2016.02.12 15:01|ミトコンドリア
この前から、母が腰が痛い、
今までブロック注射をしてくれた医者が、遠くの病院に移動した、、ということで
病院を調べたり、毎日電話したり、、とバタバタやっていました。
結果ブロック注射をしてもらい、何とかおさまったようですが、、なにやらあわただしい状態です。

母は今さらですが、病院で骨粗鬆症と言われた、、と。
そりゃそうでしょう。もう年も年だし、姿勢も骨が曲がっていて、
それは誰がみてもすぐ骨粗鬆症だとわかる状態なのですがね。



やはり他にも、お母さんや、お義母さんが骨粗鬆症だ、、という人が周りに多いです。
ある程度高齢になると、しょうがないのかもね、、と話していたのですが、
そういえば、高齢で全然大丈夫な人を1人知っていた、、と思い当たりました。

その方は、80半ばを過ぎた方ですが、姿勢もいいし
全然骨粗鬆症は大丈夫なようです。
いったいその方と、うちの母(年齢も近い)と何が違うのか?と思ったのですが、
その方は、昔、日舞をやっていて、今はやってないけど、ふだんから椅子にすわったりするときも
姿勢に気を付けている、とおっしゃっていました。

う~ん。
ふだんの姿勢を気を付けることの積み重ね、、なんでしょうか?
なにしろ高齢になると、長年で大きな違いになりますしねえ、、
つまり踊り(スポーツも)をやっていると、身体への意識の仕方が全然違ってきます。
身体への意識がないと、つい楽な姿勢で腰を落として座るし、
立ってる時も、歩く時も、猫背になりやすいです。
私もバレエをやる前は、全く意識がなく、猫背で腰痛持ちで、それはひどいものでした。
身体への負担は、姿勢によってずいぶん違うでしょう。



その方の、踊りをやってたので姿勢がいい、、は、
ミトコンドリアが活性化している、ということかな?と思い、
骨粗鬆症と、ミトコンドリアは何か関係がありそうだと思い、調べてみました。
背筋、股筋にミトコンドリアが多く、姿勢を保つことで、ミトコンドリアが増える。
なので、関係がありそう、、と。

ミトコンドリア研究の太田教授によると
「健康な人と不健康な人の違いはミトコンドリアの量にあり、
女性が長生きなのはミトコンドリアの量が多いから。
人間には、白筋と赤筋の二つの筋肉があり、男性には瞬発力を担う白筋が多く、
女性には体を支える赤筋が多い。 ミトコンドリアは赤筋に多く含まれている。
しかも、女性ホルモンにはミトコンドリアを増やす働きがある。」

しかし、閉経後、女性がだんだん骨粗鬆症になっていくわけですが、
大豆が腸内細菌によって、エクオールになると、それが女性ホルモンの助けになるわけですが、
これをつくってくれる腸内細菌を、日本人の半分くらいがもっていないそうです。
友人も骨粗鬆症と言われ、「ソイチェック」のキットで、調べたら、そうだったようです。

骨粗鬆症になりやすいかどうか、、は腸内細菌の差もあるんでしょうね。
でも大豆を食べる習慣のない外国人は、もっとその腸内細菌をもっていないそうなので、
食べ物等、何らかの方法で、腸内細菌を変えられれば、少しづつ変わるかもしれません。



で、他にも、前回書いた、「乳酸アシドーシス」も関係あるらしいとわかりました。
乳酸とは、何か、というと、糖質代謝(解糖系)の最終段階で発生。
つまりミトコンドリアが酸素が足りずに、上手く働かない場合に発生するもののようです。

骨粗鬆症について、別の言い方をしているのが、「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログさん

「人の身体は、弱アルカリ性を維持している。
血液が酸性に傾くと、弱アルカリ性のカルシウムを骨から溶かし
弱アルカリ性を維持するようになるので、骨の弱化といろいろな慢性病を引き起こすようになる。」

身体を常に弱アルカリ性をたもつために、骨をとかして中和剤に使うわけですね。
酸性体質は怖い、、ですね。

その上
「酸性化しやすい食品を、過剰摂取を続けていると、体内で余計な酸を生み出し、
血液が大きく酸性に傾く。
全身の細胞は酸を嫌うため、骨からカルシウムをどんどん溶かし出し、血液中に送り込む。
すると、再石灰化が追いつかなくなり、大量のカルシウムが血液中にとどまった状態が慢性化。
やがては血管内に沈着し、動脈硬化を招く。」



「細胞や血液が酸化すると、動脈硬化や骨粗鬆症になる。
慢性的な乳酸アシドーシス状態だと、動脈硬化や骨粗鬆症となり、血管や骨を破壊する。
「乳酸蓄積による人体の酸化が、ガン・慢性病他の主原因。
乳酸アシドーシスの酸毒で、あらゆる現代病が引き起こされる。
ミトコンドリア機能不全による乳酸アシドーシスの酸毒が、現代病全般の1番の原因。」

乳酸とは、糖質代謝(解糖系)の最終段階で発生します。
「解糖とははブドウ糖がピルビン酸になる過程。
ピルビン酸は酸素の供給がある状態ではミトコンドリア内に取り込まれて、
TCA回路によってさらにATPの産生が行われる。
酸素の供給が十分でないとピルビン酸は細胞質で乳酸に変わる」

酸素がない状態では、ミトコンドリアにうまく取り込まれないので、乳酸を作ることにになってしまうんですね。

その説はこちらの本でも、、↓「病気の8割はミトコンドリアと腸内細菌で治る」



病気の根源を追求していけば、必ずミトコンドリアの不調に行き当たる。
ミトコンドリアが正常に働かない細胞が増加すると、必ず病気になる
。」

「ミトコンドリアを正常化し、腸内環境を正常化する。
ミトコンドリアに異常があれば、人体は酸化していく。
腸内に善玉菌を増やせば、自然と水素を作ってくれるので還元力が高まる。
ミトコンドリアと腸内環境の正常化は、健康には必要不可欠。」

なんだか、すごく納得がいきます。医療費ゼロ、医療不信の私としては、
この本はぜひ押さえておきたいので、この後読んでみようと思います。

ミトコンドリアの働きがいかに重要か、、、そしてそのためにも酸素があることが重要です。
それには呼吸がとても大事。
で、身体の酸化を進めるのが、一般的には動物性蛋白質、砂糖、米、パン等の穀物、と言われていますが、
上記のことからみても、動物性たんぱくよりも、
やはり糖質の摂りすぎの方がまずい、と思わざるをえません。

糖質制限は、乳酸の原料である糖質を控えることで乳酸アシドーシスを改善するそうですから。
糖質が多い生活を続けると、常に血液が酸性に傾き、ミトコンドリアがうまく働かず、
身体が酸化し、乳酸をたくさん作る、、というわけです。



身体の酸化が進まなければ、骨からカルシウムを取り出さずにすみます。
やはり、骨粗鬆症もミトコンドリアと関係があったんですね。糖質とも。

それと、姿勢が悪いと、呼吸も肺が圧迫されて、上手くできなくなります。
その点からも、やはり姿勢を保つのはとても大切なことなんですね。
母と違い、上記の方が骨粗鬆症でなくお元気なのは、姿勢と呼吸と糖質少な目(食の細い方)
腸内細菌もおそらくいいのでしょう。
若い頃病弱だったので、色々気を付けてこられた結果だろう、、と思いました。


今日のオカメ様   アタシも元気でいなくてはね、、!!20歳は高齢ですからねえ、、
160118_2030~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

スポンサーサイト
2016.02.08 15:10|ミトコンドリア
もう何度かいてるのですが、
なぜ糖質制限をしているか、というと、病気になりたくないからです。
特にガン。
今は、前ほど恐れることはなくなっています。私の友達も何人も治っています。
それでも、親友を含め何人か亡くなりました。父もガンで亡くなりました。
最近話した友達も、誕生月検診にいって、詳しく検査を受けた方がいいといわれた、と言っていました。
私も昔、ガンなので切りましょう、と言われ、別の病院の再検査で違うことが判明した、、ということがありました。
ガンといわれると、とても心配です。



ガンは、糖質をエサにするので、摂り過ぎは良くない、
中年になるとエネルギー代謝を、解糖系ではなくミトコンドリア系にシフトするのが、
健康にいいと知ったから、糖質制限をしているのです。

ガンにいいのは断食だ、という説もあります。
ガンの最大の弱点は「超小食」、そして 「ガンの最大のエサのブドウ糖を絶つ」とも言われます。

前にも書きましたが、
ガン診断に使われるPET検査では、直径3mm くらいのガンでも発 見できるそうです。
PETのガン発見原理は、ガンの性質を逆手にとったもので、
体 にブドウ糖に似せた物質を注射し、 1時 間後にその擬似ブドウ糖が
体のどこに多 く集中的に分布しているか、ということ を調べる。
がん細胞は、正常な細胞に比べて活動が活発なため、3~8倍の ブドウ糖を取り込むという特徴があり、
たくさんブドウ糖を取り込んでいる細胞を探し、がんを発見する。

ただし、これは保険適用ではないので、10万円くらいかかるようです。
高いですねえ、、ガンの色んな先進治療も保険がきかないので、とても高いです。
なので、ビンボー人は健康に気をつける、、、しかないのですね。



ガンと糖質、ミトコンドリアの関係は、、
銀座東京クリニックのページにわかりやすく書いてあったので、さらに抜粋させてもらいます。

「正常な細胞がどうやってエネルギーをつくっているか、というと
栄養として食事から取り入れたグルコース(ブドウ糖)を分解して、ATPを作り出すことによって得る。
(ATPとはエネルギーを蓄え、供給するエネルギーの貨幣の役割)
ヒトの血液中にはおよそ8100mlのグルコース(ブドウ糖)が存在。
グルコースは血液中から細胞に取り込まれ、
1)解糖、2)TCA回路(クエン酸回路)、3)二酸化炭素と水に分解され、エネルギーが取り出される。

解糖はブドウ糖がピルビン酸になる過程。
ピルビン酸は酸素の供給がある状態ではミトコンドリア内に取り込まれて、
TCA回路によってさらにATPの産生が行われる。
酸素の供給が十分でないとピルビン酸は細胞質で乳酸に変わる。
この状態を嫌気性解糖と言う。
運動をして筋肉細胞に乳酸が貯まるのは、酸素の供給が不足して嫌気性解糖が進むから。

酸素が十分にある状態では、ミトコンドリア内で効率的なエネルギー生産が行われる。
こうしてつくられたATPはミトコンドリアから細胞質へ出て行き、そこで細胞の活動に使われる。

細胞は酸素呼吸によってミトコンドリアにおけるTCA回路で、
グルコースから効率的にエネルギー(ATP)を産生している。
一方、酸素がない状態では、嫌気性解糖系によってエネルギー(ATP)が産生されます。



がん細胞がグルコースを大量に消費することは良く知られている。
(上記ペット検査)
グルコースを大量に消費するのに、なぜ効率的なエネルギー産生系であるミトコンドリア系を使わずに、
解糖系を使うのか不思議に思われていた。
一つのグルコースから嫌気性解糖系では2分子のATPしか産生されないが、
ミトコンドリア系では36分子のATPを産生できる。
ミトコンドリアで効率的にエネルギー産生を行う方が、細胞の増殖にもメリットがあると考えられるのに、
がん細胞がエネルギー産生を使わないことが長い間謎になっていた。
(ワールブルグ効果)

がん細胞が死(アポトーシス)ににくくなる原因は、
死(アポトーシス)を起こりにくくするために、あえてミトコンドリアにおける反応を抑え、
必要なエネルギーを、解糖系に依存していると解釈できる。

がん細胞におけるミトコンドリア内反応を活性化すると、
ミトコンドリア内で発生する活性酸素等のアポトーシス誘導物質の働きが正常化して、
がん細胞のアポトーシス(細胞死)が起こりやすくなることが報告されている。」

これが、解糖系、ミトコンドリア系とガンのおおまかな説明ですが、
酸素が足りているかどうか、が分かれ目なので、呼吸もとても大切になるようです。
今は呼吸の浅い人が増えているそうなので、体中に酸素が行きわたる呼吸法や、運動法が必要なわけです。



他に、武田英二博士によると
「ビタミンB1が欠乏すると乳酸アシドーシスを起こす原因となる。
乳酸アシドーシスとは乳酸が蓄積して血液の酸性度が高くなり過ぎた状態
 ビタミンB1が欠乏すると、ミトコンドリアの代謝経路が止まることになる。
すると「乳酸」が蓄積してしまい、『乳酸アシドーシス』が生じることになる。
「ビタミンB1」は、ミトコンドリアの代謝経路を健全に遂行させる上で重要な役割を担っている。
乳酸アシドーシスを改善するには、ビタミンB1を充分に摂取して、
ミトコンドリアの代謝経路を健全に遂行させる必要がある。」

つまり、血を酸性にしていけはいけないわけですね。
ビタミンB1は、とても大事な栄養素だったのですね。
これが足りないことも、ミトコンドリア系が上手く働かない。
ビタミンB1は、豚肉に多く、あと小麦胚芽、ヒマワリの種、干し海苔に多い。
他に肉、魚、豆、に含まれています。

結局、ミトコンドリアの働きがスムーズにいくことが、健康には、ガンにはとても重要なようです。
ミトコンドリアは、地球に酸素ができてから生き物の細胞の中に入り込んだので、
酸素をうまく使うシステムになっているわけです。
解糖系は、地球に酸素がない頃からの回路なので、嫌気性なんですね。



ついでに
癌細胞は 、酸素を必要としない 「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを獲得するので、
酸素の少ない場所、温度の低い環境で活発に増殖する。
ガン細胞は「特に35℃台の低体温で最も活発化する」そうです。

低体温も、ガンにはよくないわけですね。

じゃあ、健康にいいミトコンドリアを増やすにはどうするか、、
(前にも書きましたが)、、今回は長くなったので次にします。


今日のオカメ様   きょうも元気で鐘つきですよっ! ミトコンドリア活性しまくりですよっ!
160208_1444~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活





2015.04.28 01:23|ミトコンドリア
やや糖質カットを続けているので、
この前、計ってみたら、内臓脂肪が少しづつ減ってきています。
筋肉少し増え、脂肪が少し減っています。
うれしい~

そして今、気になっているのが、ミトコンドリアです。
食べ物を代謝して、エネルギーを生産してくれる化学工場のミトコンドリア。



身体の衰えとは、身体のエネルギーをつくる能力の低下。
エネルギーを作る能力=身体を若くする機能、ということのようです。
つまり、ミトコンドリアに身体を若くする機能がある
ということだというのです。

ただし、ミトコンドリアは、活性酸素とセットです。
ミトコンドリアのエネルギー工場で、
出てくる排水が、活性酸素。

効率よくエネルギーを作ってくれるなら、活性酸素は
あまり出ないが、効率が悪いと、活性酸素が出てくる。
その質のよし悪しを決めるのが、生活習慣、、と太田成男教授の本には
書いてあります。(ミトコンドリア研究の第一人者)

今までさんざん言われてきたことですが、
自分でできることとしては、いかに生活習慣をいいものにするか、が、
活性酸素をおさえるポイントになるようです。



じゃ、どうすればいいか、、というと
エネルギーは、身体にとって、必要な量しか生み出さない。
身体を休めていると、エネルギーはいらないと判断され、
ミトコンドリアを減らされてしまう。
ミトコンドリアが減ると、身体が弱る、、、これが老いということ。

これはよくわかります。以前の私は、全く運動をしなかったので、
身体が弱く、不具合だらけだったのですが、
バレエを始めてから、体力がついて、若い時より今の方が元気です。

ミトコンドリアの多い場所は、筋肉と神経。
これを鍛えるといいそうです。
筋肉で、自分の意思で動かせるのは、骨格筋のみ。
(あとは心臓、内臓を動かす筋肉)
しかも、白い筋肉ではなく、赤い筋肉の方に、ミトコンドリアは多く含まれている。
赤は持久力のある筋肉、白は瞬発力です。
なので、持久力のある有酸素運動をすることで、ミトコンドリアを増やせる、、
と、いうことのようです。

そして、筋肉の中でもミトコンドリアが多いのが
背筋、太ももの筋肉だそうです。
つまり姿勢を保つための筋肉に多く含まれている。
踊りやヨガ、太極拳は、とてもいい、というわけですね。

姿勢を保ち、背筋を鍛えるのがいいのは、知っていたのですが、
それも、ミトコンドリアのせいだったんですね。
背筋を伸ばすことを、意識するだけでもいいそうです。
バレエをやっててよかった~

20130521_4291330[1]

余談ですが、
渡り鳥は大量のエネルギーを使います。
鳥のミトコンドリアから、大量のエネルギーが作られるが、
その割には活性酸素が少ない、質のいい、
とてもいいミトコンドリア配列をもっているそうです。
(脂肪酸がミトコンドリアのエネルギー源。
ケトン体は、肝臓のミトコンドリアで作られる。)

だから、鳥は大きさのわりに、長生きできるんですね。(オカメ様ももうじき20歳になります)

141112_2104~02またこの写真

人間で、この質のいいミトコンドリアをもっているのが、
マラソン選手だとか。
しかもトップクラスの選手は、生まれつき「鳥型ミトコンドリア配列」を
もっている可能性が高いようです。
(ミトコンドリアDNAの6の90番目のアミノ酸が、多くの人はヒスチジンだが、
日本人の6%は、チロシンに変わっていて、これが鳥と同じ配列になっている)
鳥と同じ配列、、なんて。そうなってる人がうらやましいですね。

それでも、がいして人間は他の生き物に比べて、長生き、とか。
本来120歳まで生きられる説もあります。
チンパンジーと比べても、体重あたりの、SOD活性が2倍あるそうです。
SODは活性酸素を、除去する働きのある酵素。
これは野菜にも含まれている酵素ですが、その活性が近隣の生き物に比べても、
人間はすぐれていて、長生きできるようです。



話がそれました、、、
あと、ミトコンドリアを増やすには、寒い所で、寒さを感じる、ことも必要、、とか。
寒さを感じると、エネルギーが必要と感じた身体が
ミトコンドリアを増やそうとするから、、だそうです。
寒いからといって、エアコンの中にばかりいては、ミトコンドリアが増えてこないようです。

そして、一番はやはり、カロリー制限。
それによって寿命が延びるのは、哺乳類だけでなく、
虫、魚、プランクトン、ほとんどの生き物に当てはまるそうです。

どの生物でも、50~60%カロリーを減らすと、長寿遺伝子が働く。
長寿遺伝子を働かせると、カロリー制限をしなくても寿命がのびる。
長寿遺伝子の最大の働きは、ミトコンドリアを増やすこと、ですから。



けど、上記のカロリー制限は、かなり難しいです。
なので、カロリー制限ができなくても、
空腹を感じることがとても大事だそうです。
空腹になると身体がエネルギーを作ろうとして、ミトコンドリアを増やすから。
それだけでも、全然違うようです。

結局人は、しょっちゅう食べて、ぬくぬくした部屋で、のらくら暮らしていると、
ミトコンドリアが減ってしまい、老化も進んでしまう、ということなんですねえ、、
空腹や、身体を動かしたり、寒かったり、、と、多少厳しい状況にいないと
ダメってことなんですねえ。
のらくら暮らすのは、好きなんですがね、、、

(参照太田成男著より)


今日のオカメ様  アタシたち鳥は、長生きなんですかあ~? まだまだ、全然いけますよ~
150319_1109~02


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム