2015.04.28 01:23|ミトコンドリア
やや糖質カットを続けているので、
この前、計ってみたら、内臓脂肪が少しづつ減ってきています。
筋肉少し増え、脂肪が少し減っています。
うれしい~

そして今、気になっているのが、ミトコンドリアです。
食べ物を代謝して、エネルギーを生産してくれる化学工場のミトコンドリア。



身体の衰えとは、身体のエネルギーをつくる能力の低下。
エネルギーを作る能力=身体を若くする機能、ということのようです。
つまり、ミトコンドリアに身体を若くする機能がある
ということだというのです。

ただし、ミトコンドリアは、活性酸素とセットです。
ミトコンドリアのエネルギー工場で、
出てくる排水が、活性酸素。

効率よくエネルギーを作ってくれるなら、活性酸素は
あまり出ないが、効率が悪いと、活性酸素が出てくる。
その質のよし悪しを決めるのが、生活習慣、、と太田成男教授の本には
書いてあります。(ミトコンドリア研究の第一人者)

今までさんざん言われてきたことですが、
自分でできることとしては、いかに生活習慣をいいものにするか、が、
活性酸素をおさえるポイントになるようです。



じゃ、どうすればいいか、、というと
エネルギーは、身体にとって、必要な量しか生み出さない。
身体を休めていると、エネルギーはいらないと判断され、
ミトコンドリアを減らされてしまう。
ミトコンドリアが減ると、身体が弱る、、、これが老いということ。

これはよくわかります。以前の私は、全く運動をしなかったので、
身体が弱く、不具合だらけだったのですが、
バレエを始めてから、体力がついて、若い時より今の方が元気です。

ミトコンドリアの多い場所は、筋肉と神経。
これを鍛えるといいそうです。
筋肉で、自分の意思で動かせるのは、骨格筋のみ。
(あとは心臓、内臓を動かす筋肉)
しかも、白い筋肉ではなく、赤い筋肉の方に、ミトコンドリアは多く含まれている。
赤は持久力のある筋肉、白は瞬発力です。
なので、持久力のある有酸素運動をすることで、ミトコンドリアを増やせる、、
と、いうことのようです。

そして、筋肉の中でもミトコンドリアが多いのが
背筋、太ももの筋肉だそうです。
つまり姿勢を保つための筋肉に多く含まれている。
踊りやヨガ、太極拳は、とてもいい、というわけですね。

姿勢を保ち、背筋を鍛えるのがいいのは、知っていたのですが、
それも、ミトコンドリアのせいだったんですね。
背筋を伸ばすことを、意識するだけでもいいそうです。
バレエをやっててよかった~

20130521_4291330[1]

余談ですが、
渡り鳥は大量のエネルギーを使います。
鳥のミトコンドリアから、大量のエネルギーが作られるが、
その割には活性酸素が少ない、質のいい、
とてもいいミトコンドリア配列をもっているそうです。
(脂肪酸がミトコンドリアのエネルギー源。
ケトン体は、肝臓のミトコンドリアで作られる。)

だから、鳥は大きさのわりに、長生きできるんですね。(オカメ様ももうじき20歳になります)

141112_2104~02またこの写真

人間で、この質のいいミトコンドリアをもっているのが、
マラソン選手だとか。
しかもトップクラスの選手は、生まれつき「鳥型ミトコンドリア配列」を
もっている可能性が高いようです。
(ミトコンドリアDNAの6の90番目のアミノ酸が、多くの人はヒスチジンだが、
日本人の6%は、チロシンに変わっていて、これが鳥と同じ配列になっている)
鳥と同じ配列、、なんて。そうなってる人がうらやましいですね。

それでも、がいして人間は他の生き物に比べて、長生き、とか。
本来120歳まで生きられる説もあります。
チンパンジーと比べても、体重あたりの、SOD活性が2倍あるそうです。
SODは活性酸素を、除去する働きのある酵素。
これは野菜にも含まれている酵素ですが、その活性が近隣の生き物に比べても、
人間はすぐれていて、長生きできるようです。



話がそれました、、、
あと、ミトコンドリアを増やすには、寒い所で、寒さを感じる、ことも必要、、とか。
寒さを感じると、エネルギーが必要と感じた身体が
ミトコンドリアを増やそうとするから、、だそうです。
寒いからといって、エアコンの中にばかりいては、ミトコンドリアが増えてこないようです。

そして、一番はやはり、カロリー制限。
それによって寿命が延びるのは、哺乳類だけでなく、
虫、魚、プランクトン、ほとんどの生き物に当てはまるそうです。

どの生物でも、50~60%カロリーを減らすと、長寿遺伝子が働く。
長寿遺伝子を働かせると、カロリー制限をしなくても寿命がのびる。
長寿遺伝子の最大の働きは、ミトコンドリアを増やすこと、ですから。



けど、上記のカロリー制限は、かなり難しいです。
なので、カロリー制限ができなくても、
空腹を感じることがとても大事だそうです。
空腹になると身体がエネルギーを作ろうとして、ミトコンドリアを増やすから。
それだけでも、全然違うようです。

結局人は、しょっちゅう食べて、ぬくぬくした部屋で、のらくら暮らしていると、
ミトコンドリアが減ってしまい、老化も進んでしまう、ということなんですねえ、、
空腹や、身体を動かしたり、寒かったり、、と、多少厳しい状況にいないと
ダメってことなんですねえ。
のらくら暮らすのは、好きなんですがね、、、

(参照太田成男著より)


今日のオカメ様  アタシたち鳥は、長生きなんですかあ~? まだまだ、全然いけますよ~
150319_1109~02


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト
2015.04.25 23:28|健康、病気
前回、ガンと糖質のことを書きましたが、
そこで見つけた、ミトコンドリア回復等の治療をしている
病院が、宇野克明医師の東京MIT病院です。



多くの病院と違い、遺伝子レベル、免疫系の治療なので、
今までの治療と違い、身体に負担がかからないから、
いいなあ、、、と思いました。
実際色々成果をだしている病院のようです。

しかしっ、HPを見てみたら、
治療がン十万、これがン十万、とあれこれかかり、百万単位の値段が書いてあるのです。

あ~っそ、そうか、、、ガンの先端治療は保険がきかない、とは
聞いたことはあるのですが、今回のがまさにそれでした。
がっくり、、。
せっかくいい治療みつけた、、と期待したのですが、
保険がきかなかった、、、んですね。

結局いい治療は、お金をもってないと受けられないんですねえ、、。
こんなところに格差が、、、落差の問題じゃないか?制度の問題か?
でも、お金にはかえられない面もあるので、
もし興味?ある方は、もし何かあったら、上記病院があったと、思い出してみてください。



国民皆保険は、みんなが平等に、一定水準以上の医療を受けられて
すばらしい制度です。
アメリカなどは、医療費が高くて悲惨です。
日本は皆保険でいいなあ、、と思っていました。
でも、当然制度ゆえの、規約制約があって、
たとえ望ましい治療があったとしても、保険の適応範囲でない限り、
受けることができない、、。
仕方ないといえばないですが、、
それで、こういったいい治療が、一般的に広がりようがないんですね。
なんか矛盾を感じるなあ、、、

そういえば、ちょっと違うけど、
歯の治療も保険内と保険外がありました。
セラミックや、金を使うのは保険外、パラジウムのは保険内、、、
あとインプラント、というのもありましたね。
私も悩んで、金歯にしたこともありますが、、(まだそれなりに稼いでいた時)
ほんとにビンボーの若い時の治療は、全部パラジウムでした。

まあ、歯くらいなら全然たいしたことはないですが、
ガンの場合は、命がかかっているので、大変です。
ほんとに、ビンボー人の場合、勉強して知識を身につけて、
病気にならないように、心して日常を送らないといけないなあ、、
とつくづく思いました。



この保険外、、というのは、
ガン以外の、インフルエンザ、はしかや破傷風の予防に
用いられるワクチン類は、免疫治療で、
効果が十分認識され、確立されている。
しかし、ガンに関しての、免疫治療は、ごく一部しか認可されなかった。
ミトコンドリアのガンへの効果の認知が遅かったこと、。
(2002年に、やっとガンのワールブルグ効果を認知した
「がんにおけるミトコンドリア異常」という論文を出してから。遅いです)

それで、せっかくガンの本質にせまっている治療が出てきているのに、
それがほとんどの医療現場で、されていない、、という現状なんですね。
悲しいです、、、

ミトコンドリアが、今後のガン治療の大きなカギをにぎっているわけです。
ワールブルグ見直しが、今後おこってくるだろうな、、とは思います。
もうちょっと、、これらの認知度が上がって、そのうち保険に組み込まれたら
いいんですけどねえ、、、


今日のオカメ様  今日は、アタシのおみ足を撮られてしまいました~
141112_2104~02



↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

2015.04.21 02:18|糖質カット
日本人は農耕民族で、米があう、、といいますが、
これは身体的には、間違いのようです。

日本に農耕が伝わったのは、
縄文後期、約5000年~4000年前
日本人が農耕民族になったのは、2300年くらい前で、
人類700万年の歴史の中の、ほんの一部です。
当然、もともと農耕民族だったわけではなく、
狩猟や、木の実等を、主食に食べていた時期が長いわけです。

imagesVR141UW9.jpg

人体の成分比率をみると、蛋白質が約46%
脂質が約43%、ミネラル11%、糖質1%だそうです。
糖質1%!
なのに、食事の主な成分比率は、
糖質68%、蛋白質16%、脂質11%、ミネラル5%
この比率は、どう考えたっておかしいですよね?
あきらかに、糖質が多すぎる!そう思います。

これが、色んな身体の不具合をおこしている、説が出てくるのは
もっともです。
特にガン。これについて、糖質とどんな関係があるっていうのか?
調べてみたら、、遺伝子レベルの話になっていました。

人の細胞は、解糖系とミトコンドリアの
2種類のエネルギー代謝経路があるようです。
子どものときは解糖系が優位で、
年とともにミトコンドリア系に、身体がシフトしていくそうです。
解糖系は炭水化物をほしがり、
ミトコンドリアが脂質を、、と身体が変わっていくのに、
いつまでも解糖系を使う、炭水化物をたくさん取っていると
年とともに、ガンができやすくなる。ということらしいのです。
ガンだけではなく、成人病といわれるものはそうです。

ガンはブドウ糖しか、エネルギー源にできない。

がん細胞は、酸素を使わない非効率的な方法(嫌気性解糖系)で
ブドウ糖からエネルギーを産生している。
嫌気性解糖系を阻害すると、がん細胞が死滅する。
がん細胞はミトコンドリアの働きを抑制している。
逆にミトコンドリアを、活性化すると、ガン細胞が死滅する。

まだ読んでいないのですが、そんなことが書いてあるのでは?

単純にいうと、これが炭水化物の取り過ぎが、
ガンになり、糖質カットをすると、ガンになりにくい、、という説につながるようです。
この解糖系、ミトコンドリアの仕組みは
80年以上前に、ドイツのワールブルグ博士が発見したもので、
がん細胞では、ミトコンドリアにおけるエネルギー産生が低下し、
嫌気性解糖系を介したエネルギー産生が増加。
これをワールブルグ効果と言うそうです。

難しい化学式はわからないので、単純に書いていますが、
ガンは糖質が好きで、糖質が多い暮らしで、なりやすい。
ということでしょうか、、
わかりやすいといえば、いえますね。

身体は中年からは、ミトコンドリア系にシフトしないといけないのに、
炭水化物を多くとると、解糖系のままで、ガンが好む環境になる、
だから中年からガンや色んな病気が増える、、、
というわけでしょうか。
中年になったら、炭水化物を減らして、
蛋白質、脂質の食事にシフトしていくのがベスト、ということのようです。
人の遺伝子レベルで、そういう構造になっている、、、というわけですね。

これも、これから読んでみようと、、

これらは、以前から言われていたようですが、
ガンについては、まだメジャーな療法ではないのかもしれません。
最近になって効果があるのでは、、と言われ、ワールブルグの見直しがおこり、
あちこちで、データ集めをしている?
私が知らないだけかもしれませんが、あまり聞いたことがないです。

ワールブルグが80年以上前に、つきとめたことは
色んな利害関係で、葬り去られた、、ようです。
ほんとに、いつの時代も世の中、利害関係で動くんですよね。
葬り去られていなければ、もっと早くガンの研究が進んでいただろうな、、と思います。

今検索で出てきました。この方は、治療実践しているようです

昔の日本人は、お米だけで元気に、タフに暮らしていた。
といいますが、これは平均寿命が40歳代だったから、かもしれません。
ガンになる前に、死んでいたわけでしょう。
今のように長生きになってくると、中年からは(特に50代から)
食生活を変えないと、炭水化物を控えないと、病気になりやすくなる、、
というのも、納得できる気がします。

この年齢あたりから、色んな病気が出始めるのですから。
私の友人も40代、50代でガンで亡くなっています。
これがもっと早くわかっていれば、、
と、つい思ってしまいます。

ちなみに、昔の狩猟生活をしていた人々は、人骨からみても、
ガンは全然ないそうです。
(縄文時代の寿命は、意外と65歳以上が3割以上もいたそうです)
意外と長生き


今日のオカメ様   アタシ、オカメもガンになることがあるんでしょうか~?   長生きしてね!
141112_2104~04


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

2015.04.18 22:14|健康、病気
最近、糖質カットダイエットが流行っているようです。
この前もちらっと書きましたが、
実は私も少し前から、「やや糖質カット」を続けています。



はじめ糖質ダイエットを知った時、
ふう~ん、、?という感じでいたのですが、
調べれば、調べるほど、
納得ができることがわかってきました。

糖質をカットすることの危険性、を言う学者さんもいるので、
そりゃ危険でしょ、単なるブームでしょ、と思っていたのですが、
どうやら逆らしい、と、だんだんわかってきました。

今の人は糖質を取り過ぎていることで、病気が増えているのかも、、と
思うようになってきたので、悪いクセで、実験してみたくなったのです。

images[1]

元々私の場合、ご飯は食べなきゃいけないから、
炭水化物を取らなきゃいけないから、食べていた感じです。
子どもの頃から、食事はおかずばかり食べないで、
ご飯を食べるよう言われていたので、(そりゃ経済的にもそうですよね)
お米もお餅も、そんなに好きではないので、
食べなくていい、、、と言われたら、とても楽なので、
全然苦ではありません。
まあ、全然ご飯を食べないでいると、多少は食べたい時もありますが、、

そもそも、人類は動物の食べ残しの骨髄を食べていたり、
狩猟の歴史が長い。(700万年)
穀物を作り、食べ始めた歴史はまだ浅いので、(1万2千年前から)
穀物(炭水化物)を取り過ぎるのは、身体にあっていないので、
色んな悪影響が出る、という考えが糖質カットの考え方で、一理あります。

まあ、穀物を食べるようになったおかげで、人類が増え、
人間社会が繁栄できたわけですが、、
そのリスクとして、肥満、糖尿病、ガン、動脈硬化、心臓病、アルツハイマー、高血圧が
出てきた、、というわけです。
なかでも糖尿病、動脈硬化は炭水化物の取り過ぎのせい、とのこと。

23eff386[1]

今までの常識だった、肥満の原因は脂肪の取り過ぎ、ではなく
炭水化物の取り過ぎ、、ということが、まだ少しづつだけど、
常識になりつつあるようです。
ついこの前まで、脂肪の取り過ぎは良くない、と言っていたのに、
脂肪を減らすと、逆に血糖値が上がることがわかってきたようです。
今まで悪役だった脂肪から、今度は炭水化物、に変わってきたようです。

じゃ、炭水化物を取らなければ、エネルギーは何から取るのか?
炭水化物から取る、エネルギーは効率が悪く、
身体に体脂肪をつけ太らせる。
炭水化物をカットしたら、脂肪が使われ、これがエネルギーになるわけです。

炭水化物が身体に入ってこない状況が続くと、
脳や筋肉は、脂肪由来の、ケトン体を使うようになる、と。

ケトン体、今ブームですが、これはとてもパワーあるエネルギーのようです。
渡り鳥が、あんなに長時間飛び続けていられるのは、
脂肪由来のケトン体をエネルギーに変えているから、だそうです。
糖質由来のグリコーゲンのエネルギーは600㎉
脂肪由来だと、10万㎉。  
この差はすごいですね。
これが渡り鳥のケトンエネルギーのすごさなんですね。
炭水化物でマラソンをやると、エネルギーが足りず、糖質を補給しないともたない。
ケトンなら、補給なしで、ずっとエネルギーが続く。
つまり、脂肪由来のケトン体で、十分すぎるほどエネルギーは足りる、
糖質より、全然優位、ということのようです。

images[7]

運動で、脂肪を燃やす、、ではなく
ブドウ糖由来の、グリコーゲンを枯渇させることが、
脂肪を燃やすことになるので、運動もたいしてしなくても、やせられる。
だから流行っているのか?

脳にはブドウ糖が必要、というのもウソ。
これは元をたどると、イギリスの砂糖局の宣伝文句だった。
脳は本来ブドウ糖より、ケトン体を好むが、
糖がありすぎれば、糖を使うので、ケトン体を使えない。

それが、糖質をカットしても全く問題なし、説です。
炭水化物を絶つと、脂肪由来のケトン体が働くわけです。
おまけに、糖質取り過ぎからくる成人病になりにくい。
ケトン食は、老化をふせぐ。ガンにもなりにくい。
アルツハイマーにも効果ある、、といいことずくめ、、というわけです。

131213_1809~01こちらは今までの普通食

こんないいことづくめの糖質カットなので、気づいた人からどんどん
糖質カットにシフトしていっている、、、ってことなんでしょうか。
今までの常識が、すさまじい勢いで、変わっていっています。
いやはや、今までの栄養、食の常識が、全く違っていた、
ということになりかねませんね。
まあ、何でも時間がたってみないと、こちらの説も、わからない所もありますが。

ただ、穀物があるから、地球の大人数を賄えていたことも事実です。
みんなが、糖質カットで、肉、魚、脂質、野菜に食をシフトすると、
人口みんなの食が賄えない可能性もあります。
これはむずかしい問題ですねえ、、、


今日のオカメ様   アタシは穀物食べてますが、なにか~?
150325_1502~02


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2015.04.15 16:48|健康、病気
コレステロールの記事で、
健康基準値のことを書きましたが、
血圧もそうです。
時々、少量だけ(四分の一粒)のんでいた薬を、全くのむのをやめました。
知れば知るほど、ばかばかしくなってくるからです。

150415_1510~01

健康基準値
その数値を越えると、薬をのむよう脅されます。
のむよう言われた人にとって、恐怖の数字なのです。

これがどうやって決まっているのか?
これを決めているのは、誰なのか?

どうやら、厚労省が、動脈硬化学会や色んなところから
出されたデータを元に、決めているらしい。
そして、この数値は5年に1度見直すことになっていて、
(今2年目なので)3年後まで、現行の数値のままいく、ということのようです。

今回の数値は動脈硬化学会のデータを、検討の結果
採用したそうです。
で、それが基準になって、病院等で使われているんですね。
それを越えると、薬をのむよう言われる数値です。
他の学会は、その数値に不満を持っている所もあるようです。

今は、この数値に色々反論がでていて、疑問の数値だと
あちこちで言われています。
しかし、決まりだから3年変える気はないそうです。
さすがお役所ですね。
だから病院ではその数値がまかり通っているわけですね。

images[4]

血圧の場合、
下が90。上が140を超えると、薬をのめ、と言われます。
これも厚労省が決めた数値です。

人間ドック学会などが作る、専門家委員会では
この数値を、もっとゆるめるべきだとして、
血圧:下が51~94、上88~147
悪玉コレステロール:男性72~178  
女性30~44歳が61~152。 45~64歳が73~173。65~80歳が84~190。
これを推奨しているそうです。

学会によって、意見がバラバラで、推奨基準値が違う。
こちらの数値の方が、性別、年齢を考えているので
まだ納得できます。

これはアメリカとか、他の国では当然のことです。
年齢+90くらいが目安です。
ほんとに日本の基準は、低く抑え過ぎで、一律同じ。
いいかげんだと思います。
これでは、色んな利害関係がからんでいて、国民のことなど考えないで
決められた基準なんだろうな、、と、つい勘ぐってしまいます。

その数値のために、みんながどれだけ恐怖と、心配を与えられるか、
のまなくてもいい薬をのまされていることか。



例えば、
血圧降下剤の有名な薬、ディオバンがありますが、
これは、そこの会社社員が、臨床研究リストの、
データ改ざんに関わっていた、という疑いがあったようです。
しかし、それも解決されないまま、うやむやになったまま。
つまり効果がある、といういいデータを改ざんして、出していたわけです。
そのデータのせいで、売り上げの何億もかせいでいたそうです。

私も降圧剤として、医者にいい薬だから、、と
出されて、以前からのんでいた薬です。
そういうのもうやむやのまま、健康基準値を超えてるからのむよう言われ、
飲まされていたわけです。
外国の基準値なら、飲まなくてもよかった数値なのに、、です。



血圧ではけっこう苦しめられました。
はじめは、下の数値が高めだったので、薬をのむように言われたのです。
しかし、当時は、医者に高血圧は「サイレントキラー」だとか、
色々脅されて怖くなり、のんでいました。
血圧を測るたびに、ますます数値が上がっていったので、
のまざるをえない、と追い詰められたからです。
健康に気を付けはじめていた当時は、塩分もひかえめ、タバコもすってない、、と
何も思い当たることがなく、どこかに病気があるせいで上がっているのでは?
と不安になり、色んな検査を受けたものです。
(若いころはひどい低血圧で、どうしてそんなに上がったのか納得できなかったから)
結局何もわからず、体質だ、「本態性高血圧」と言われただけでした。

しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、当然なことだったのです。
逆にそれを、無理やり下げることの方が、リスクが大きいようです。
最近多い、脳梗塞は降圧剤をのんで、無理やり下げさせられた
ことでおきる可能性がある、、そう、指摘している医者もいます。
年とともに固くなった血管に、血が運ばれるのに、
圧がある程度高くないと運ばれにくい。
なのにその圧を、薬で下げられるので、血管が詰まる人もいるわけです。



戦後、肉等栄養価の高いものを食べるようになり、
血管も丈夫になっていったそうです。
それで、以前は多かった脳出血が減った。
逆に増えたのが、脳梗塞。
これは急激に降圧剤で、血圧を下げるせい、、だとしたら、
なんと罪深いことではないでしょうか?

どこまでの圧で血管が破れるか?の研究で
血圧185までは、破れるリスクはないことがわかっているそうです。
アメリカの救急医療現場の、ガイドラインに使われているのが、
救急時でも「180くらいまでは問題ない」という判断だそうです。


当時毎日、毎日、高い血圧をおびえながら、計っていたものです。
しかし、今思えば、単に上記の健康数値をちょっと超えてた
だけだったのに、そのストレスのせいで、
どんどん血圧が上がっていただけだったのでは?と、思います。
たぶん、こうやって、病人が作られていくんでしょうね。

医療の世界も、国も罪深い面があることを、
国民も、ちゃんと認識しておく必要があると思います。
専門家だから、、と言われるままにやっていたのでは、
自分の身が守れない可能性だってあります。
この国では、誰も責任はとってくれないのですから。
自分の身は、自分で守らないといけません。
せめて、このネットの時代、今の国民は無知じゃない、、と
省庁や専門家の方々も、思ってほしいものだ、、と、つくづく思います。


今日のオカメ様  アタシもいいお年だけど、踏ん張ってますよ~床に野菜散らかしてるのは誰だ~?
150415_1511~02


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ

2015.04.11 01:36|食一般
この前、弟たちの所に行き、
郊外大型ホームセンターに連れて行ってもらい、
オカメ様のペレット等を、買ってきました。

130920_1616~01オカメ様のお気に入りのプラスリン

帰りに晩御飯を店で食べたのですが、(ご馳走になって)
店おすすめの肉メニューを、注文したのですが、
(牛脂成形肉使用)と書いてあったのです。
成形肉ってどんな肉?と聞いたら、義妹が怖い肉みたいで、と
スマホで見せてくれました。

150405_1926~01

動画で成形肉を、作っている映像が流れ、
たくさんの細い管を何本も突き刺して、その管から脂を注入するのです。
そうするとまるで、霜降りのような肉になるようです。
え~す、すごい、、、初めて知った~汗

で、出てきた切ったステーキの肉を食べたのですが、
それを見た後のせいか、ほとんど味がしませんでした。;

牛脂加工成形肉  
「くず肉や内臓肉を、軟化剤でやわらかくして、接着剤でくっつけた肉
牛肉の赤身に牛脂や食品添加物などを注射した、
「インジェクション加工」と呼ばれる処理を施した牛肉も含まれる。
焼肉バイキングや格安ステーキに使用されている肉の多くは成型肉。
利用されないで廃棄するような肉(部位)で作られていることも多い。
当然ながら、多くの添加物が使用されている。

軟化剤や結着剤には、主に牛乳由来のカゼインナトリウム、カラギーナン、
アルギル酸塩、アルカリ製剤などが使用されている。
加工技術の進歩により、2006年の時点で食肉の年間消費量の3%を占めるとも言われている。」

上記は2006年の話なので、けっこう前から、成形肉はあるようですね。
今はかなり増えているのでは?
私は、外でステーキ等をほとんど食べないので、成形肉のことはよく知りませんでした。

150405_1925~01この肉が成形肉

外食といえば、このところ、バレエの後食べる、ハナマルうどんか、
ドトールのサンドくらいなので、外で肉を食べることはあまりないのです。
外食の世界は、すごいことになっているんですね。
その店は、まだ書いてあるだけ、良心的な店みたいです、、、。

お弁当とかに入ってる肉も、どんなのが入っているんだか?
肉だけでなく、この前、
久しぶりにデパートで、お弁当を買った時も驚きました。
原材料名を見て、添加物がけっこう多かったのです。
コンビニ弁当なら添加物もわかるけど、デパートも同じなのに驚いたのです。
(値段が高いから、添加は少なめ、と思っていた)
まあ、これは店によって違うのかもしれませんが、、
今の外食はホントに、添加物だらけの世界になっているんですね。

150406_1233~01
こちらはお花見弁当

バレエの帰りは、疲れているのもあって、惣菜を買って帰ったりしますが、
それらも、けっこう色々入っています。
まあ、時々ならいいか、、、と、思っていますが。

牛肉に関しては、家では、元々ほとんど食べません。
まあビンボーということもありますが、牛肉を食べることは
牛を育てるのに、資源をたくさん使うってことだしねえ、、。
肉は鶏肉が多く、時々豚肉くらいでしょうか、、
高いいい肉は、もちろん買えないので、買いませんし。

それにしても、大櫛陽一医師の本を読むと、
人は炭水化物、糖質の取り過ぎなので、それを減らして、
もっと肉と脂肪を増やせ、と言っています。



確かに、人類の始めは、動物の食べ残しの骨の髄液等を
食べていた、、という説もあるし、穀物栽培が出てきたのは、
ずっと後の時代なので、人類の人体構造は、本来大量の穀物を食べれるようには
なっていない、というのも納得できます。
穀物、炭水化物、糖質の取り過ぎが、色んな病気を引き起こしている、、
という説も一理あるわけです。

しかし、炭水化物を少し減らすにしても、代わりに食べるものは、
野菜と海藻、大豆、豆、魚、肉です。
穀物を減らして、そっちでお腹を満たそうとすると、どうしてもお金がかかります。
これは、ビンボー人には、つらいところです。

そうなると、やはり大豆、、の出番になるわけですね。
最近、豆腐、大豆製品を前より少し増やしました。
お腹を満たすのに、便利だからです。



私は関係ないのですが、更年期以前の女性が、
大豆のイソフラボンを摂取しすぎると、女性ホルモンのエストロゲンに
化学構造が似ているため、乳がんのリスクが上がる、、とか
聞きかじっていたので、食べ過ぎはよくないのかな?と思っていたのですが、、

今回調べてみたら、あまり関係ないデータが出ているようですね。
「食事からの中程度のイソフラボン摂取により、
乳がんリスクが軽減される可能性が示されました」という説がありました。
「豆腐、煮豆、味噌汁の摂取と、乳がんの罹患には関連は認められず、
大豆製品の乳がん予防効果は見いだせませんでした」

予防効果ははっきりしなくても、食事で取る分には、
乳ガンリスクが軽減、、ということなんでしょうね。

ただ、大豆のイソフラボンがいいから、といって食事で取る分にはいいけど、
サプリで取るのは、問題があるようです。
生理不順改善のために、摂っていたサプリの大豆イソフラボンで、
さらに月経不順、卵巣などの生殖器官に害をおよぼす可能性がある、、とか。

また最近、ビタミン等のサプリによる過剰摂取は、ガンや心疾患になる危険性もある、、
という、本も出ているようです。



ガン細胞はビタミンCが大好き、とか
サプリが身体を弱める、、とか、、書いてあるらしい。
まだ読んでないので、詳しいことはわかりませんが、
サプリによる一部の成分だけの過剰摂取は、それはよくないだろう、、とは想像がつきます。

何かの成分がいいとなると、そればかり取りたい気持ちもわかりますが、
その成分だけ過剰に摂取すると、逆に身体によくない、というわけなんですね。
野菜だって、色んなビタミン等がありますが、その中の一部のビタミンだけ
サプリで取っても、一部が過剰摂取になるだけで、野菜の栄養は取れないわけです。
野菜は、未解明の栄養成分がかなり多いのですから、、、

結局は、バランスのいい食事から栄養を取ること、
ビタミンCが取りたい時は、サプリでなく、赤、黄ピーマン、ゆず、アセロラ、パセリ等から
取るのが一番いい、、ということなんでしょうね。
これらは「人間の浅知恵の、浅はかさ」、ということなんでしょうか、、
ホント色んなことは、後からどんどん出てきますねえ。


今日のオカメ様  柑橘系はアタシも好きで、食べますよ~  
140810_1808~02


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ


2015.04.08 16:12|野菜、干し野菜
厚労省が目指している、1日の野菜摂取量目標350gですが、
これに果物も含まれているか?

350gは野菜のみの目標値で、果物は含まれてない、とわかりました。
果物は100g未満しかとっていない人が
2012年で58,9%いるので、それを30%にするのが、目標だそうです。
なんか、わかりにくいですね~;
たぶん100gくらいが、理想なんでしょうね。



で、実際に野菜摂取量がどれくらいなのか?
データを見てみたら、
1975年から、摂取量は多少増えたりへったりの横ばいで、
260g近辺を、うろうろしているのみ。
興味ある方は下のPDFファイルP3を見てみてください。
食品別摂取量の年次推移

しかし、その間アメリカは野菜摂取量を増やし、
日本より多くなっているわけです。
これはプロジェクトをやり、推進してきたからのようです。
日本は何かやっているか?というと
スマートライフプロジェクト、とか食生活改善普及運動とか、やっているそうです。
でも、それって何?
一日の摂取量350gや、野菜が足りてないことや、
アメリカより摂取量が、少ないことや、
果物の摂取量すら、国民にほとんど何も伝わっていないのが、
実情なんですが。;

150318_1705~01

350g必要というのは、
「栄養素摂取量と食品摂取量等との関連について」分析が行われ、
その中で、カリウム、ビタミンC、食物繊維の摂取量の関係を検討し、
それぞれの栄養素について目標量を十分摂取するために、
野菜がどれくらい必要なのかを分析した結果の350g、だそうです。

そうはいっても、忙しい時には、どうしても野菜料理が少なくなりがちです。
特に、20代~40代の野菜摂取量は少ないようです。
これはまだ若くて元気だし、仕事や、子育て等で忙しい世代、、だからかもしれませんし、
必要量の重要性を、あまり認識されていない方がいるのも、理由でしょうか。

そもそも、野菜が足りないと何がいけないのか、、?
野菜は、ガンや生活習慣病、アンチエイジングに有効、、だからなんですね。
ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、フィトケミカル、食物繊維が含まれているから。
これらは人が体内で作れないものなので、(ビタミンDは太陽光をあびて作られる)
食品、野菜から取るしかないんですね。

それに、野菜の有効成分は、まだ解明されてないものがほとんどだそうで、
(わかっているのが数%という説も)
今わかっているだけでも、身体にいい成分が多いので、
色んな種類を、取っておく必要があるわけです。
もっと研究が進めば、後で、病気やアンチエイジングに効果のある成分が
どんどん見つかってくる、と思われます。

150313_1224~02

私は何度も書いてるように、生野菜ジュースをのんでいますが、
これは飲むことで、健康を支えてくれている、と、ものすごく実感しています。
もちろん生野菜以外の、煮て食べる野菜も色々食べていますが、
なかでも、生野菜は必要だ、、と、実感しています。
おそらく酵素のせいもあるかな、とも思うのですが、、

しかし、毎日のんでいるとはいえ、たまに朝早く、出かける時や
作っているヒマがない時もあります。
そんな時、今までは野菜の錠剤をのんでいたのですが、
最近とてもいい青汁を見つけたので、時間がない時は、
それを飲むようになりました。リッチグリーンという青汁です。

赤神力原材料の赤神力

青汁はかなり色んなところから、色んな種類が出ていて、
どれを選んでいいか?とても迷います。
今回色んな青汁を試してみたのですが、けっこうひどい青汁もありました。
酵素が生きている、、というから試しに送ってもらったら、
酵素は野菜の酵素ではなく、乳酸菌の添加だったり、
青汁なのに、原材料のトップが、デキストリン。次が還元麦芽糖、だったり、
いろんな物が添加されているのに驚きました。
これは飲みやすいように、糖分を加えているんですね。
広告文だけでは、そこまでわからなかったりします。

でもかんじんなのは、原材料では、無農薬栽培とか気にしますが、
製法までのチェックが必要だな、、とすごく思いました。
というのも、食品衛生法とのからみ等で、殺菌のために、
たいがいの青汁は、140℃くらいで何秒か加熱しています。
140℃では、酵素が働かなくなる温度(酵素の種類によるが、熱に弱いものが多い)
なので、酵素はほとんど期待できないわけです。
青汁に何を求めるか?ですが、、
野菜の栄養分が取れればいいなら、良心的な青汁もあります。(飲みやすいよう糖は添加してあっても)
しかし、生野菜の補助にしたいなら、やはり酵素の生きているものがいいと思いました。

150408_1542~01他社のと比べて、色がとても濃い

で、これはいいと思ったリッチグリーンは、
無農薬大麦若葉と、安定のための少しのデキストリンのみの原材料で、
天然の甘さがすこしあって、なめてみてすぐわかりました。
これはホンモノの青汁だ。昔食べたことのある味だ、、と。
この会社の元は、萩原義秀医学博士が1968年に作ったものです。
だから、昔食べたことがあったわけですね。
博士が世界初の、酵素活性を保った、大麦若葉エキスの粉末化に成功。
特許をとった、青汁の草分けの会社だったんですね。(社名は変わっている)
この昔ながらの会社が、同じ製法で製品を作っていることに、感動しました。
ほんとにいいものが、ちゃんと残っていることが、とてもうれしいです。
(同じ製品で、子会社等から、名前の違うものもいくつか出ている)

熱をを加えない、特許を取った活性保存製法だから、
酵素の活性が生きているわけです。
なので、今話題のSOD酵素も、当然含まれているわけです。
SOD酵素には、動脈硬化の原因である
活性酸素を除去する力があり、肌のみずみずしさを保つためにも、
重要な酵素と言われています。
やはり、野菜は奥が深いですね。

こんないい青汁があることを、お伝えしたかったのです。
4月中なら、トライアルが半額以下の500円で、試せるので
↓野菜不足気味のかた、いい青汁を探しているかた、もし興味あればお試しください。

リッチグリーン


今日のオカメ様  アタシもなめてみましたよ~  それよか、床そうじしろやっ
150319_1109~03


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ


2015.04.03 04:04|ココナツ
この前書いたように、ヴァージンココナツオイルは、
どこにも売っていないくらい、欠品が続いているようです。



亜麻仁油、エゴマ油(不飽和脂肪酸のオメガ3)
とは全然ちがう油なのに、なぜいっしょに欠品中なのか?
テレビを見てないので、よくわかりませんが、、、

>飽和脂肪酸は動物性脂肪、ヤシ油(ココナツ油)に含まれる→体内で合成可能(取りすぎ注意)

>不飽和脂肪酸は魚、植物性脂肪に含まれる→体内で合成不可なので、必須脂肪酸 
不飽和脂肪酸にはオメガ6、オメガ3があり、(他にオメガ9のオリーブ油)
エゴマ、亜麻仁油がオメガ3
オメガ6は、普通の植物油で、現代人は取り過ぎで偏っているので、
オメガ3を取れ、ということなんですが、、



ココナツ、ヤシ油(パーム油)は飽和脂肪酸です。
これは冷えると固まる、動物性脂肪と同じです。
なので、あまり取るとよくない、、と思っていました。
それに、パーム油とココナツ油は
同じヤシ科だったので、つい警戒していたのです。

でも、同じヤシ科でも、ココナツとパームは全く別のヤシですし、
ヴァージンココナツオイルは、60%が中鎖脂肪酸らしいし、、、

一般的な油(オリーブ油、キャノーラ油、ラード)の長鎖脂肪酸と違い、
ココナツオイルの中鎖脂肪酸は、体脂肪として蓄積されないそうですね。
長鎖に比べて、4,5倍速く分解され、短時間でエネルギーになる。
中鎖脂肪酸はコレステロール値を上昇させない。
これが人気の秘密でしょうか?

150403_0031~01

それとケトン体。ココナツオイルの摂取で、
血液中のケトン濃度が上がると、身体のエネルギー源が
ブドウ糖からケトン体にかわり、体内の脂肪が燃焼されやすくなる。

ラウリン酸が豊富。
ラウリン酸は、抗菌性や抗炎症性の働きがあり、
免疫力を高めてくれる。

ココナッツオイルが小腸にある腸絨毛に浸透し、
腸の中の食品添加物などの化合物の汚れを掃除。
便秘にいい、、とか。
その上、日焼け止め効果もあるそうです。

そして、アルツハイマー病の脳では、ブドウ糖を
上手く利用できなくなっている。
体内にブドウ糖が不足すると、ケトン体が使われる。
ケトン体が、脳にも有効ということのようです。
中鎖脂肪酸は、ケトン体を作りやすいわけです。
ココナツオイルの中鎖脂肪酸が、アルツハイマーにも有効なんですね。

150403_0032~02

これでは、人気がでて、欠品なのも当たり前ですね。
テレビでもおそらく、こういうことを言ったんでしょう。
ココナツオイルすごい。

でも、身体にいい油はあるでしょうが、
いいとなったら、極端に取り過ぎるのも、問題?とも思うのですが。
オメガ3も、いくらいいといっても、オメガ6とのバランスです。
脂肪酸の偏りは危ない
糖尿病患者が、中鎖脂肪酸を取るときは、医者に相談。
糖尿病性ケトアシドーシスをおこす可能性があるそうです。
健常者は大丈夫だそうですが。

それと、ココナツは名称が色々あってわかりにくいです。
この前書いた、ココナツウォーターは
完熟していない、固いココナツの中にある透明ぽい液体です。

150329_2039~01

ココナツファイン、ココナツ粉末は、
ココナッツの内側の白い部分を削って、乾燥させて細かくしたもの。
ココナツミルクパウダーは、中にたまった液体(ココナッツミルク)を
乾燥させたもので、溶かすとココナッツミルクになる。
ややこしいですね。

ココナツオイルとココナツミルクの違いですが、
ココナッツの実から果肉(胚乳)を取り出し、フレーク状に小さくし、
低温で圧搾すると、ココナツクリームに。
これを遠心分離機で水分を除去したものが、ヴァージンココナツオイル。
なので、少ししか取れない。
このココナツクリームに、水を加えて作られたものがココナッツミルク。
なので、同じ成分は入っているようです。
ただオイルほど量的に取れないとか。

私はココナツは、どれも好きです。


今日のオカメ様  あったかくなったので、無理やり水浴び(お湯)させるなんてっ ボー然ですよ
150330_1915~01


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ


03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム