2016.12.31 20:42|インコ
あっというまに16年も終わり、新しい年になります。
新しい年は酉年。



とり年。ニワトリ。
毎年なに年でもいいのですが、年賀状を書くときに使うので、
ちょっと気になるくらいですが、鳥なので、オカメ様の写真を、、と思ったけど、
写真の加工が今一つよくわからず、断念しました。

この前びっくりしたことがありました。
たまたまユーチューブで、36歳のオカメインコの映像を見たのです。
36歳!おそらく最長老でしょう。
目はあいてなくて、歩くこともなくじっとして、毛づくろいしてる映像でした。
亡くなる少し前の映像だったようです。
その子は、灰色オカメさんでした。

そんなに長生きできる子がいるなんて!
きっと大事にしてられたんだろうな、、と思いました。
オカメインコの平均寿命は17歳近辺というのが一般的のようだし、
最高寿命が20ちょっととか書いてあったりします。
でも、27歳のインコがいることは知ってるし、うちのオカメ様は21歳だけど
全然元気で遊んでいます。
あと10年生きてくれたらうれしいなあ、、と
希望をもっていたのですが、それを超えている子がいたとは、、!

ほんとに鳥は、寿命が長めなので嬉しいです。
犬や猫に比べたら、飼っている人は多いわけではありませんが、
とても頭がいいし、感情表現が豊かだし、コミュニケーションがしっかりとれるし、
遊びが大好きで、人なつこいのです。

150910_0113~05

1人暮らしなので、家に帰ってくるときも、生き物がまっていてくれる、というのが
とてもうれしいものです。
自分以外に生き物がいる、というのは、とても癒されます。

心臓発作入院患者の調査でも、動物を飼っている人といない人の
1年後の生存率を比べると、飼っていない患者72%、飼っている患者94%
22ポイントも差があったそうです。
これは動物を飼うことにより、心拍数が下がり、鎮静効果があるから、と考えられているようです。

それはわかる気がします。
ペットがいると、とても気持ちもなごむし、楽しくさせてもらえます。

オカメ様もまだまだ元気で、いたずらも大好きです。
食事をおえて、食べ残しをそのままにしていると、
自分が動かしやすい器を選び、体中を使ってズリズリ動かし、上からポトっと落とします。
それをじ~っと見ているのです。
残り物が散らばって、、うわ~!コラ!と行くと、フフン、してやったり、、という感じです。
きっと、落とすのが面白いんでしょうね。
ちゃんとすぐ片づけないといけない、と思いつつ、私もこりない、、

そして、小屋の外で遊んでいる時は、ずっと小屋のドアを開けているのですが、
気が向くと、自分から小屋に入って、下に降りて隅の方で、ピッ、ピッ、とかわいく人を呼ぶのです。
それはじっと獲物が引っかかるのを狙っている感じです。
行くと、ワアッと驚かすように飛びはねます。
わあっ!びっくりした!と言うとふふ、、と、満足そうにします。

161105_1255~02

紙袋でかくれんぼもするし、「袋を振って」、と見上げるので、振ると
リズムに乗ってトットットッと歩きます。で、首ふりして、また歩きます。
それに合わせて袋をふると、ノリノリで歩くのです。
感極まると、首ふり運動がはじまります。
すごい勢いで、首をふり、「ピコピコ」とリズムにのって声をあげます。
興にのってるんですねえ。

いやもう元気がなにより、で、こっちも楽しいからいいんだけど、
ふと、この元気がいつまでも続けばいいなあ、、と思ったりもします。
生きものは、人間より先に逝かれることが多いので、それがとてもつらいですから、、。
21年もいっしょにいれば、お互いもうツーカーです。
友達の大学4年の息子さんと同じ年ですしねえ。

トイレにもいっしょに行くのが好きで、「小僧」(厠小僧のいみ)というと、
どこからでも飛んできて、チャっと肩にとまり、いっしょにトイレに行くのです。

まあ、こうやってオカメ様の好きな遊びや行動がいくつかあり、遊ぶと
楽しそうなのがわかります。好きなことも。

そして、顔の周りをかいかいして、とツンツン合図して、甘えてきます。
これは片手にオカメ様が乗って、もう片手でかいかいするので、
写真が撮れないのが残念です。
首の回り、顔や頭をかいかいします。

バレエ友達で、オカメを飼いはじめた人が、お互い付き合いがいまひとつのようですが、
何が好きで、何をしてほしいか、何を訴えてるか、何が不満なのか、
行動パターンの読みを、わかるようになるのに、うちの場合も、やはり時間がかかりました。

160825_1144~02

行動でみていくしかないので、鳥ともなると、哺乳類ではないので、
やはり少しわかりにくいのだと思います。
テリトリー意識があるのが、けっこうネック。
それ以外では、とてもいいこなのに、時々なわばり守る、のスイッチが入ると、
私も攻撃対象になることもあったのです。(といっても、たいした攻撃ではないけど)
小屋に入る時間を決めることで、(人に逆らえず、そのあいだ小屋に入れられる)
どうやらテリトリー意識がなくなった?ようです。
仕組みがよくわかりませんが、それできれいに解決しました。
自分ではなく、この人がご主人、、と理解したのでしょうか??

最低限の規律を守れば、あとは嫌がることはしない、楽しいことをして遊ぶ。
これでとてもいい間柄が築けます。

子どもの時から、色んな動物を飼ってきましたが、
鳥と、直接触れ合える関係がもてるといいのになあ、、と思っていました。
(十姉妹はカゴで、ニワトリは小屋で飼っていた)

以前飼っていたセキセイインコも、とてもかわいかったです。
でも動きがすばしこいので、こっちが触りたいときに、なかなか簡単にはつかまりません。
その点、オカメインコはとろくさい。
動きもゆっくりだし、ポケ~としてるので、わりと簡単につかまります。
ニギニギ(にぎる)や、ムニュムニュ(胸をかかえる)やなでなで、シッポつかみ、
どれもさせてくれるのです。
むろん嫌がらない範囲でだけど、オカメ様も喜んでるのが、わかります。
鳥と、こんなスキンシップがとれるなんて、、!
ほんとにとても幸せなことだな、、と思います。

この幸せな時間が、ずっと続いてくれたらなあ、、と願っていますが、
こればかりは寿命なので、誰にもわかりません。
でも、36歳の子がいることで、希望がもてたことはたしかです。

すっかり親ばか記事になってしまいました。;
では、みなさま良いお年をお迎えください!


今日のオカメ様  アタシャいま眠いんだから、ほっといてちょうだいねっ
161231_2016~01



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト
2016.12.23 17:18|健康、病気
来年1月1日から、医療費控除の特例として、
セルフメディケーションの税制がはじまるそうです。



それって何?
セルフメディケーションって?
私も友達から初めてその言葉をきいたわけですが、
セルフメディケーションは、
自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること
と、世界保健機関(WHO)は定義しているそうです。

保険のかかる費用を考えたら、遅いくらいで、今さらとも思うけど、
医療費削減としてはじめるにしても、医療費の税金控除になるのは、意味のあることだと思います。

で、税の控除は、自腹購入する市販の薬等の購入費用。
それが申告で節税対象となる、、ということのようです。

「スイッチOTC医薬品購入総額が、年間で12000円を超える部分が所得から控除される。
ただし、上限の控除額は88000円。
また、生計を一にしている家族・親族は合算対象に。同居じゃなくても問題ない。」
「この対象となる市販薬をスイッチOTC医薬品と言う。」

「たとえば、自分が花粉症で内服している市販薬「アレグラFX」、
妻が頭痛で内服している市販薬「ロキソニンS」、
おばあちゃんが使っているシップ「サロンパスEX」全部まとめて申請できる。
ちなみに、従来の医療費控除も、生計をいっしょにしている家族・親族は対象。」
(小枝医師のHPより)



健康管理を自分でしましたよ、、の証明として、
1.特定健康診査=結果通知表
2.予防接種=領収書または予防接種済証
3.定期健康診断=結果通知表
4.健康診査=結果通知表
5.がん検診=領収書または結果通知表    これらも、申告できるそうです。

スイッチOTC医薬品を購入した場合は、
1.商品名 2.金額 3.セルフメディケーション対象商品である旨 4.販売店名 5.購入日
つまり、領収書はきちんと取っておかないといけないわけです。

今までは、年に医療費として総額10万円以上支払いをした人が対象だった。
(10万円以上支払いをした人は、10万円を超える部分が所得から控除されていた)
ただ、控除の申請には確定申告をする必要があり、
その医療費控除に、今回の特別枠が追加され、対象者が拡大する、ということのようです。

でもまあ、自分で買った薬も対象になるなら、それは意味のあることです。
薬も薬局で買えば高いですしね。

けど、どっちみち今のところ、私にはほとんど関係のない話です。
10万以上の治療費が必要なことは、何年もありませんし、薬はのまないし。
ただ、12000円は超える人はけっこういそうです。申告を面倒がらなければ、、

ここ最近特に、病院にはほとんどかからないし、薬ものみません。
(交通事故では行ったけど)
風邪でも薬はのまない。血圧の薬、花粉症の薬も全くのまなくなりました。
これは、とてもありがたいことだと思います。
かなり健康に気を使い、運動もし(バレエ)、食事もかなり気をつけているし、
睡眠もしっかりとるし、自分の自然治癒力を引き出すことを考えています。
まあ、やりたいことしかしてないので、ストレスがないから、、が一番大きいかもしれませんが。

自然治癒力というと、一気に怪しいと思われる方もいるでしょう。
マクロビとか波動とか、整体、まあ色々あります。
マクロビはやっていませんが、昔は私もひととおり興味をもち、やってみました。

40代の頃はまっていた本

そういえば、この前、整体に行った話を書きましたが、
そこでも先生が、自然治癒力のはなしをしていました。

整体の先生は、スポーツマンだったので、子どもの時から骨折やケガだらけだったけど、
昔、骨折で病院で治療を受けたら、7か月も治癒にかかったけど、
その後、それよりひどい骨折で、ほねつぎ医に治療してもらったら、たった2週間で復帰できた、
という話をしていました。
骨接ぎ医で、骨をグイと元の所に戻してくれたそうです。
あとは、自分の身体の治す力にまかせる。それが一番治癒が早い、というわけです。

そういえばそうです。
昔は骨折とか、骨を自分で元の場所に戻した、、とかの話をきいたことがあります。
簡単に病院に行けない頃は、民間治療や、自助治癒の方法が発達していて、
けっこうそれで、みんな何とかしていたわけです。
しかも、今の治療より治りが早く、人も治る力を信じていたわけです。
今の医療は、切ったり金属を入れて、人の治癒力をかえって遮断している、、と。
それを身をもって知って、そして手術で悪化させられた人が、どうにもならなくなって整体にくる。
それもあって、その先生も今の医療に 不信感だらけになっているそうです。

ちなみに、上記の骨接ぎは、今でいう柔道整復師、というようです。
ただ、今はその資格をとれる学校が乱立し、治療のレベルが下がっていて、
そこにいけばいいわけでもない、、とか。
目印は「骨接ぎ」と書いてあるところにいくのがいい、、そうです。

バレエ友達で、今年のはじめに腕を骨折してしまい、やっと最近骨を固定していた金属を
はずす手術をした人がいます。 彼女の場合、ほぼ治癒に1年かかったわけです。
「骨接ぎ」のことを知っていたら、そういう所に行っていたら、もっと早く復帰できただろうな、、と、
つくづく思いました。



このように、昔ながらのいいものはたくさんあります。
それは、けっこう身体の治癒力を引き出す、考えが強かったわけです。
風邪でも、薬なんてのんでいません。休んであたたかくして治した。

それが、いまの医療以外は怪しいと、否定され過ぎている気もします。
昔の治療を否定している人が多いかもしれませんが、
じつは、今の医療もかなりおかしい。私もかなり不信感が強い方です。
もちろんすばらしい医療もあるでしょうが、全体的に人の体をトータルで見れず、
部位、部位でしか考えないことが多い。  それは致命的なところだと。
どこかの部分を良くしても、じつは問題はそこではなかった、とか、別の所にしわ寄せがくるとか。
人の体はつながっているのですから。

なのに、医者のいうことを信じ切っている人も中にはいます。
自分の身体なのに、自分で考えないで医者任せ、人任せな人もいます。
高齢の人ほど、医者の言うことは絶対、、と思う人が中にはいます。
整体にくる患者さんも、依頼心の強い人が多い、、と、先生もおっしゃっていました。

アメリカは制度的には色々問題を抱えていて、いいとは思いませんが、
医療費が高いのもあって、でしょう。
まず患者が自分で勉強して、病院にかかるそうです。
最近読んだ記事に、ありました。
「風邪に対する投薬を受ける際にアメリカ人は、「免疫力を上げる薬を加えてほしい」、
「抗生物質は処方しないでもらいたい」、「ビタミンC3000mg の処方を望む」など
専門的な内容を含む具体的な依頼が多くなる。」 、、とありました。

そりゃそうでしょう。自分の身体なんだから、お金がけっこうかかるとなると、
一生懸命調べて、何と何が必要か、余計なものを出されると費用が高くなるなら
勉強して、最小限のものにしてもらうことでしょう。

この本はおススメ。風邪の概念が変わります。

こういうコスト意識があまりない日本では、(とくに高齢者では安くなるので)
もうほとんどないのでは?とも思います。
うちの母をみていても、自分の払うお金には意識はあっても、コスト意識はほとんどない。

簡単に薬をもらい、簡単に薬を出す。
いらない薬まで出すし、もらう。もらわないと損、くらいに考えている人も中にはいるのでは?
とすら思う 。そういう状況でしょう。
お金があまりかからず簡単に治療してもらえるので、何も考えず、人任せで
気楽に病院に行き過ぎなのかもしれません。

まあ、そういう人も中にはいるから、今度のこの制度も始まるのかもしれません。
どっちにしろ、今のところは私には関係ない制度なのは、とてもありがたいことです。
これからも、できるだけ病院に近寄らないで、薬ものまないですむよう、
健康に気をつけて、元気に過ごせれたらいいな、、と願っています。
自分の治癒力も高めていけるように、笑って過ごせるのが理想です。

ほんとうは、セルフメディケーションというのは、本来できるだけ病院や薬に頼らず
自助努力をしようとする、ということなのではないか?と思いますがね。
病気にならないための、スポーツをするとか、本を買うとか、調べるとか、食べ物を買うとか、
整体もそうですが、そういったものにかかるお金を、控除する、がほんとうだろう、、
と思いますがねえ、、。

まあ、それは無理そうなので、これからも気になることは調べて、勉強して健康に気をつけて
いきたいものです。
ただ、事故には気をつけねば、、、ね。



今日のオカメ様  アタシがいてあげてるから、元気でいられるんじゃあないですかっ?
161220_2233~02




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2016.12.19 03:38|バレエ、身体
この前テレビで、ベターッと開脚、、と、誰でも開脚でき、
ダイエットになる、、とストレッチの仕方等をやったようです。

私は途中ちょっとしか見ませんでしたが、
何人かが何日かトライしてみる、、みたいなことをやったようです。



身体は柔らかい方がいいのは当然ですが、
それでダイエットになるんですねえ、、。
私が見た時は、仰向けに寝て、タオルを足に引っかけて引っ張っていました。
それを毎日やってると、だんだん足がひらくようになり、体重も減った、、と。

翌日、バレエの後、スポーツクラブでストレッチしていたら、
隣でテレビと同じように、タオルを引っ張っている人がいました。
テレビを見て、さっそく頑張ろうと思ったのでしょうねえ、、。

前にも書きましたが、私は元々身体が固くて、バレエやる前はガチガチで
全く前屈も何もできませんでした。
バレエをやってなければ、私も今頃必死でタオルを引っ張っていたかもしれません。
今はそんなことはやらなくても大丈夫ですが、バレエ後の自分なりのストレッチは
やらないと、筋肉が固くなるので、欠かせません。

そんなで、元々柔らかい人はいいな、、と、ずっと思っていたのですが、実は柔らかすぎるのも
問題があるようです。
身体が固い、、といっても、筋肉が固い、関節が固いとありますが、
世の中には逆に、関節がゆるい人もいるわけです。
「関節がゆるい」とは「筋肉の柔軟性や関節の可動域が過度であり、
また可動域の制限を越えるような場面に遭遇しても、直ちにそれを制御するだけの
十分な筋力がない状態を言う。」

身体が固すぎてもケガをしやすくなるけど、柔らかすぎてもケガをするようです。
例えば足裏には3か所アーチがありますが、これが柔らかい人の場合、落ちやすいそうです。
バレエ仲間にもいますが、若い頃バレエをやって、中年になって再開したけど、
すっかり足裏アーチがなくなっていて、足が思うように使えない、、とぼやいている人がいます。
彼女は柔らかい人で、いわゆる「関節がゆるい」というタイプなのでしょうか、、
固すぎも柔らかすぎも大変なんですね。

私はとても身体が固かったのを、中年バレエで柔らかくしたので、アーチはそのままです。
これは固い人にもいいことがあるんだ、、と意外に思ったことです。
固い人が柔軟性をもつと、逆に張りが出て飛ぶことができる、、とも聞きました。
世の中いいことばかり、悪いことばかりでもないようですね。



最近、発表会の自主練で、同じ曲をずっとやっていたら、ひざが痛くなってしまい、
友達に一回でも痛みの取れるくらいの腕のいい整体の先生がいると勧められたので、
試しに行ってきました。
いつものバレエの先生に、月一ピラティスは受けているのですが、
間があったので、てっとり早く治れば、、と思い、整体を受けてみたのです。

で、膝や付け根に痛みが出るのは、大腰筋、腸骨筋、直筋が固くなってるからだ、、
ということで、じわーっとゆるめ刺激を与え、血行をよくする、、という治療をしてもらったのです。

ただ、、ゆるめてもらったのはいいけれど、次にバレエを受けてみたら、
前より膝が痛くなっているのです。
え?おかしいな、、?「揉み返し」という言葉があるけど、それみたいなもの?
と、もう一度来いと言われた日に行き、整体を受けたのですが、
次の日バレエをやると、ますます痛いがひどくなっている、、、。
これはおかしい、、整体をうけるのはまずいな!と。
バレエの先生にも、身体が偏っていて、足が震えてるじゃないの、、と言われました。
が~ん。良かれと思ってやったのに、てっとり早く痛みがとれると思ったのに、、、
どうして?まずい、まずい。バレエの間、頭がグルグルです。汗

バレエは腸腰筋をしっかり使います。(インナーマッスル)
軸を中心に集めて、筋、筋肉をつなげていきながら、色んな動作をやります。
意識と身体を連動させ、とても繊細に身体を整えながら動かします。

おそらく、整体で無防備に腸腰筋をゆるめてもらったことで、今まで整えていた軸が
バランス悪くなり、腸腰筋で支えていた膝や足に、もろ重みがかかり、
それでますます痛くなったのでは、、?と思いました。
バレエはものすごく微妙な、デリケートな筋肉、スジの使いかたをします。
バランスがすごく重要です。
ほんとに歩けなくなった、とか、かなり重症の人には、緩めることで痛みがとれたり、
良くなったり、と、とても効果があるのでしょうが、
私のように微妙なところで、バランスとって身体を使っている場合は、下手に何かをやったり、
ゆるめるのは、とても危険なのかも、、と、思いました。

バレエの先生に受けているピラティスは、しっかり軸をとりながら、とても繊細に筋を伸ばしたり
動かします。それが、今回受けた整体では、寝たままの無防備で
ただ筋肉を緩めるだけだったのですから。
バランスがくずれるはずです。それくらい腸腰筋は大事なわけです。

C4B2B9F8B6DA[1]

もちろん、その整体の先生は腕も確かで、とても評判もいいかたなので、
友達も勧めてくれたわけだし、とてもいい先生だと思います。
全然歩けなくなった人が担ぎ込まれ、治療4回目には自力で自転車でやってこれるくらいに
回復した、、とか、そういう話の多いかたです。

ただ、やはりバレエの身体の使いかたは、けっこう特殊なので、バレエを知らない人に
緩めてもらうのは、バランスをくずす危険がある、、と思ったわけです。
何しろ発表会が1月にあるので、それまでに何とか痛みがこないで踊れるように
調整しないといけません。
てっとり早く、、と、つい思ってしまったのがいけなかった、、と思いました。

トゥシューズをはいて踊るのは、やはりかなり細かく神経を使わないといけないのに。
なので、色々考えながら、バレエの帰りにスポーツクラブで自主練をし、
とても入念にストレッチをやり、しっかり足、膝をほぐし、色々みえてきました。
なぜ右膝が痛くなったのか?が。

原因は膝の曲げ方だろう、、と。
つまりプリエ(膝を外回し、アンディオールに曲げる)
そのプリエのアンディオール(外回し)が足りてないせい、とハッキリ自覚できました。
なにしろ、片方の右足プリエにほぼ全体重をかける箇所が、
踊りの中に6か所+2か所あるのです。
外回しが足りてないせいで、膝に負担がきたんだろうな、、と。

先生にも前に注意されたことでした。
で、色々考えながらストレッチしていたら、いきなり生れて初めてくらいの、
ひどい足ツリがきました。うわ~っ、ど、どうしよう!
かなりの痛みでした。でもそれがなんとかおさまり、やれやれ、、で、
何だかこれで良くなる、、と能天気、お気楽な私は直感したのです。
あとはプリエをちゃんとやればいいのでは?、、と。

まあ、こうやって、自分の身体を意識して、色々考えてみる。
それはとても必要な時間だ、、と思います。
同じ先生についているバレエ仲間も、みんな自分の身体のことを意識し、考えています。
みなそれぞれ条件も違うし、違う体なので、身体にそれぞれの問題や課題があります。
どこをどうしたら、自分の少しでもいい使いかたができるのか?
どうしたらつながるのか?自分の身体の中をそれぞれが考えています。

なので、バレエって瞑想的だな、、とも思うのですが、
そういう時間はとても必要なことだと思っています。
それぞれの課題も、毎日それぞれの人がやっているようですしね。

この鶴田氏の教えを受けた方

で、その整体の先生ですが、彼が言っていたのが、世の中の多くの人が痛みが出る理由を
思い違いをしている、、と。

今の病院治療では、変形性股関節とか、臼蓋形成不全とか、腰椎狭窄症とか
骨の変形が、痛みの元と考え、骨をなんとかすれば良くなる、、と考え
治療や手術をするが、結局それでよくなることはなく、 悪化の一途をたどる。

骨のせいで、痛みがでるのではなく、筋肉が固くなって、血行が悪くなるから痛みが出る。」
なのに、骨のせいで痛みが出る、と思い違いしている人があまりに多い。
なので、そこから意識のずれを修正しないと、なかなか治療が進まない。
病院、医療ではそう教育をしていて、患者さんもそう思い違いしている人が多すぎる、、と。

それは確かにそうだろな、、と思います。
なので、身体(筋肉)が固まっていると、血行が悪くなり、動かなくなり、腰痛や肩こりや
色んな病気、不具合が出てくるのでしょう。
それが骨のせいでそうなっている、、と、ついみんな思っているし、
今の医学ではそう教えているわけです。

ただ、臼蓋形成不全のように、あるべき所に骨がない場合、筋肉に負担がくるから
痛くなるんじゃ?と聞いたら(私の場合)、ひとの身体はうまくできていて、骨の代わりに
補うもの、筋とかができているはず、、と、言われました。
その辺はいまひとつよくわかりませんが、面白そうなので、そのうち上記の鶴田氏の本を
読んでみようと思います。

血行がよくなれば、痛みも取れるのだったら、とにかく、できる人は自分でほぐしたり、
ストレッチをしたり、メンテナンスはできるだけしたほうがいいわけです。
なので、固くて固まっている人は、やはり「ベターと開脚」なり、
以前からある「真向法」なり、何らかのことをしてほぐすのはいいと思います。
真向法は4つの動きだけなので、とてもやりやすいでしょうし。



自力でどうにもならない進行した場合、専門家に頼むわけですが、
その場合病院に行くと、骨の問題になるから、痛みの解決にはならない、、というわけです。

よく腰痛で、あちこち病院を回ってもどうにもならない、、というのは聞きます。
私もバレエやる前は、ほんとにひどい腰痛でした。
それこそ、病院、鍼、整体、ウォーキング、太極拳、呼吸法、ありとあらゆることをやりました。
結局バレエですっかり治った、、ということは、やはり身体が固くて、姿勢が悪くて、
血流が悪かった、ということだろうな、と思います。
その頃は、自分の身体のどこに何があるかさえ、全然わかっていなかったわけです。

人は自分の身体を意外と知らないものです。
どこになにがあるか?自分の身体なのに、あまりに知りません。
自分の身体の意識は、ないよりあったほうがイメージしやすいし、いいと思います。
ストレッチでもなんでもやって、少しづつ意識していくことはとても大事だろう、と。

まず動かして、筋肉を動かし、血の回りをよくしたら、持続していけば、
姿勢もよくなり、痛みもなくなるのでしょう。
私の場合は、てっとり早く人に直してもらうなんて思わないで、
自力で使いかたをもっと意識して直さねばいけないな、と、つくづく思ったことでした。



今日のオカメ様   アタシは毛づくろいしながら、自分の身体はちゃんとチェックしてますからねっ
161207_1201~01




↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



あっというまに12月で、今年ももう残りわずかになりました。
なので、誰かれと食事をする機会もあります。



で、気付いたのが、肉をあんまり食べない、という人が意外といることでした。
あまり好きじゃない、という人も。
友達にも鶏肉や塊肉が全くだめで、ミンチ肉(ハンバーグ)のみOKという人もいます。
全然食べない人や、できるだけ避けている人、好きじゃない人。
世の中にはけっこう肉を避け気味の人がいる、、ということでした。

かくいう私も、食べてはいたけど、最近までずっと肉食には、今一つの抵抗感がありました。
健康と生きものへの気持ち、肉はほんとにいいのか?悪いのか?
両方の意見があって、どっちなんだろう?と、自分の中でハッキリ答えがでていなかったからです。

でも今では、以前ブログでも書きましたが、→肉食はいいのか?悪いのか?
腸がもれる食事
色々調べた結果、肉は必要で、もっと食べないといけない、、、今ではそう思っています。
身体を動かすので、なおさら必要、、というのが、私の答えになりました。
もちろん魚も。卵も。動物性蛋白質をとることが必要、、と。

東京都健康長寿医療センター(老人総合研究所)という機関があります。
動物性食品を全くとらない菜食主義者が最も短命」というデータがあるそうです。

これは4つのグループに分けて、追跡調査をした結果、だそうです。
1.納豆、豆腐は食べるが、 肉、魚、乳製品は摂らない
2.菜食中心だが、卵や乳製品は食べる
3.肉や魚を週に1~2回は食べる
4.肉や魚を週に3~4回は食べる

1.は70歳前後で亡くなっており、 ほとんどの死因は脳卒中か肺炎です。
で、早死にする順番に2.3.と続き、4.が最も長生きだった。
そういう追跡結果があるわけです。



菜食主義といっても色んなタイプがあるわけですが、
厳密であればあるほど、老ける、、というのは、色んな人の写真をみて思います。
よく言われているのが、老化、しわ、色黒、やせ型または肥満になる、、というもの。

ただ、病気から菜食主義(マクロビ等)に入った人の場合、
吉冨信長氏によれば、
「人は古来より植物を利用して病気に対抗してきた。
薬草という言葉があるように、草、樹皮や果皮などを煎じて処方してきた。
現代の病気は食生活や生活習慣が大きく起因しているとされ、
ファーストフードや甘いお菓子などが原因にかかわっているとされる。」
「植物は自分の成長や自分の防御のために、あらゆる植物栄養素や自然毒を保有している。
これらの植物栄養素は、人間にとって毒なものもあれば、
人間に良い薬理作用を施すものもある。
それが、人間が不健康な時に、薬理的に作用することがある。」

で、「動物性のエネルギー摂取を控え、菜食をすることで、解毒や抗酸化に集中させる。
そして、これらのフィトケミカルが汚れた体にうまく作用する。
また、植物性食品にはビタミンCが多く含まれているため、抗ガン作用なども働き、
こうした薬理作用により患者は奇跡の回復をとげる。」

「ただ、元気になった後、通常の食生活に戻ればよいのだが、
菜食のおかげで健康になれたのだから、今後も菜食することで健康を保てるという
錯覚を起こしてしまう。」

「 そうするとどうなるか。健康体にとってフィトケミカルはかえって毒素のように働いてしまう。
抗酸化作用があるとしてほとんどの人が盲信しているポリフェノールは、
実はミネラル分の吸収を阻害する。
フィチン酸は体の余計な金属をキレートする一方、常食すれば体に必要な金属までキレートしていく。
植物ステロールは人間の体内にあるコレステロールをとってしまい、
細胞の形成に大きな影響を及ぼしてしまう。同時にホルモン代謝にも影響を与え、
ホルモンバランスが崩れる。
界面活性作用のある豆類によく含まれるサポニン、常在菌を殺してしまうアリシンなど
あげればキリがない。
その他、いまだ同定できない微量成分が人間の体に悪さをしていることもよくある。」



たぶん、尋常ではない老け方のベジタリアンの中には、上記のような
植物の作用を知らず、盲信している人もいるのでは?とも思えます。
もちろんそこまでではなくても、なんとなく肉食に抵抗があり、ヘルシー食がいい、
と思っている人は多いでしょう。

上記の東京都健康長寿医療センターがだしている、「老化遅延のための食生活指針」では、
動物性たんぱく質を十分に摂取する
・魚と肉の摂取は1:1程度の割合にする
・肉は、さまざまな種類を摂取し、偏らないようにする
油脂類の摂取が不足にならないように注意する

これらを推奨しています。
その理由は、、キイワードが、
たんぱく質」「血清アルブミン値」「総コレステロール値

「たんぱく質」は、筋肉、内臓、皮膚などを構成する成分、体の大切なエネルギー源。
不足すれば、体力や免疫力が低下し、血管も脆くなる。
体内老化だけでなく、肌や髪にハリツヤ、見た目の印象にも変化を及ぼす。

肉類に含まれるたんぱく質は、他の食材に比べても豊富に含まれている。
実は高齢者に必要なたんぱく質の摂取量は、高校生よりも多い
高校生より、高齢者の方がタンパク質を多くとらないといけない、、とは!

「アルブミン」
血液中を流れるたんぱく質の約50〜60%を占める、体が機能するために必要不可欠な物質。
アルブミンは歳を重ねるごとに減少しやすく、アルブミンの量で老化の進行状態を図ることもできる。
たんぱく質が十分でなければアルブミンは作られず、
高齢者のたんぱく質必要量が多いのはこうした根拠のせい。
血清アルブミン値が低い人は、脳出血といった血管の病気になりやすい、認知症になりやすい、
死亡リスクが高くなる、寝たきりになりやすい。



「総コレステロール値」
高齢になるほど気がかりになるコレステロール値。
健康診断の結果を見て、「コレステロール値が高かったから肉や卵を控えないと」
といった話もよくききます。
一般的に【コレステロール値が高い=健康を害する】といったイメージがあるが、
実は、【総コレステロール値が低いほど生活機能が低下する】といった調査結果が出されている。
さらに従来は、140〜199mg/dlが正常数値とされていたのに対し、
新たに151〜254 mg/dlぐらいまでに緩めるべきだ、といった論調もある。
また、160 mg/dlを切ると免疫力が大幅に下がり、ガンの発生率も高まる。
そのため、肉や卵といった効率的にコレステロールを摂取できる食品を控える人が、
逆に健康を害する危険性がある。

コレステロール。これも、以前書きました。
だいたい日本の基準値は、血圧にしても、コレステロール値にしても低すぎです。
このせいで、まちがったイメージで、薬をのまされたり、食べ物をひかえたり、
逆に病人を作る可能性さえあると思っています。
検診に行き、引っかかる人が多く、ありきたりなことしか言わない医者も多いので、
間違った常識が蔓延する理由だ、、と思っています。
年齢が上がれば、どの数値も高くなっていくのが、本来のあり方のはずなのに、、
低い方が、逆に健康を害する可能性だってあるのに、それを知らない人が多いわけです。

結果、イメージで、ヘルシーであっさりしたものを食べていた方が健康的、という
ムードが広がっている?と。
油をひかえて、肉をひかえて、ヘルシーに、となるわけです。
これは高齢になる人ほど思い違いしているように思います。



もちろん、私は野菜も大好きなので、野菜ジュースも作って毎日のんでいます。
他にも野菜料理もしっかり食べています。
ただ、肉に関しては、自分の中で答えがでたので、ちゃんと食べるようにしています。
そして、肉の油を捨てないで食べています。油も必要です。
ベジタリアンの有名人が、けっこういて、もしかしてカッコいいかもしれないけど、
それにだまされてはいけないな、、とつくづく思っています。

みんな健康で、年いってもできるだけ元気でいたいと思うのは同じでしょう。
それぞれに、いいと思うことをしているだけだと思いますが、イメージでとらえてる人が
案外多いかも、、?とも思ったことでした。



今日のオカメ様  ふんっアタシはおうちに入れられて面白くない~(意外と落ち着くんだけどね)
161118_1620~02




↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ

ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

2016.12.07 14:24|片づけ
この前、ためておいた冬物の洋服を、また古着屋にもっていきました。
今回は2000円になりました。

で、ものはいいけど縮んだセーターは、子どもならと思って出したけど、
穴があいてるせいで(気づかなかった)引き取ってもらえなかったのですが、
考えてみたら縮んだのを伸ばして、穴をかがって自分がきればいい、、と思い、
伸ばしてみることにしました。

161205_1631~01段ボールの型紙の中にストレッチポールを入れた

調べてみたら、セーターがつかるくらいの水に、トリートメントを15gほど入れて
30分くらいつけたら、かるく脱水をする(1分くらい)。
脱水後、型崩れしないように陰干しする。または厚紙を切って袖や胴体に入れて乾かす。
と書いてあったので、やってみました。

トリートメントは髪用で、必ず「アモジメチコン」という成分が含まれたものを使用。
この方法が効果的な素材は、ウールやカシミヤ、アンゴラなどの動物の毛の素材。

とあります。うちのトリートメントは「ジメチコン」の成分でしたが、やってみました。
段ボールを袖用、胴体用に切って差し込んだ結果、3割方伸びたようです。
これで、普通に着られるようになりました。
今までも着れたけど、ちょっときゅうくつだったので、ついつい着そびれていたのです。
あとは穴を毛糸でつくろえば、全然大丈夫です。
この凝った編み込みセーターは、人からもらったとてもいいセーターなので、
着れるとうれしいです。

161207_1237~01161207_1143~01

あと、本は引き続きアマゾンに出していますが、
ひと通り売れるものが売れたら、あとはなかなか売れないので、ダメそうなものと、
安すぎるものは引き上げて、ネットブックオフで引き取ってもらいました。
ブックオフは全部で309円でした。
アマゾンに出し、今までで売れた本はトータル3万近辺になっていると思います。
それと、仕事で使った本は、図書館に寄付で引き取ってもらいました。

これで、いらない本はだいぶ減りました。

それ以外に新品で、全く使っていない色んなモノがいくつかあり、
それを初めてヤフオクに出してみました。
これは出店する時に、月会費がかかるらしい、と思って今までやってなかったのですが、
今なら無料出店できる、、というメールがきたので、月会費がいならいなら、、と思ったからです。

それがいつまでだったか、確認、、と思い調べていたら、
「eコマース革命」がはじまる、、とのことで、
「キーワードは「無料」と「自由」の2つ。」
「Yahoo!ショッピング」に店舗を出店する際に必要な「ストア出店料
(月額システム利用料498円)」と、売上に応じて支払う「売上ロイヤルティ」の無料化。
同様に「ヤフオク!」でも「ストア出店料(月額システム利用料)」
「出品時の手数料」「買い手の入札手数料」の無料化。

と書いてあったので、年会費は来年から?か?無料化になりそうです。
よかった!
今はメルカリが、すごい勢いで伸びているそうなので、そうせざるをえなかったのでしょうかねえ。
なので、安心してこれからもいらないもので、売れそうなものがあったら、出品できそうです。

ヤフオクでも、すぐ売れたものと、売れない物はなかなか売れませんが、
もっと値段下げれば売れるか?それでもだめなら、他に出すか?
まあ、試行錯誤でしょうか、、

メルカリはパソコンでもできるようになったらしいので、もしかして
そのうちやるかもしれませんが、うちはガラケーの写真しかできてないので、
まず写真から考えないといけないのもあって、まあそのうち考えよう、、と。



本はものによって、アマゾンやブックオフ、図書館寄付で。
洋服はアマゾンは出せないので、店にもっていく、もしくはヤフオク。
ヤフオクでは新品のものを。(古着はブランドでないと無理か?それにクレームくるのも困るし)
今はメルカリで洋服を出している人が多いようです。

ヤフオクでは、使っていない新品のトゥシューズや、シアーズのカタログ、
チケット、使っていない鍋、医療用サポーター等出してみて、今まだ出品中のものも。
ヤフオクは今の所、1万くらいになったでしょうか。

他には、
まだ出品はしたことはありませんが、ミンネで、たま~にだけど、買うこともあります。
この前たまたま見ていて、ステキな貝ブローチが安くあったので、思わず買ってしまいました。
そのうち、壊れたミシンを何とかしたら、時間ができたら、私も出品しようかな?
とも思ったりもするけど、めんどくさがりなのと、緻密に作業できないので、無理かもしれません、、

161207_1321~01スカーフはうちの

他にも、ステキなブローチがあったのですが、
どうやら人気作家さんらしく、全部売り切れで、次の作品ができたら
ブログに立ち上げるようなことが書いてあって、おそらくそれにのると、すぐに売れる、、
そんな感じでした。人気作家さんになるとそういうこともあるんですね!
すごいです。ネットで商売が成り立っているわけです。

他にも、知り合いの主婦の人が、ネットで製品の輸入、販売サイトを立ち上げ、
がんばっている、という話も聞いたことがあります。

今の時代、どんな人でも色んな可能性が考えられるのは、とてもいい状況です。
ネットで自由に個人でもお店?ができるなんて、便利な時代になったもんです。
人によっては、すごいチャンスですね。
でもまあ、普通のお店があおりを食う所もあるかもしれませんが、、。

マメさと才覚、やる気さえあれば、店をかまえなくても、
商売として上手くいく人もいるでしょう。
マメさも才覚もない私は、せいぜいいらないものを、売りに出す、くらいですが。
それでも、いらないものが売れるとうれしいし、とても助かるので
ほんとに便利な時代になったもんだ、、とつくづく思います。

あと他にいらないものがないか、、?あったらどれかに出そう、、
こうやって、まあ少しづつでも、いらない物が減っていけばいいな、と思います。



今日のオカメ様  買っては売る、買っては売る、、いったいなにやってるんでしょうねえ、、?
161207_1201~02




↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2016.12.01 01:48|ビンボー暮らし
人の暮らし方はそれぞれです。
今年の夏から、私もいよいよビンボー年金暮らしに突入しました。

年金といっても、国民年金+個人年金基金等で、好きなことをして暮らすには
全然足りませんが、それまでやっていた仕事のおかげで(自由業)、
少ないとはいえ不定期で収入が入ってきます。
今は仕事をしていなくても、入ってくる収入というのはとてもありがたいものです。
これで何とかバレエを続けていくことができます。



これは計画的にやっていたわけではなく、たまたまそうなっただけのラッキーですが、
自由業なので、ずっと続けられると思っていた仕事が、出版不況でそうはいかなくなった、
という面もあり、差し引きゼロ、、?で、世の中、なかなか予定どうりにはいかない、
ということでしょうか。

以前、「金持ち父さん」の本では、資産と負債のことが書いてあるらしい、、と
書きましたが、→金持ちと貧乏のちがい
「ポケットからお金が出ていくものが、負債で、ポケットにお金を入れてくれるものが資産。
そういうことが書いてある本」

そういう意味では、年金も上記の収入も「資産」のたぐいに入るのでしょうかねえ?
計画していなかった、とはいえ、ビンボーとはいえ、好きなことをして何とか食べていけるのは
この「資産」のおかげだとありがたく思っています。

最近、夜中にテレビでみたのが、「天才のその後」がテーマの番組でした。
そこで、大ヒットゲーム「ぷよぷよ」を作った天才、仁井谷正充氏(66)が
1998年に会社倒産し、巨額負債を背負い、自己破産。
版権を売るしかなくなり、アパートでバイト生活から年金生活をしながら、
コツコツ新しいゲームを作り、やっと任天堂から出すことになった、、というのをやっていました。

私はゲームはやらないので、「ぷよぷよ」のこともご本人のことも、全然知りませんでしたが、
ほんとに人生色々ですね。浮きが激しい人は、沈むのも激しいようです。
それにしても、新しいゲームを作って再起したい、という 思いが強かったのでしょう。
夢がかなえられてよかった、、と思いました。



たぶんこの方も、お金の知識はあまりなく、好きなことをして、大ヒットし大金が入った。
そして、ディズニーランドのような、ぷよぷよランドを作ろうとして、多額負債をかかえ倒産した、
ということのようです。

お金の勉強は、誰も習う機会も少ないので、しかたありませんが、さぞかし残念だったのでしょう。
せっかく開発したゲーム。なかなか大ヒットは出せるものではありません。
この版権があれば、ずっと御の字で暮らせただろうに、手放さざるをえなかった現実というのは
とても厳しいですねえ、、。

こういうのを見ると、やはり、お金の勉強をすることは必要だなあ、、と思います。
よく高齢になり、だまされたり、詐欺にあって、資産を失くす、ということも聞きますし、
日本人は、お金のことを習う機会がほんとにありませんから。
私も小金の投資で失敗しました。
ある程度の、お金の知識はやはり必要だと思いました。

で、「金持ち父さん」もちゃんと読んでいなかったので、いま
「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」という本を読んでいます。
それによると、考え方として、お金の流れには4つの領域がある、、と。

4つというのは下図の左側上の、「E」の従業員、左下の「S」の自営業者、
右側上の「G」のビジネスオーナー、右下の「I」の投資家です。

E58AB4E5838DE58F8EE585A5E38080E6A8A9E588A9E58F8EE585A5E38080E68A95E8B387E5AEB6E38080E784A1E59CB0[1]

「E」の従業員は、雇われて安定した給料と、充実した福利厚生を望み、
         お金にはそれほど興味はない。
「S」の自営業者は、雇われることを嫌い、自分のやりたいことをしたいという思いが強い上、
         自分で状況をコントロールしたがる傾向にある。
「B」のビジネスオーナーは、「E、S、B、I」、4つのクワドラントから優秀な人材を雇い
          仕事を任せることで、自分でやるよりもうまく仕事をさせる。
          「S」とは逆で、他人の力を借りることが得意。
「I」の投資家は、お金が自分の代わりに働いてくれるという、お金でお金を生み出す状況にある人。

キヨサキ氏によると、
経済的自由を手に入れるには、この4つの分類で左側の「E」、「S」、から、
右側の「B」、「I」、へ身を置く必要がある。
そうでないと、お金のために、自分が働なければならないという、ラットレースに巻き込まれ、
自分が払った労力の大部分が、自分以外(雇用主や政府)の利益として吸い取られてしまう。

左側は、「自分の頑張り」でお金を手に入れることを表す。
右側は、「システム(自分が手を入れなくても勝手に動く組織や仕組み)」や「お金」が、
自動的にお金を稼いでくれることを表す。
「右側」として充実すれば、お金も余暇も増えていく。

大多数の人は「E」であろうから、お金持ちを目指すなら「E→B→I」という経路を目指すのがお勧め。
お金持ちの最終理想形は、「I」というのが考えのようです。



なるほどねえ、、こういうふうにハッキリ位置づけしてくれると、わかりやすいですね。
世の中多くの人が、「E」でしょう。安定を望みます。
でも、それが一番まっとうな生き方だ、とも思います。
私の場合自由業だったので、「S」でしたが、
どちらにしても左側なので、けっこう働きずめで1生を終える、というわけです。
私の「S」のカテゴリーの大先輩は、もうずっと働きづめです。
でも本人がそれを望んで、やりがいがあるので、それはそれでいいことだと思います。
EでもSでも、それぞれ自分でやりたくてやっているなら、それで十分でしょう。

ただ、たしかに、右側の不労所得は魅力だし、そうなればいいと望む人もまた多いことでしょう。
自分が手を入れなくても勝手に動く組織や仕組みや、
お金が、自動的にお金を稼いでくれる。それは、たしかにいいなと思います。
ただ、実現するには、けっこう難しそう、、
「B」はとてもじゃないけど、簡単にはできないかもしれません。

世の中のお金の考え方として、そういう4つの世界で生きている人がいて、
実際に実現している人がいることも事実だろうから、自分がどこにいるか、を
知っていることも必要かも、と思います。
世界には色んな考えや、価値観で生きている人がいるってことです。

ちなみに起業家には、「S」タイプと「B」タイプが存在。
私は本来怠け者なので、不労所得はいいなあ、、と思います。
はからずも、私の場合、50半ば近くで仕事が激減しました。
仕事を何とか続けられるよう、あれこれチャレンジしてみたものの、
結局不況の大きな波には逆らえなくて、上手くいかなかったのですが、
代わりに、それまでやった仕事で、少ないものの不労所得が入ることになりました。
これは、とてもラッキーなことだと思います。

そして、驚くのが、若い時にあんなにやりたい大好きな仕事だったのに、
もうその頃には、全く意欲も未練もきれいさっぱりなくなっていたことです。
30年も同じ仕事をやれば、もう十分でしょうが、人は変われば変わるもんですねえ。 

なので、これもある意味「資産」のシステムともいえるのかも、、。
仕事をしてなくて食べていければ、ビンボーでも一応、右側、、といっていいのでしょうかね??
年金で食べていけている人の場合も、右側、、、?
(共済年金とかは多いらしいし、、)



ただ、キヨサキ氏がそうだからか、最終的に「I」の投資家が理想形態、、というのは、
それはいまひとつ納得しにくいです。
日本人の感覚では、投資家ってあまりいいイメージないしね、、。
まあ、資本主義が、そういうシステムだから、なんでしょうが。

でも「資産」やお金のとらえ方や、何らかのお金の入ってくるシステムを作る、
考えるというのは、とても意味のあることだと思います。
実現できるかどうかは別にしても、努力だけは、、。
私も他にも色々考え、少しづつやっていることもあります。
別に金持ちになる必要はなくても、自由で食べていけるだけの最低限のお金はないと、
好きなことはできませんし。
仕事の上記収入もいつまで続くかは不明なので、その対策は何かしておかないと。

お金の考え方を知ろう、、と思って「金持ち父さんのキャッシュフロークワドレント」を
読み始めましたが、ためにはなるいい本だけど、具体的なことは書いてなく、
考え方の参考になります。
ただいくつかの違和感も感じます。

自由に生きていける最低限のお金があれば、なにもお金持になる必要はほんとにない、
と思っているし、仕事が生きがいの人もいるでしょうしね、、、
それに、金持ちになると、その分人生の浮き沈みが激しくなる気がするし、
私は好きなことして、楽しく暮らしたいだけなので、そのお金さえあればいいと思うし。
世の中、なんでもほどほどがいいな、、と思います。



お金は大切だし、ちゃんとした知識も必要だし、勉強も必要でしょう。
でも、結局一番のだいじなのは、自分がどうしたいのか?どう生きたいのか?
そのビジョンが、一番必要なのかな、、と思いました。



今日のオカメ様   アタシは今眠いので、もう何も考えられないですよ~~
161128_2122~02





↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム