2013.03.30 11:55|ミツバチ
「ネオニコチノイドは神経毒

人体に与える影響として、神経障害症状(手足の震え、注意力散漫、うつ的、協調障害、記憶障害、
暴力行動、心電図異常)
免疫症状(アレルギーの悪化、ウイルスへの抵抗力低下)等があげられる。」


つまりネオニコを薄めて使うと、すぐには死なないでボケてしまう。
それでミツバチが巣に戻れなくなるのですね。
これは人間にも当てはまりそう、、、

007[1][1]


ミツバチは果物等の受粉に、かなり使われているので、減るとどうなるか、、、
虫が減り、それを食べる鳥も減り、
生物指標として、そこに影響が出た、ということは次は、、、
昆虫が減るということは、生き物としてシグナルが出ている、ということですよね。
ミツバチは単なる虫のひとつではなく、鎮守の森を作るのに5割は
日本ミツバチが関わっていた、という説もあるくらい、人にとっても重要な生き物です。


「浸透性があり、作物の中に染み込む。
種をひたすと、成長しても残っている。」


これはいくら洗っても落ちない、ということのようです。

基準値がヨーロッパと比べても、お茶300倍
キャベツ、いちご、300倍
ぶどうにいたっては500倍
基準値が少しづつ上がっている。
出荷の前日までまいていいことになっている。

(田中優さんDVDより)

これは上位の作物の基準値です。
もちろん全てがそんなにかけてるわけではないし、
例えばキャベツは春には虫がつきやすいからでしょう。
冬キャベツは虫はつきにくいから、そんなに使ってないだろうし、
しゅんの季節には、そんなに虫はつかないので、
季節にあったものを食べるのが、安全ということなんでしょうね。

それにしても、日本の基準値はどうみてもゆるすぎるようです。
これはおそらく日本で作られた殺虫剤、という面と
消費者のきれいな、見栄えのいい商品を求めることとも関係ある?
それから季節以外のものを求める、ってことも。
そしてその現状がが、あまり知られていない、ってことでしょうか、、

人間は自然から離れて人間圏を作って暮らしているけど、生き物の一員でもあることも忘れるな、
というメッセージ、いえ警告なのかな、とも思ってしまいます。

人への影響もかなり出てきているのでは?と危機感を感じます。

(28日のオルタナより、は金沢大学教授らの発表した論文より、です)






マジメな話で、なんですが、、、ついでに今日のオカメ様も。ん?羽が変、、に見える

130329_1412~02


ついでに、、どうぞよろしく~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.03.28 00:15|ミツバチ
前から気になっていて、書こうと思っていたのですが、

みつばちの大量失踪の謎。

007[1][1]


ご存じの方も多い、と思いますが、コロニーから働き蜂がいっせいにいなくなる、と騒がれたやつです。
海外でもあちこちで発生。結局巣に帰れなくて、どこかで死んでしまう、というもの。

尋常でない危険を感じて、原因はいろいろあげられていたけど、今一つはっきりしなかった。
どうしてだろう?とずっと思っていたのですが、
どうやら原因が、農薬にあった、との研究発表が出てきて、だんだんクリアになってきています。

それはネオニコチノイドという農薬。

さらに知らなかったけど、日本は農薬使用量が世界でも1,2位。
何年か前の本に1位、と書いてあって、え~~っうそでしょ!?
中国なんてすごいじゃない。と、ほんとかな?と疑っていた。
国産野菜なら大丈夫か、、とも思っていたし。

でも、2011年のデータで、やっと世界2位になりました。というのがのっていて、
喜ばしいこと、みたいな書き方でした。
(下の参考資料。これに中国がのってないのがよくわからないが、仮に中国が入っても2か3位あたり??)
さらに単位面積あたりアメリカの17倍農薬を使っている。とのこと、、
もちろんこれは作る作物の違い、というものもあるようです。日本は作る種類が多いし。

途上国では農薬が高くてそんなに使えない。日本人はお金もあるし、几帳面だし、きっちりと農薬を使う。
とも、、、

これは驚きでした。
でも考えてみたら、キチっと形のそろった野菜、虫食いなんてとんでも、の野菜を求める国民性では、
それはありうることなのかもしれません。
みんなまじめにキチっとやるんでしょうね、、;

農薬が前より減った?のも、ニコチノイド系に変わったからだそうで、
りん系農薬に比べ、使用量が少なくてすむからだそうです。
だからといって、殺虫剤として、米、果樹、野菜に使われ、公園、森林の松枯れ病に使われ、家庭用殺虫剤、
シロアリ駆除にも使われ。と、考えたらあっちでもこっちでも使われ放題~

虫にはきいて人間には影響がない、といわれていたらしいが、
(虫の神経に影響が出る農薬なので、ハチが帰れなくなる。)
虫にきいて、人間にきかない、なんて絶対ありえない。
人間も生き物なんだから、、
虫の神経にきく、って、きっと人間の神経にもそうとう作用しているんだろうな、と思う。

長崎では大量にまいたらしく、虫が全然いなくなったそうです。
夜、明りに虫が全然こなくなったらしい。
それってあまりに不気味すぎる。

フランスでは2006年に、ハチの大量死と関係があるとして、殺虫剤として使用禁止になっている。
ドイツ、イタリアでも。
日本とはえらい違いです。


たぶんガンや、化学物質過敏症や、アレルギーは、そのせいもあるだろうとも言われている。
それはありうるだろうな、と感じます。
精神にもそうとう影響大きいでしょう、、

私も花粉症だし、、きっと脳にも色々影響きているんだろうな、、って。;

それでも、ゴキはできるだけ、はたくことにしているし、殺虫剤は極力最小限(小バエ取り用を使ってた)
(そういえば、それを置いていると何か変な違和感感じてました。)
ついでに洗剤他生活用品も合成物は使わないことにしている。
(薬局に行くと、頭ボ~っとすることもあるし)
汚れは少しくらい落ちなくてもいいし、家に少々虫がいても、汚れててもそれはもうしょうがない。

しかし食べ物は、、お金ある時は、私も気を付けて、生協等で無農薬の野菜を買っていたが、
ビンボーになってくると、高い野菜を買うのもきついので、洗えば大丈夫さ~
これは国産だし、、、と考えて、商店で買っていたのです。

曲がっていても、不格好でも、虫食いでも何でもいいから、安全なものを食べたいです。

あ、もちろん全てが農薬まみれってわけじゃないです。
しゅんのものや種類によって、そんなに使わなくてすむものもあると思います、、

インフレ対策もあるけど、自分で野菜を作りたい、と思ったのは、そういう理由もあるのです。
ビンボー人にできるだろう自衛策なのでした。



オルタナより
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130305-00000301-alterna-soci

農薬使用量
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/child/pest/pesticide_usage_in_OECD%2010.htm


田中優さんのすごくわかりやすい解説動画(22分18秒の辺り)
http://www.youtube.com/watch?v=z9U2cft47_M


↓今日のオカメ様(刺激のあるもの?のつもりで入れた、サンタのおじさんと、、)

130327_2051~01



↓ どうぞよろしくお願いします~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
2013.03.24 23:37|農園
昨日農園の講習があり、説明を受け、種をもらい、畑の仕事をしてきました。

作業は与えられた場所に行き、長さを計り、畝を作り、肥料をもらい、パウチをしき、
与えられた物を植える、、、というもの。

2週後までに、やっておくことが色々あり、昨日1日ではできなかったので、今日も行ってきました。

クワをもったのは久しぶりで、畝を作るのは、なかなかハードな作業で、
筋肉痛が、、、
昨日、今日でかなり汗をかいてきました。

隣の、何年もやっている方がとても親切で、色々教え、手伝ってもくれ、とても助かりました。
ありがとうございます。

130324_1628~01

(農園入口)


しかし最初から場所を迷い、遅れていった私。
前もってちゃんと場所を確認とっておいたのに、、、
行った先は、別の農園だった。 
それであちこちうろうろ探しまわった、、
その辺はけっこう農園がある場所だったんですね。

まあそれだけならまだいい、、、
「携帯で自分の畑の写真を撮らねば、、、」と張り切って準備していたはずの、携帯を入れていた袋がない!

何故??農園持ち主の方に伝え、大騒ぎ?
さがしても結局ないので、もしかして忘れたのかもしれないけど、、
忘れないよう用意してたのに変だな??と心配しながら、帰ったら、
なんと、その袋がオカメ様の小屋の上に置いてありました。汗

考えてみたら、出かける前に、飛び回るオカメ様を小屋に入れるために、
とっさにその袋を、オカメ様を止まらせないようするため、小屋の上に置いたようで、、
全然意識しないで、やったことだったので、何も覚えていなかったのでした。


最初からこんなで、おそらく要注意人物にマークされてしまったことでしょう。。。

別の日にも契約書を渡す説明会でも、
契約書にハンコがいったのに、ハンコの入った財布を忘れていってしまった私です。はい。
(直前に図書館に行き、カードの入った財布をそっちに持っていき、図書館用の袋に忘れてました。)


130324_1414~01

(なんで、これらの写真は、今日行って、撮ってきたものです。)


まあ、気を取り直して、、、
縦10メートル、横3メートルの縦長を、縦4つに仕切って、
向こうから、じゃがいも、キャベツ(温室みたいに寒冷紗をかぶせてる所)
その手前に種をまき(ラディッシュ、小松菜、ほうれんそう、青梗菜)
その手前のパウチには、だいこん(まだやってない)、レタスの苗

130324_1415~02

(左がじゃがいも、右はきゃべつの苗)

130324_1415~01

(このパウチの穴に、左は大根の予定、右はレタスの苗、今日植えました)

130324_1620~01


(で、この3山が今日やってきたところ。それにしても雑な仕上がりです。性格出るのね~


この寒冷紗は根が張ったら、取るそうです。雑草もけっこうはえるそう。

農薬はまきたくない人はまかなくてもいい、とのことだし、私はまく気はないのですが、
隣のベテランさんがおっしゃるには、自分もまかない。  
しかし、キャベツだけは虫食いがひどいので、最初だけまいて、寒冷紗も取らないようにする。
とのことでした。


きっとそうなんでしょうね。
この農園は勉強のためなので、様子を見ながら、ベテラン様の意見ききながら、 、、のつもりです。
しかし、秘かに私が企んでいるのが、草もあまり取らず、農薬まかず、肥料もまかない。なんですが、、
それは難しいのか、、、 ?なにせ素人だから、、現実を知らないわけですよ。
きっと先生の言うとおりにやると、できるんだろうな、、、とは思います。

ちなみにじゃがいも、キャベツの列には堆肥、肥料391、石灰。
葉物には、石灰、化成肥料885。レタスの列には石灰のみのご指示でした。
みんな指示にしたがって、同じようにやるわけです。
初心者にはやりやすいように、失敗のないように、考えてくれているんだな、とも思います。

畑はにぎると形になるし、ありがたいことに、とてもいい土です。
農園主様の管理のおかげですね。
一番大事なのは「土」ですもんね。

明日と木曜、雨の予報なので、降ってください~
雨を見越して、今日残りの作業やってきました。
降ってくれたら来週まで放っちらかしできるし、、と、あくまで横着な私でした。


そんなこんなの、畑の日々でした。

↓オカメ様、留守してごめん。 応援よろしくお願いします~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
2013.03.21 12:11|インコ
今日のオカメ様の体重は95グラムになっていました。
順調。順調。

毎日の追いかけっこも、10分くらいに減ってきて、うまくいくときは、手にのせなくても、
最後は自分で小屋に入るように。

なんて賢い!えらいね~!とベタほめ。
単に飛び回っても疲れるだけ、ばかばかしい、というのを悟った?から、でしょうか、、、
でもすぐ覚えてくれてうれしい。  
ほんとオカメ様は賢いね。  と、親バカまる出し状態ですが。

130320_2354~01

(このはしごに止まって、小屋に入る)



外で散歩で走って、手に向かって首ふり運動もして、、遊ぶ。

130320_1523~02


そして、今日は爪切り。
なにせ、結膜炎になったのも、どうやら爪がのびていて、まぶた周りをひっかいてしまって、
雑菌が入った、とのことなので。
飼ってるインコはのびたら、爪をこまめに切らなきゃいけません。
時々は切っていたのですが、ちょっと伸びてた時期があったので、その時やってしまったのか?
気をつけねば、、、

今日ちょっとだけ長めの、引っかかる爪を一部を切りました。

130320_2043~01

(オカメ様の爪切り用ケープと爪切り。ハンカチをクリップで止めただけのもの)

スポッとかぶせて、左上の所から頭を出させて、ひっくり返す。
抑えこんで爪を切る。当然暴れる。
しかし、止めたクリップをかじっているスキに、何とか切ります。
これなら1人でも、何とか爪を切れるのです。

だいぶ平穏な日が戻りつつあります。
それにしても、ちゃんと覚えてくれて、ありがとう~

これで何とか一件落着、、、かな?



↓ えらいオカメ様に,押してやってください~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013.03.18 13:36|インコ
鳥の病院に行ってから、オカメ様のすべての暮らしが変わった。

毎日が戦いの日々である。

朝おきて、一番に体重を測るよう申し渡され、その時に肝庇護剤も飲ませるよう言い渡された。
なのでまず、カゴに手を入れつかもうとすると、カゴの中で逃げ回る。
羽痛めるから、頼むから逃げないで~の声もむなしい。

130318_1226~01

(調理用計り。その上にのってるのが、肝庇護剤)

この何日かは計ると97グラムをキープ。
まずまずかなあ、、、

思えばこの何日か戦いの日々でありました。
一日に1回出す。(2回の時も)
出すときの合図を決めなさい。とのお達しなので、これ。

130318_1227~01

(しつけ用の音をならすもの。黄色を押すとカチカチ音がする。こんなことに使うとは~;;)

これをならして、次に手で糸まきまきみたいに、腕をくるくる回す。
この2セットが出る合図。
出ていい合図を、根気よく覚えさせるように。とのこと。
もちろんまだ、わかっていないけど。
覚えてくれ~とこっちも必死です。

そして出していっしょに遊ぶ。
袋をふって、行進を何度もくり返し、口笛ふいて歌をうたい、頭をかいてあげる。
ひととおり遊ぶと、、

さあお家に入ろうか、、で素直に入るわけがない。
ここからが戦いなのだ。

相手は羽をもった生き物なのだ。入れようとすると当然逃げる。
追いかける。どこかに止まる。それを追う。飛ぶ。追い払う。飛ぶ。追い払う。飛ぶ。
それを何度も繰り返す。
つまり止まって休むすきをあたえないことが大切。奴を疲れ果てさせるのが狙い。
こっちも必死である。
先生曰く、1時間くらい覚悟してください。
先生~~

でも初日は40分くらいで、疲れ果て、手を出すと乗ってきた。(さすが17歳だからか?)
それでやっと小屋に入れられた。ハアハア、、
いやはや、、こっちも息が上がってしまった。ゼイゼイ、、
人が見たら、なにやってんだろう??の世界ですね。

それでも次の日は30分くらい。次は20分くらい、と短くはなってきているのが、せめてもの救いです。
これはいい運動です。
今までこんなに続けて飛んだことないのでは?くらいの勢いです。
(体重へるはずよね)

130318_1226~04

(こころなしか、小屋の中でも少し落ち着いてきている、、ような気が、、)

こうやって小屋に入れられることがわかり、こちらも意を強くできました。
今までは飛ばれたら、もう捕まえることは無理、と思っていた。
(しかも掴んでいれるのではなく、手に乗せて入れる、これが大事らしい。)
これにより、力関係が逆転したような気がする、、、
私ってじつは飼い主だったのね。と。
じゃ今までは、いったいなんだったんだ~~


朝薬と体重を計ったあとは、日光浴。

130318_1226~02

(日光浴用のかご)

そのあと、オカメ様のおうちに。
そしてこちらがいいよ、という時に合図して、出してあげる。

なんて規律ある暮らしじゃないいですか。
もちろん出せ、出せコールはずっと続いてる。途中で私が負けないで、どこまで続けられるか??だな。
戦いの毎日が続きます。



↓オカメ様に応援をよろしく~


2013.03.15 19:35|インコ
今日は、うちのオカメ様を病院に、、

昨日夜帰ったら、目頭にはれができていました。
少し前から右目のまつげの上辺りが、羽の付き具合が変だな、どうしたのかな?とは思っていたのですが、、

小鳥の専門病院につれていきました。
(名医だけど、留守電予約しか受け付けてくれないので、行きにくかった病院。ほとんど10年ぶり)

目は結膜炎とのことで、抗生物質入り目薬で、いる間に周りのはれは引き、よかったのですが、
体重計ってもらって、101グラムもある。肥満です。と言われてしまった。
胸にこんなに脂肪が、、羽を倒してほら、これも脂肪です。こっちも脂肪です。(おしりのあたり)と見せてもらった。
が~ん。。。い、いつのまに、、、こんなに脂肪がついていたんだろう??

確かに前ほどびゅんびゅんは飛ばなくなっていた。
にぎるとなんとなく、むにゅむにゅした感じはあった。
し、しかし、、、いつの間に、、
まあ17歳にもなるし、そんなに飛ばなくても年のせい?くらいにしか思っていなかった。
(オカメは25年くらい生きる子もいる。ご長寿系)

オカメには突然死があります。その原因は肥満です。内臓に脂肪がたまっている子がなりやすい。

ええええ~~と、突然死!?


生活を聞かれ、放し飼いはだめです。と言われてしまった。

哺乳類と鳥類は決定的に違う。
鳥を哺乳類の飼い方で飼ってはいけない。
哺乳類は巣を作って、そこにいることで落ち着く。
鳥類は巣にいるのは、繁殖のためのみで、ふだんは見晴らしのいい高い所にいるのが、落ち着くし、
常に環境に変化があることが必要。
変化がなく、環境に安心があれば、巣に適した場所があると、どんどん繁殖の方向にいってしまう。
繁殖にいくということは、身体が食べ物を蓄える方向、、つまり太る方向にいきやすい。

つまり放し飼いのオカメが、気に入ったせまい場所にいる、ってことは
繁殖モードに入ってるってことで、肥満防止にはそれを避けるべき。

う~ん当てはまっている、、かも?
うちのオカメ様のお気に入りは、使ってないレンジなのです。(もちろん電源はぬいている)↓

130305_1233~01

(レンジから顔を出しているところ)

つまり安心すると巣作りの繁殖モードになるから、環境に変化や、ある程度のストレスが必要、、とのこと。
それは知らなかった。できるだけストレスないように、ないように、、と思い、その方向にもっていっていた。
(もちろん人間の考える範囲内で、だけど)
言われてみれば、確かに、、、これじゃ過保護の母親と同じなのかもね~


ただ急に突き放すと、ストレスで毛引きしたりと、鳥にとってもつらいので、
ふだんカゴに入れて、合図を決めて、(2つ)一定時間出してしっかり遊んであげる、という飼い方にすべき。

それがいいらしいのは、情報としては知っていたが、うちのコには無理、とはなからあきらめていた。
だって朝から小屋から出せ、出せモードで、出てるのが当たり前状態で、全然入りたがらないし、
小屋は寝るだけのもの状態のやつが~;

しかし今日は病院で、先生ににぎられ、飛んでつかまえられ、目薬をさされ、さんざんな目にあったので、、
(変化、ストレスがあまりに過多の1日だった)
これを機会にやらなければ、もう1生無理、、と心を鬼にして、帰ってから小屋に入れた。

今も出せ~出せ~と鳴いている。
こりゃ我慢比べだ~
問題は私だ。私がどこまで耐えられるか?だなあ

130315_1806~02
130315_1805~01

(小屋からにらんでる)


私がごはん食べ終わったら、出して遊んであげるから~



でも便の検査もしてもらい、ソノウ炎もないと言われ、安心しました。
(鳥には多い)


しかし、、しかし、先生。
17年もかってきままに過ごしてきたインコにそんなこと、ほんとにできるんでしょうか~??




↓オカメ様の試練に免じて、押してやってください~

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
2013.03.11 15:06|農園
昨日の嵐がうそのような、春の日です。

すでに冬対策のの寒冷紗は、取っ払っていますが、
寒冷紗かけてる間は、ほとんど何もしていなかった。
どうなってるかもあまりチェックしていないありさま。

でもネギは元気だった。(母に苗をもらって植えたり、切った茎を植えたりしたもの)

130311_1422~03

うちはこの場所に適応して育つものしか、置かない主義?なので
(結局ずぼらで、ほとんどほったらかしなので、やわなものは育たないだけなんですが;)

130311_1422~02

この人参も、とても根性人参なのです。
種をまいて、出た芽はほとんど夜盗虫にやられて、私が葉っぱを取ったり、、で、
それにもめげずにわずかに残ったうちの1つです。

130308_1506~01

こちらはネギの間に、ルッコラの種をまいたのが、少し生き残ったのが、大きくなっていた。

雑草はほとんど取らない。虫もあまり取らない。(気づいた時に取るくらい)
まして殺虫薬など全くかけない。のないないずくしでも、みんなたくましく
春をまっててくれたのは、ほんとにうれしい。

130311_1422~01

↑クリスマスローズ

130308_1506~02
130311_1349~01

↑バラ、、(っていっても、ほとんどゼラニウムとアロエで、見えてないですね;)
下 あじさい(すみだの花火)

1度も殺虫をしたことがないバラ。それでもなんとか生きている。
(虫がいるのに気づいたら、手で取るけど)

130311_1456~01
130311_1455~01
130311_1454~01

バラ  ピンクの四季咲き(上、もらった時から名前不明)白のミニバラ(中)、白もっこう(下)

それにしても外で撮る写真は、携帯のせいか、ホント見えにくいですね、、、
そのうちカメラを買いたいもんですが、、、
まあ多少ボケてる方が、あらが見えなくていいような気も、、、
(って、後ろのひし形の柵?がずれてるのが見え見えだ~っ;)

そんなこんなで、どんなにずぼらなお世話係でも、ここにいる植物達は、たくましく生きていてくれます。
生命力ってほんとに強い!


今日のオカメ様。

130311_1459~01




よくわからないまま、ランキング参加してみました。
クリックよろしくお願いします。↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
2013.03.06 14:15|世情
途中出かけて書けなかったので、続き、、

つまり何が言いたいか、というと
別に節約が趣味なわけでもなく、やりたいことをやるためには、
切り詰めもまた楽しい?というところでしょうか。

やりたいこと、、って、たんになんの意味もない、おばさんの趣味、というだけのことなんですが、、

私の場合、、、
もうずっと、おばさん大人バレエにのめっていて、(すでに13年目に突入)
それがやりたいことっていうわけです。
この間、他の趣味や、旅行らしい旅行はすべてストップ。

130306_1422~01


バレエはなにせお金がかかる。
スポーツクラブ月会費(そこでやっているバレエ)、有料レッスン代、
身体の使い方を直すピラティス代(有料)
おまけに他の教室にも通いはじめて、そこのレッスン代、、、
他にも発表会があるとお金がかかるし、トォーシューズ代(消耗品)、衣装、公演鑑賞代etc.etc.。

と、まあお金をかければいくらでも、、の世界なので、きりがないので、どれとどれをやるか、
自分でできる範囲でやりくりしながら何とか続けているわけです。

おばさんバレエなど、趣味以外の何物でもない。
将来性も展望も、社会への貢献度も全く何もない。
ないないずくしで、やってて何の意味があるのか?と言われれば答えようもない。

まあ趣味ってだいたいそんなもんですよね。
好きでやりたいので、やっているとしか言いようがない。


話がそれた、、

とにかくやりたいことをやるための節約。
これは大事。  決して節約が趣味なわけではない。
ましてや、お金を貯めることが趣味、ということは全くもってない。

お金は生きていくのに必要だけど、全てではない。
ゆえにお金の使い方に、生き方が出てくる、と思う。

極端にいうと、お金を貯めることが一番大切な人と、お金以外のことが一番大切な人が
世の中にはいる、ってこと。

人それぞれの考え方なので、どっちがいい悪いの問題ではなく、

「私の場合、今はバレエだけど、そうやって基本はお金より、やりたいことを優先して生きてきた。
なのでビンボーでも、将来のことはわからなくても、(将来、、てほどの残りは??)
今とても充実した楽しい人生を過ごせている。
というだけのこと。

アリとキリギリス。
老後をどうするんだ?(もう老後??)
年金がどうなるかわからないのに、お金を貯めなきゃ、、

そういう人に反論、、でもないが、、、

不安を考えれば、きりがないくらいいくらでもある。
けど今が充実していない人が、いくらお金を貯めたとしても、
老後になって急に充実するわけがない、、と思う。
人なんていつ死ぬのかわからないのに、、
死ぬ時になって、あれもこれも、、やっておけばよかった、、と思うのは、私はまっぴらゴメン。

と思うだけです。

老後や年金が不安な人は、安心できるまでお金を貯めてください。
私は私なりにできる範囲内のみで、ささやかながら、自衛は考えていくつもりです。


ささやかな自衛として、やりたかったことの一つが農園なのでした。
これはもう少しで始まるので、いずれ書くつもりです、、


自衛ともいえない、ささやかすぎる自衛???オカメ様の遊び場?

130305_1306~01


オカメ様の食い散らかしの跡が、、


今日のオカメ様

オカメ

(天気がいいので、日光浴用のカゴに仕方なく、おさまっています)



2013.03.05 18:19|世情
人には生き方が色々ありますが、
それはお金の使い方にけっこう出る気がします。

だいたいにおいて、基本ビンボー暮らしの私ですが、
やりたいことは、あまりお金がなくても何故かやってこれた。
これはまあ子供がいなかった、とか扶養しないといけない人がいなかったという
独り身のお気楽さ、ゆえということもありますが、、、

お金に対する考え方なのかな?とも思います。
物にはあまりたくさん使う気にはなれないけれど、
旅行や趣味や、興味あることを経験できるなら、そのチャンスさえあれば、すぐ使ってしまいます。

最近は、やりたいことをやるためにも、ますますどんどん切り詰めることになっています。
(これは収入の減少ということもありますが)

切り詰め、たとえば、、、

130305_1613~01

なんと66m2のマンションで,電気契約アンペア数を、ここまで落としました。
はじめここに入ったとき50Aでした。
これを30Aにして、ついに20Aに落とした。
1月~2月にかけて、1か月 電気代は4773円。
といっても、、、

130305_1615~01

この灯油ストーブを買ったから、もありますが、、
灯油代は約1か月 1000円ちょっとかかり、、、
電気代とあわせて、  合計5773円ちょっと。

今年初めて使い始めた灯油ストーブでしたが、今年は灯油が高かったようですね。

う~ん暖房費、、合計がそのくらいって、高いのか?低いのか?微妙、、、

でも東京電力に抵抗したい気もあるから、電力会社に払う分が減ったのは良しとしよう。



この続きはまた、、

2013.03.04 14:55|グリーンスムージー
そもそもなぜ野菜ジュースを作り始めたか、というと

もう10年以上前、沖縄旅行に行きゴーヤジュースを飲んでからのことです。
ゴーヤジュース、、まずそう、苦そう、、
でも飲んでみて、飲み終わる頃には、じわじわとその味がくせになることに気が付いた。

で、帰ってから作り始めたのがきっかけ。
スタートはゴーヤジュースから始まっています。
今のように酵素がいい、なんて話はあまり出回ってなく、よく知らなかった。

で、試行錯誤の結果、小松菜、ブロッコリー、にんじん、ゴーヤ(冬はなし)、バナナ、りんご。
他にあれば葉物、パセリ、なばな、きゃべつ、にんじんの葉etc.に今は落ち着いている。
ほうれんそうは入れない(シュウ酸が強いらしいので)

野菜ジュース2

(上から撮ってるので下の葉物が少なく見えるが、下にけっこう入っている。)


とにかくぶち込む。下に葉物(重いとモーターが回らなくなるので)上に根菜、重いもの。
それにクエン酸(にんじんがビタミンCを壊す、と聞いたのでそれの防止を兼ねて)
きな粉、スキムミルク粉少し、をぶっかけ、かき回すための豆乳を入れスイッチ。

野菜ジュース3

(黄色のはりんごの王林?皮つき。農薬が気になるので、石鹸で洗って、おしりと頭の部分の皮だけ捨てる)

結果このように、、

野菜ジュース


これをひたすら飲む。
コップ3杯くらいの分量を、、ひたすら飲む。
もうほとんどこれが朝食状態です。

これを作る時間のない時、家にいない時以外、ほぼ毎日作ってきました。
しばらくやめていた時期もあった。
そんな時、鏡に映った自分の顔色がすっかりくすんでいるのに気づき、
慌てて再開。これはやめてはだめだ~とつくづく思った。


これはうちのオカメ用の野菜(ジュース用のはしっこ)
野菜嫌いなので、食べてほしくて置いておくと、たいがい蹴散らされている。

野菜


ちなみに今日のオカメ様。

ぱる   2013,3,4

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム