあります。
それ以外にマルシェに一度参加。

以来ものすごい久しぶりの参加です。
今回はクリスマスリースの反応を見たかったので、
直近で参加できるフリマに出てみたのでした。
まごまごしてると、クリスマスシーズンが終わってしまう、、と。

くじ引きで場所が割り当てられ、たまたま何度もフリマに出ているベテランの
奥様の隣になりました。
で、フリマ事情を色々教えてもらえました。

吉祥寺の屋上のフリマだったので、古着を売っている人が多く、
場所柄か?良さげな物は、業者が紛れて買っていくらしいのです。
そして、それを自分の店で売るとか、、?

ひえ~っそんなこともあるんだ、、
すごい世界だ~

IMG_20181124_121152リース小2

手作りものを出している人はほとんどいず、
着なくなった物、不用品を売りに来ている若い人が多い。

高めで1000円近辺の値段の人もいますが、値段が安いものが多い。
私のところは値段が高い、、
そのせいか?一番安いリースしか売れませんでした。
う~ん、高いから?と思い、値段を下げようか?とも思ったけど
様子を見ていると、、

どうも安くないと買わない、そんな感じの人が多い。
つまり客層が違うのかも?と思いました。
つまり売る場所が違うんだろうな、、と。
何しろゆとりのある人でないと、生木のリースは買わないでしょう、、
100円、200円を値切るのが当たり前、みたいな感じがフリマのようです。

IMG_20181124_121229リース中

隣のフリマベテラン奥さんは、心得たもので、
300円均一とか、この中100円、50円、とかで出しているので、
客が集まるし、よく売れていました。

その方も、はじめは600円、800円とか、1つ1つに
値段をつけていたそうだけど、それじゃ売れないので、
どうせ不要品なんだから、と割り切って安く出すようにしたら売れるようになった、
とおっしゃっていました。

やはり、客層が違うところで売ってるんだなあ、、と
つくづく思いました。

IMG_20181124_121022リース大

ただ、需要としてわかったこともあります。
リースを作る土台の生葉を、袋詰めにして材料として売って見てみたら、
それは安かったのもあって、売れたのです。

一袋ごと葉っぱがほしい、という人もいました。
作ったものはいいから、自然の材料がなかなか手に入らない人もいるから、
ほしい人もいるのですね。
なるほど、葉っぱも売れるわけです。

高いものはハードルが高いけど、葉っぱなら安いし、
自分で作れるから、やってみよう、とか
以前作ったのがあるから、その飾りを使えるから、と
買ってくれた方もいました。

その葉のセット売りはいいかも、、と思えたのが収穫でした。
自分で作ったほうが、好きな人もいますしね。

IMG_20181125_115835スワッグ

上のリース、スワッグの写真は、作ったリースですが
上から2,3番目の、大サイズと中サイズは、何と!
ブログを見た友達が買ってくれたのです。
うれしいです、ありがとう!

とまあ、ものを売るとこはほんとに大変なことですね。
出店は色々と勉強になりました!

ちなみにこちらに出してみました。
購入可→ベイス



きょうのオカメ様  やはり写真が小さすぎ!それか特大になるのでこまりますねえ、、
IMG_20181129_234455ぱる1


↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ



ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.11.19 15:31|園芸、造園
早いもので、もうすっかり秋も深まり寒い季節に。

で、仕事で庭に行かせてもらって、けっこう針葉樹のゴミもでます。
切った枝は全部ゴミ袋につめて、家の人がゴミの日に3袋づつ出します。

IMG_20181112_122658ツリー木

もったいない!
少し前から、きれいな枝を分けておいて、昼休みの間に袋に入れておいて
持ち帰っていました。

そして、飾り用の材料をそろえていって、リース土台やらを買っていました。
虎視眈々と準備を、、

ちょうど一年前に、造園業をやっている学校の講師にきていた先生から、
お客さんにリースを作ってあげる用に持ってきた、という
ブルーアイスの枝を少しもらったので、見ようみまねでリースを作ってみました。
なにしろブルーアイスはほんとにきれいな葉ですからねえ。

ちゃんとした作り方を知らなかったので、適当でしたが、
材料があれば、こうして作れることを体験したのでした。

ブルーアイス

なので、今年は植木職見習いを始めて、初の材料が手に入る状況です。
材料はたくさん手に入る。
これをゴミに出してる場合じゃないわけです。

リースを作ろう!
クリスマスに間に合うように作ろう。

残念なことにブルーアイスは、植えている家にまだあたっていませんが、
ヒムロ杉、孔雀ヒバ、コニファーの貝塚イブキ、コノテガシワ、
そしてついにこの前の家で、モミの木にも当たりました。

もちろんゴミの一部をいただきます。
終わった後に、私がこのところ袋詰めを持って帰るので、何に使うの?と
先輩たちに聞かれます。
佃煮にするの?と言った人もいました。

やれやれ、、
みなさん、そういうことには全く興味がないのですねえ、、
特に男の人は全く興味がない。
こんなに緑の資源がたくさん手に入るのに、、ほとんど誰も興味をもちません。
リースにする、と言ったらあきれている風です。
ま、私としてはラッキーなんですが。

IMG_20181112_132555ツリー1
部屋がぐちゃぐちゃ

自分ちに飾るためではなく、今考えていることがあるので、
その一環として、やろうとしているのですが、、
バレエ仲間にいくらだったら買う?とリサーチ。
色々アドバイスをもらいました。

生木を使うので、香りがとてもいいし、飾りもドライや、天然物を使います。
長く保存は無理でしょうが、自然のものはドライになっていく過程も見られます。

そういったことを色々考えながら仕事をするのは、楽しいものです。
いい資源に出会えるとテンションが上がります。
テーブルツリーも考えていたけど、送るのに難しいので、
クリスマススワッグにしようか、と変更中。

IMG_20181112_213132ツリー2
作ったリース

リースの作り方は、ちょっと勉強しましたが、とても簡単で、
まず吊るすところを決めて、基本土台に葉が時計回り、
茎の方が時計と逆回りの方向に当てていきます。
表面と中側、外側が隠れるように、3枝づつくらいを緑の針金で、
束の根元を止めていくだけのことです。

飾りは針金で刺したり、グルーガンや接着剤でくっつけていけばいいので、
てても簡単です。

そもそも、リース等クリスマスの飾りに使う針葉樹は、
落葉ではなく、常緑針葉樹なので、冬でも緑なので、永遠の命の象徴とのこと。
頭の側が時計回り、というのも、そういうことからくるのでしょう。

ツリーもリースも、本来の基本はモミの木のようです。
モミの木は、ゲルマンのオーディン神話からきていて、
聖木である樫の木の後に生えてきた、ということでモミを使うようになり、
ドイツからアメリカに、ツリーを飾る習慣が伝わったようです。

IMG_20181112_214606 リース2

まあ、日本ではそんなに植えている家はないし、
常緑針葉樹ならなんでもいいでしょうが、、

上の写真の小さい赤い実は、山帰来(サルトリイバラ)で、
これはつる付きで、花屋さんで買いました。
姫リンゴも花屋で。
他にもドライものを買い、ドライ飾りを100均で買い、と、あれこれ合計すると
けっこうな出費になりましたが、なにしろ土台の緑がタダなので、まあいいか、、と。

100均で買った、作り物の飾りは、やはり自然ものの中に置くと、
ちゃちくて合いませんねえ、、

そうやって、出かけるあいまに少しづつやっているのですが、
なかなか時間が取れず、なかなか進んでいませんが、何とか間に合うように
出店できれば、と思います。


今日のオカメ様   またまた大きさがうまくできない~;なにこのちっちゃいアタシの写真?!
パル11月19日



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

2018.10.15 00:17|園芸、造園
シルバーの植木仕事以外で、庭仕事の手伝いを頼まれることがあります。

この前も頼まれ、行ったお家で草取りや庭の片づけ等をしてきました。
そこはまるで宝の山でした。



私の好きなやや日陰のシダ、ユキノシタ、トクサ等の
山野草的なものがけっこうはえていて、それを全部抜いてきれいにする、
という依頼でした。

わあっ好きな草がいっぱいはえてる!
これを抜いて捨ててしまうなんて、もったいない!
何とか生かせないか、、、
とっさに思い、任された所が一人だったのをいいことに、
持って帰れるように、こっそりよけておいたのです。

これを寄せ植えにしたら、ステキだろうな、、と思いながら
仕事をすると、ワクワクします。

で、休み時間に、コンビニで袋をもらってきて、草をつめておいて、
家の方にも断って、抜いた草をいただいて帰ることになりました。
うれしい、、

IMG_20181013_153529.jpg

うちには、植木鉢や、予備の土、道具はそろっています。
いつかやろうと思い、山野草を植える用の小さい鉢も持っていました。
次の日も仕事があったので、草が枯れないように、水をやっておいて、
翌々日に一気にざっと植えていきました。

鉢がけっこうな数になったので、これをほしい人に安く売れたらいいな、、と
思ったのです。

前にも仕事でいったお家で捨てるというので、いただいた
夏ミカンでピールをたくさん作りました。
これは皆さんにあげたのですが、(いただいたお家の人にも)とても好評でした。

それで思ったのが、都会の庭は、じつは宝の山で、
お年寄りは、なった実を取ることもできないし、これを取ってあげて
安くいただければ、木をもっているお年寄りにもいいだろうし、
それに手を加えれば、商品になるかも、、
そして、そういったことを体験してみたい人もいるのでは?ということでした。

IMG_20181013_162925.jpg

庭の資源を何とか生かしていけないか?と。
じつはずっとそれを考えていたので、今回も抜いた草を
何とか生かしたい、と、寄せ植えを作ってみたのでした。

それぞれの庭で、切った枝や、葉、色んなことに使えるものもあるでしょう。
もちろんそんなことをしている暇もない職場だったり、
使える資源のない庭だったり、それはそれぞれでしょうが、、

でも、その先のことを色々考えながら仕事をするのも、楽しいものです。
それを思うと、いい仕事につけたかも、、と。
未熟で、けっこう𠮟られることも多いのですがねえ、、
慣れない新人だから、それはしかたありませんが。

なにしろ、アイデアがわいてきて、色んな夢がふくらむのですから。
そう思うと、庭は宝の山に思えてしかたないのです。

IMG_20181013_162946.jpg

創意工夫とアイデアで、これらを何とか形にしていけたらいいな、、と
もくろんでいるところなのですが、、。



今日のオカメ様  アタシの目の中心の白内障が、これだとわかりますねえ、、
(写真の大きさがどうもうまくいかないなあ、、;)
KIMG0092.jpg



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2018.10.06 14:11|園芸、造園
植木職をやりはじめて思うのが、
作業服は着やすく、丈夫なのが一番、ということ。

造園の学校に行っているときは、上下の制服があって、
それを着ていましたが、乾きが早く、動きやすく、丈夫で、しかも値段が安かったので、
作業着ってよくできているな、と思ったものです。

こんな感じのもっと安っぽいやつ

ただデザインがちょっとな、、という感じだったので、
植木仕事では、それは着ず、もともともっていた綿シャツに綿ズボンで行っていました。

でも最近、作業着にもけっこうオシャレなものがあることに気が付きました。

もともと、服はカジュアルなものが多く、カーゴパンツ等、はきやすくて好きですが、
あまり売ってない。
でも、作業着にはカーゴパンツが普通に売っているし、
スリムでオシャレなジッパー式の上着も、ふつうに売っています。
しかも一般服に比べて値段が安い!

動きやすく作っているし、デザインもダサくないのがあって、
スポーツウエアとしても使えそうです。
これはいい。



どうやらアウトドアで、作業着を使う人もけっこういるそうです。
登山用品、アウトドア用品は結構高いですからね。
本格的な山登りには無理でも、ちょっとした山や川で使うことはできそうです。

ワークマンという作業服のメーカーがあって、
「ワークマンプラス」という店を立川に出店したようです。
アウトドア向け、スポーツ向け、防水向けで売り上げを伸ばしていて、
「プラス」を出店した、ということのようです。

うちの近くにもワークマンの小さい店があって、のぞいてみたのですが、
サイズが男性向けしか置いてなくて、どれも大きすぎて買えませんでした。

で、ネットならあるだろうと思い、調べてみたら、女性用もあるし、
けっこうオシャレな服もある、と気づいたわけです。



それにしても、なんだか、どんどん実質本位になっていってるなあ、、

服でも靴でも、着やすい、肌触りがいい、はきやすい、楽、そういったものに
もうだいぶ前からシフトしていますが、作業服もオシャレだと、
日常的にも使える、、と、じつはもくろんでいるのです。

スポーツクラブのバレエに出ることが多いので、
脱ぎ着がしやすい楽なもの、に限定されてしまうのだけど、それにもぴったり?
私の着替えはみんなが驚くほど速いしね、、。

めんどくさいものはいっさい省力。
ブラなんて、お出かけ用以外ふだんはつけないし、
無駄なものはいっさい着ない、つけない、はかない、
で、おじじ化がよりひどくなってる、、。
もちろんふだんではない所に行くときは、それなりにオシャレはしますがねえ、、



中年以降に着る服が、なかなかない。
値段が高い。
で、結局ユニクロっぽい服か、、よく行く吉祥寺の店に自然風の
素材がナチュラルな店があって、そこのも買ったり。
ヤフオクで気に入ったのを買うこともあります。

バレエで使うレオタードは、けっこう高めなので、
友達が作るレオタードを買ったり、ヤフオクで買った水着を代用したりします。

昔のように、ブランド服を正規の値段で買うことはもうなくなりました。
服が売れない時代、、というのももっともです。

中年用の服つくりで、新宿アルタに店を出した女社長のことが
テレビで取り上げられていましたが、体形にあう服がなかなかない、
ということなのでしょうね。

バレエで鍛えているおかげで、ヤフオクでもなんでも一応着れるので助かります。
ビンボーだと、体形にあう、あわないなんて言ってたら高くつくので、
太るわけにはいかないし、、。
年齢相応な服、、というのも、今はあまり言われなくなって、
どんな格好しても、自由になったのは、ほんと助かります。

モデルさんが着るときまります

こうしてみると、(着る人がいいと)作業着も、なかなかカッコいいですね。
やはりダサい作業服でやるより、少しでも気に入った服でやるほうが
テンションも上がるというものです。

技術がなくて、まだまだうまくできないので、時々めげますが、
せめて恰好だけでも、安いのに動きやすく、自分らしい、と思える作業着だと
多少は気持ちが上がる、、、かも?



今日のオカメ様   今日もねています。もうお年なので、寝る時間がふえましたよ、、、
KIMG0062パル9,10



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.08.27 21:30|園芸、造園
今回の梅の葉の採取で、一日に約20軒の家を回りました。

で、梅の木のある庭に入らせてもらい、梅や桃、スモモの葉を
もらって来るのです。
こんなに一時に、色んな庭をみせてもらう機会は初めてでした。

180527_1431~01

庭はその家庭、その人を表す。
色んな庭を見せてもらい、そう思いました。

快く入れてくれ、協力的な人もいれば、
調査票を書くのも、葉の採取も拒む人もいました。

そして、平日の日中に家にいる人、、となると
定年後らしき人が多いのは当然です。

庭のある家は、高齢化が進んでいる、
それが実感でした。

で、何人もの人から、
「持っていく葉は5枚だけ?できれば木ごと持って行ってもらいたい」
そういわれました。

木は手間がかかるし、金がかかるし、隣に迷惑がかかるし、
もういらないんだけどね、、と。

IMG_20180704_134113.jpg

まだ60代くらいなら、自分で剪定する人もいるでしょうし、
庭の手入れも、やる気力もあります。

でも、80代、90代になると、、もう何もできなくなるようです。
ご主人が入院していて、自身も足が悪く、見舞いにも行けない、そう嘆く高齢夫人。
以前はあれこれやっていただろう素敵な名残のある庭で、
今は何もできずに放置されているのがわかる庭。

自分の体の調子が悪いのに、庭にまで手が回らない、、
しかも一人暮らし、もしくは高齢二人暮らしだと
全く手が回らないのが、ありありです。

家には色々やってくれる、若い人がいない。
そしてプロに頼むと、高いからとても無理、、と。
家は立派でも、ゆとりがあるわけではなく?
もしくは、お金があっても、そういったことにお金を使うのが不安?
なのでしょうか?
しまつな人が多いですからね、高齢の方々は。

IMG_20180704_123853.jpg

みるからに、ゆとりがないんだろうな、というのは庭を見ればわかります。
でも、お金はあるのに、使いたくないのかな?という風情の人も、、

そうかと思うと、とてもお金も手間もかけただろう立派な庭もありました。
お金うんぬんではなく、愛情がたっぷり感じられる庭も。
草一本はえてない整然とした庭や、草ぼうぼうで、放置した庭。
ほんとに様々です。人柄がでます。

思うのは、やはり以前と家族の形態が変わってしまったこと。
その切り替えができている人、ついていけていない人。

どこに行っても、住宅が多い。
空き家もけっこうあっても、家また家。



東京の人口推移をみると、
2045年までは、都心では人口が増えるが、
都下では人口減少が進む。
中央区34,9%増、港区、千代田区同じくらい増、
逆に青梅市は21,9%減、福生市は38,7%減、羽村市28,4%減

なのに、調査した辺りでも、新しい家がどんどん建っているのです。
というのも、青梅の人が、より買い物等の便利な河辺駅方面に家を買い、
移っている、とききました。(東から河辺駅、東青梅駅、青梅駅)

道から道までが敷地という、都内ではかんがえられないような
広い敷地の家もありますが、
広い敷地に、親族の家が何軒か建っていても、使われているらしいのは、
新しく建てた家のみで、あとはだれも住んでいない様子です。

これらの庭のある家も、今住んでいる老人が、ホームに入ったり、亡くなられたら、
その家にはもう誰も住まない可能性もあります。

180627_1211~01青梅を流れる多摩川

若い人は共働きが増えているので、仕事に近いところでないと、
住まなくなっているのです。

人口減は仕方のないことで、
こうやって梅や、色んな木を植えている人たちの世代が変わったら、
庭もすっかり変わってしまうのでしょう。
家じたい空き家になったり、壊したりしてしまうのかもしれません。

木の少ない、人工物のエクステリアの家に変わってしまうのかもしれません。
植木の剪定の仕事の需要も減っていくだろうな、というのを思います。

家も庭も変わっていく。
人の世代が変わると、家も庭も変わっていく。
緑は減ってほしくないけど、このまま何の手も打たないでいたら、
庭も景色も変わってしまうのでしょうね、、
さみしい限りです。

IMG_20180628_122532.jpg



今日のオカメ様   アタシは元気ですよっ 写真少しは小さくなった?
KIMG0035 ぱる加工



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2018.05.28 11:54|園芸、造園
造園の学校を3月末に卒業をしてから、シルバーに登録しました。
そこで仕事をするつもりでしたが、2回の実習が終わって
いよいよ6月から仕事がはじまる、と思っていたら、、、

どこのシルバー写真?

なんと6月の仕事が1日しかない、と言われました。
え~っ!?1日!  もうびっくりでした。
秋から冬はもっとあるけど、今は剪定の仕事が少ないし、見習い何人かに振り当てると
そうなった、、と言われてしまいました。
この期におよんで、、やっと、そういうシステムだと見えてきたのでした。

まあ、私も毎日は仕事できないし、多くの造園仕事に年齢制限もあることだし、
先生に勧められた、、ということで、他に仕事をさがしもせず、シルバーにしたのですが、、
なんだかあまりにのんびりしてて、ここは中心にはできない、、と
やっと、わかったのでした。

で、しかたないので、今さらながらに仕事探しです。
といっても、週に何日かしかできないので、バイト探しになるなあ、、と思い、
いくつかさがしていました。

学校で、説明会に来た会社でおもしろそうな所が1つあり、
説明会も聞きに行ったことがあるのですが、
フルでは働けないし、、と応募もしなかったところがあります。



そこでグリーンスタッフ(パートやバイト)募集も時々はあるらしいとわかりました。
興味のあった屋上、壁面緑化の部署が募集があるかどうかは不明なので、
今度話を聞きに行くことになっています。

それ以外に、バイトでいい、午後からでもいい、80歳の人も働いている、
という造園会社もあったので、そこもいい感触だったので、検討してみよう、、と

そうこうしている時に、青梅近辺で梅の輪紋ウイルスの調査の短期バイトがあるとわかり、
応募していたのですが、それが急にやることに決まったのです。
平日毎日になりますが、6,7月のみの短期バイトなので、
これを先にやらせてもらうことになりました。

青梅の梅林がウイルスに感染して、たくさん木が切られた、、という話は
きいていたのですが、、、
青梅近辺の各家庭に植えられた、梅やユスラ梅、杏子等が感染しているかどうかの
調査をするわけです。
そのための、木の葉を採取するために各家庭を回るバイトです。

180527_1431~01

輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス、PPV)は最初ブルガリアで発生し、各国に広がり、
日本では青梅で2009年に発生。
「青梅市では、これまで3万本以上が伐採され、梅の里から跡形なく梅が消えてしまった」

「感染症は「飛び火」するように、茨城県水戸市や神奈川県小田原市にも広がった。
さらに兵庫県、大阪府、奈良県など関西地方の市町村や、
三重県、愛知県の中部地方の市町でも、感染や感染のおそれがあるため梅の木々が処分されている。」

和歌山の梅園でも2013年に感染が確認。
果実用梅の全国6割以上をしめる和歌山、
さぞかし危機感がすごいことでしょう。

すでに青梅だけではなく、他にも広がっていたのですね。
そんな大変なことになっていたのですね。
学校で、青梅の梅林が木がたくさん切られて、梅林が見れなくなっている、
というのを聞いていたのですが、そんなに広がっていたとは!

381318[1]輪紋ウイルス感染

「PPVは1910年代にブルガリアで確認されていた。
「核果類」とよばれる、種の堅い果実を実らせる植物が、世界各地で感染。
ブルガリアなど欧州ではスモモ、欧州では桃、北米では桃やネクタリン。
南米のチリやアルゼンチン、エジプトでも。」

植物医科学センターの西尾健氏によれば、
「日本への感染経路は不明ながら、誰かが海外から感染した木を持ち込んだとしか考えられない。
感染経路はアブラムシのほか、穂木や苗を経由しても感染する。

神奈川県や茨城県、そのほか関西などに「飛び火」した多くは、
青梅市ですでに感染していた苗木が、移植されたことによるもの。
ただし、青梅市から持ち込まれた形跡のない事例もあり、経路が不明のも。」

そうだったんだ、意外と苗木で移植されて増えるのですね。
結局、人間の都合で梅を増やし、虫との戦いをくり返す、
そして菌やウイルスとの戦い、なのですねえ、、

西尾氏によれば、
「いまのところ伐採除去するしか感染拡大を防ぐ手はなく、
「植物には、われわれ人間が一度ある感染症にかかると、
二度目はかからなくなるような免疫機構がない。



いったん感染してしまうと、現在の技術では現実的には伐採するしかない。
さらに、通常でも1シーズンで役目を終える草花などと違って、
PPVの感染は木全体に及ぶ。
感染した木を生かしておこうものなら、それが感染源でありつづけてしまう。
すみやかに伐採除去しなければならない。」

それでも、青梅では色々調査、木の伐採、それを地道にやってきて
その効果がだんだんでてきているようです。

「国内で初めて感染が確認された青梅市では、
PPVの潜伏期間とされる、3年間が経過しても、感染の症状が現れない地域が現れはじめた。」

「ようやく感染した木の徹底除去の効果が出はじめた。
ウイルスの存在が確認されないことや、アブラムシが発生していないことなどの
厳しい要件をクリアし、かつ再発生が確認されれば、
直ちに伐採することを条件に、再度、梅の木を植えていく動きが始まっている」

src_10870725[1]かつての青梅梅林

とのこと。
希望がみえてきていたのですね。よかったです。
ほんとに地道な戦いが続いていたのですねえ、、
で、今回の調査もその一環で、青梅周辺の家を回って、葉の採取をするわけです。
私もがんばらないと、ね。

で、きのうは、近くの公園に行き、梅とユスラ梅の木を確認してきました。
間違えないようにしないといけませんからね、、。
というか、2か所回ったけど、どちらもその2種の木しかなかったのです。
意外と公園では、アンズやプラムは植えてないのですね。
個人宅にはあるかもしれません。

ちなみに英語では、
梅はジャパニーズアプリコット
杏子はアプリコット
スモモはプルーン、プラム
桃はピーチ

あと、人がPPVに感染した梅の実を食べたとしても、健康に影響ないことはわかっているそうです。
人は触っても、感染はしないのでご安心を、、

20080606_yusuraume_03426[1]

「一度、生じた危機的状況を、前の状況に戻すには、時間も費用もかかる。
米国ではPPVの根絶に10年を要した。
他国では、まだ絶滅のための戦いが続いていて、日本でも状況は同じ。
そして、もし対策を放棄すれば、梅という「日本的」なものが日本から失われる。」
西尾氏



今日のオカメ様  これは鐘をかぶっているわけじゃありませんよっ。鐘の向こうにいるだけですっ
180525_0939~02


↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

2018.04.16 00:25|園芸、造園
この前、シルバーの実習で個人宅に行かせてもらいました。
庭仕事で出た、枝や葉をゴミに出せるように、まとめる方法を教えてもらったのです。



知らなかったのですが、そういったゴミは全部各家庭のゴミの日に
ご自身で出さないといけないそうです。
なので、高齢の一人暮らしだと、その方が自分でゴミを出すので、
出しやすいように、枝を同じ長さでまとめて縛って、細かい葉やゴミは
出しやすい大きさの袋に入れておくのです。

一回に出せるゴミも3袋まで、と決まっているそうです。
なので、何回かに分けて出さないといけないので、出しやすい形にしておく。

今回行ったおうちでも枝の束もゴミ袋も、それぞれ10づつくらいは出たと思います。
けっこう時間がかかる作業にびっくり。
学校ではゴミは全部山にしておき、車でまとめて回収してもらっていたので、
剪定等した後のゴミ出しに時間がかかるんだ、、というのがわかりました。

で、そのお宅で、夏みかんがたくさんころがっていた。
もちろん無農薬です。
もしかして捨てるなら、少しいただけないかなあ?と思い、聞いてみました。

180412_1113~01これの倍もらう

「こんなのおいしくもないし、あっても困るから、いるならいくらでももっていって」とのこと。
で、みんなで何個かづつ分けていただいてきました。
友達にもあげようと思ったけど、誰もいらない、と言います。
そうなのかあ、、

帰ってからむいて食べてみたけど、たしかに実が水分が少なく、しなびた感じです。
最近おいしい柑橘系が色々出ているので、そのとおりだな、、と。
今、夏みかんは人気ないのですね。

じゃあ、、と、これを何とか生かそう、、と奮発。
皮はりっぱなので、皮でピールを作ろう、と調べて作ることにしました。

色々みてわかったのは、皮の表皮を削ることで苦味をとる方法。
チーズ削り器で、表面を削るのです。
これがよさそう、、と思い、削り器で表皮を削ると、すごい苦味の汁がでてきます。
こちらを参考に作ったら、とてもうまく苦味が抜け、おいしくできました。

http://marron-dietrecipe.com/desert/dessert_natsumikanpeel.html


180412_1303~01

これはナリンギンという成分らしく、
「柑橘類の苦味や刺激感の元になっている。
抗アレルギー作用を持ち、花粉症の症状を緩和する。 免疫力を高める。 」
そういった成分なんですね。
削ったものをなめると、めちゃくちゃ苦い!

ひととおり表面をそいでいって、その皮をむいて切り分け、
それを煮ます。一回目煮て、汁を捨て、2回目煮て汁を捨て、
計3回煮て、皮が手でちぎれるくらいになるまで煮ます。

皮が固いと、砂糖が入っていかないそうです。

そのあと、一晩水に浸け置く。

けっこう手間がかかります。2日にわたってやるのですから、、
それでやると苦味が抜けるようです。
上記のページでは、次の日にさらに水を変え、3時間置く、、とあったけど、
それははぶきました。
そんなに苦味を完璧に抜かなくていい、と思ったからですが、
はぶいても、苦味はかなり抜けていました。

180412_1112~02

で、それをザルにとって目方を計り、皮の8分目の量の砂糖を用意。
それでやっと、砂糖で煮るのです。
しかも3回に分けて砂糖を入れ、20分くらいづつ弱火で煮る。
はしでかき混ぜるとちぎれるから、時々ナベをふって上下を動かす。

いっぺんに砂糖を入れると、皮が固くなるそうです。
なので、3回に分け少しづつしみ込ませる。

ほんとに手間がかかります。
でも、ちゃんと作れるなら、と思い、そのページの書いてあるようにやってみました。

皮に透明感が出てきたら、OKのようです。
それをザルにあげ、うちわであおぐ。
さめてきたら、グラニュー糖をまぶす。
それを紙に広げて、乾かす。

180412_1258~01

ここまできたら、もうできたようなもんです。
あとは乾くのをまつだけ、、
乾くのをまつ、までいれると、ほんとに何日かに分けて作るのですね。

柑橘系のピールはおいしいので、何度かトライしつつ、
なかなかうまくできなかったのですが、
今回は何とか失敗せずに作りたい、と思い、上記ページに出会えたので、
とてもよくできて、美味しく食べれました。

そして、中身の方は、ジャムとゼリーを作りました。
とにかく、ほとんど全部を捨てないで、利用し切れたのです。

180412_1412~01種をとる

ゼリーは中袋から取り出した実と、しぼった汁で作ります。
絞るのが面倒だったので、ミキサーでかき混ぜ、濾しました。
汁と実でゼラチンで固めました。
ゼリーは何度も作っているので、ゼラチンの分量比でやればいいので適当です。

ジャムは中袋も入れて煮詰める。
ただ種がけっこうあるので、種は取り出しました。
よく種がペクチンが多いので、茶袋に入れて一緒に煮ると書いてあるけど、
中袋にもペクチンがあるようなので、種は捨てました。
そのせいかどうか?
ゆるゆるのジャムというか、フルーツソース的なものになりました。
まあ、それはそれでも味に変わりはないのでいいのです。

中袋の苦味も出ましたが、多少の苦味はあったほうがいいので、
こちらも美味しくできました。
砂糖は、味をみながら好みの甘さに、、

180412_1514~01

こちらはヘスペリジンという成分があるようです。
「ヘスペリジンは、 果皮および薄皮に多く含まれるフラバノン配糖体(フラボノイド)。
ポリフェノールの一種。陳皮の主成分。
ビタミンPと呼ばれるビタミン様物質の一部。
ヘスペリジンは植物の防御に関与していると考えられ、抗酸化物質として働く。」

苦味成分も少しは入ってないと、そのぶんせっかくの栄養がなくなるわけです。

不人気の果物も、手を加えれば、こんなに栄養があっておいしいものができます。
これを捨てるなんて、ほんとにもったいない。

きっと高齢の方がお住いの庭付きの家では、
庭をもてあまして、せっかくのこうした果物や素材は捨てられているんだろうな、、
実が落ちて汚れるから、木を切ってしまう人もいる、、と聞きました。

もったいない、、これを何とか生かせないのかなあ、、

180412_1126~01ゼリー

またまた、色々生かせる方法はないのかなあ、、と、
考えてしまいました。

今回作ったものは、夏みかんをくださったお家の方にも、お礼にもっていってみようと
思っています。

それにしても、こんなにもれなく素材を利用できると、気持ちがいい。
時間はだいぶかかったけど、達成感があります。
柑橘系ピールは、何とかうまく作りたかったので、これでコツがわかったのも
うれしいことでした。
これも、苦労して実をつけた、夏みかんの木の恵みのおかげですねえ。
夏みかん様様です。


今日のオカメ様  アタシもかじってみましたが、おいしかったですよっ
180311_2226~01





↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おじおばば

Author:おじおばば
オカメインコ(26歳)と暮らす、独り者おじおばば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも第二の人生を色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおすすめ品

化粧水 なちゅRE 顔を洗うジェルでぷるぷるすっぴん肌へ              ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン           水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム