2017.06.28 16:16|自然農
最近畑のことを全然書いていないので、
何人かから、畑やってるの?と聞かれました。

相変わらず、手をかけない自然栽培(ありのまま?栽培)をやっています。
農薬ゼロ、肥料ほぼゼロ、の草をはやしながらやる横着栽培です。

170622_1859~03

たぶん、誰がみても手抜きのほっちらかし、にしか見えないと思いますが、
まあ、人がどう思おうとそんなの気にしてたら、自分のやりやすい、安全な栽培は
できないので、気にしないでやっています。

うんと小さい畑なのに、何やかや植えてあるので、
収獲はほんの少しづつになりますが、野菜ジュースの葉物の半分以上は
畑で取れたものを使っています。

そばも植えていて、そばもジュースに入れています。
(そばのスプラウトを買ったので、その小さい苗?を植えたもの)
少しづつだけど、キャベツも収穫、ブロッコリーの葉も収穫、パセリ、ニンジンの葉、
最近は、雲南百薬の葉、しその葉も取れだし、ジュースに入れています。
キュウリ、ミニトマも少しづつ取れだしました。

色んなものを、花がさいて、種がなるまでおいておいて、種も取っています。
ネギの種も取りました。
顔見知りの畑のおじいさんから、ネギの種が欲しいと言われて、差し上げました。
私も再度まいておこう、と思います。

こんな普通と違うきれいじゃない畑でも、ちゃんといろんなものが、芽が出て、
曲りなりにでも生えてくれ、ほんとにうれしいです。
肥料をほとんどやっていないので、(米ぬかや燻炭。一部果菜に少しだけ牛糞を入れた)
大きなりっぱな物はとれません。それでも、ちゃんとなってくれます。

170622_1859~05

植物は窒素、カリ、リンが必要とは学校で習ったので、みんな肥料は
やらないと植物は育たない、と思い込んでいます。
特に窒素です。硝酸態窒素。
これは、やり過ぎの問題が色々取り上げられるようになりました。
ガンの要因や、やり過ぎによる地球環境の問題も、、。

でも、体への影響はそんなに考えなくてもいい、という説もあります。
が、そもそも、窒素をやり過ぎの野菜はおいしくないようです。
まずく、栄養価が低く、日持ちしない。
岡本信一氏によると、
「おいしさの一つの指標となる糖度は、作物が含む硝酸態窒素の量と反比例する傾向にある。
硝酸態窒素が高いと糖度が上がりにくい。
つまり、硝酸態窒素が高いと糖度が低くまずくなる可能性が高くなる。」

しかも、窒素過多によって、虫がつきやすくなるようです。
なので、肥糧を多くやると、殺虫剤も必要になる、わけです。

「窒素肥料を過剰に施すと、作物が吸収した硝酸態窒素を体の中で
分解する作用が追いつかず、作物中の硝酸態窒素が増える。
こうなった作物には虫が付きやすくなる、というとらえ方が正しい。
そして、この場合の窒素肥料とは、化学肥料であろうと天然物由来のもの、
堆肥であろうと、結果は同じことである。」



「作物中の硝酸態窒素が多いと、アブラムシがつきやすいという研究結果がある。
また、海外ではアブラムシ以外の虫も、硝酸態窒素が多いと付きやすいという研究結果がある。

筆者自身のこれまでの現場での経験でも、作物中の硝酸態窒素が増えると虫がつきやすく、
病気になりやすいということはよく見られる現象だ。
雨が多いなど気象条件が悪いとき、硝酸態窒素が多いと作物自体が倒れてしまうこともある。」

なんだか、、、バカバカしいですね。
お金も手間もかけて、人が余計なことをしているのでは?とも思えます。
みなさん、お金も時間も手間も、かなり畑にかけているようですし、
肥料代、殺虫剤代も、けっこうかかっていて、バカにならないことでしょう。

私は横着者なので、最低限のことしかしないので、とても楽して、畑を楽しめています。
お金もかけていません。
時々米ぬかをお米屋さんで、50円で買うくらいです。
種もときどき買いますが、とれるものは自分でも種をとってまきます。

170622_1859~04

苗も時々買いますが、上記そばのように、食品として売ってるスプラウトを植えたり、
買ったマメの大豆をまいたり、安く買ったボロボロのニンニクを1粒づつ分けて植えたり、と
色々工夫して、ほんとにあまりお金がけていません。
(小さいけどニンニクも収穫した)

この前話をしてて、「肥料をやりすぎて葉ばかり繁って失敗した~」という人がいて、
葉を見ると、たしかに全然違います。ものすごく緑が濃いのです。
他の畑の人達の葉物も、よく見ると、うちと比べて、緑が濃いなあ、、と思います。
ただ、みんさんの畑の野菜は、とても大きくりっぱな葉が茂り、りっぱな作物が取れているようです。
草などまったく生やしていません。

みんなマメに手入れして、マメに肥糧をまいて、マメに耕して、
病気だ、といえば、マメに農薬もまいているようです。
草をはやすのは、ハジという意識をお持ちの方がやはりまだまだ多いのですね。
日本人のマメさと几帳面さが、畑にもしっかり出ています。

私のようなルーズな畑は、信じられないわけでしょうね。
たしかに見栄えはまったく良くはありません。

草の根に土を耕してもらう、なので草は基本はやして、土を耕さない。
土の微生物を増やすことで、肥糧をやらない、、、これが
自然栽培の考え方だと思います。

170622_1900~01

肥料あげすぎ、農薬まきすぎ、きれいで見栄えのいい作物を育てるのがプロ、、
という農法の行き過ぎの反省から、そういうやり方の人がだんだん増えてきたのだと
思うのですが、、、

なぜか、区民農園では、こんなやり方してる人は、他にはいないようです。
新入りの人は、ベテランさんに教えてもらいながらやるので、肥糧、農薬がセットの
やり方を覚えるから、、?でしょうか?
きれいに見えない私の畑を見て、誰も私には聞いてきませんからねえ、、、

でも、まあ、排除されないだけいいと思います。
こいつはやり方が違うようだ、と何となく容認してくれているようなので、
ほんとに助かっています。
以前クギをさしたオジサンも、最近では「草ばかり生えて」、とは言わなくなりました。

上記岡本氏によると、
「葉菜類は、土壌中の養分が充分で根の張りさえ良ければチッソ肥料などは殆どいらず、
土壌の物理性に気をつけるべきもの。
つまり、土壌の良し悪しで出来が殆ど決まってしまうようなもの。
様々な試験を行った結果、葉菜類はほとんど基肥窒素は、いらないということに気付いた。」

とあります。
みなさん、肥料が必要、、と、あまりに思い込み過ぎている、、と、私も思うのですがねえ、、、

170612_1353~02

ちなみに、畑に植えていたヨモギの半分以上を収穫し、干して、
ヨモギの入浴剤を作りました。

先の柔らかい部分は、蒸して、ミルサーにかけ、ヨモギ粉にして保存して
何かに使おうと思っています。
犬のおしっこもかかってない、安心安全なヨモギです。



今日のオカメ様  うう、、なにするのやっ!?麦藁帽?どっからそんなの買ってきたんや~
(義妹がスマホでとってくれ、サイズ大きすぎ、PCのをガラケーで撮りなおしたので変ですが、、)
170628_1528~01

もう一枚(やっぱり変ですが、、、こんな帽子)
170628_1528~02




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト
2017.06.22 12:26|住まい
このところ、ずっと不動産関係でバタバタ動いており、更新が遅れました。

結局、住み替えはうまくいかず、今は動く時期じゃない。
ということで、もう少し様子見ということになりました。





ちょうどいい、中古の庭付き駅近戸建住宅を見つけてもらったので、
(土地、古家あり物件)
それを買って、今のマンションを売ろう、、と思ったのでした。

しかし、私は知らなかったのですが、ふつう買い替えをする場合、
先に今住んでる家を売って、仮の賃貸とかに住んで、
それから、いいと思う所を買うのが一般的、らしいのです。

何年か前に、不動産やさんから、つなぎの融資というのがある、と
聞いたことがあり、先に移りたい所があっても、お金が借してもらえる、と
思っていたのですが、これが大間違いだったのです。

資金をたくさんもっている方は可能でしょうが、
そもそもローンは、65歳までしか借りられないことを知りませんでした。
残念なことに、私は66になってしまっていたのです。
ガ~ン。そんな年齢制限があったとは!



あとは収入もみられるので、多い人も可能かもしれませんが、
収入は少なく、年齢もいってる私のような場合、どこもお金を貸してくれません。

家を売ったら返す、といってもだめなんですね。
お金を貸す場合、年齢と収入をみるわけです。
そうだったんだ~、、、全くの世間知らずでした。

自由業の場合、3年分の確定申告した時の収入提出させられるわけです。
自由業で、たいして収入もないので、当然赤字申告してるのが、
ますます裏目にでて、不利になっているわけです。

ここのマンションを買った時もそうでした。
その時はそれなりには稼いでいたけど、やはり自由業にはとても厳しくて、
ローンも1千万しか組んでもらえませんでした。
その時のいや~な気持ちを思い出してしまいました。
銀行はほんとに、自由業に厳しく冷たいところなんだなあ、、と。
今回は年くって収入もへっているけど、担保物件があっても、これです。

その上、年齢制限もあったのです。
家(マンション)をもっていようが、もっていまいが関係ないのですね。

そんなこんなで、ちょうどいい、と思った中古戸建はあきらめましたが、
色々知ったこともあります。
今マンションの価格は上がっているけど、戸建は価格があまり上がっていないのです。



ここを買った時、戸建が買えないから、マンションにしたけど、
今はどうも逆転してるみたい、、と。
当時、中古戸建が高くて買えなかった。
今はここのマンションと同じくらいか?おつりがでるか?くらいの値段になる可能性も。
世の中けっこう変わったなあ、、とつくづく思います。

他の人にきいても、マンションに住みたい人がけっこういます。
年がいってから、便利なマンションに移るという話もけっこうききます。
ほんとに私は逆行していますねえ、、
やはり、木や植物を直植えできる庭のある家に住みたいのです。

マンションは規格品だし、自由にできそうでいて、自由にはできません。
自由にできるのは自宅の中だけです。
窓の外も、かってに変えることはできません。
ひさしがほしくても、つけることもできません。スダレをたらすこともできません。
ルールが細かくあるし、管理費、修繕積立も取られるし、自由度がなく、
私はどうも性にあいません。
まあ、家だってデメリットは色々あるでしょうがね。

でもその家が、今は空き家も増えていて、人口が減るので、
不便な所は、どんどん人が住まなくなっている、、と。
これは賃貸物件もそうですが、どうやらファミリー層が減っていて、
増えるのは単身者、ということもあるようです。



つまり、東京等では、ファミリー向けの需要は今後どんどん減っていき、
単身者需要は人口減でも、増え気味になる。
東京は上京する人や、海外から来る人や、高齢一人暮らしも今後増えるわけです。

で、単身者は駅から遠い所には住みたがらない。
そりゃ、仕事に通うのに、便利な方がいいでしょう。
すると、駅から遠い戸建は需要がますます減り、安くなる可能性もある、
ということのようです。

なので、逆行もいいこともありそう、、といいつつ、
私は人にも貸しながら、住むことを考えているので、やはり駅からの距離は
考えないといけないわけです。

シェアハウスのスタッフさんに聞いたら、
「西武池袋線なら石神井公園駅まで、新宿線なら上石神井駅まで、
中央線なら三鷹駅まで、の最低でも10分圏内、できればもっと近いほうがいい」と、
と~っても厳しいことを言われました。
人に貸す場合は、やはり立地しだい、ということのようです。

きびしいですねえ、、、
住宅事情は、ほんとに変わってきていますねえ。
ファミリー層が減っているということは、駅から少し遠くても環境のいい所で
住みたい人、というのが減っている、ということです。



友達も家を売ろうとしたら、あまりに安い値をいわれ、売るのを止めた人もいます。
(駅から20分)  彼女はマンションに住み替えを考えていたのですが、、、。
やはり、先に家を売ってから、どこかに住んで、次の所を探す、、というのが
おっくうで、そのままになっている、、と。

ただ、家の場合、2022年の生産緑地の期限切れ問題、もあります。
駅から離れているけど、あちこちの緑地が売りに出される、とも言われています。
おそらく宅地として、家が建つだろう、と。
(たいがいが駅から距離があるし、一種低層地域なら、マンションは建ちにくい)
するとますます、中古の家は分が悪くなる可能性があります。

友達にも売れるなら、今のうちに売ることを考えたら?と、
ついついよけいなことを言ってしまいました。

うちはマンションだけど、売れる時に売っておいて、賃貸に住みながら、いい中古戸建が
出てくるのをまとうかなあ、、とも思っています。
そんなにうまくいくとも思えませんが、試しみるのもいいかな?、、とも。
ただ、運勢的には、どうやら今年はジタバタ動かない方がいいらしいので、
あせってやらないで、もう少し期をまとうか、、とも思っているところです。



人生いろいろ状況も変わるのだから、今の住処が合わなくなって、
住み替えをすることもでてきます。
でも、それが売ってからでないと動けないのでは、けっこう不便な状況だな、と思います。

もう少し、金融関係が柔軟だったらいいのになあ、、とつくづく思うのですがねえ、、



今日のオカメ様   ふうん、、また何か企んでいるんですねえ、、ま、勝手にやってください
170621_2247~03




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2017.06.12 03:05|食一般
肉食には、賛成、反対、色んな意見があります。
ゆるい糖質制限をしはじめてからは、私は牛肉をわりと食べるようになりました。
といっても少量ですが。



やはり、身体をけっこう動かしていると、蛋白質は必要です。
かなり意識的に摂るようにしています。

何度も書いていますが、高齢者で寝たきりになる理由は、アルブミン不足。
アルブミンは蛋白質、それがが足りないのがまずいので、元気に生きるのに
必要な成分だと思っています。

一番エネルギー効率がいいのが、油、次にタンパク質、次に炭水化物です。
ちゃんと油、蛋白質をとっていると、お腹がそんなにすかないので、
大量に食べる必要がなくなり、少食でも平気になります。
炭水化物でお腹を満たそうとすると、すぐにお腹がすき、ついつい多めに
食べてしまいがちです。
糖質を食べて血糖値が一気に上がり、そのあと血糖値が下がることで、
空腹感を感じるシステムだからです。

で、タンパク質で気になることの一つが、いい肉って何?ということです。
最近気になっているのが、グラスフェッド肉。
牛の本来の、草を食べて放牧で育つ肉がグラスフェッドで、
穀物で育てている牛がグレインフェッドというようです。



この草を食べる牛の肉が、肉なのにオメガ3も含むのです。
これは魚が藻を食べて、体内にDHA,EPAができるのと同じことのようです。
そして、ニュージーランド産の牛が99%、放牧牛と知り、
それを売っている、宅配の某らでぃっしゅ〇ーやに入りました。
ニュージーランド産の肉はなかなか売ってないからです。
健康な生きものをいただくことが健康に

今、牛は穀物で育てる場合がほとんどで、アメリカ、日本がそう。
牧草で育てるのはオーストラリア、ニュージーランド。
オーストラリアは、日本向け輸出は日本人の好みがあり、一定期間を穀物で育てている。

問題は、この日本人の好み、、というところです。
どうやら日本では柔らかくて、甘味のある、脂肪が入った肉が好まれる。

で、今回私がショックだったのは、せっかく入った宅配の某らでぃっしゅ〇ーやで、
最近、ニュージーランド牛の販売が無くなってしまったのです。
え~っ、希少なニュージーランド牛の販売をやっている所は、ほんとに少ないのに。
だから、宅配の某らでぃっしゅ〇ーやに入ったのに。販売中止、、とは!

なぜか聞いたら、「日本人の好み」でした。
ニュージーランド牛は草で育てているからなのか?
「おいしくない」「固い」「臭い」等で、売れ行きが悪く、販売が取りやめになったそうです。
ショックです。
私は赤みの固めの肉が好きなので、けっこうおいしくいただいていました。
高くて買えないのもあるけど、霜降り肉は、逆にあまり好きじゃないし。



日本では、霜降りが好まれ、牛に運動を制限して、高カロリーの飼料を食べさせ、
人工的に太らせる。ビールをやったり、肉をもんで脂肪をうまく配置できるように
育てていたりするそうです。
牛をメタボにするわけなんですね。

今は霜降りの行き過ぎの反動で、赤み肉が見直されているようですが、
柔らかい肉に親しんでいるから、臭い固めの肉を嫌いな人が多いようです。
なので、オーストラリア牛も日本向けには、期間で穀物飼育もするわけです。

メタボ牛を好き、、って。
そういう肉を食べてるとメタボになりそう、、と私は思うのですが、
日本は、舌の肥えた美食家が多いのかもしれません。

美食家では全くない私としては、牛が健康に育てられてると、
それだけでも、健康でいい肉だと思ってしまうのですがねえ、、
じっさい、牧草、放牧で育てた牛肉はダイエットにもいい、と言われているようです。
鉄分も豊富だし、何より牛自体が健康です。
牛は本来4つ胃をもって草を反芻して食べる生きものなのに、
それが運動もあまりさせないで、高カロリーの肥料を食べさせられる、、
それって自然じゃないし、牛も大変だろうなあ、、とつくづく思ってしまいます。



でも人の暮らし方も、それに近いのかもしれません。
あまり運動もしないで、高カロリーの食事をとるメタボ生活。
そして、柔らかい甘い脂肪たっぷりの肉を食べる。
人の暮らし方によって、食べ物の好みが決まってくるのかもしれません。

そもそも、人の味覚はけっこういいかげんのようです。
おいしい、と思う基準は人によってかなり違います。

友達に「体に悪いものっておいしいのよね」、、と言う人がいます。
それも一理ありますが、こうまで違うか?というくらい私とは味覚が違います。
私の好きな食べ物を、その人は食べた気がしないから嫌いだ、と言います。

まあ、それは極端な例でしょうが、日頃食べているモノで
人の味覚はだいぶ違ってくると思います。

糖質をひかえるようになってから、私自身、以前より甘味に敏感になりました。
店やできあいの惣菜を買っても、甘すぎるものが多いと思うし、
何か気持ち悪い、後味が悪い、と思うものもけっこうあります。
その場合、「果糖ぶどう糖液糖」が、かなり色んなものに入っていて、
そのせいかな?とも思います。
食品にはかなり色んな添加物が入っていますから。



これで、ニュージーランド牛が手に入らなくなったので、
ネット販売で買うしかないか、、、と思っているところです。
そんなに量を食べる訳でもないので、少量をできればいい肉を食べたい、、
そう思うのですが、いい肉の基準が人によって大きく違いそうですね。

ちなみに、アメリカ牛にはほとんどホルモン剤(肥育ホルモン)が使われ、
オーストラリア牛にも使われているようです。
ただ、こちらは、使用は全生産の4割くらいで、日本向けには使用されてない、、とか。
国によって基準が違うので、ヨーロッパは禁止、ロシアも禁止に回ったので
輸出する国が減って、オーストラリアもあせっていて、ホルモン使用が減少傾向にある、と。

アメリカ牛は、遺伝子組み換え穀物飼料で育てていて、
これは日本も、アメリカからの輸入穀物で育てているから同じですね。
その辺も、気をつけて飼育している酪農家もあるのでしょうが、
調べてないのでよくわかりません。
(某らでぃっしゅ〇ーや等では、「非遺伝子組み換え」と明記してある)

こうやって考えると、ほんとに安全な食べ物は少ない。
だからよけい、ニュージーランド牛がよかったんですがねえ、、
いいものは消費者が嫌がる、、。
なんか皮肉な世の中ですねえ、、これは何も肉にかぎったことではないですが。



おいしい、という味覚も人によって違うし、主観もかなり入ってきます。
味覚がおかしくなっている可能性もあります。
美味しさだけで食べ物を見ると、何か間違いをおかしてしまう気もするのですがねえ、、、



今日のオカメ様  アタシも好き嫌いハッキリしてますよっ、胸の毛まだ生えそろってないけど
170611_2053~01



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



2017.06.04 14:51|老後
よくあるのが、自分のお金が老後何年もつか?いくら必要か?
という記事です。

またか、、と、うんざりするものの、気になるので見てしまいます。
そこにはお決まりの、老後夫婦で生活するのに、月35万、、とか
最近は生活保険文化センター調査の、夫婦2人で最低限の生活費22万、、
との数値が。



最近どこかの記事で読んだのが、
「じっさい年金生活になってみて、じつはそんなにお金はかからなかった」と
書いてあるのを読みました。 (大江秀樹氏)

大江氏によると、老後の生活費は、現役時代の6,7割くらいですむので、
じっさい自分たちがそうなって、夫婦二人で、22万もかからなかったそうです。

私もそう思っています。
まあ、私は一人暮らしなのですが、
もともとビンボー暮らしながら、すでに家ローンが終わっているので、住居費がかからず
(修繕積立、管理費、固定資産税はかかるけど)
去年から年金が入るようになって、とても楽になりました。

といっても、国民年金+個人年金で月10万くらい。
それに、仕事のお金がほんとに少しですが、いまだに入ってくるので、
ビンボーでなら、それで十分暮らしていけます。

国民年金の場合、40年満額払い続ければ、月65000円の支給になります。
厚生年金はさらに上乗せ。
単純に計算しても、国民年金だけでも年間78万、10年で780万、30年で2340万。
仮に長く生きた場合、40年で3120万になります。
月10万の年金の場合でも、40年で4800万に。
それに厚生年金分足せば、もっともらえるわけです。



大江氏のように、夫婦2人でも22万かからなければ、
厚生年金分で足りない分は、そんなに大きな金額にはならないのでは?
とも思います。

そんなに貯金をたくさん貯めなきゃ、と思ってガツガツすることはないのでは?と
能天気な私は思っているのです。

そういったことを思っていたら、おもしろそうな本があることがわかりました。
最近、話題になっている、「ライフシフト100年時代の人生戦略」

まだ読んでいないのですが、これからは100歳まで生きる人が増える時代になり、
それを乗り切るための、心構えをアドバイスした本、だそうです。
図書館で借りようと、予約を入れたら、まさかの295番目!でした。
みなさん注目しているのですね!
いったいいつ読めるのでしょうか、、、??

要約をみると、今までの「勉強→働く→老後」の人生モデルが、
これからの時代は成り立たなくなってくる。
暗い未来を書き換えるためには、さまざまなことを試す必要がある、、と。
どうやら、若ければ若いほど、長生きする可能性が大きくなるようです。



著者のリンダ氏によると
「たとえば100歳まで生きる場合、65歳に引退して、それまでに蓄えた資産で
残りの人生を暮らすのは現実的じゃない」
「人生が長くなると、健康や人間関係についても考えなければならない。」
「1945年生まれ、1971年生まれ、1998年生まれの人物を想定し、
それぞれこんな可能性がありそう、と例を出しながら、皆さんの人生設計のヒントに
してもらえるような内容、となっている。」

大事なキーワードが2つ。
ひとつが「人生のマルチステージ化」。もうひとつが「無形資産」。

・マルチステージ化
いままでのような「学ぶ時期/会社勤めの時期/引退後」という
3ステージでの人生を選ぶ人が減り、より多くのステージからなる人生を選ぶ人が増える。
「◯歳ではこのステージ」といったことも減り、生きることが多様化する。
「学ぶ時期」「会社勤めの時期」「引退後」以外の、別のステージもでてくる。

別のステージとは、キャリアを外れ、自分で職を生み出す
「インディペンデント・プロデューサー」のステージ。
同時にいくつもの活動に関わる「ポートフォリオ・ワーカー」のステージ。
すでにいま、そういった生き方を選ぶ人たちが、増えてきている。



・無形資産
寿命100年時代には、マイホームや現金や銀行預金といった「有形資産」だけでなく、
目に見えない資産の「無形資産」についてもどう増やし、どう運用していくか、
目を向ける必要がでてくる。

無形資産には大きく3つあり、
1)「生産性資産」──これは仕事に役立つスキルや知識など。
また、仕事につながる人間関係や評判といったことも。
2)「活力資産」──これは健康、友人、愛など。
それぞれの人に肉体的・精神的な幸福感と充実感を持たせ、やる気をかきたて、
前向きな気持ちにさせてくれる資産。
3)「変身資産」──人生の途中で、新ステージへの移行を
成功させる意思と能力のこと。
人生がマルチステージ化する100年時代には、次のステージにうまく移ることが
非常に大事になる。

寿命100年時代、それぞれの人の人生はより複雑になるので、
「無形資産」についても考えつつ人生戦略を立てていくことが、
さまざまな危機を回避することに役立ち、より充実した人生を送りやすくする。
(著者へのインタビュー記事から、転載)



う~ん、これからの長寿の時代、今までのモデルは全く役にたたなそうです。
お金を貯めるだけでもだめなようです。
その人、その人の生き方全体の問題となってくる、わけですね。

やはり個人差がかなり出てきそうだし、保守的に今までの人生を踏襲していたのでは、
無理がきそうです。
やはり時代は変わってきています。

つい最近話した不動産関係の人と、今の社会では年齢が大きく言われるが、
これからは年齢ではなく、個人個人によって大きく違うので、年齢では推し量れない
時代になる、、というような話を、したばかりでした。

今までの規定の路線では、相変わらず年齢や社会的な要素が大きいけど
新しい動きの中には、そういった考えを持つ人が増えてきている、、というのは
とても感じていました。

私のように既定路線を生きてこなかった者にとっては、
一人一人が、自分の頭で考えて生きて行かないといけない時代に
じょじょになってきていることを、、うれしく思っているのですがねえ、、。

老後の資金がいくら必要、、とかだけでは、カバーしきれない時代になってきていて、
それが今後どんどん進んでいることだけは確かでしょう。



今日のオカメ様  さて、アタシはどっちの方を向いて生きていったらいいのでしょう、、?
170519_1205~01



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム