埋葬はどこにする?

2014.02.01 00:17|老後
来週末に父の13回忌があり、また帰省します。

父はY県出身で、O県に住んでいたので、
墓は住んでいたO県に自分で作りました。
今そこに入っています。

墓石 お墓 青御影石 おはか 墓

その墓を、母の実家の墓のあいた所に移そう、と思ってると
お正月帰った時に母から聞きました。
住んでいる場所から、北に1時間半ほど車で行ったところです。

そこは母の弟の家族が住んでいて、子、孫もいる家なので
誰やかやの目が届く、ので頼もうと思っているとのことです。
(うちは私も弟も子供がいないので)

そこは、私が生まれ、育った場所ではありますが、
今では一番長く住んでいる場所が、東京になってしまったので、
そこの墓に入りたいか?といったら違う、と思いました。
というのも、どうせ独り者だし、
死んだら墓なんかいらない、と前から思っていたからです。

images[11]

とはいえ、どうにかしなきゃいけないなら、せいぜい合同葬でしょうか。
で、調べてみたら
東京都の樹木合同葬というのがあるとわかりました。
それには、生前申し込みもあるそうです。
24年度から始まって、まだ2年しかたってないらしいけど、
さすが東京都。生前申し込みは人数が多いらしい。
死後のことを考えて、合同葬でいいと思う人が増えているんでしょうね。
場所は小平霊園。

生前申し込みの1人用の倍率が
遺骨の場合 24年  34倍  25年 19.7倍
粉の場合  24年  15,5倍 25年  8,4倍
だそうです。
2人用はまた若干倍率がちがいます。
樹木合同葬は1人か2人のみ。
粉というのは、業者に頼むと遺骨を粉にしてくれるそうです。
最初の年はみんなが押し掛けたんでしょうか?倍率が多いです。
東京都霊園
images[9]

これからも1人で最後を迎える人や、
夫婦で子供のいない人は、墓を残す必要はない、と思う方もいるでしょうし、
そんな方には、こういう形の埋葬場所があると助かることでしょう。

今年の募集は7月だそうです。
こういうのがあるなら、私もそのうち応募しようかな?と思っています。
倍率があるなら、何度も申し込まないとだめかも、、

遺骨1体 13万4千円
粉遺骨 1体 4万4千円 
2体はその倍、だそうです。
死んだらできるだけ後に物は残したくないです。(墓や骨も)
なので合同葬で充分だし、粉がいいかも、、場所も取らないし。
合同葬は千葉の八柱霊園でも。2か所でやっているそうです。
八柱霊園

遺骨ペンダント クロス シルバー / メモリアル 仏具 遺骨 手元供養遺骨ペンダントがあるんですね

物はできるだけ残したくないけど、
散らかって残ってても、亡くなれば業者が片づけはやってくれそうなのでいいけど、
ただ、仕事の原稿とか、そういったものはどうするか?
それが一番頭の痛い問題です。
10年近く前に亡くなった、絵本作家をやっていた親友が、
やはり実家に原稿をたくさん残してあって、
今もそれがしまったままになっています。
まだ弟さんや、甥っ子さんがいるからいいけど、
代が変わるとそれらもいったいどうなるのかなあ、、?
誰が保管してくれるんだろう?と、他人事じゃないので気になります。
彼女の証のような作品原稿なんですし、、

彼女の遺作展はいつかどこかでやりたい、というのが私の望みです。
いまだにはたせていません。
日々の生活で時間が過ぎ、ほとんどあきらめていました。
なにせ先立つものがいることなので、、
人の気持ちも時間がたてばたつほど風化していくでしょうし、、
でも最近その方面の人に出会い、刺激され
何とか頑張ってみようか、という気になりました。
なにせ、本来働き者じゃないもんで~
まあ、ダメもとで今考えていることが、上手くいくかどうか、
ちょっと試してみようかな、、と思っているところです。

あなぐまのクリーニングやさん/正岡慧子/三井小夜子 [絵本]

今日はお墓のことを、色々考えてみました~


今日のオカメ様 アタシはまだまだ元気ですよ~!(オカメ様、うんと長生きしてね)ホヨ?
140129_2201~01

↓ いつもありがとうございます。こちらもよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

そうですよね。私も夫と2人です。夫の弟はシングルで、私は一人っ子なので
血縁者は誰もいないんですよね。檀家寺さんにお願いをしてありますが、私は大好きな山の土にかえりたいです。(^_^)

No title

はなさんのところも、継ぐ人がいないんですね。
うちもそうですが、こういう家が増えてて大変ですよね。
山の土に帰るのは私も憧れです。
父は散骨がいい、と何となく言ってましたが、いざ亡くなってみると
散骨ってどうしたらいいのか、誰もわからなくて、
結局普通の形になりました。;

ところで、
はなさんのページリンクさせてくださいね~
どうぞよろしくお願いします。

樹木葬

軽井沢関連のブログからたどり着きました。楽しく読ませていただいています。

樹木葬ですが、テレビでも一番頻繁に報道されている「樹木葬」の、おそらく元祖的なところが「桜葬」です。一番最初の桜葬は町田市にあります。NPO法人のエンディングセンターというところが企画・運営しているとても自由な半自然葬。
http://www.endingcenter.com

とてもまじめなところです。値段もいろいろ。本当の永久埋葬です。土の中にお骨を埋めるので、そのうち土に帰るそうです。宗教自由。墓石なし。HPをぜひご覧ください。見学会もありますし、3月30日は合同メモリアルが行われます(町田のいづみ浄苑)。

ちなみに私たちも継承者なしなので、桜葬に入ることになっています。

No title

フリーカルさんコメント、情報ありがとうございます。
桜葬というのは知りませんでした。
HP見てみました。会員制なんですね。料金が書いてないけど、色々あるんですね。良さげなので、今度聞いてみようと思います。
フリーカルさんはもう入るところが決まっているなら、安心ですね。
ぼちぼち気長に、色々検討してみようと思っています。
いい情報をありがとうございました。

千の風

桜葬の種類と料金は
http://www.endingcenter.com/tokyosakura/
で見られます。

値段もいろいろだと思います。公営よりは高いですが、私達も小平霊園の樹木葬を見てきましたが、基本的に「改葬される」のです。例えば夫婦ならば当然旅立つ時が違うので、同じ場所に埋葬されるとは限らないのです。

桜葬(樹木葬も)は、基本的に「墓石」もないし「墓碑」もないし、場所も明確でないので、好まない人もいるかもしれません。私も友達に桜葬のことを話すのですが、どうも概念的に飛躍しすぎて関心がわかない(昔ながらの「先祖代々」または「家族単位」の埋葬にこだわるから?)こともあるようです。

桜葬は基本的に「千の風」の概念だと私は感じています。仏教的、先祖崇拝的な思想よりは、太古のアニミズム的な雰囲気です

素晴らしいと思うのは、例えば継承者がなく墓参りに来てくれる縁故者がいなくても、桜葬には誰かがいつも来てくれていて、いつもお花があって、もちろん回りには桜や樹木がいつもある。それは太古の人類の埋葬法みたいですよね。昔は定住ではないから、埋葬場所もそれほど固定していない。でも回りには自然がいっぱい。そして人も自然に帰る。そもそも「千の風」のように、アニミズムでは人も自然と一体化するので、墓所の場所はあんまり関係ないですよね。

私に関してはそういう感覚です。購入者は「継承者が必要ないから(永久埋葬)」という理由で買った人が多いようです。でも普通の子どもがいる家族で仏式で埋葬する人たちもいます。その場合は、子どもに面倒かけたくないから、という理由のようですが。

私達(私と妻)の自宅は町田の「いづみ浄苑」のそばなので、よく行きます。高台にあって眺めがいいです。横浜のランドマークタワーもかすかに見えます。回りは桜の木がいっぱい。「文音」などの桜葬がある区画はあんまり墓地という感覚がしません。中央にあるあずま屋でお弁当を食べる人たちもいます。ペット用のお墓もあるし、樹木葬でもペットと入れる種類のものもあります。

私たちは桜葬を購入したエンディングセンターの会員で、いづみ浄苑の宣伝マンでも何でもありませんが、もし興味がおありでしたら、行楽のつもりで見学されるといいです。最寄り駅(若葉台や鶴川)から専用バスもあります。

長い文章で失礼しました。

No title

フリーカルさん、料金のページありがとうございます。
どこに書いてあるか、おかげでわかりました。
見てみたら、ペットと入ることもできるんですね。
それはいいですね。オカメ様とはいることもできそうです。
写真みてもなかなかいい感じです。
書いてくださったことも、場所も固定しないで、自然と一体、アニミズム的というのは、とてもいいなあ、、と思います。
今度時間を見つけて、ぜひ見に行ってみたいと思います。
色々ごていねいに教えてくださって、どうもありがとうございます。謝
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム