専業主婦は最高のぜいたく?

2014.04.17 01:10|世情
最近のニュースで、
安部首相が配偶者控除を廃止する指示を出した、とありました。
【4】 日本法令 保険料控除兼配偶者特別控除申告書 源泉12
「主婦がいる世帯の所得税を軽減する配偶者控除の縮小・廃止を検討するよう指示した。
安倍政権は成長戦略として女性の活用を掲げているが、
専業主婦を優遇する措置を廃止することで、女性の社会進出を促す。」

とのことです。
これに関しては、今後どうなるかはわかりませんが、当然のことかな、と思います。
人口が減っていく時代に、働く人が増えないと、社会保障を維持していくのが
難しいだろうと思うからです。
でもこれは、主婦に限ったことではなく、年配の人も
働きたい人はどんどん働ける社会がいいと思っています。

もちろんもし控除がなくなっても、働かない人がいるのも、それは自由です。
時間的にゆとりがある人がいないと、文化は育ちにくい、と思いますし、
主婦の方も色々と家族のフォローに、介護に、色んな活動に、趣味に、と忙しくて、
それどころじゃない人もけっこういると思います。

いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します。/小屋洋一

そんな中、最近みた記事に、
「専業主婦は億ションよりも贅沢だ」というのがありました。
専業主婦は億ションよりぜいたく
これは30代のファイナンシャルプランナー、小屋洋一氏の意見です。

女性が正規従業員として働く場合、30歳~60歳まで働くと、
計算すると1億ちょっとになる、のだそうです。
なので、専業主婦で働かないというのは、億ションを買うよりぜいたく、、となるわけです。

氏によると「親より豊かになれない時代」を生きる30歳は、
今までの親世代と同じ幸せを追い求めていると、年収1000万でも破産する、という意見です。
親世代と同じような暮らしを踏襲していると、老後に資金が足りなくなってしまう。
という恐い話のようです。

ほんとに時代、状況がすっかり変わってしまったんだな、、、と
つくづく思います。
それなのに、社会や人の意識はなかなか変わらないので、時代の状況をキャッチして
生きないと大変だよ、ということでしょうか、、

35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじりなさい! 一生お金に困らない2世代マネープランニング/小屋洋一

今の若い人は大変だ、、と思うのと、
今ゆとりある親の世代だって、昔若いころはけっこう貧乏で暮らしていた、というのもあります。
若い世代は、はじめから豊かな中で育っているから、だからこそ今後が大変なのかも、、
親の世代は、貧乏から始まっても、希望もあったし、全体にレベルアップしていく時代だったんですね。
結局人間の暮らしは、トータル人生通して、いついい時期を過ごすか、世代によって違うだけ、
ということなんでしょうか、、

この記事には、専業主婦希望の女性は、34,2%となっていますが、
独身女性の8割近くが専業主婦になりたい、と思っているという記事もありました。
逆に独身男性の8割は、妻になる人に働いてほしい、と思ってるそうです。
(これは統計をとった年代の選び方によっても違うのか?)
専業主婦になりたい女性必見

やはり厳しい時代になってることは、若者が一番感じているからこそ、
女性は専業主婦になりたい、男性は働いてほしい、と思うのかもしれません。

憧れの専業主婦、、その座を勝ち取るためには、
収入の高い、主婦でもいいという男性を見つけることが大事、、と
これには書いてありました。
すごいですねえ、、ほんとに時代は変わったんですね。

140412_0950~01

そういえば、里山ツアーに行った時に、
若い美人の姉妹が参加していました。
そして若い男性が1人、、(あとはおじさんとおばさんばかり)
その姉妹も、なかなかでした。

その若い彼は、学生結婚で、もう子供さんもいるそうなのですが、
なんとキャリア官僚だったみたいで、
美人姉妹の姉が、ずっと彼にぴったりくっついて、マークしていました。
妹の方も、ソバをおわんに1つ1つよそおって、みんなに配ったり、となかなか
女性らしい気配りしてますよ、ふうをやっています。
「そんなことしなくても、みんな自分で好きな分量取るから、あなたも自分の分を食べてね」と
おばさんは言ってしまいましたが、、

140412_1244~01

姉の方は、官僚にコネを作ろうとしてる、、というのが見え見えだったし、
なかなかの策士姉妹?と、妙に感心してしまいました。
それだけ若い女性は切実なものがあるのでしょうか、、、?

でもまあ、昔も今もそういうところにパッと網を張れる人と、
張れない人がいたんですよね。
私など若い時、全くそういうことに気付かない、疎い人だったので、
人生経験積んできて、色んな人の状況もみて、話も聞いて、
そういうことに聡い人が世の中にはいる、というのがよ~くわかったようなあり様ですが、、

人は一生の間に、ピークのいい時期がいつ来るか?は、人によって違います。
若い時にすごく良くても、その後はわからない。
若い時に悪くても、年いって花開く人もいるし。
人生の華の時期が何時来るか、は人によりそれぞれ違います。
それは世代もそう。どの世代がいい、悪い、ってないと思う。
いい時期が何時来るか、がそれぞれの世代で、個人で違うだけ、、って。
今の若い人だけが、大変なわけではないでしょう。
今ゆとりのある高齢者だって、子供、青年期には戦争があり、大変だったことでしょう。
デザインまな板 PENSION Beautiful Views/ビュウティフルビュウ ドイツ メール便OK
話がそれましたが、「早く専業主婦になりたい女性必見」記事に書いてあったのが、
収入の高い、安定性のある仕事の男性を見つける。
若い、早いうちからの婚活をする。
家庭的な女性、というアピールを、家事ができること。
主に外見をみがく。でした。
う~ん、美人姉妹、もろこれを実践してますね~笑

でも考えてみたら、これを実践してた人は、昔も同じようにいたような、、、
今も昔も努力している人は、同じようにいるんですね。

でも、全くのよけいな大きなお世話ですが、
この変化の激しい時代、安定してるはずの夫の仕事だってどうなるかなんて、
わかりませんよ。
もしかして、夫がウツ病になってしまうかもしれないし、ドロップアウトするかもしれない、、
人生って何があるかわからないものです。
なので人に頼らずに、自分のスキルを磨く、自分で稼げるようになる、が、
ほんとは一番確かだと思うんですけどね~

はい、大きなお世話でした。
ちなみに、親しいバレエ仲間の専業主婦の方たちは、みなさんお幸せそうです。
(40代後半~60ですが)やっぱり、そうじゃないか、とおっしゃるでしょうけど、
でも、これは世代が若者とは違う、親世代に近いからなのですよ。
若者は自分でこの時代をキャッチして、たくましく生き抜いていってほしいものです。


今日のオカメ様  アタシも結局、独り者のままでしたね~おつきあいがいいでしょ
140416_2026~01


↓ いつもありがとうございます。ランキングのクリック、どうぞよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです~

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム