虫の毛嫌いと農薬緩和

2015.09.06 01:37|自然農
うちの小さい畑には、色んな虫がいます。
ゴーヤ、丘ワカメ、キュウリのツルの所には、
カマキリがいるのを、時々みます。

スティックセニョールには、ナガメというカメムシ科の
害虫が、夏前はたくさんいました。
でも殺虫剤も何もまかずに、ほっておきます。
他にも、シャクトリムシや、土には名前のよくわからないケラのような虫がけっこういます。

150604_2239~01

そうやって、虫にやられても、けっこうアブラナ科の
スティックセニョールは、そのうち負けずに、しっかり育ちます。
茎を切ると、次々に新しい芽が出て、けっこう強いのです。
その芽を収穫して、朝の野菜ジュースに入れて、飲みます。
農薬をまくより、虫にやられる方がマシだと、基本的に思っています。
虫も食べるくらい、安心、、と思うからです。

この時期、野菜ジュースに入れる畑で取れる葉物は、
シソ、モロヘイヤ、スティックセニョール、丘ワカメ(雲南百薬)、ゴーヤです。
それに作っておいた、桑パウダーを入れます。

140627_1710~02桑の葉を蒸して干してパウダーに

他に買って入れるのは、ニンジン、リンゴ、バナナです。
それらに加えるのが、上記の桑パウダー、クエン酸、大豆粉、みつばち花粉、
それに麹、亜麻仁油です。

自分でもこんなに加えてたら、やり過ぎ?とも思うけど、
おいしいし、これを毎日飲んでいるから、元気でいられる、、と、思っています。

この野菜ジュースを、無農薬野菜で作って飲みたかったから、
畑で、野菜作りを始めた、という面もあるのです。
なにしろ、無農薬野菜を買おう、、と思ったら、けっこう高いですからね。
自分で作れば、これほど安心なことはありません。

130701_1048~01

というのも、以前も書いたことがある、ネオニコチノイド系農薬。→ミツバチの失踪
これの規制緩和が、今年の5月に行われたようです。

厚生労働省は、ネオニコチノイド系農薬「クロチアニジン」の
食品中の残留基準緩和について、21日まで国民から意見募集を行っていた。
意見募集は2013年10月に続いて2度目。
前回は集まった1600件以上の意見のほとんどが基準緩和に反対するものだった。
にもかかわらず、規制緩和をした。今回も同じ。
基準緩和案では、ほうれんそうで従来の13倍(40ppm)まで許容。
お米やサツマイモ、サトイモ、大根、ごぼう、にんじんなど、
主要な食品で追加の緩和が行われていた。

ネオニコチノイド系の農薬が、蜂の神経系に作用してミツバチを殺すことが分かり、
EUはこれを受けて2013年の暮れから、ネオニコチノイド系の農薬の使用禁止に踏み切っている。

う~ん、みんなが反対してるのに、何なんでしょうね。
「クロチアニジン」を作っている企業利益を優先したんでしょうか?
反対しても関係ない意見募集なんて、いったい何の意味があるんでしょうか?
住友化学、経団連、モンサント、遺伝子組み換え作物、TPP、??
裏で色々決まっている?いったい、どんな思惑があるのでしょう?

180188439_624[1]

以前、ミツバチが減った理由として、ネオニコチノイド系農薬が
取り上げられましたが、
ミツバチだけでなく、虫や、カエルも、鳥さえも減った、、という話が
前からあちこちで出ています。 昔は、もっと虫や生き物がたくさんいた。
これは、私が都会で暮らしているので、気づかなかったのですが、
田舎でも、どうやらそうらしいのです。

その主たる原因は、フィプロニルという成分を含む
プリンスという製品名の農薬の使用にある、という説も。
これも、神経伝達物質が阻害され、
ネオニコ系と同じく、ミツバチの蜂群崩壊症候群(CCD)の原因の仮説のひとつとなっている。
お米等に使われ、イネを食べた害虫を殺す作用を持つ。
処理後長期にわたって効果が持続するので、使用回数が少なくてすむことと、
大気中に散布されないからエコ、という説もあるそうです。
これを蒔いた田んぼでは、ヤゴが生きられないそうです。
トンボが減ったのは、おそらくそのせいなんでしょうね。

a19b0bc96593b1272b841e81ffd66d99[1]

そういうことを知ったら、そんなお米は、食べたくない、、
そう思う人もけっこういるのでは?と思います。
けっこう、日本では殺虫剤がまかれているんです。大した害はない、、ということで。
なにしろきれいな野菜、きれいな製品を求める国民性ですからね。
生産者も、きれいな野菜やコメを出荷したいわけです。

きれいさや、快適さや、便利さばかり求めると、自然の摂理から
どんどん外れていきます。
どこか不便さ、不快さ、ガマンは生きていくのに、避けられないことです。
最近、虫を毛嫌いする人が、やたらと増えたことも、それに関係しているようで、
すごく気になるところです。

虫や、生き物が暮らしにくい環境は、いずれ人間も暮らしにくい環境になるのは
もう目に見えているのですから。
いえ、自然のしっぺ返しは、すでに人間に、色んな形で、もう出ている気がしてなりません。



ネオニコチノイド系農薬は、
子どもの脳の発達障害(自閉症、ADHD:注意欠陥多動性障害、LD:学習障害)の
原因になるとの説を唱えている、脳神経科学者もいるそうです。

池田清彦→「日本の野菜が危険に」より


今日のオカメ様   どれどれ、、、取ってきた野菜のチェックをしているところですよ~
150604_2259~01


↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム