「いつものパンがあなたを殺す」読みました②

2015.10.30 03:01|糖質カット
「いつものパンがあなたを殺す」の本を読んで、
前回の続きです。

151028_1502~01

今アメリカで増えているのが、セリアック病。
(グルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患。)
セリアック病を患う人は、発達遅延、学習障害、チック障害、ADHDになるリスクがある。
うつ病と不安障害は、グルテン過敏症の患者にも。
脳内の重要な神経伝達物質の生成をブロックするサイトカイン。
グルテン、乳製品を除外すれば、アレルギーや関節炎、過活発免疫系による異常から解放される人も多い。

そして日本で売っている、ふわふわパンはグルテン含有量が多くないと作れないようです。
輸入のグルテンの多い強力粉。でないと日持ちもしない、、、ということは
日本でも小麦アレルギーが増えているのでは?と思われます。

品種改良で、今の小麦は同じ遺伝子をもった小麦でほとんどがしめられている、、という状況は
別の本で読みました。
今の小麦は、大量の農薬と化学肥料を使って育てるようです。
ありとあらゆる食品に、小麦は使われています。

そしてパンの怖さを言っているのは、炭水化物の取り過ぎがよくない、血糖値の上昇と糖化。
血糖値がどれくらい上がるかを表したGI値が、小麦はグラニュー糖より上回るそうです。
小麦ほど血糖値を急上昇させる食品は他にあまりない、と。



1日の糖質は60g以下に。そうしないと脳に炎症が起きてくる。『キヌレリン』という毒が発生して、脳を犯す。
グルテンには強い依存性もある。
グルテンが胃で分解されると、アヘンに似た作用を持つ「エクソルフィン」という物質に変わる。
それが脳の“関門”をするりと突破し、脳内に入り込む。
すると「おいしい!」「最高!」という恍惚感を生み、依存性を引き起こす。
(翻訳の白澤卓二氏)

(キヌレニンとは、必須アミノ酸トリプトファンからナイアシンを生成する経路で代謝されるアミノ酸の一種。
キヌレニンはチック症との関連が指摘されるほか、白内障との関連についても研究が行われてきた。
今回新たに、キヌレニンがうつ病などの精神疾患の原因物質である可能性と、
運動にはキヌレニンを「解毒・分解」する効果がある、と。)

しかし、パンだけが悪いわけではなく、炭水化物(糖質)の取り過ぎが問題視されているわけです。
脳機能や、健康の低下の真犯人は、グリセミックインデックス(GI)の高い食べ物。
いわゆるGI値の高い食べ物。
グルテンを含まないものでも、過剰摂取は、グルテンたっぷりと同じくらいダメージを与えるようですから。



狂牛病や、アルツハイマー病、ルーゲーリック病は同じような特徴をもつ。
それは変形した蛋白質。
変形した蛋白質が、特に神経変性に害をなすことはあきらか。
糖化反応とは、糖分子が蛋白質、脂肪、アミノ酸に結合することで、メイラード反応とも呼ばれる。
終末糖化産物AGEsによって、蛋白質の繊維がゆがめられ固くなる。
AGEsが肌の老化に重要な役割をはたしている。
タンパク質の糖化が、肌のみならず、脳にも影響を及ぼす。
糖化、、、怖いです。身体のすべての機能がこれによりだめになっていくんですね。

そして、博士が勧めているのが、炭水化物制限と、いい脂肪摂取はもちろんですが、
断食が脳をより明晰にする、、ということです。
これも断食はいいと言われていますが、
今の人類が生き残ってこれたのは、飢餓状態の時に、脂肪を生命維持に必要な燃料として使えた、
その結果、という仮説もあります。
人類は、脂肪をケトンという分子に分解することができる。ケトンのエネルギーは強力。
渡り鳥がすごい距離を飛べるのも、ケトンのエネルギーのようです。
脳はグリコーゲンよりも、ケトンが好きなのです。
ケトン体の記事はこちら→糖質の取り過ぎが病気をまねく



それと最後に、コレステロールとビタミンD
脳内での新たなシナプスの成長は、コレステロールに依存している。
さらに脳内のコレステロールは、強力な抗酸化物質としても働く。
コレステロールは、エストロゲンのようなステロイドホルモン、およびビタミンDという
きわめて重要な抗酸化物質の前駆体。
ビタミンDも強力な抗炎症剤であり、感染性病原体を取り除いてくれる。
ビタミンDは、実際はビタミンではなく、体内のステロイド、ホルモンのように働く。
ビタミンD不足はアルツハイマー、パーキンソン、ウツなどの慢性疾患をおこしやすい。
ビタミンDの化学式は、コレステロールとほぼ同じ。

ビタミンDがそんな重要な位置づけとは、知りませんでした。
たくさん調べないといけないことが多いですが、、、
けっこう怖いことも書いてある、、といえば言えます。



それにしても、今この本がものすごい売れているようで、いいことだと思います。
なにしろ、世の中あまりに炭水化物があふれているし、医療に対しての不信感もあるし、
自分で調べないと、知っておかないと、糖尿病や認知症等、
色んな病気が増えてることへの対処ができないからです。
自分で調べて、納得ができるところから始めていくしかないですし、、、
私は糖質制限は色々調べて、納得ができたからやっているのですが、
結果、とても体調がよく、やってよかったと思っています。
基本、自分の身体は自分で守っていかないと、誰もまもってくれませんしね。
今、健康常識は、転換期なのを、つくづく感じています。
それにしても、パンやさんも大変ですねえ、、、


今日のオカメ様  アタシの身体は、アタシが守ってる?んでしょうか~?(チアシードの袋をかじりつつ)
151028_1251~01


↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活





スポンサーサイト

コメント

読んでみます

読んでみようと思います。読まないと(読みたい本)いけない本がたくさんあります^^;
小麦が変わってしまっているということは、うっすら聞いていました。
大事なことは、ぼーっと受け身ではわかりませんね。
いつもありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はなさん、ありがとうございます。
お仕事も忙しいと、なかなか本を読む時間も作るのは大変だと思いますが、この本、読めるといいですね。


No title

Tさん、コメントありがとうございます。
うあはろそうなんですね。制限は効果あることと思います。
江部先生も、、実践してられるようです。

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム