2015.09.25 02:00|世情
今日晩ごはん食べながら、見たニュースで、
安部首相の会見があり、経済最優先、目指すは1億総活躍社会、GDPを600兆円に、
安心につながる社会保障、、、、と、色々といいことをおっしゃっているのを、
しら~っとした思いで、聞いていました。

日経ビジネスで、日本の貧困、、記事を、昨日読んだばかりで、
先ゆき不安だな、、と思っていた後だったからです。



「日本の相対的貧困人口はおよそ2000万人。
75歳以上の後期高齢者よりも多い、この国の貧困層は、
この先3000万人まで増えるとの見方もある。」

こんな状況で、何とかなるんでしょうかねえ?安倍首相。

「貧困は一部の弱者の問題、、、ではなく、
貧困問題を放置すれば、社会保障費を膨ませ、治安を悪化させ、
良質な労働力を減少させる。
消費が冷え込み、ゆくゆくは国力そのものが弱体化してしまう。」

何か対策をたてないと、まずいんじゃないでしょうか?
貧困を放っておくと、社会的なコストが、どんどんかかります。

阿部彩教授によると、、、
「例えば、高校を中退した18歳の少年に、
2年間の職業訓練を施した場合の費用は約460万円。
それにより非正規でも、20歳から65歳まで働き続けることができれば、
本人が納付する税金や社会保険料の合計額は、2400万~2700万円ほどになる。
正規雇用で65歳まで勤めれば、税金などの納付額は4500万~5100万円。
職業訓練の費用を差し引いても、7000万円から1億円ほどの便益が、
社会にもたらされる計算になる。」



「逆に、職業訓練などの対策を一切取らず、
仮に20歳から65歳まで生活保護を受給した場合、
そのコストは5000万~6000万円に達する。」

「差し引きで、7000万~1億円ほどの便益が社会にもたらされることになります。
1人でも多く「支えられる側」から「支える側」に回ってもらうことが重要になる。」

いかに初期投資が大切か、、ですね。
何も対策をとらないと、ものすごいコストがかかるわけですね。
福祉は慈善ではなく、投資、、、と、とらえ直す必要性を訴える
日経ビジネスの記事は、なるほどと思うものでした。

でも、「若年層の困窮者支援に積極的に関わってくるのは、外資系企業ばかり。
日本企業は理解が遅れていて、人材育成だとしても『グローバル人材育成』とか言わないと興味を示さない。」
そうです。



その外資系企業で、バリバリの投資会社、ゴールドマンサックスが(GS日本法人)
2010年から、「コミュニティ支援プログラム」と題して、
日本で「貧困撲滅」に向けた様々な活動をしている。
主な内容は児童養護施設で暮らす子供たちへの「進学支援」、
ひとり親への「就労支援」、
GSの社員がNPOなどと共に種々の社会貢献に従事する「プロボノ・プロジェクト」の3つを行っている。

びっくり!です。投資銀行のゴールドマンサックス(GS)が、そんな社会貢献の活動をしていた、、
なんて、全然知りませんでした。

その、ひとり親の就労支援プログラムを受けた女性が
「都立学校の保健の先生になれ、安定した生活を手に入れることができた。
中古マンションに移り、離婚してから初めて、
子供が『家に友だちを呼べる』と言って喜んでいた」と話した。
「どん底にいる時こそ、支援を必要としている。今後は支援を受ける側から、する側に回りたい」と。

「慈善ではなく、投資」、、、というのは、そういうことなんですね。
そういう考え方なら、もっと多くの企業や、社会貢献をできる所が
参加できそうにも思いますが、、、



そして、GS(ゴールドマン)は、厳密に効果を調べているそうです。
「アンケートなどのコストをかけてまで「参加者平均で年収が50万円上がった」
といった効果を、可能な限り可視化する仕組みを取り入れている。
効果測定がなければ、効率的な投資ができないから、、、だそうです。
計画、実行、チェック、改善のサイクルを回すことは、社会貢献事業であっても、それは変わらない。
重要なのは、同じお金を使っていかに高い効果を上げるかということ。」

その辺は、さすが投資のプロなんですね。
銀行、投資銀行、、って、いいイメージがなかったのですが、
そんな社会に役立つ、お金の使いかたは、おおいにやっていただけたら、、と思いました。

今の世の中には、確かに「慈善より投資」がピタっとくるように思います。
さて、安倍首相には、いったいどんな策があるんでしょうか?


今日のオカメ様   新しい袋に入って、ハリキッていますよ!アタシもがんばらなきゃ、ね。
150923_2026~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト
2015.09.20 22:36|老後
最近、友達の家に、3人で遊びに行かせてもらいました。
九十九里浜の近くです。

海を見るのは久しぶりでした。
私をのぞいて、3人、みなさん親の介護をしている人達で、骨休めの会でした。
みなさん、ほぼ親が高齢になって、同居を始め、
そのまま介護に突入、、したようです。

150918_1345~01

おじゃました家のお母さんは、なんと100歳!(彼女は末っ子)
高齢で、寝ていることも多くなっているようです。
食事や、身の回りのお世話を全てしているようです。

高齢や、親の具合が悪くなり、身体が弱ってきたり、病気になったりで、
いっしょにいると、お世話することは、いくらでもあるそうです。
他の介護してる2人も、親の性格もあるようで、
子どもに甘える親だと、子どもがかなりあれこれお世話することになるようで、
前日から行っていた、Hさんは、一人になりたい、、と、九十九里の温泉宿に泊まって、
私たち2人が、次の日に合流したのです。

みなさん、やさしく、思いやりのある人達なので、ついなんやかや
やることになるんでしょうね。
1人はフリーの仕事をやりながら、他の人は主婦だった人や、
仕事をやめて、お世話したり、、です。



結局、今の日本では、病院に入って3か月で出ないといけなく、
その場その場で対応に必死の間に、結局家で自分たちで(サービスは使ったとしても)、
ほとんど家族で介護をせざるを得ない状況に、追い込まれるようです。

うちは、「母が自分のことができなくなったら、ホームに入ることになっている。
弟たちが、いずれO県に帰るけど、母の近くには住むけど、一緒には住まない。」
そういうと、驚かれました。
よくホームに入ると、納得したわね、、、と。

私は介護保険のできる前の、福祉の状況は、仕事の関係もあり、わりと詳しかったのです。
色んなボランティアもやっていたし、病院で看取りに近いこともやり、
家で看ている人の話や、共倒れのようなことも見聞きしていたので、
それはできれば避けたい、、そう思っていました。

弟夫婦に母を頼むと、結局嫁さんがやるはめになりかねないので、
それは申しわけないので、絶対だめだ、、と思ったのです。
基本、お世話はプロにまかせて、家族は家族の繋がりのところで関わるのが理想、、と
ずっと思っていたのもあります。



介護保険ができる時は、これで、福祉の状況はよくなるのでは?
介護の仕事も、これから伸びるのでは?、、、と、期待したのですが、、、
でも、小泉政権の構造改革以後、急に福祉環境が悪くなりました。
せっかくいい芽が出てきた福祉の世界も、また、劣悪な職場に戻ってしまいました。

今回老人ホームで、ひどい事故や虐待の疑いも出ている所がありますが、
きっと仕事がハードな割に、給料が少なく、職場環境もよくないので、
プロとしての教育も勉強も、するゆとりがないのかな?とも思います。

個々の施設によって、それは色々違うでしょうが、そういう話が出てくると、
ほんとに親をあずけるのが、心配になります。

せめて、身内としてできることは、施設の職員の方と、コミュニケーションをとる、
努力しないと、いけないだろうな、と。
親を施設に入れたら、それきりで、家族がいかない、、、などは論外です。
職員も、全く身内が来ない人、来る人で、心象が全然違うと思います。



私も若い頃、障害者施設で少し働いたことがあって、
入所者の親御さんが、外国に行った時におみやげ、、といって
保母たちに、ブローチをくれたことがあります。
それは、うれしかったし、すごく印象に残っています。
人なんて、そんなものです。
ちゃんと家族が、見守っている、、というのをわかってもらうのが、必要なことなのかな、、と。
お金を入れてあるから、それでいい、、わけじゃありません。
福祉の世界は、お金では割り切れないこと、だらけですし。

それにしても、結局家族、兄弟の中でも、中心になって、介護をやることになる人は
たいがい誰か1人、、になります。
それが誰になるかは、一緒に住んでいたから、、とか、近くにいたから、、とか、
性格、、とか、関わる理由は、それぞれでしょうが。
結局、放っておくわけにいかない、、と思った人、になるのかもしれません。
気持ちがやさしく、放っておけない人が、やることになりやすいかも。
親の気弱な所をみると、かわいそう、、と、ついつい思うことでしょうし。

それを考えると、私は鬼娘で、母を甘やかさないし、放っているし、
ほんとにひどい娘だと思います。
でも、いい娘になるつもりは、サラサラないのです。
いい子になってしまうと、親も甘えてしまう、、。
そうなると、自分でできることも、だんだんやらなくなる、と思うからです。



離れていても、遠隔操作で、できることはあるし、
弟夫婦が、母と一緒に住むのはやめたほうがいい、、と止め、
ホームを調べ、いざとなった時は、母にホームに入るよう説得し、
必要とあれば、帰省もするつもりですが、、
できることは、やるつもりだし、親にも
1人でできる間は、できるだけ頑張ってもらいたい、、、

まあ、うちも問題はこれからですがね。
互いにもたれあって、共倒れになることや、子どもの人生を消耗しきること、
それらは避けたい。
昔は介護ができたのは、今のように高齢で介護期間が長くなかったこと、
家族がたくさんいた、、からできたのです。
今の家族構成で、家で介護は、基本的にほんとに難しい、と考えておいた方がいいと。
それでも覚悟があれば、頑張ってやるかもしれませんが。
でも、できるだけ、人に任せることは任せて、家族は家族にしかできないことで、関わりたい。
その理想に少しでも近づけるよう、、、心を鬼にして、努めるつもりです。


今日のオカメ様  アタシの介護は、ちゃんとしてもらえるんでしょうか~? (懐にでも入るから、大丈夫じゃね?)
150910_0116~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2015.09.14 14:49|インコ
この前の、台風での鬼怒川氾濫被害。
ほんとに大変なことになりました。
被害にあわれた方は、ほんとにお気の毒です。
ほんとに自然の力は、ものすごいものがあります。

テレビで映っていたのが、ヘリコプターで助け出された人と犬でした。
犬は家族の一員です。助かってよかった!
ほんとにホッとしました。



でも、、、ふと思いました。
犬は助けられたけど、他のペットはいったいどうなったんだろう、、、?
猫は?鳥は?ハムスターは?
いなかったかもしれませんが、もしいたら、あの状況では
助けることは無理、、かも、しれません。
人が助かるかどうかの瀬戸際です。
猫は捕まえられないかもしれないので、難しい?
真っ先に考えたのが、猫、そして鳥でした。

もし自分があの状況になったら、オカメ様をケージに入れて、、と
とっさにできるかなあ、、?
すぐに捕まればいいけど、パニックになって飛び回られたら
もうお手上げでしょう、、、;;



この前、同じ年のオカメインコを飼ってる友達から
その子が死んだことを聞かされました。
最後はエサを食べれなくなって、亡くなったそうです。
20年もいた子だったから、ショックだった、、と。
ペットロスっぽかったです。
そして、私がショックを受けないように、と、少し後になって教えてくれたのです。

そうかあ、、まだまだ元気、、と思っていても
いつかその日は来るんだなあ、、、。
オカメの平均寿命は16、7年とか、いろんな説がありますが、
20歳超えたら、もうけっこうなお年でしょう。
以前テレビで、26歳という子を見たことがあり、
うまくすれば、それくらいは生きられないかなあ、、、と、希望をもっていたのでした。

150910_0113~03

やはり、オカメの20歳はけっこうなお年ですよね、、、
人間に換算すると、90ン歳、、という説もあります。
最近、オカメ様の寝る時間が増えたなあ、、とは思っていたので、
やはり年は年なんでしょうね。20歳は、、、
なんだか、時々じじむさくなった気もするし、、、;

なかには、最高30歳のオカメもいたとか、いうウワサもあります。
お願いだから、少しでも長生きしてほしい、、、!!

こんなに長く一緒にいると、ほんとに何ものにもかえられない、
かけがえのない家族です。
ヘリコプターで、家族です、、と言って、オカメインコも助けてもらえないかなあ、、と
テレビを見ながらつくづく思ったのでした。


今日のオカメ様    アタシャまだまだいけてますよ~!(長生きしてね!)
150910_0114~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2015.09.09 17:14|病理
友人たちと話していて、最近聞いたのが、
どうも最近夫が怒りっぽい、短期になった、、という話でした。

中年男性にも更年期があって、イライラしやすいんじゃ、、?とも
みんなで話したのですが、、
かなり以前、何かの本で、日本の男は中年になるとパラノイアの傾向が強くなる、、
というのを読んだことがあります。
なので、それじゃないの?と話したのですが、
「パラノイア」が何か、みんなピンとこなかったようなので、書いてみようと思いました。



パラノイア
「偏執病、妄想症ともいわれ、頑固な妄想のみをもち続けている状態で、
妄想を除いた考え方や、行動は首尾一貫している。
幻覚、とくに幻聴は伴わず、中年以降に徐々に発症し、男性に多い。」

「妄想の内容は、
・高貴な出であると確信する血統妄想、発明妄想、
・宗教妄想などの誇大的内容のものをはじめ、
・自分の地位・財産・生命を脅かされるという被害(迫害)妄想、
・連れ合いの不貞を確信する嫉妬(しっと)妄想、
・不利益を被ったと確信して、権利回復のための闘争を徹底的に行う、好訴妄想、
・身体的な異常を確信している、心気妄想などがある。」

う~ん、下の方の何行かのような方は、時々見聞きします。
妄想以外では、普通に生活して、仕事をできているので、
特に問題となるような方は、少ないでしょうが、
テレビで、問題のありそうな人が時々ニュースになったり、出ていることがありますよね。

「クーデターで権力を得た政治家や、新興宗教の教祖などは、
多かれ少なかれ、これを患うことから「帝王病」と揶揄されることもある。」



昔、パラノイアで、「恋愛妄想パラノイア」がちょっと流行って、
好きな人ができて、相手は全く何とも思っていないのに、
こちらの妄想だけがドンドンふくらんで、結婚の約束までした、、と
一方的に思い込む話、、とか、色んなドラマにかなり使われていました。
今でいうストーカー、、か?

もう少しパラノイアを説明すると、
「現実の出来事に対する思い違いをもとに、
まとまりのある体系的な被害的、または誇大的な妄想が、徐々に形成されるもの。
妄想とは、自分の中のイメージと、他者のイメージの間に生じた差異が、
修正されずに大きくなってしまった状態

この、相違が生じる原因は、コミュニケーションの不足があげられる。」

これですね。
結局、原因は、コミュニケーションの不足。
これが一番大きい気がします。

「・全般的に人とのコミュニケーションが苦手。
・関心のある事だが、それを他人に対して隠したい。
・自分に生じた快・不快の感覚を、排出できずに蓄積されて、妄想が形成される。」

「不快な感覚を、排出できない場合、そのモヤモヤを解決するために、
その原因を、うまく説明することができる事実や概念を拾い集め、
つじつまの合う認識として組み立てていき、妄想は固定化されていく。」

コミュニケーション力がないため、くい違いが広がり、
妄想が固定化されていくわけです。
これが、日本の男性の中年以降、パラノイア傾向が増える要因のようです。

コミュニケーションが問題なく行われれば、
妄想として留まっていた考えが、想像と現実に、
自然に振り分けられていくようになり、パラノイア妄想にはならない
。」



怒りっぽい、、というのも、起こった出来事や感情のすれ違いが、
自分の中のストーリィにはまらず、不快なのを、上手く表現できないので、
イラつくのかもしれません。

それでなくても、年とともに、柔軟性が減っていき、頭が固くなってくる。
そこに色々、親の介護問題、職場でのあつれき、定年や、妻との関係や、
環境の変化等入ってきて、そりゃまあイラつくのも、わからなくもありませんが、、
ちゃんとコミュニケーションできる人なら、
爆発したり、そんなに怒らずにすむのも事実でしょう。

ほんとに、男の人は、生きていくのが大変だなあ、、と思います。
社会的責任や、家族を養う責任がのしかかったり、
男としてのプライド、男の沽券意識を植え付けられていたりして、弱音もはきにくい。
自由度が女の人に比べて、低い気がします。



それと、周り、女性への配慮。
外国旅行から帰ってきた時に、日本に帰った、、と、つくづく思うのが、
男性が女性を押しのけて、ドアの出入りするのを見た時です。
丈夫そうな男が、重いものを女にもたせる、、なんてことも、
海外では、(特殊な国をのぞいて)、ほとんどありえないでしょう。

年配の人で、妻に自分のこぼしたものを拾ってもらったりしている夫を見た時は、
つくづく情けなくなりました。(大きなお世話だけど、、認知症でもない人が)
そして、パーティ等でも、食べ物を切り分けたりするのは、女の仕事、、
とばかりに、思っている人も多いでしょう。

女性は甘え、配慮してもらう相手で、配慮する相手じゃない。
まあ、役割分担できた伝統があるから、男女とも、そう思ってる人もまだまだ多いことでしょう。

でも、もう時代はすっかり変わっています。
日本の男は、世界一モテない、と言われるわけですね。
海外で、日本男性に女性への配慮が足りない、、と言われるわけです。
日本の常識は、世界の非常識。
海外に行って、初めてそのことに気づく人も多いそうです。



その上、中年以後、パラノイアまで入ってきたら、、、
奥さんだって、お手上げで、辟易してしまうことでしょう。
生活さえできるなら、離婚したい、、と、秘かに思っている妻もけっこういるだろう、、と思います。
まあ、そういう関係を作ってきたのは、お互い様、、でしょうけど。
今までの価値観で、一生懸命働いてきて、急に変われ、、と言われても難しいでしょうし、
定年離婚される夫も、時々いて、ほんとに気の毒だと思いますが、
やはり、大切な人への配慮とコミュニケーションは、とても必要です。

これからの男の子を育てる親や教師の方は、このコミュニケーション能力を
もっと重視するべきだろう、、と思います。

ひとつ、効果的な方法があります。
それは、アサーショントレーニング。



アサーショントレーニングとは、
自分の嫌なこと、怒りを、怒らず普通に、相手に伝えられる会話の訓練です。
人が一番やっかいなのが、怒りをどう表現するか、、なので、
これを普通に表現できるなら、これからの人生が、だいぶ変わってくると思います。
何もパラノイア的になって、人間関係をややこしくする必要はないわけです。
普通にコミュニケーションさえ、できればいいんですから。

そういった男性にこそ、いえ夫婦でアサーショントレーニングでも受けると
いいのかもしれません。
夫婦はお互いが、そういう関係を作ってきたわけで、片方だけのせい、ではないでしょうし。

まあ、これも独り身のお気楽さで、言えることで、全くの大きなお世話です、、がね。


今日のオカメ様  う~ん、この顔はちょっとジジむさかったでしょうか~?眠いだけなんですけど。
150906_1918~03



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2015.09.06 01:37|自然農
うちの小さい畑には、色んな虫がいます。
ゴーヤ、丘ワカメ、キュウリのツルの所には、
カマキリがいるのを、時々みます。

スティックセニョールには、ナガメというカメムシ科の
害虫が、夏前はたくさんいました。
でも殺虫剤も何もまかずに、ほっておきます。
他にも、シャクトリムシや、土には名前のよくわからないケラのような虫がけっこういます。

150604_2239~01

そうやって、虫にやられても、けっこうアブラナ科の
スティックセニョールは、そのうち負けずに、しっかり育ちます。
茎を切ると、次々に新しい芽が出て、けっこう強いのです。
その芽を収穫して、朝の野菜ジュースに入れて、飲みます。
農薬をまくより、虫にやられる方がマシだと、基本的に思っています。
虫も食べるくらい、安心、、と思うからです。

この時期、野菜ジュースに入れる畑で取れる葉物は、
シソ、モロヘイヤ、スティックセニョール、丘ワカメ(雲南百薬)、ゴーヤです。
それに作っておいた、桑パウダーを入れます。

140627_1710~02桑の葉を蒸して干してパウダーに

他に買って入れるのは、ニンジン、リンゴ、バナナです。
それらに加えるのが、上記の桑パウダー、クエン酸、大豆粉、みつばち花粉、
それに麹、亜麻仁油です。

自分でもこんなに加えてたら、やり過ぎ?とも思うけど、
おいしいし、これを毎日飲んでいるから、元気でいられる、、と、思っています。

この野菜ジュースを、無農薬野菜で作って飲みたかったから、
畑で、野菜作りを始めた、という面もあるのです。
なにしろ、無農薬野菜を買おう、、と思ったら、けっこう高いですからね。
自分で作れば、これほど安心なことはありません。

130701_1048~01

というのも、以前も書いたことがある、ネオニコチノイド系農薬。→ミツバチの失踪
これの規制緩和が、今年の5月に行われたようです。

厚生労働省は、ネオニコチノイド系農薬「クロチアニジン」の
食品中の残留基準緩和について、21日まで国民から意見募集を行っていた。
意見募集は2013年10月に続いて2度目。
前回は集まった1600件以上の意見のほとんどが基準緩和に反対するものだった。
にもかかわらず、規制緩和をした。今回も同じ。
基準緩和案では、ほうれんそうで従来の13倍(40ppm)まで許容。
お米やサツマイモ、サトイモ、大根、ごぼう、にんじんなど、
主要な食品で追加の緩和が行われていた。

ネオニコチノイド系の農薬が、蜂の神経系に作用してミツバチを殺すことが分かり、
EUはこれを受けて2013年の暮れから、ネオニコチノイド系の農薬の使用禁止に踏み切っている。

う~ん、みんなが反対してるのに、何なんでしょうね。
「クロチアニジン」を作っている企業利益を優先したんでしょうか?
反対しても関係ない意見募集なんて、いったい何の意味があるんでしょうか?
住友化学、経団連、モンサント、遺伝子組み換え作物、TPP、??
裏で色々決まっている?いったい、どんな思惑があるのでしょう?

180188439_624[1]

以前、ミツバチが減った理由として、ネオニコチノイド系農薬が
取り上げられましたが、
ミツバチだけでなく、虫や、カエルも、鳥さえも減った、、という話が
前からあちこちで出ています。 昔は、もっと虫や生き物がたくさんいた。
これは、私が都会で暮らしているので、気づかなかったのですが、
田舎でも、どうやらそうらしいのです。

その主たる原因は、フィプロニルという成分を含む
プリンスという製品名の農薬の使用にある、という説も。
これも、神経伝達物質が阻害され、
ネオニコ系と同じく、ミツバチの蜂群崩壊症候群(CCD)の原因の仮説のひとつとなっている。
お米等に使われ、イネを食べた害虫を殺す作用を持つ。
処理後長期にわたって効果が持続するので、使用回数が少なくてすむことと、
大気中に散布されないからエコ、という説もあるそうです。
これを蒔いた田んぼでは、ヤゴが生きられないそうです。
トンボが減ったのは、おそらくそのせいなんでしょうね。

a19b0bc96593b1272b841e81ffd66d99[1]

そういうことを知ったら、そんなお米は、食べたくない、、
そう思う人もけっこういるのでは?と思います。
けっこう、日本では殺虫剤がまかれているんです。大した害はない、、ということで。
なにしろきれいな野菜、きれいな製品を求める国民性ですからね。
生産者も、きれいな野菜やコメを出荷したいわけです。

きれいさや、快適さや、便利さばかり求めると、自然の摂理から
どんどん外れていきます。
どこか不便さ、不快さ、ガマンは生きていくのに、避けられないことです。
最近、虫を毛嫌いする人が、やたらと増えたことも、それに関係しているようで、
すごく気になるところです。

虫や、生き物が暮らしにくい環境は、いずれ人間も暮らしにくい環境になるのは
もう目に見えているのですから。
いえ、自然のしっぺ返しは、すでに人間に、色んな形で、もう出ている気がしてなりません。



ネオニコチノイド系農薬は、
子どもの脳の発達障害(自閉症、ADHD:注意欠陥多動性障害、LD:学習障害)の
原因になるとの説を唱えている、脳神経科学者もいるそうです。

池田清彦→「日本の野菜が危険に」より


今日のオカメ様   どれどれ、、、取ってきた野菜のチェックをしているところですよ~
150604_2259~01


↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2015.09.01 01:58|健康、病気
今日、テレビを見ていたら、小学校で同級生だった人の
お父さんが出ていて、驚きました。

健康番組で取り上げていた、ご長寿の90歳の現役お医者さんです。
うわあ、すごい!
ずっとお医者さん続けてられて、お元気だったんだ、、とびっくり。

医療1

もう一人、87歳の女医さんも取り上げてて、
どちらの方も、お元気でかくしゃくと、お仕事を続けている、、と言っていました。

そんなに高齢で、お元気で、現役を続けているのはすごいことです。
でも、その方たちが若いころから元気だったか、、というと
意外と、そうでもなかったりするようです。

ご長寿の方をみると、意外と若い時に丈夫ではなかった、と聞くことがあります。
高齢のお友達もそうですし、日野原先生も若い時に病弱だった、、とか。
どうやら、それより大切なのは、生活習慣らしい。

テレビのどちらの方も、笑顔やオシャレ、好奇心が豊富で、
食生活、生活習慣にかなり気をつけている、ようです。



日本人の平均寿命がのびたのは、
生命力が強くなったからではなく、
感染症の制圧が大きく、医学の進歩が大きいようです。

でも、人間本来の生命力は逆に落ちているとか。
今後、生活習慣の違いによって、寿命が2極化する、、という説も。
生活習慣病を予防、コントロールできることが寿命をのばす、、と。
まあ、これもよく言われていることですが、、、



百寿者は、遺伝的エリートなのではなく、
心身ともに弱くても、百歳に到達できるそうです。
むしろ、若い頃病気がちで、ひ弱である人ほど、
長寿になる素質がある、、らしい、と。

平均寿命が50歳くらいの時は、頑強な人が生存できた。
強靭な肉体を持った人は、一般に寿命が短い傾向が、、。

つまり、成長期に強靭な肉体を作る遺伝子は、
成長期を過ぎると、生活習慣病にかかりやすく、老化を促進するものとなる。
若い時に、病気がちでひ弱な人が、老化しにくい遺伝子をもつ
可能性がある、、というのです。

え~そうなんですか、、、

成長ホルモンをたくさん分泌されるよう、遺伝子改変したマウスは、
たくましく成長するが、短命。
逆に成長ホルモン受容体をもたないよう改変されたマウスは
普通のマウスより長命、、、という実験があるそうです。



弱い身体の人が、気を付けているから、逆に長生きで、
身体の丈夫な人は、過信しているから無理をして短命なのか、、?と
単純に私は思っていたのですが、、
ひ弱な人が、老化しにくい遺伝子をもっているかも、、なんて、
それがほんとなら、生き物はつくづく平等なんですねえ、、、

それにしても、どっちみち
もって生まれた身体もだけど、生活習慣に気を付けていれば
身体はもつ、、、というのは変わらないようです。
もともと丈夫な人が、さらに生活習慣にも気をつければ、鬼に金棒、、なのかもしれませんしね。

生活習慣で大きいのは、食生活で、
テレビにでていた、どちらの方も蛋白質は、必要、、と、
たくさん摂っていらっしゃった。
一般的に、高齢者の健康寿命と、生命寿命が10年くらい違うわけですが、、、
つまり亡くなるまでの、10年、寝たきりとか、病気患いが、
女性の場合、平均10年くらいある。

こういう方は、血中アルブミン値が低いそうです。
アルブミンは、食事から取り入れた、たんぱく質を原料として肝臓で合成される。
血液中のアルブミンが少ないと、老化が早まったり、感染症にかかりやすくなったり、
体力、気力が衰えたりなどする。
血中アルブミン濃度が高い人ほど、長生きの傾向がある、、ということのようです。



年がいくと、いかに蛋白質が必要か、、なんですね。
同級生のお父さんは、卵、めざし、女医さんは朝からステーキを食べて
らっしゃいました。

年をとると胃腸や肝臓の働きが衰えてくるので、
ただでさえアルブミン値は低下しやすい。
肉や脂肪は体に悪いと思い込んで、あっさりした物ばかりをとっていると
血液中のアルブミン値は低下し、低たんぱく状態になって老化を進め、長寿を阻んでしまう。

健康で元気でいるためには、
まずは意識して、タンパク質を摂ることがが大事、、、なんですね。


今日のオカメ様  アタシも肉も卵も貝もかじりますよ~今は眠いんですけど。
150622_1034~03



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム