2014.09.28 23:28|園芸、造園
うちのマンションには、小さい屋上があります。
ここに越した理由は、この屋上があったから、なのです。

140928_1040~01140928_1042~03


たくさんの植木があったので、それが置ける所を探し、
ここを見つけ、10年前に越してきました。
日当たりは、とてもよく、でも風が強いので、
もってきたものの、生き残ったものと、
ダメだったものがあります。
この環境にあったものだけが、生き残りました。

ピンクのノウゼンカズラは、この環境にあっていて
生き生きしています。
オレンジは毒どくしいけど、ピンクのこちらは繊細で
葉も小さく、好きな花です。

140903_0951~02
もう花も終わりになってきましたが

こちらのバラは、四季咲きの丈夫で、かれんな
長い付き合いのバラです。

140630_1534~01

これは亡くなった親友からもらい、彼女が
植えるのも手伝ってくれたものです。
私も植物好きで、緑がないとダメな人ですが、
彼女はもっと上をいっていました。
どんな所に住んでも、必ず植物を植えて、とても上手に育てていました。
彼女に、基本の育て方、土の混ぜ方等教えてもらったものです。
以来、ますます私もずっと、植物と共にいます。
もっとも私はマメではないので、彼女のようにはいきませんが、、

畑では野菜を育てて、この屋上では
ほとんどが花ばかり育てています。
できれば、どんな季節でも、どれか花が咲いている、、、
というのが理想なんですが、なかなかそうもいきません。
冬はほとんど枯れて、寒冷紗をかけてしまいますしね。

140630_1535~01

花があると、人に何かプレゼントをするときに
とても重宝します。
私は大きい花より、小ぶりの可憐な花がすきなので、
どれも小ぶりな花ばかりを植えています。

ブーケを作るにも、小ぶりなブーケが作りやすいし、
あわせやすいから、色もピンク、紫、白、赤、
その辺を中心に植えています。
黄色はほとんど植えていません。
好きな色中心なのと、ブーケにした時
黄色は合わせにくいから、というのもあります。

ハーブを植えていると、花も小ぶりでかわいいし
においもしていいな、、と思っています。
今はミントの花も咲いていて、
とてもかわいらしくて、いいにおいで好きです。

140924_1039~01

最近、友達の娘さんの出る、バレエ発表会にもっていったのも
そんなブーケでした。

140914_1439~01
もっていった、ハーブや小花のブーケ

バラも好きですが、上記の理由もあって、
どれも小ぶりなものばかりにしています。
いつもどれかが咲いているといいのですが、、、
なかなかそうはいきません。
なにしろマメでないので、手入れも悪いしね。
誰かの誕生日に、ちょうどバラがあるといいんだけど、
なかなか上手くかちあいません。

バラは、たいがい挿し木にしておきます。
上手くすれば、根がつくし、きれいなので、、、
だいたいバラ好きの方は、多いですしね。
ただうっかりしてると、黒点病になってしまいます。
薬をまきたくなくて、それがジレンマで、
どうしようか、、、と、思うこともたびたびですが。

140928_1041~03140630_1534~03
右のバラは、春の一季咲きなのが、挿し木していたら、この季節に咲きました。

何かのプレゼントに、花をあげるのは、
亡くなった親友に教えてもらったことです。

花には、それぞれその時々の思い出もあり、
枯れもせず、咲いてくれると
ほんとにうれしいものです。
屋上庭園の基礎を作ってくれた、亡くなった親友に感謝しつつ、、、

140903_0952~02


今日のオカメ様   日光浴に出されちゃって、アタシは、花見るゆとりなんかないですよ~
140822_1744~01


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
2014.09.25 00:22|雲南百薬
屋上のベランダ園に、春から植えていた植物が
夏の間に、枝をどんどん伸ばして、その先に
つぼみをたくさんつけ、花が咲き始めました。

140924_1335~01

これはなんて植物だったっけ?と
店から買ってきた時に、ついていた名札が見当たらなくて、
わからなかったのが、、この前そうじしていて、
やっと名札が出てきて、名前がわかりました。
「雲南百薬」
そういえば、、そんな名前だったような、、
(のんき過ぎだろっ)

百薬、、と言われるくらい、丈夫で栄養の高い
植物だと、書いてありました。
それで、試しに買っていたのでした。

140924_1336~01

別名、オカワカメ、アカザカズラとも言われるようです。
ツルムラサキ科の、熱帯性のつる性宿根多年草。
中国から長寿の薬草として伝わったが、
原産地は熱帯アメリカまたは熱帯アジア、とのこと。
ツルがグングン伸び、グリーンカーテンに最適、とか。

生のままだと、オクラのように粘りがあり、
茹でるとシャキシャキとしたワカメのような食感。
必須ミネラルやビタミンAなど、栄養素を多く含んでいる。
挿し木で簡単に増やすことができ、およそ2週間で発根。

なんて、生命力の強い植物なんでしょうね。
同時期に買ってきて、植えていた、他のフェンネルとかは
とっくに枯れてしまったのに、、
これだけは元気なのも、うなずけます。

140924_1354~01

あと、ムカゴもできるようです。
根元に、何かいっぱいくっついているなあ、、と思っていたら
ムカゴだったんですね。
ムカゴを植えたら、新しい芽が出てくるようです。

うちの屋上園は、そこの環境に適応できたものだけが
生きて育っている、、という、およそアバウトな花園です。
(メインは花)

好きで育てたい、、と思って、何度買ってきても
全然育たない花もあれば、枝が折れ、
ちょっと土に挿しておいたら、どんどん増えていく花もあるし、
花自身が、ここが好き、と思ってくれるものしか、育たないので、
それにまかせているという、アバウトさです。

140924_1038~02
根元のむかご

それにしても、今は
色んな新しい、品種も次々に出てきて、
すごい植物が、けっこうあるのに驚かされます。
この雲南百薬も、驚きのスーパー野菜です。

雲南百薬の成分とその効能・効果
(以下、苗販売店からの貼り付け)

【マグネシウムはレタスの8倍】
マグネシウム 62.3mg/100g 筋肉の機能を正常にする。
糖尿病・狭心症・便秘・ガン
【カルシウムはピーマンの6倍】
カルシウム 70.8mg/100g 骨や歯を形成、白血球の食菌
作用を助ける。アレルギー
・骨粗そう症・気管支炎・胃潰瘍
【亜鉛はにらの2.5倍】
亜鉛 0.709mg/100g 細胞の新生を促す。高血圧・心筋
梗塞・ガン・味覚異常
【銅はキャベツの8倍】
銅 0.164mg/100g 血液をきれいにしてコラーゲンの生成
に働く。貧血・静脈瘤・生理
不順・生理痛・白内障
【その他】
①葉酸 24ug/100g 赤血球を形成し、免疫力を向上させる。
ガン・皮膚のしみ・動悸・息切れ
②ビタミンA 1740ug/100g 胃腸や肺の粘膜を強化する。
粘膜のガン・視力・動脈硬化

140924_1044~01

う~ん、、、ほんとにものすごい野菜!
で、さっそく葉をつんでみました。
ムカゴができかけ、花も咲きかけているので、少しだけ、、
量が少ないので、野菜ジュースに入れて、飲んでみました。

140924_1106~02

特に違和感もなく、美味しく飲めました。
これは、来年の夏に向けて、第二農園で作ろう。
夏の葉物野菜の少ない時期に、
モロヘイヤと並んで、収穫できる野菜になりそうです。
ムカゴを取っておかなくては。

この新種の野菜ブーム、、といえるのか?
新しい野菜が、次々に出てくるご時世。
それとは逆に、在来種野菜への関心も、増えている気もします。
それらはおそらく、根は同じで、
今の、全国どこでも同じ野菜を売っていることへの
反動なのかな、、、?とも思います。

昔は種を取って、栽培していたのに、今は違うようです。
今の売っている野菜は、ほとんどの農家が
F1(一代交配種)種を買って、育てているとか。
F1は、全国で同じような色、味、カタチの作物ができるよう作られたもので、
まっすぐのキュウリ、粒もそろった野菜の収穫ができるので、
流通に便利とのことで、それがメインになったんですね。

タネが危ない/野口勲

F1のタネは自家採種しても、
次の代で、いい野菜に育たないことが多く、
農家は毎年、新しいタネを買うことになるそうです。
(しかもF1は100%近く、輸入の種とか)
流通のために、いつのまにか、そういうことになっていたんですね。

で、たまには違う野菜を食べてみたい、、、という
要求が出てくるのも、当然だと思います。
多種多様の野菜、地元にあった昔からの野菜、、、
それらが食べてみたい、、そう思う人が出てくるのは、
自然なことなのではないか、、、と。

その辺も、これからの農業の課題なんだろうなあ、、と思います。


今日のオカメ様   アタシのテリトリーを撮らないでっ 写真撮られるのはホントはきらいなのっ
140924_1244~04


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2014.09.22 13:45|ブロッコリー
第一農園での、野菜作りで植えたのが、
スティックセニョール(茎ブロッコリー)との出会いでした。


images[1]


これはとても食べやすい野菜で、
いくつも枝分かれしたところに、小さいブロッコリーがなる、、
という感じで、茎も食べられておいしいので、大好きです。

中国のカイランという野菜(チャイニーズケール)と、
ブロッコリーをかけあわせて、日本で開発した野菜だそうです。
でも、日本では人気が出ず、海外に輸出し、
アメリカで人気が出て、逆輸入でまた日本に広がってきた、、、という野菜。

第一農園で植えて、おいしかったので、
春に園芸店で苗を見かけたので、2本買って
第二に植えていたのです。

しかし、第二では農薬は、全く使わないので、
夏の間、茎ブロッコリーは、虫に食われ放題。
カメムシが闊歩して、黒い点みたいな病気も出て、
もうさんざんなボロボロ状態。
食べるところはどこにもない、、という、ひどいありさまでした。

images73YJJXY2.jpg

9月になって、第一農園でも、
茎ブロッコリーの、苗を植えました。
(こちらでは、スティックセニョールと言っている。
一般的にはそういうようです。)
これで、第一で育てば、食べられるなあ、、、と思っていたら、、
なんと第二のスティックセニョールが、気が付いたら、
しっかり復活していたのです!

涼しくなったせいか、虫はいつのまにいなくなり、
新たに生えてきた葉が、しっかり茂り、
ブロッコリー状のつぼみまで、出ているではありませんか!

あの、虫食いで見るも無残な、ボロボロだった野菜が
ここまで復活していた!(写真を撮ってなくて残念)
生き物のすごい回復力に驚きました。
人間は何もしていない、、
すっかりあきらめて、そのまま放っておいただけです。

140920_1712~02
それが、こんなにりっぱに、回復しています。
植物の生きる力って、すごいなあ、、、。

もしかして、多くの野菜は、人間が手をかけすぎている
のかもしれない、、、
病気や虫を、恐れすぎているのかもしれない、、
それも自然の摂理なのに、、

もしかして、、、
一般的な、野菜を育てるノウハウっていうのは、必要以上に
とやり過ぎの過保護なんじゃないだろうか、、?
これはおそらく、子育てにも似ているんじゃないだろうか??

子供も心配で、つい手をかけすぎる。
つい、うるさく、細かく言い過ぎ、手を出し過ぎる。
、、、なんてことが、風潮としてあるのかなあ?と。

野菜や、子供の育つ力は、ちゃんとあるのに、
それをまたないで、余計な手出しをして、
過保護に育ててしまうのではないかなあ?と。


はじめての自然農で野菜づくり 無農薬/川口由一こちらも教科書


今回のスティックセニョールを見てて、
日本の野菜作りのあり方、常識が、
どうも日本人気質の、細かく、ついやり過ぎる、、
そんなところが出ているんじゃないのか?
と、つくづく思ったのです。

畑にはほんとに、性格、気質が出ます。
第一農園での、講習を受け、同じ苗、種をもらって、
同じように植えるやり方でやっても、性格が出て、それぞれ違います。
草一本もはやさない、キチンとした畑もあります。
私のように、同じものを植えていても、
雑然としている畑もあります。

ましてや、第二農園の方は、好き勝手にやる畑なので、
それはもう、色々な畑があり、それぞれ違っていて、
その人の性格、考えが、もろ出ているんだろうなあ、、、と思います。
おそらく、子育てした人、している人も
子供を同じように、育てている(いた)んだろうな、、、と想像します。

140920_1712~03
はえ放題のモロヘイヤ

私は性格的にも、キチンとできない人なので、
できるだけ、自然にまかせて、野菜の力にまかせて、
余計なことをできるだけしない、自然農のやり方があってそうだし、
それでやっていけたらいいなあ、、と、つくづく思ったことでした。

140919_1103~01
収穫してきた、スティックセニョール。野菜ジュースに入れて飲んでます。


今日のオカメ様   ふっふん、そうか、、結局アタシも野放しってわけなのね~
140917_2324~01


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2014.09.18 00:21|ニンニク
今日は、第二農園の方に、
ニンニクの植え付けに、行ってきました。

堆肥とくん炭を、すき込んでいた土に、
1片づつばらして、15㎝間隔で、深さ5㎝でうめます。

140917_1656~01

土をかぶせ、上に刈った草を置き、
そこに、ぬかと油かすを、ばらまいてきました。
これは、新芽が伸びてきてから、の栄養分のようです。

初めてのトライなので、うまくいくといいけど、、、
そばに、コンパニオンプランツの、イチゴも
3株ほど、ちらばせて植えてきました。

140917_1744~01
ボケてわかりにくいですね;  左上がイチゴ

じつは、パセリ1株は苗を植えてあって、
そばに食用ショウガのかけらも、埋めておいたのが、
葉が出ています。
ショウガも、安いのが手に入ったら、もう少し
植えたいのですが、、、
それにも、ぬかと油かすを、そばにまいてきました。

で、前回まいておいた、パセリと赤カブの種。
今日見たら、赤カブらしき芽が出ていました。

140917_1646~01

第一農園のやり方のように、ちゃんと
ベッドを作って、1センチの穴をあけて、埋めて、、という
手順はいっさいなし、で、草をかぶせた所に
ばらまきで、種をまいてきただけなのに、
ちゃんと芽が出るんですね、、、
ちょっと感動!かわいい、、
この雑然とした自然感、、

しかしこれに第一なら寒冷紗をかぶせるんですが、、
何もしてこなかった~
もしかして、上手くいかないかもしれないけど、、
失敗したら、またまけばいいか、、とも。
パセリは出ていませんでした。

140913_1733~01
こちらは、別の日の第一農園のダイコン

この違い!
こちらは、指導つきで言われたとうりに、
ベッド、マルチ、1穴に4粒づつ、1センチの深さにまいて、
寒冷紗をかぶせてきたものです。
雑な私なので、写真は5粒ありますが、、、;
(渡される種も、数をかぞえてあるのです)
こちらは、ニンジンのところも、雑草ははやさないように、、
肥料を入れて、農薬をまくようにと、言われます。

雑草を使いながらやる、第二との、このあまりの違い!
性分的に、やはり第二のやり方の方が、私にはあうようです。
というか、本を見ながら、やりたいようにやっているから、、
自分流でやれるから、、なんですがね。

第一のように、粒数を数えるような、
雑草を、できるだけはやさないきちんとしたやり方は、
やはり私には、向いていない気がします。
おそらく、多くの農家の方は、このようなやり方で、
化学肥料や農薬を使いながら、きちんと作るのですね。
(第一でも私はできるだけ、農薬はまかないようにしていますが)

140913_1748~01
第一の寒冷紗の中の、ブロッコリー、キャベツ、スティック、カリフラワー
穴のマルチに整然と並んで、はえています。

でも、プロで、売れる商品を作るのなら、そうするのが一番だと思います。
売る商品は、形が良くないとだめだし、虫食いや病気になったのなんて
売れませんからね。
虫や病気を避けるには、薬をまくしかないわけです。
それはしかたないし、当然だと思います。
農薬もきついのからソフトなもの、色々あるので、
プロはそれも、ちゃんと使い分けているのです。
すごいです。

正規の(おそらく)、野菜の作り方を教えてもらって、初めて、
売っている野菜が、どう作られているのか、が
見えてきたわけです。

なので、自分の自由にできる農園があったら、
何もプロと同じように、作る必要はないわけです。
虫が食べてたって、少々病気になってたって、形は悪くたって
全然かまわないわけですから。

140917_1706~01
この野性味あふれる地面。

第二だと、雑草がマルチに使えるので、雑草がはえてるとうれしい。
好きな物を植えられる、手探りでやっている、第二農園は
上手くいかないかもしれないけど、、楽しさ、驚きが全然違います。

しかし、これも性分なんでしょうか、、、
この第二の、小さい区民農園でも、きちんとプロがやるのと
同じように、草をはやさず、薬をまいて、マルチを敷いて
作っている人もいるようですし。
ほんとに、人それぞれ、、、ですね。


今日のオカメ様   もう眠いんだから、写真とらないでくれる?
140917_2324~02


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2014.09.16 21:21|モロヘイヤ
涼しくなったとはいえ、まだ暑い日もあります。
この前、第二農園に行った時に、
モロヘイヤに、小さい花が咲いているのを、見つけました。
久しぶりに、モロヘイヤの花を見ました。

images[2]

花が咲くと、そろそろ茎も固くなってきます。
といっても、私は葉だけ取って、野菜ジュースに入れているので、
葉が収穫できなくなるまでは、刈り取らずに、放っておくつもりです。

というのも、夏の間、葉物が少ない時に、
モロヘイヤがあったおかげで、野菜ジュースに入れる野菜に
ほんとに助かりました。(茎はスジが残るので、葉のみ)
夏の野菜ジュースのメインは、モロヘイヤとシソとゴーヤでした。
これは第二農園に植えていたものです。
(ゴーヤは第一にも)
野菜の高い時期、ほんとに助かります。

140905_1820~01

これからは、第一農園のキャベツ、ブロッコリー、スティックセニョール、
カブ、ダイコン等が、少しづつ育ってくると思いますが、
それらが食べられるようになるまでは、
モロヘイヤ、シソ、ゴーヤを、どこまで食いつなげるか?
試してみるつもりです。

花が咲くなら、種もできるでしょう。
モロヘイヤの種も、来年のために取っておくつもりです。
それにしても、、
モロヘイヤの種(実)には毒が含まれているそうですね。
茎にも含まれているとか、、

images[5]

モロヘイヤ
「シナノキ科の一年生草本
日本名では「つなそ」あるいは「コウマ」(黄麻)
アラビア語で、王様の野菜という意味。
重病の王様が、このスープを飲んで、病気が治った、、
という、栄養豊富な野菜。
抵抗力を高めるβ-カロテン、ビタミンC、
疲労回復ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン類、
カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが多く含まれる。
ホウレンソウやコマツナより多くのβ-カロテンやカルシウムが含まれている。」

すごい高い栄養価の、野菜なんですね。
夏の葉物がない時に、ほんとうに助かります。
ただ、気を付けないといけないのは、上記の実です。

「ジュートの種子には、強心配糖体(ストロファチジン)という
毒が含まれている。
国立衛生試験所の検査で、
種子や茎からはストロファンチジンが検出された。
モロヘイヤの葉からは検出されなかった。」
とのことです。

images[1]

しかし、茎はやわらかいうちは、食べて何ともなかったし、
別に毒が入っている、とも思わなかったので、
どういうことか??と思っていたのですが、、
おそらく、種ができる頃、茎が固くなるので、
その頃は種だけではなく、茎にも毒が含まれているのでは?
と、思います。
固い茎はやめて、柔らかい茎のみ食べる、にすれば
いいのかも??しれません。

料理としては、おひたしがおいしいです。
茎の柔らかいものだけ、葉といっしょに、さっとゆがいて、
細かく刻んで、鰹節、醤油をたして、納豆のようにかき混ぜ、
粘りを出すと、おいしいので、これはよく食べていました。
これに納豆や、オクラを入れてもおいしいです。

4ecf52cd7aa4635d5ceb8ada3c442f14[1]これを細かく刻んで、かき混ぜる

たぶん、固くて食べにくくなったら、茎は食べない方が
いいということなんでしょうね。
固い茎は食べにくいですしね。(毒もあるかもしれないし)
むろん、種(実)は毒があるので、食べてはいけませんが。

それさえ気を付ければ、
栄養豊富で、丈夫で、連作障害もなく、
素人でも、わりと簡単に育てられる、モロヘイヤは、
ビンボー人にとっても、そうでない人にとっても、
「王様の野菜」といいたくなる、
とても貴重な夏野菜なんですね。

140905_1732~01

夏の葉物野菜の、少ない時期にむけ、
また、来年もモロヘイヤを、育てるつもりです。


今日のオカメ様  アタシは、モロヘイヤは、あまり食べませんけどね~
140827_1632~01


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2014.09.13 01:03|ニンニク
今日は、雨もやみ、少し涼しくなってきたので、
第二農園に行き、ニンニクを植える準備をしてきました。
放置していた、トマトとカボチャの枝を取っ払って、
堆肥と、もみ殻くん炭をすきこんできました。

140912_1714~02
ボカシをまいて、草をかぶせてこういう状況でした。

ニンニクは、よく肥えた、排水、保湿のよい土がいいようなので、
堆肥とくん炭を、混ぜてきました。
(くん炭は石灰の代わり)
第二農園の、エダマメの後に、何を植えるか
検討の結果、ニンニクを植えることに。
26年産青森県産にんにくB2L
なにしろ、自分でやる畑です。
自分が実際に食べたいものを、植えられるのです。
なので、よく食べるものか、野菜ジュースに入れられるものが、
選択基準になります。

基本的に、私はくさい野菜が好きです。
あく、個性の強い、においの強い野菜が好き。
パセリ、セリ、ピーマン、等々、、子供が苦手そうなものばかりですね。
子供の時から、そういう野菜が好きです。
それに、ニンニクは、けっこう料理に使いますしね。

でも、好きだからだけではありません。
基本的に、第二農園では、あまりお金をかけないのも条件です。
なにしろ、第一の借り賃(指導つき、苗つき)が、けっこう高いので、
第二は、あまりお金をかけないでやろう、、と思っているのです。
(堆肥は第一のを分けてもらった、くん炭はボカシの残りを)

140912_1714~01
土の準備をしたところ。左上はスティックセニョール、夏の間は虫にやられて、今少し元気に

なので、安いニンニクを見つけたら、買おうと思っていました。
で、見つけたのです。
形は不揃いで、悪いけど、6個入り380円の青森産にんにく。
これだ!と、即ゲット。
植えるのだから、形は悪くても、全然かまいません。
ふつう青森産だと、1個で百いくらはします。
それが6個も入っている!
ニンニクは買うと高いので、それが畑で作れたら、うれしいですよね。

今は、ホント野菜が高いです。;
畑をやってて、よかったなあ、、と思います。
まあ、第一は高いので、元をとれるかどうか??
取れてない気もするけど、勉強代、経験代だし、
来年からは、第二だけにするので。
(こちらは小さいし、かってにやるだけなので、年7000円と安い)
きっちり元は取れる、、と思います。たぶん、、、
(種も、取れるものは、取っているし、、)

ビンボー人はホント、自分で野菜が作れないと、
野菜が買えなくて、大変、、、と、つくづく思いますよ~

140912_1832~01
写真は半分ですが、植えるのは形の悪い4個にして、残りは食べようか、、と。

ニンニク1個に、4~5片あるので、
ばらして16~ちょっとを種にして、、
つまり4倍以上に増えるというわけですね。
(取らぬタヌキの、、、ですが)
まあ、これは上手くいった場合なので、やってみないと
どうなるかわかりませんが~

ニンニクは、ユリ科野菜との連作は避ける。
トマト、ナス、キュウリなど、夏野菜の後に植えると、
育成が良い、とのこと。
他のネギ類と同じく、冬の寒さにあって、花芽ができ、
春に花茎がのびる頃、りん片が肥大して、球になる、とか。

これならできる!自然菜園 耕さず草を生やして共育ち/竹内孝功マイ教科書

コンパニオンプランツとしては、イチゴがいいそうです。
イチゴも実は、第二では植えてあったので、
(2本。今年、少ししか実はならなかったけど)
それの子株を、(少しだけど)側に植えてみようと思っています。

140603_1723~01

それと、パセリと赤カブの種も、少しまいてきました。
(百均で、2つで百円で買ったもの)
草を置いた上に、パラパラまきで、、
それでちゃんと芽が出てくるのか、、?? 
不安だけど、自然農流、試してみます。


今日のオカメ様  ビンボーだと、色々工夫が必要なんですねぇ~
140913_0045~01


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2014.09.11 00:01|生活
今、デング熱で、蚊がマスコミで騒がれています。
戦後初の国内発生、ということなので
ニュースになっているんですね。

images[5]
ヒトスジシマカ

デング熱の、予後は比較的良好、、ということなので、
必要以上に恐れることはなさそうですが。

「日本には、デング熱の主たる媒介蚊のネッタイシマカは常在していませんが、
媒介能力があるヒトスジシマカは、日本のほとんどの地域(秋田県および岩手県以南)に
生息しています。」

とのことなので、このヒトスジシマカの一部の、デングウイルスをもった蚊が
問題のようです。 いわゆるヤブ蚊。
でも、全ての蚊が、デングウイルスをもっている訳でもないし、
戦後初で、国内発生だったので、ニュースになっているわけなんですね。
屋内を好むアカイエカは、デング熱の媒介ではないようです。

images[1]
アカイエカ

こちらは、夜寝ている時に来る蚊です。
今年はこの蚊は、少なかったような気がするのは、私だけでしょうか、、、?
うちは、くさくなるので、蚊取り線香は焚きません。
ベッドには、蚊帳を設置してあって、ブ~ン、、と聞こえたら、
すぐ蚊帳を広げて、寝るのです。
しばらく蚊が、刺す人間をさがして飛んでる羽音がするけど、
そのうちあきらめるようです。
ブ~ンが聞こえ、蚊帳をひろげたのは、この夏は
2回くらいしかありませんでした。
まあ、起きてる時に、部屋の中で何か所かは、刺されましたが、、、

140910_2028~02

蚊はさされやすい人、さされにくい人があるようで、
私はどちらかというと、さされにくい人のようです。
以前、家探しで、不動産やさんと色んな家を見に回った時、
その人ばかりに、蚊がよって、さされて、私はそのおかげで、か?
全然さされなかったのです。

その違いは何かな?と思ったけど、
どうやら、蚊が寄って行きやすい人は、
汗をかきやすい人、体温の高い人、
二酸化炭素に寄っていくので、アルコールを飲む人、
(アルコールの分解の過程で、二酸化炭素が発生)
暗い色の服を着ている人、花の香りの香水をつけている人、
血が酸性の人、(肉、砂糖は血が酸性に傾きやすい)等が
蚊にさされやすい、という説が多いようです。

あと、珍しい説で、蚊はストレスが嫌いなので、
ストレスのない人もさされやすい、、という説もありましたが。?

まあ、さされやすい、さされにくい、の個人差があるのは
確かのようです。
あと刺された後、アレルギーで水腫れがしたり、蕁麻疹がでたり、、と、
大変なことになる人もいるようです。
友達もそれで、ひどいことになるようで、ほんとに気の毒だなあ、、と思います。
なにしろ、蚊なんていくらでもいるから、避けるのは難しいですものね。
これも、花粉症みたいに、身体が過剰反応するんでしょうか、、、?

ムヒアルファS 15g    【第2類医薬品】
夏の間に農園に行くとき、
第一農園では、夕方になっても、蚊はほとんどいません。
(練馬区郊外で、農園の敷地もすごく広いから、でしょうか??)

しかし、今年から始めた、第二農園の、
杉並区の、回りが住宅の狭い農園の方は、
夕方に行くと、ほんとに蚊が多い。
作業をしていると、わんさか寄ってきます。
住宅街って、蚊が多いんでしょうか、、、?
敷地が狭いから??

もちろん、長袖、ズボンをはいて行くのですが、
作業している手に、ブンブン寄ってきます。
それらを払いのけながら、パシッと打ちすえながら、、
ものともせず、作業をするのですが、、、
あまり刺されないし、気にしないとはいえ、、
さすがの私も、長い時間はいられません。
うんざりで、撤退です。
なので、ちっとも作業がはかどらないんですね~;
夏の間は、暑い昼間は避けたいので、
ついつい夕方に行くと、、、これなのです。;
やれやれ、、
第二農園の作業は、やはり、もうちょっとだけ涼しくなってから
作動、、、でしょうか。

140905_1732~01

あと、自宅マンションの屋上には、
蚊はこないので、助かります。
3階で、風がけっこうふいているからでしょうか、、
夜でも椅子にすわって、のんびりしていても、蚊はほとんどこないのです。
これはマンションの、いいところだなあ、、と思います。

140910_2239~01
夜の屋上ミニガーデン

最後に、蚊はマラリア、デング熱、、、と
悪いイメージばかりですが、自然界の中で、
蚊もしっかり役割があって、、

「幼虫のボウフラ時に、水中の有機物の分解を手伝ってくれる。
水中のバクテリアが増えすぎると、他の生き物が住めなくなる。
そんな時にボウフラはバクテリアを食べてくれる。
汚い排水溝の水の浄化もするので、水中の生き物のためにはなくてはならない存在。」
とのことで、、
生き物は全て、それぞれ役割がある、必要な存在なんですね。

まあ、蚊との戦いは続きますが、、ね。


今日のオカメ様   アタシは蚊にさされてませんよ~(オカメが、蚊にさされることもあるそうです)
140910_2239~03



↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2014.09.08 23:20|農園
今日も、第一農園に、
やり残した種まきに行ってきました。
今週中に、ハクサイとカブの種を、まくように言われていて、
まけてなかったからです。

140908_1512~01

なにしろ、土曜に講習を受けた時、
ハクサイとカブをまく場所に、まだゴーヤとミニトマトがあり、
ダイコンとシュンギクの種まきで、
手いっぱいで、やり残していたからです。

今日思い切って、ゴーヤとミニトマトを、取っ払い、
ベッドを作り、マルチを敷いて、種をまいてきたのです。
(堆肥は前に、石灰、肥料は土曜にまいておいた)

140908_1652~01

今日行ったのは、天気予報を見て、
今日、明日は雨が降りそうだ、、、と思ったからです。
種をまいて、その後雨が降ると、芽が出やすいし、
水まきしなくてすむから、です。
そう思って、今日行ってきたけど、、、
夜、天気予報を聞くと、どうやら明日は
東京は雨は降らないようです。
え~そうなんだ、、がっかりです、、、;

140908_1706~01
ハクサイ、カブに寒冷紗をかけ、出来上がり

ゴーヤ、ミニトマトの茎、葉は
一厘台車で、残さを埋める穴に捨てておきます。
これが、次の堆肥に使われるわけです。

140908_1613~01140908_1614~01
台車で運び、、、右が、残さの捨て場

140906_1437~01
水やりに、何度も通ったニンジンも、無事育ってくれています。

このところ、第一農園での作業量が多くて、
第二農園には、全然手が回りません。

なにしろ、前に植えたものを片づけて、
堆肥を入れて、肥料や、石灰を入れて、ベッドを作って、
種をまくのに、けっこう作業がありますから、
しかも期限付きなので、そちらを優先してやります。
第二は、自分のやりたいようにやればいいので、
どうしても後回しになってしまいます。

140905_1732~01
第二のはえ放題の、手前モロヘイヤ、向こうゴーヤ

140905_1746~01
第二のヤーコン、何とか育っています

第二も、トマトも、実が成らなかったカボチャも、とっ払って、
その残さを畑に置いて、乾燥させています。
こちらは残さを捨てる場所がないので、持って帰るつもりです。
いずれ、第二でも、堆肥を作れたらいいのですが、、、

140905_1820~01
第二でも収穫物、モロヘイヤ、最後のトマト

それにしても、畑をやるようになって、
特に種をまく時期は、天気をものすごくチェックしなくてはいけません。
雨が降ってくれないかなあ、、、と。
今までこんなに、天気を気にしていたことは、
あまりなかったと思います。
しかも、雨が降ってくれないかな、、と。

なのに、天気に合わせたつもりで、
残ったハクサイ、カブを今日まいたとたん、雨が降らない。;
(東京は雨が午前までで、まいたのが午後)

農業って、ほんとに、天気に合わせて、作業の手順を
考えなくてはいけない。
でも、人間の予想や思惑に、お天気はあわせてくれるはずもなく、
思うようにいかないことの方が、多い、、と思います。
趣味の畑でこれですから、、
仕事でやっている農家の方は、ほんとに大変だろうな、、、と、
つくづく思ったことでした。

140903_0951~02140903_0951~04
自宅の屋上のピンクノウゼンカズラと、名前を忘れました~;今年初めて咲いた


PS,  (今、夜中に外を見てみたら、雨が降っています。
ああ、よかった~!今日行ったかいがあったです~)


今日のオカメ様   ふっ、、、物忘れですか~しっかりせいや!
140718_1231~01


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2014.09.04 00:30|片づけ
仕事で使っていた道具の整理を、
少しづつ始めています。

140829_1643~01

マックパソコン、プリンター、スキャナー等
これらを、前に書いたパソコンファームに
着払いで送りました。(25キロまで。)
うちは体重計がないので、何キロになったんだか?
ネットでこの機種は何キロ、これは何キロ、、、と
調べて詰めたのですが、、、
取りに来た、ヤマトの人に「これは重量オーバーです。」
と言われ、トレース台を出して、詰め直し、、
何とかもっていってもらいました。
これは全て無料ですんだので、よかったです。
(液晶テレビが入っていたため)

140829_1704~01

次に、粗大ゴミを申し込んで、
布団2組、折り畳みベッドを出すことに、、
折り畳みベッドが1000円、布団は1枚300円×4枚
計2200円かかりました。
まだ捨てたい、スポンジマットと掛布団があったので、
次にまた申し込んで、出さねば、、、
まだまだ序の口、
これからどんどん色んな物を、粗大ゴミで出していかねば。

しかし、布団をずいぶんたくさん持っていたことに、
自分でもびっくり。
(捨てる以外に、自分の使ってるのを含め、まだ3組あるんですから~;)
以前は、泊まり込みで、仕事を手伝ってもらうことがあったので、
布団は必要だったので、ついつい取っておいたのですが、、
布団だけでもこれ、です。
ほんとに、全く不要なものを、今までため込んでいたなあ、、、;
と、つくづく、、、

140831_2238~01
粗大ゴミのシールを貼った、布団等

書類ケースや、衣装ケースもけっこうあるので、
これらは、粗大ゴミで捨てるしかないか、、、

あと、本、、、これがたくさんあります。
これらは、着払いでブックオフで引き取ってくれるでしょうが、
いる本、いらない本、より分けるのが大変な作業になりそう、、
まだ気がのりません。

ただ洋書、美術書が何冊かあるので、これはブックオフに送るのは
もったいないと思い、買い取り店を探してみました。

140901_1736~01140901_1736~03

ここが良さそうだったので、ここに着払いで送ろうかな、、、と
セシルライブラリィ
ただ、その前に、どうしても置いておきたい本と、
送る本を、選択しないといけません。
この作業が、すごく億劫です。
それはレコードも同じ。
もう全く聞かない、、というか、聞くプレーヤーがない、、
だったら、持ってても全く意味ないですよね。
ただ、本もそうですが、レコードも、どれも1枚1枚選んで、吟味して
買ったものなので、思い入れがあるし、、
ほんとは、たまには聞いてみたいけど、プレーヤーがないので
もう聞けないし、、、;

なので、レコードも、買い取りのレコード店に送るつもりですが、、
いざ捨てるつもりで、送ろうと思うと、
どうも決心がつきかねる、、、
だったら、どうしても手放せないものと、そうでないものと
より分けるか?
しかし、その選別が、とても気が重い~;
レコードは、クラシック、70年代の、ロック、ポップスです。
若い頃はほんとに、よく聞いたものです。
どれにも思い入れがあるしね、、、

140901_1736~02

思うに、、、お年寄りの多量の物持ちは、
もったいない世代、というのもあるでしょうが、、
自分で物を選別しなきゃいけない、という
人生を振り返る、面倒な作業がある、、
思い入れとの決別、その選択をしなきゃいけない、、
その面倒さで、そのまま先送りした、、、というのもあるかな?
とも思いました。
物と直面すると、またその時代、その時の自分に戻されて、
色々思い出したり、人生振り返らされ、
それらと決別しなきゃいけなくなるわけですから、
けっこうエネルギーが必要です。
そりゃ面倒、、となるわけですよね。

年と共に、どんどん面倒くさいことはもうゴメン、、と
なっていきますから。
私など、もうどんどん横着になっていきます。
今興味あることしか、興味なくなっていくし、、
そこにエネルギーを使っていると、
他に使えるエネルギーも、あまり残ってないわけです。

だったら、思い切って全部捨てればいいじゃないか、、とも思うけど、
そこがまた、後で気が変わって、取っておけばよかった、、、
と思いたくないという、往生際も悪い私なのでした。   
やれやれ、、、

キング・クリムゾン/クリムゾン・キングの宮殿(紙ジャケ仕様盤)細野晴臣/泰安洋行(CD)【CD】ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」/フルトヴェングラー フルトベングラー



今日のオカメ様   アタシにゃカンケーないので、もう寝ちゃいますよ~
140827_2220~03


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム