2015.12.26 17:04|世情
ものすごく頭にくることがあります。
消費税が10%になることが、さ来年4月から決まっているのですが、(これを書いた時点で)
こんな状況の中で、消費税を上げるとどうなるか?
もう、考えただけでも頭が痛くなります。



で、頭にくるのは、
その前にもっとやるべきことがあるでしょう!ということです。
それをやらないで、税金を上げることばかりやるのは、政権がおかしいと思うからです。
まずやるべきこと。それは公務員の給料削減です。

財政赤字なのであれば、どうしてそこにメスを入れないのか?
一番にやるべきことのはずなのに。
そして、逆に天下りが増えているそうです。
「25000人の国家公務員OBが4500の法人に天下りをし、
その4500法人に12兆1千億円の血税が流れていることがわかりました。
その前の年には、12兆6千億円の血税が流れていることがわかりました。
これは消費税五%分のお金です」
そこにメスを入れれば、なにも先に増税などする必要もありません。
やはり国民をバカにしている、としか思えません。
「税金に、一言で言えば、シロアリが群がっている構図があるんです。」植草氏



債務が払えなくなったと騒がれたギリシャ。
公務員が多いことで知られています。働く人の4人に1人が公務員。
しかも正確な数も把握していなかった、、というのだから驚きです。
給与に様々な手当が付与されていくことで、その加算分は基本給料の3倍にもなっていたそうです。
EUからの緊縮政策の義務付けによって、公務員の退職金や年金カットなどの打ち出しがあることから、
公務員を辞める人が急増。
その背景には、年金や退職金などが高待遇であるうちに早期退職をして、
手当を多く貰っておきたい考えを持つ国民が増えたから。

ほんとに、全く管理もなにもできていなかったわけです。

でも日本だって、なかなかのものです。
他の先進国の公務員と国民の平均所得は、
アメリカ、イギリス、フランスが公務員が少し高いくらいで、
ドイツ、オーストラリアは公務員の方が所得が少ない!
で、日本の場合、国民平均所得が412万。公務員平均724万。
倍とまではいかないけど、かなり開きがあります。
こんなに開きがあることにビックリ!だし、そんなにもらっていることにビックリ!です。

これは基本給はそんなに高くないが、各種手当が色々つくから、だそうです。
これじゃまるでギリシャではないですか!!
公務員といっても、地方公務員、国家公務員とあるが、
他国はだいたい国家公務員の方が高いのに、日本は地方公務員の方が高い。



だいたい財政赤字の危機感があるから、消費税を上げようといっているのに、
公務員給与が、国民からだいぶかい離している状況で、
消費税だけ上げよう、と言って説得力なんかないのに、当然のように上げる。
国民が怒るのは当然です。それとも、怒ってないのでしょうか?
もっとみんな怒ってください!

なにしろ、公務員給与の決定も、原則、全て"公務員自身が決定"している。
そんなのありますか?政治家がなぜそこを許すのか?
本来公務員は、国や国民のために働くもので、国民より低い給与で頑張る公僕のはずです。
ドイツやオーストラリアが、本来のあるべき公務員の姿だと思います。

公務員の給与が国民より低いどちらの国も、
国民は日本よりずっと幸せそうに見えるのは、私だけでしょうか?
つまり、既得権益が自分の欲に走り、利権を手放さないことが、
国民の幸せを阻害している
、、としか思えないからです。
そして、それを許す?人たちがいる
日本人は本来もっと幸せに暮らしていてもいいはずです。
なのに、おとなしい国民性なので、文句もあまり言わない??
それではされ放題です。



ちょっと強い口調になっていますが、これはきっと血筋だと、、、
うちの亡父の定年後の口癖は、「公務員は腹が立つ」でした。
父は一時期オンブズマンをやっていたこともあり、きっとものすごい理不尽を感じていたのでしょう。
父の気持ちがすごくわかる気がします。

日本には、あまり目につかないようになっているけど、
既得権益がかなり幅をきかせているようです。
既得権益の人達は、自ら利権は絶対手放さないので、(しかも、わからないようになっている)
それを許さないことが、いちばん大事だと思うのです。
多くの日本人がしんどいのは、一部の人に利権がいっているから。
かなりその部分も大きい、、と思うのです。
もっとみんなが幸せになってもいいはずです。

とりあえず、まずは公務員の手当てを、最低でも民間並みにしてもらいたい。
本来の公僕たるべきです。話はそれからです。
ギリシャの国を笑ったり、なんかできません。





今日のオカメ様  アタシも今カゴに入れられて、ちょっとだけ機嫌悪いですよっ
151226_1554~02



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト
2015.12.23 01:58|バレエ、身体
今は発表会の練習で、もう毎日が大変な状況なのですが、、

自主練のため、いつもはいかないバレエレッスンに行ったりもします。
そこは、昔からバレエレッスンをやっていた、スポーツクラブの店舗なので、
けっこう年齢の高い人もきていらっしゃいます。



70代の人もちらほらいるようです。
私の知ってる方は80歳の方だし、
いくつになっても、バレエをやろう、、という気持ちはすごい!と思います。

今日行った、スタジオのレッスンの更衣室でも、70代くらいの方達が
バレエのレオタードを着替えしているのを見ました。
すごい!みなさんとても元気で、楽しそうでした。

いくつになっても好きなことをやれるのは、ほんとに幸せなことですね。
私もまさかこの年で、衣装を着て化粧をして、発表会に出ることになるとは!
全く夢にも思ってもいませんでした。

この前、同世代の人と話していて、何年か前にバレエを思い立った時に
始めていればよかった、、もう遅いけど、、、とおっしゃっていました。
そんなことはない、今からでも全然遅くないと思いますよ!とおススメしたのは言うまでもありません。

やったことのない、動きを初めてやることは、脳にもすごいいい影響があるようです。
最近知った、脳科学の専門家の加藤俊徳 氏によると(まだ本は読んでいませんが、)



「脳は何歳になっても成長し続ける」
「脳の成長と個性が一番輝くのは中高年から」
「80、90歳になってから成長する脳がある」
というようなことが書いてあるそうです。

ただし、成長する脳としない脳がある。
「新たな趣味を持つと、その好奇心や挑戦する行動が脳にいい影響を与える」
「融通が利かないとか、人の意見をいぶかしがったりすることは、脳の成長を妨げる原因になる」

これまで1万人以上の脳をMRI画像で見てきたそうで、
「脳にはひとりひとりに個性がある」ということに気づいたそうです。

「そこから、「脳番地」という概念を生み出した。
これは、脳全体をそれぞれの機能ごとに120に区分して、更に8つの系統に分類したもの。
つまり、「考える」「理解する」「見る」「聞く」など、働きによって脳の使う場所が異なるということ。」

「そして、脳は「脳番地」ごとに成長するそうです。
なので、どの脳番地がよく育っているかによって、その人の秀でた能力が決まると。
スポーツ選手なら運動系の脳番地が強く、研究者なら知識に関する理解系脳番地が突出している。」

つまり使えば使うほど、そこの部分が発達する。
どこを鍛えていくか、、によって、脳が繁っていき、それが個性になっていくんですね。
使っていくと育つけど、使わないと成長しないで衰えていく、、。
だから、中年からでも、あきらめないで訓練をつんでいけば、それなりに成長がある、
その人らしい個性がでてくる、、、というわけなのでしょう。

「考えたり発想する番地である「思考系」を育てていけば、アイデアマンになっていくかもしれないし、
伝達系を鍛えていけば、会話がぽんぽんでるお話し上手になるかもしれない。」
「育てたいところを、集中的に、地道に経験させていくと、脳は確実に育ってい」くと、 加藤氏。
「脳を育てることは、個性を磨くということに近い。」



それは、すごくわかります。
私も中年からバレエを始め、それまで全くやってないことを始めたことで、
もう頭はフル回転でした。音を聞きながら、先生のやった動きを覚え、それを再現する。
動き自体が、わけがわからず、どう動いているかも把握できないところから、
ほんとに、少しずつ少しずつ覚えて、訓練してきました。
右手、左手、右足、左足、顔、全ての動きがそれぞれ違うし、それらを把握しながら覚えるのは
ほんとに難しかった!!
そのうえバレエは軸をとりながら、インナーマッスルを鍛えて
身体を作っていかないといけないのです。
端々の筋肉、筋の使いかた、つなぎ方のとても繊細な意識が必要なのです。
外側に筋肉がつくのは、身体の使いかたとして間違っている、、というわけです。
やみくもに筋肉をつけてはいけないわけです。

ほんとに身体の使いかたが、ものすごく難しい!それがバレエです。
そのうえトォシューズをはこうとすると、さらにハードルが上がります。

151118_1455~02

それらを思うと、ほんとに脳がフル回転してるだろうな、、と思います。
いえ脳だけでなく、身体中の神経、筋肉意識をフル回転させます。

今までの人生で、仕事ではそれは集中力がいりましたが、それは頭の中でやっていたことだったので
(手は描くのにつかっていたけど)
こんなに身体を集中して使うことはやったことがなく、バレエで全く初めての経験でした。
ピアノはやっていたのですが、それも手と頭、耳は使いますが、身体を動かすわけではない。

おかげで、筋肉もつき、若い何も運動をしなかった頃より、今の方がずっと元気だし、
集中力もすごくついている、と思います。
頭もそれまで全く使ったことのない部分が、けっこう発達できたのでは?と思います。

もしやってなければ、きっと筋肉もないまま、
腰や足が痛いまま、猫背で、O脚で、あちこと具合が悪くて、病院通いをしているような
状況だったかも、、?とも思います。
元から悪い記憶もますます衰えて、ぼ~っとして、、全てめんどくさい、、みたいになっていたかな?とも。
これって、もろ、いわゆる「年寄り」、、ですね。



今では、駅の階段を駆け上がれるし、自転車で坂道も駆け上がれるし、
もともといい記憶力ではなかったのですが、記憶力も以前より落ちた気もしません。
若い時より元気、、、って、いうのは、信じられないけど、、ほんとにありがたいことです。
(私の場合、若い時がひどすぎたのもありますが、、、)

なので、使っていれば、いくつでも脳が成長する、というのは
全くそのとおりだろうな、と実感しています。

みなさんも、それぞれ自分の興味あることがあれば、初めてのことに挑戦するのに、
遅いということはないと思います。

私も、発表会を前にして、思うのは、
色々めげることも多々あり、落ち込んだりもしますが、中年からはじめて、
この年でトォシューズでバレエを踊れることは、色んな条件がそろわないとできないことだし、
(身体の条件ではけない人もいる、体調が悪い人もいる、環境的にもそれどころじゃない人もいるでしょう)
発表会にでれるのは、ほんとになかなかない、とてもありがたいことなんだ、、と。
感謝して出させていただこう、、と、やっと思うことができました。
みんなにグチ聞いてもらい、支えてもらい、、やっとそう思うことができました。
やはり、続けるにはいい仲間が必要ですね。もちろんいい先生も。
ほんとにありがたいことです。


今日のオカメ様  ほんとですよ。感謝が必要ですよっ アタシにも感謝が必要ですよっ
140917_2324~02



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2015.12.18 18:21|
この前、利き手と脳の関係を調べていて、
わかったのが、よく言われる「右脳派」、「左脳派」というような、
人間の脳に2つのタイプがある、、はちがっていたというものでした。
どちらかが強い、弱いはない、、と。



ジェフ・アンダーソン博士のジャーナル誌に掲載された論文によれば、
「脳の機能が左右で分かれているのは紛れもない事実。
言語はたいてい左脳で処理され、注意は右脳で処理されることが多い。
しかし、左脳寄り、または右脳寄りの脳ネットワークを持つという傾向はない。
脳内の機能のコネクションごとに決定されるようだ。」

「個人の右脳または左脳ネットワークに、結合量や使用量の偏りはみられなかった。
これまでの研究に反し、男女の違いはみられなかった。」

7歳~29歳の被験者1,011名の脳をスキャンした新しい研究の調査結果をジャーナル「PLOS ONE」に発表。
この研究への参加者は、5~10分間脳を安静にしている状態で、MRIで脳をスキャンした。
この研究はいわゆる「脳の側性化」を調査するものだ。
脳の側性化とは、特定の知的活動は主として脳の左右いずれかの半球で生じるという考えだ。
博士らは脳を7,000の領域に分割し、領域間の脳機能のコネクションが左脳寄りか、
それとも右脳寄りかを確認した。」

「多くの人が性格を『右脳派』『左脳派』という用語に結び付けて考え、自分の人格をそのように理解している。
しかし我々の研究では、左脳のネットワークのほうが接続が優れている、
あるいは右脳のネットワークのほうが優れているといったパターンがみられない被験者も存在した。
それぞれの人のタイプは、大脳半球の片側がより活性化していて、
かつ優勢で機能ごとの接続が優れている、といったこととは関係ないのかもしれない」

つまり「右脳派」、「左脳派」という利き脳はない、、、ということのようです。
左脳人間「分析・理論的」、右脳人間「直感・芸術的」はウソだった、というものです。
それはいわゆる都市伝説のたぐいだ、と。



卒中になった友達は出血が脳の右側だったので、左側に色々出てきて
リハビリを頑張っていました。(右利きの人)
彼女の話では、病気になってi実感したのが、右も左も呼応する一対ということ。
右利きは左の見えないサポートがしっかりあった、ということ。(左利きも逆の、、)
右利きでも左脳ばかりでなく、右脳もちゃんと両方使われていた、ことを実感したそうです。
それはそうです。彼女はとても直感力のすぐれた、芸術家です。
人は脳の片側だけ使うということはありえません。

ジェフ・アンダーソン博士の調査結果の詳しい内容はわかりませんが、、、
(本が出ていないので、利き手の割合がどうなっていたのか、等は不明)

ただ、右も左も同じように使われていても、脳の機能はあちこちに分かれているので、
気になるのは利き手と脳の関係、ネットワーク、回路の問題です。

「左利きの場合、脳の作りが右利きと違う人がいることは解明されている。
左利きの人の脳は、次の3種類にわけることができる。」
1 右利きの人の脳とあまり変わらない
2 左右の脳が反対になっている
3 言語能力(右利きでは左脳)や空間能力(右利きでは右脳)が左右両方にある

「 右利きと変わらない場合や左右の脳が反対になっている場合は、単に利き手が違うだけともいえる。
だが、言語能力や空間能力が左右両方の脳にあるケースでは、
右利きの人よりも、左右両方の脳を使う頻度が高いと言える。
これは統計的にも実証されており、話をするときに主に左脳だけを使うのは、
右利きの大人の場合90~95%なのに対し、左利きでは約60%と少ない。
つまり、左利きの人の残り40%の多くが、左右の脳を駆使して話をしていると考えられる。 」



「 右脳と左脳はさまざまな役割を分担してはいるが、最終的に決定を下し、
何かを実行に移すには、両方の脳が総合的にはたらいてこそ実現する。
どちらの脳が優れている、といった問題ではないことに留意しておきたい。
要はバランス。
どちらかの脳を活かす、というのではなく、両方の脳を活かしきることを考えよう。」

それはもちろんそうでしょう。
ただ「左利きや両利きの子どもの言語障害リスクや、ADHDリスクは高めである。」
「事故にも会いやすく、寿命も10年くらい短い」
これは単に左利きがうっかりしている、や、左右脳を両方使っているはずなのに、、、
だけではない気がするのですが、、、
人間社会ではほとんどが、右利きの社会なので、左利きはリスクもストレスも高いのかな、、とも思えます。
左利き矯正で、吃音になる子もいます。

私の場合、特に言葉、言語。
おそらく、ですが、私の場合、言語が脳の左右にまたがっていて、その回路、使いかたが、
どうもちぐはぐな気がします。脳の部位のネットワークの問題かもしれませんが、
色んなことを把握するのに、ものすごく時間がかかるし、
頭に浮かんだことを、すぐに言ってしまい、失敗することがけっこうあるし、
物事の説明が、ものすごくニガテなのです。
口下手なのは、この年になっても、もうずっとかわりません。
だからといって、別にそんなの今さら気にしませんがね。

文章とかは、読み返せるので、修正できていいのですが、しゃべるのは瞬間、瞬間なので、
基本ほんとにニガテです。(おしゃべりではない、、ということではなく説明がニガテ)



そして、じっさい事故にもあいやすい気がします。これはそうとう心しないといけないことです。
(これにはさらに別の理由もあるのですが、またいずれ、、、)
どこに行くにも、自転車を使いますしねえ、、

なぜ左利きが出てくるかは、はっきりとはしないらしいですが、
人間の場合、人種、民族に関係なく、左利きはだいたい1割くらいの割合で出てくる。
その理由は、今だに不明だそうです。
他の動物でも利き手(足)があって、種によってランダムに出てくるようです。
人のように1割というのはめずらしい、、、とか。
おそらく進化の過程で、多様化等、何らかの必要性があったのでしょうね。

おもしろいのが、オウム。
こちらは1割が右利きだそうです。つまり9割が左利き!
これもめずらしい部類に入るのでしょう。
こちらも、進化の途中に何らかの環境状況等あったのかもしれません。

うちのオカメ様はオカメインコという種の名ですが、じつはオウム科の仲間で、
一番小型のオウムのようです。そして、、、やっぱり左利きなんです。
実は、彼は多数派だったんですね。^^


今日のオカメ様  そうです。アタシは変人(鳥)じゃありませんからねっ
151118_1458~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2015.12.14 00:27|生活
実は私は左利きなのですが、
子供の頃、エンピツと箸は母に直されたので、それは右手です。
なので、他の人には気づかれにくいのですが、
直っていない他のことは、基本左なので、ハサミや包丁等は左です。
ものによって右しか使えなかったり、左しか使えなかったりなのです。



おそらく右利きの人は気づかないと思うけど、
生活の時も、色々ちょっと引っかかりを軽く感じることはあります。
例えば電車に乗るときも、改札を通るとき左でカードをかざすのはやりにくいわけです。
なので、新たにやる動作は、意識的にできるだけ右手で始めるようにしたりします。
なので、だいぶ右手でやれることも増えました。
結局は回数やれば、何でも慣れるわけですから。

もう子供の頃からのことなので、別にどうってことないのだけど、
なぜ今さらこんなことを書いているか、、というと
じつはバレエで動きを把握するのに、状況を把握するのに、ほんとに時間がかかるからなのです。

もしかして、この時間のかかる把握力のなさ、不器用さは左利きのせいもあるのかな?と
思ったからです。

今、発表会用の振付をやってもらって、1曲踊りをやっているのですが、
やったことのない動きの組み合わせが続き、それが変わると、もう把握できないのです。
そのうえ機転もきかず、頭がいっぱいいっぱいになり、何を言われているのか
まったく把握できなくなります。



その上、動きだけでなく、練習する場所が変わるたびに、位置関係がわからなくなるのです。
どっちが前で、どっちが後ろ?
違う場所で自主練してると、動くたびに自分が今どこにいて、前がどっちだかわからなくなったりします。
位置把握もとっさにできないのです。
よ~く考えてみて、あっこっちが前だった、、と気づく。
そんなことにも時間をかけないと把握できないのです。
どうやら他の人はそんなこともなさそうです。

これはいったいなんなんだろう?と思った時に、もしかして
左利き、というせいもあるのかな?と、ふと思ったのです。

以前から思っていたことは、自分がほんとに不器用だ、、、ということです。
友達のやはり左利きの同業者は、「左利き度」が私より強いのですが、
彼女は私からみても、ほんとに不器用だなあ、、と思うのです。
お互い「左利きってホント不器用よね~」と、慰め?あったりしますが、、
うまく機転がきかず、把握できないので、混乱してその場ですぐに対応ができないのです。
そこは似てるなあ、、と思います。

でも、絵は仕事でやっていたので、それなりにかけるし、
それなりに独創的な発想も、ある程度はあるかな?とも思います。
時間がかかるけど、マスターしたらそれなりにやるので、
一見器用にみえて、器用、、と言われることもあります。
が、 色んなことを把握して、やれるようになるのに、ホントに時間がかかります。



でも、色々調べてみて、左利きは空間把握能力が高い、、とか書いてあったりもします。
紙の上とか、対、画面、頭の中だと確かにそうかな?とも思うけど
頭の中ではなく、身体がその空間にいると、その位置関係がとたんに把握できなくなるのです。
それは置かれた状況も同じで、どう対応していいかわからなくなります。
いわゆる一種のパニック障害ぽい気もします。
つまり、結局はどれだけ訓練ができているかどうか、なのかもしれませんが、
こればかりはパニックになると、どうにもなりません。
身体を使う訓練は、まだまだ少なすぎる、特に踊りになると少ないから、よけいそうなんですが。

それはたんに、利き手と関係なく、私の把握力がないせいと訓練が足りないから、
と言われるかもしれませんが、動きを把握、状況を把握するのに時間がかかり、
覚えるのにも時間がかかる。
これは不器用以外の何ものでもない、と思います。

たぶん右脳、左脳、ものによって利き手が違うので、踊りは身体の全部を動かすので、
脳の回路のつなぎ具合もあって、すぐに把握し動かすことがニガテなのかな?とも思います。
何度も回路をつなげて、その訓練を何度もして、初めて動きが把握できるので、
つなぎが上手くいかない傾向があるのかもしれません。
それは言葉も同じです。とっさに何を言われているか、理解不能のこともままあります。
瞬間把握がものすごいニガテなのです。

151118_1457~01

「認知行動障害には左利きの人の方がなりやすいと言われている。
実際、米国エール大学が行った研究では、左利きの人は、現実相関に弱いと結論づけられている。」
認知、現実相関に弱く、時間がかかるのは、ものすごく実感します。

まあ、中年から始めたことだし、踊りなど学校のフォークダンスしか
やったことがないのだから、踊り慣れてないので当然といえば当然でしょうが、、、
性格的にも、把握力が弱いのでなおさらです。
それにしても、踊るというのは、ふだんのレッスンとは全く違い、ほんとに難しいことなのです。

技術の上に、空間把握、動きの把握、表現力、音の理解力、注意の言葉を把握する力、
色んなモノが同時にいっぺんに求められます。瞬間力の弱い人間には
ほんとに難しい、、、機転も全くきかないので、ドツボにはまると、抜けられなくなります。

この前テレビで、芸能人がバレエに挑戦、、みたいな番組をやっていましたが、
みなさん子供の時からやってた、めちゃくちゃレベルの高い人達ですが、
それでもプロの舞台はいかに厳しいか、、という番組でした。
レベルはあまりに違い過ぎなので同列に言っては申し訳ないのですが、
「踊り」をやるという難しさは同じなんだろうな、、と思いながらテレビに釘づけでした。
そこにも器用にこなす人と、不器用な人がいるわけなんですね。

151118_1455~02

あまりの自分の把握力のなさに、心が折れそうになるけど、
この年で踊れる状況があるだけでも、ありがたいことかも、、と思いなおしたりもします。

こういう把握力のない人間は、きっと人一倍練習しないといけないわけなんですが、、
特に大人から始めているので、なおさらです。
練習時間をできるだけとって、自主練して、何とか乗り切れるよう、、、頑張りたいと思いますが、
それにしても、とっさの言葉、とっさの状況の把握力のなさには、
自分でも心が折れてしまいそうになることもあります。
せめて、左利きのせいで、仕方ない面もある、、と思わないとめげてしまいます。

そういえば、フレンチでナイフ右、フォーク左ができないので、私はナイフを左にもちますが、
これはフレンチのマナー違反なのか?誰に聞いても知らないので、ご存知の方おしえてください。

今回ちょっとめげてるので、愚痴っぽい記事になってしまいました~;


今日のオカメ様  アタシもじつはっ、左ききなんですよ~全然めげませんよっ
151112_2147~02



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


2015.12.10 00:34|糖質カット
酒もタバコもやらない私は、ゆいいつ甘いものが好きで、
わりと食べていたし、甘いものは止めれない、、と思っていました。
洋酒入りラミーやバッカスは大好きだったのです。



それが、何か月か糖質制限をやっていて、だんだん甘いものを食べなくなっていました。
そして気づいたのが、味覚の変化でした。

まず、久しぶりで食べたラミーの甘さにびっくり。
そして、最近お腹がすいたので、何か食べるもの、、と見たら、
保存用のレトルトカレーが出てきたので、それを食べようとしました。
一口食べて、うううっ何だ!?この甘さは!?と、びっくりしたのでした。

151116_1502~01

で、原材料を見て、野菜の次に砂糖!次にブドウ糖果糖液糖!そして小麦粉、パーム油、
その後にやっと鶏肉、、、、な、なんじゃこれは~!
軽い衝撃を受けつつ、これじゃ甘いはずだ、、と驚きました。

それにしても、前からこんなに甘かったのか?成分が変わったのか?と思ったけど
おそらく私の味覚も変わったのだと思います。
前は急ぎの時等に、たまに食べていたものなのに、もう食べることもできなくなっていたのです。

糖質制限をはじめてから、ほんとに色んな身体の変化がおこりました。
何度も書いてるように、体脂肪が減り、体重が減り、血圧も下がりました。
そして味覚まで変わりました。

151209_2218~03おやつ

最近、糖質制限を始めた友達がいます。
一気に5キロ減ってうれしくて、つい炭水化物を増やしたら、
2キロもどった、、気をゆるしちゃだめねえ、、と言っていたのですが、、
なんと、彼女はタバコを止めたそうです。もうビックリ!

今まで何度も禁煙をやってはダメだったのが、今回はすんなり止められたそうです。
へえ、よく止められたなあ、、と思ったら、
糖質制限を始めたら、タバコのにおいがすごく気になり始め、すんなり止められたとのこと。
止めた後も、部屋に染みついたタバコのにおいが、くさい、くさい、、と、気になっているようです。
ほんとに変われば変わるものですねえ、、。

やはり糖質を減らすと、味覚や嗅覚に変化がでるんだ、、と確信しました。
私も何だか時々臭いに過敏になるな、、とは思っていたからです。
ふとした時に、微妙なにおいを感じることがあるのです。

大好きなチョコレートも、甘すぎるものはもう食べれないし、パンも気持ち悪くなってくることもあるし、
最近食べてるのは、カカオ70%のチョコが好きです。
85%も、前は苦くてあまりおいしくない、、と思っていたのが、けっこうおいしい、、と感じるようになりました。

151209_2221~01

どうも、味覚障害というのは亜鉛不足、食生活のみだれ、もあるようですが、
糖尿病の人にも味覚障害がでるようです。
味覚障害がでたら、糖尿病も疑ってみる、、とのことです。

「糖尿病を患うと高血糖状態が長く続くことで、血管や神経にダメージを与える。
糖尿病の三大合併症の一つである「神経障害」では、手足のしびれ・痛みが多く見受けられる。
その神経障害の一つとして、味覚に関わる神経が障害されてしまうと、味覚障害が起こることがある。
また、糖尿病腎症で腎臓の機能が低下している場合には、
味蕾の新陳代謝に欠かせない亜鉛が吸収されずに排出されてしまうため、より味覚障害が起こりやすくなる。」

糖質を多く取り過ぎると、味覚がおかしくなるのかもしれません。
今、味覚障害の方は増えているようです。しかも中年以降に増えているとか、、
薬をのむことも味覚障害の原因のひとつとか、
利尿剤 降圧剤 抗不整脈剤 抗パーキンソン薬 抗うつ薬 向精神薬 解熱鎮痛剤
抗生物質 抗結核薬 抗がん剤 肝臓疾患用薬 抗甲状腺薬 糖尿病薬、等



薬が原因の場合は、薬を減らすしかないのかもしれませんが、
思うに、糖質を減らすことで、素材そのものの味を感じやすくなるのでは?と思います。
甘いものには、めちゃくちゃ敏感になります。

そして、甘いモノ好きな人ほど、糖質制限がおススメ、、とのこと。
糖質が身体から抜けるのに、2か月ほどかかる。
糖質制限で、味覚が変わるから甘いモノを減らせる、とのこと。

まさにその通り。減らせます。
糖質(炭水化物)を減らすことで、少しの甘さを感じることができるようになるのですね。
どうやっても、甘いものが減らせなかった私が、今食べているお菓子はシブいものばかりです。
以前なら絶対に買わなかったものです。
甘いものが減らせて、ほんとに良かったと思います。

151209_2217~01

ついでに、カレーに入っていたブドウ糖果糖液糖
これって何にでもわりと入っているものですが、何なんでしょう?

これはコーラや、炭酸飲料に多く含まれていて、主にアメリカ産のコーンで作られている。
天然甘味料だが、肥満の原因として、アメリカではすでに使用制限が広がってきているが、
日本では消費が増えている、、とか。
遺伝子組み換えコーンで、値段が安いので何にでも使われている。

「ぶどう糖果糖液糖」は糖のうちの果糖の割合が 50%未満のもの、
「果糖ぶどう糖液糖」は果糖の割合が50%以上90%未満のもの、を意味する。
例えば、日本で市販される清涼飲料水には12%程度が含まれ、500ml飲んだ場合、60gを摂取することになる。」

もともと、炭酸飲料は飲みませんが、それにしてもけっこうな量です。
それが今は色んな食品にも使われているようです。
なんだか、気が付いてみると色んなものに、小麦粉が使われている、、と思っていたのが
砂糖や果糖ブドウ糖液糖、ブドウ糖果糖液糖もけっこう使われていることに驚きました。

糖質が入ってないと、「おいしい」と感じない世の中になってきているのを感じます。
ほんとに、今の世の中、糖質にあふれていることにあらためて驚きます。


今日のオカメ様   なんだか、アタシの好きな、同じようなものを食ってるようですねえ、、、
151209_2219~02


↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活




2015.12.06 22:32|健康、病気
少し前に友達からユズをもらいました。
庭でとれたという、とてもいいユズでした。

それを、やはり前に買っていた、ガラスの漬物漬けに入れ、
ハチミツを加え、重しを置きました。

151122_1901~01ガラスの重し

なじんだ頃に、とてもいいユズ茶になります。
これにお湯を入れて飲むと、とてもおいしいし、風邪にききそうです。

それを作ったころから風邪をひいていて、軽い風邪なのでいつものように暮らし、
少し重くなった時に、1日家でゴロゴロしてたくらいで、今はだいぶ良くなり咳がでるくらいです。

けっこう風邪はひきやすく、インフルエンザにも2回かかったことがあります。
うち1回は、韓国旅行に行き、あんまりにもしんどいので、帰ってから病院に行ったら
インフルエンザにかかっていたことがわかった、、というものだったし、
以前は半年以上風邪状態がつづくこともありました。

病院に行って注射してもらったのも、そのインフルエンザの時行っただけで、
普通の風邪なら薬ものまなければ、病院にも全く行きません。

どういう時ひくかというと、身体が冷えて寒いと感じたのに、対処をしなかった時や
旅行に行った時、睡眠時にエアコンが入っていると、よく風邪をひくのです。
乾燥に弱いのかもしれません。
なので、ふだんエアコンもつけません。エアコンはほんとにニガテです。
ほんとに原始人のようです。

昔は風邪をひくと、何か月もず~っと風邪の状態が続いていたのですが、
それに比べると、今は風邪の期間もだいぶ短くなっています。
その分、健康になったのかな?とも思っています。

151122_1900~01

免疫力と体温の関係で、
平均体温が37℃の人と35℃の人では、免疫力が60%も違うとか、、
体温が1度下がると、免疫力が37%、代謝が12%下がる。
ウイルスや細菌によって起こる病気にかかりやすくなる。
免疫が落ちると、ウイルスや細菌に対する防御力が下がる。
つまり、風邪をひきやすくなるわけですね。

筋肉をつけると体温が上がり、免疫力が高まる。
人間の体温の40%は、筋肉が作り出す。
その筋肉の70%は、足に集中してるので、足を使わないと体温が低くなりやすい。

それは実感しています。
バレエをやる前は、ずっと風邪をひいていたのも、筋肉がなかったのも関係しているかも、、?、
それに低体温だったのかもしれません。
身体を動かし始めてからは、冷え性も良くなったし、風邪はひいても前のように長引きません。
体温も平常。前より全然元気です。若い頃より元気とは、、想像もできませんでした。
健康と筋肉は、かなり関係しているというのは、筋肉がついて初めて気づきました。

そして薬。

風邪をひくと、世間では当然のように薬を飲む人が多いようですが、私はのみません。
風邪をひいたことで、身体が調整をしていると思っているし、
風邪もひかない身体は、どこかで大病が出てくる可能性もある、と思うからです。

これは、天才的整体師、野口晴哉の「風邪の効用」という本を昔読んでから
なるほど、と思い、以来のんでいないのです。



その考え方は
「熱がでたら、熱は身体をゆるめるので、にぶい身体が弾力ある身体にもどる手助けになるので、
薬等で無理に下げると、かえって風邪が長引く。
弾力と大病は関係があり、癌、白血病、肝臓病、脳溢血といった病気は
自覚しない内にフッと病気が重くなり、自覚した時は体に弾力がなくなっており、そのときでは間に合わない。
大病になる人は共通して風邪もひかないという人が多い。
風邪をひくと、鈍い体が一応弾力を恢復する。」

「風邪をひいただけ体は丈夫になる。
ただし風邪を十分に経過せず途中で中断してしまう様な事ばかり繰返していると、体が丈夫にならない。
風邪や下痢は軽い内に何度でもやることが、健康で弾力のある体を新しいまま保つ。」

そんなことは、現代医学では絶対言いっこないことですよね。
この説は、読んだ時けっこうインパクトありました。



「理由があって風邪をひくのだから、理由をただす必要があり、
風邪をひくべき体の状態ならひくのであって、ひかない状況ならひかない。
「風邪がうつるといけない」と言うのは、一人にしてゆっくり寝かせないと体が弛まないので、
″うつる”という事を便宜的に使っているにすぎない。」

風邪は経過で自然に抜けるものだし、、その身体に必要だからひくのだから、
風邪は悪いものでもない、、、というものです。
風邪をひいただけ、丈夫になる、、なんてすごいですね。
この考え方は、なるほど、、と思い、いらい風邪薬はやめました。

テレビで当たり前のように、風邪薬の宣伝をしています。
熱を下げましょう、、と言っているのを見て、
「ふうん、、?そりゃまずいんじゃない?」、、とそのつど思うのです。
まあ、受験やどうしても抜けられないとか大事な用とか、
とりあえず薬で押さえないといけない場面も、けっこうあるのかもしれませんが、
CMのように、「日常生活でお気楽にのむものじゃないっ、そりゃまずいだろっ」と、
ひねたオババはつっこみを入れたくなるのでした。



そんなだから、当然インフルエンザのワクチンも、やりません。
これには、賛成と反対と両方意見があるようですが、
たしかに、うつと羅漢率が下がるようです。
どのインフルエンザが流行るか、の精度もかなり上がっているようです。
なので、子どもさんや、回りに感染すると困る人がいる場合、やる価値はあるんしょうが、、

私の場合、周りへの必要もないし、ひたすら免疫力を上げるよう気を付けることで、
その対策は十分と思っています。
ひいたらひいた時で、その時に対応すればいい、と。
なにしろ原始人ですからねえ、、、

それにしても、
昔の日本人には、すごい人もいたなあ、、と思います。
この方の考え方は、とても斬新でユニークなので、もし興味ある方がいたら
「風邪の効用」はおススメです。(他の本に比べて読みやすい)
今のやわな日本人には、とても太刀打ちできない斬新さですから。



今日のオカメ様  アタシも鼻水を飛ばすこともありますよ
151129_2226~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2015.12.02 14:48|生活
この前チャンネルを回していたら、たまたま頭脳を競う、、みたいな
クイズ番組をやっていました。
その時の質問の経済学者の名前を、「え~と、誰だっけ?」と思い、その辺りだけ見たのですが、、
みんな頭がよさそう?な人ばかりでした。

クイズ番組はだいたい嫌いなので、見ないです。
自分の記憶力の悪さや、バカさ無知を思い知らされ、考えることで頭が痛くなるのもありますが、、、
そんなの競っても意味ないと思っているからです。(もちろん負け惜しみではなく)



世の中たしかに頭のいい人はいます。
いい人というのは、漠然としすぎだけど、、、
一時期、IQよりEQ(心の知能指数)というのが流行ったことがありますが、、、
今ではCQが最も重要、、とかPQが大事とか、、、?
それって何?

CQは好奇心指数で、PQは熱意指数、、だそうです。

「創造力と好奇心ということでCQが使われている。
他にコミュニケーション指数やCultural Quotient(文化指数)、
Children Quotient(子ども力指数)のC。

この概念には、創造力や好奇心、熱意Pも包含されている。
子どもの遊ぶ力や驚嘆する力、質問力、挑戦力、熱中する力や能力を
大人は大きくなるにつれ忘れてしまうが、大切な能力。
子どもに接することで、刺激される、、というようなことらしいですが、もっともです。

まだ読んでいません

「子どもは遊ぶのが仕事」とは、昔、うちのおばあちゃんもよく言っていたことです。
やりたい遊びを、思う存分遊べるのは、たしかに子どもにとって、とても大切な幸せなことだなあ、、
と思います。

私は好きな興味あることには、熱中して続け、けっこうがんばれますが、
それは考えてみたら、子どもの時の夢中でやったこと、その熱中度合いが、
大人になってからやることの熱中度合いと似ているのかも?と、気づきました。

小さい頃、少し離れたおばあちゃん家(農家)に毎日毎日出かけていって、家や外で
何やかややって遊んでいました。
もう少し大きくなってからは、友達と人形ごっこを、ドラマ作りをしながら、
あきもせず毎日毎日やっていました。
それはもう毎日が楽しかった。

やはり大人になってからのエネルギーの原点は、そこら辺りかな、、という気がしています。
仕事もそれらにつながってる延長の気がします。バレエも、、



それと、もうひとつ大切なものとして最近注目をされているのが、グリット。
子供の成長と成功を導く一つのバロメーターとして注目されている、、、ようです。
grit(グリット)は、長期的目標に向けた忍耐力と情熱のこと。
つまり、「やり抜く力」や「一つのことに集中する力」のこと。(CQ,PQともかぶりそうですが)

アンジェラ・リー・ダックワースの唱えている説で、
教員もやり、心理学者にもなった人で、誰でも勉強は根気よくやればできるようになる。
そのモチベーションをどうするか、が重要。

「様々な環境において、ものすごく難しい課題に挑戦する大人や、
子供たちを研究することから始まりました。
複数の研究を行いましたが、どの研究においても共通テーマとして掲げていたこと、
それは「1番の成功者は誰か? そしてそれはなぜか?」ということ。」

1)軍事教育学校で、
厳しい軍事トレーニングに耐えて生き残る入隊者と、耐えきれずに中途退学していく入隊者を予測
2)ナショナル・スペリング・ビー(英単語のつづりの正確さを競う大会)での現地調査では、
どの生徒が勝ち残るかを予測
3)過酷な環境の中で働いている教育現場の先生方を調査し、
「どの先生が年度末までその教育現場に残ることができるか?」
「そのうち、最も生徒に影響を与え、その生徒が持つ学力を引き出し、
結果に結びつけることができた先生は誰か?」を研究
4)どのセールス担当者がセールス担当者として生き残れるか?」
「トップセールスを記録したのは誰か?」を調査。

「これらの調査結果から、共通してある1つの性格を持っていることが明らかになったのです。
それがグリット。」  (残念ながら本が出ていないようです、TEDで放送したらしい)



「物事に対する情熱であり、また何かの目的を達成するためにとてつもなく長い時間、
継続的に粘り強く努力することによって、物事を最後までやり遂げる力のこと。
グリットはスタミナを必要とします。
1つの夢や目標を実現するために毎日毎日、朝から晩まで、夢中になって頑張り続けること。
それも1週間、1ヶ月といった短期間ではありません。
数年間ずーっと。頑張って、頑張って努力し続ける、そうすることで、やがて夢や目標が現実のものとなる。
グリットは短距離走ではなく、長距離走です。」

「もって生まれた知能、才能は関係ない。」

じゃ、モチベーションをどう子供につけさせるか?
「その答えはまだわからない」のだそうです。

ヒントとして、
「ドゥエック博士の研究では、子供たちに脳と知能の発達について予め学習させ、
知能は生まれつきのものではなく、挑戦し続けること、
努力することによっていくらでも伸ばすことが可能であると教え込んだ後に
難しい問題を解かせると、子供たちは難しい問題に対しても失敗を恐れず、
自ら進んで挑戦しようとすることが分かりました。」とのこと。

これも読んでいませんが

可能性を信じれると、挑戦できるのかもしれませんが、
ようは、今の我慢がほしいものを手に入れる近道だ、とわかれば
ガマンは全然苦痛じゃないってことでしょうか、、

ちょっと我慢すれば、欲しいものが手に入る、そういった小さい成功の積み重ねが
大切なのかもしれません。
何でもどうせダメだから、とすぐあきらめてしまいがちです。
小さくても、成功体験や可能性があると思えるなら、やってみようと考えるかもしれません。
そして、その情熱をどれだけ続けられるかは、
私が思うに、、たぶんその答えは、おばあちゃんが言っていた、「子供は遊ぶのが仕事」。

子どもの時に、どれだけ好きな、興味あることにのめり込むことができたか、
どれだけエネルギーを持続できたか、、にかかっているのかな?とも思います。
それを親がどれだけ許せ、見守れたか、、
それにかかっているのかな?、、と私は思うのですが。



今日のオカメ様  アタシは我慢強いですよ。やりたいことは、あきらめませんよっ
151112_2145~03

↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活





11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム