トマト缶詰は危険?

トマト缶詰が危険って記事を見かけたので、その話をしたら
トマトは身体にいいし、手軽だから買ってるけど、いったいどうして?と聞かれました。
夏の野菜のトマトを食べようと思ったら、缶詰は便利だし
いつでも食べれて栄養あるし、積極的に取ろうと思いますよね。

トマト缶

その記事は
アメリカの「専門家が食べない7食品」
知ってる人は食べない7食品、としてのっていたものの日本語訳。
これはアメリカの医者や科学者、農業、食の専門家の意見とのこと。
なので、全てが日本で当てはまるわけではないようですが、、

1、缶詰のトマト
トマト缶内部にはビスフェノールを含む合成樹脂が塗られているが、
これは心臓病や糖尿病、生殖器官の病気、肥満などの病気に関係している。
問題は、トマトの「酸」でこのBPAが分解され、食物に移行すること。
これは決して無視できる量ではない。
すでに人の体内のBPAは精子の数を抑制したり、卵子を傷つけたりするレベルになっており、
トマト缶一リットル分を食べると、BPAを50マイクログラムを摂取することになる。
これは十分人体(特に若者に)に影響する量だ。

ということらしいです。
これは日本もおなじですね。
トマトの缶詰は安いし、買い置きをしていました。
それも今はほぼなくなっているけど、もう買っていません。
若くないから別にいいんだけど、、でも健康に年をとりたいから
避けられるリスクは、できれば避けたいと思ってしまいます。
これはつまり、酸の強いものが缶詰になっている食品は、
トマトに限らずどれでもやばい、、ということですね。
気をつけなきゃ、、
ビン入りなら大丈夫だから、そういうものは瓶入りで買いたいものです。

ギア サンドライドトマト オイル漬け 280g

以下
2、トウモロコシ、大豆等の飼料で育った牛
3、レンジチンで作るポップコーン
4、有機栽培でないジャガイモ
5、養殖サーモン
6、人工ホルモン入り牛乳
7、オーガニックでない普通のリンゴ    、、、と続きます。


2、草食飼育の牛肉は、穀物食牛肉に比べ、
ベータカロチン、ビタミンE、カルシウムなどが多く含まれ、
炎症を起こすオメガ6、心臓病を起こすとされる飽和脂肪が少ないことが明らかになった。
これは以前書きましたが、→悲しい牛乳
牛にとって幸せなことは、食させていただく人間にとってもいいってことですよね。

3、これはアメリカの紙袋に入れ、レンジでチンするポップコーンで、
紙の内側に塗られている化学物質が問題視されてるってことのようです。

4、これは除草剤がまかれ、収穫後は、発芽を抑えるために化学処理されている、というもの。
アメリカでは、ジャガイモは残留農薬は11位なのに、この「7つの食べない」に入っているのは、
収穫直前に茎や葉の地上部分を枯らせる除草剤(クロロプロファム)を大量に散布したり、
出荷後に芽が出るのを防ぐために、発芽防止剤を使用したりするから、だそうです。

images[6]

問題は日本の状況ですが、このクロロプロファムは日本では除草剤として登録されている農薬で、
ジャガイモの発芽防止目的に使用することは許可されていない。
(よかった~)
ただ、輸入の加工食品等では使用されているので、
米国などからの圧力により1995年のWTO協定の「衛生植物検疫の措置に関する協定」
締結に乗じて(それまでの野菜0.05ppmの残留基準値であったが)
1000倍の50ppmに変更された、いわく付きの薬剤である。
この条約締結以前においては、日本では使用が認められておらず、
残留基準値すら規定されていない薬剤が、多量に残留しているジャガイモ加工品(主に冷凍品)が、
日本に大量に輸入されるという異常な状態が続いていた。(ウィキペディアより)

冷凍品として入ってきているわけですね。
日本のジャガイモは発芽防止剤的にはよしとしても、結局基準値等、押し切られるんですね。

ジャガイモは発芽防止のため、放射線であるガンマ線を照射する方法もあるそうです。
ジャガイモへの放射線照射は 1972年に厚生省(現厚生労働省)により認可されたが、
1974年1月から道の許可を得て北海道の士幌町農業協同組合が実施しているのみである。
なお、日本において放射線の食品照射が認められている食品はジャガイモだけである。
(ウィキペディアより)

130629_1738~02去年農園でとれたジャガイモ

う~ん、、ジャガイモが、1歩間違うとこんなに危険と隣り合わせの食物だとは知りませんでした。
でもこれらも、もし某条約を結んで圧力がかかると、どうなるかわかりませんね。
もちろん自分の畑では、何もまきませんが。
ホント、安心なものを食べようとすることが、
これからますます大変な時代になっていきそうですね、、

ちょっと長くなったので、続きは次回にします。


今日のオカメ様  アタシは無農薬の食事を取ってますよ~(ほんとかどうか?一応無農薬と銘打っているエサ)
140308_1139~01


↓ いつもありがとうございます。こちらもよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

缶詰って怪しい?と本能で感じていました。
特に水分の多いもの…
トマト水煮は便利なので紙パックです(イタリアの安物です)
お鍋やフライパンも不安です。
考えたら次々キケンなものいっぱい(ーー;)もう遅い?
最終決定は自分の「本能」かもですね(あてになるかな?)
何か嫌な感じと思う時は立ち止まって検証することにします。
便利なもの、安価なものには裏があるとか。

No title

たぶん米国産のじゃがいもで、トランス脂肪酸も多い
と言われるマックのフライドポテト。

あまり食べない方がいいと思いつつ、時々、むしょうに
食べたくなります(マック世代ではないのですが)。

でも最近引っ越して、周りにあまりマックのお店がないので、
これを機に、フライドポテト禁断症状(?)が治るといいな、
と思っています。

完全無農薬ではないけれど、トマトの水煮パックも、
野菜ジュース缶も、比較的安全、と思う
ネットショップで買っています、小鳥の食事も。
(なのにフライドポテトとは、と突っ込まれる?)

無農薬の食事をとるオカメ様、きっと長生きですね。

No title

riesanの本能は正しいのかも、、ですね。
ナベ、フライパンも色々ありそうです。
でもまあ、できる範囲で気を付けるしかなさそうですが、
嫌な感じと思うことは立ち止まって検証、というのは
自衛として正しい、必要になことなのかもしれません。
それにしても恐い時代です~


No title

チロさんは某マックのポテトが、お好きなんですね~
それは怖い?です~^^;
でもたくさん食べるんじゃなきゃ、いいとも思いますが、、
なにせ某マック。
毎週バレエ帰りにみんなで寄りますが、私の脅し?のせいで、みんな頼むのはコーヒーだけになってしまいました。すみませんね~
周りに某マックのお店がなければ、大丈夫ですよ。きっと!
他、色々気を付けてらっしゃるようですし、、
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム