左利きは不利か?

2015.12.14 00:27|生活
実は私は左利きなのですが、
子供の頃、エンピツと箸は母に直されたので、それは右手です。
なので、他の人には気づかれにくいのですが、
直っていない他のことは、基本左なので、ハサミや包丁等は左です。
ものによって右しか使えなかったり、左しか使えなかったりなのです。



おそらく右利きの人は気づかないと思うけど、
生活の時も、色々ちょっと引っかかりを軽く感じることはあります。
例えば電車に乗るときも、改札を通るとき左でカードをかざすのはやりにくいわけです。
なので、新たにやる動作は、意識的にできるだけ右手で始めるようにしたりします。
なので、だいぶ右手でやれることも増えました。
結局は回数やれば、何でも慣れるわけですから。

もう子供の頃からのことなので、別にどうってことないのだけど、
なぜ今さらこんなことを書いているか、、というと
じつはバレエで動きを把握するのに、状況を把握するのに、ほんとに時間がかかるからなのです。

もしかして、この時間のかかる把握力のなさ、不器用さは左利きのせいもあるのかな?と
思ったからです。

今、発表会用の振付をやってもらって、1曲踊りをやっているのですが、
やったことのない動きの組み合わせが続き、それが変わると、もう把握できないのです。
そのうえ機転もきかず、頭がいっぱいいっぱいになり、何を言われているのか
まったく把握できなくなります。



その上、動きだけでなく、練習する場所が変わるたびに、位置関係がわからなくなるのです。
どっちが前で、どっちが後ろ?
違う場所で自主練してると、動くたびに自分が今どこにいて、前がどっちだかわからなくなったりします。
位置把握もとっさにできないのです。
よ~く考えてみて、あっこっちが前だった、、と気づく。
そんなことにも時間をかけないと把握できないのです。
どうやら他の人はそんなこともなさそうです。

これはいったいなんなんだろう?と思った時に、もしかして
左利き、というせいもあるのかな?と、ふと思ったのです。

以前から思っていたことは、自分がほんとに不器用だ、、、ということです。
友達のやはり左利きの同業者は、「左利き度」が私より強いのですが、
彼女は私からみても、ほんとに不器用だなあ、、と思うのです。
お互い「左利きってホント不器用よね~」と、慰め?あったりしますが、、
うまく機転がきかず、把握できないので、混乱してその場ですぐに対応ができないのです。
そこは似てるなあ、、と思います。

でも、絵は仕事でやっていたので、それなりにかけるし、
それなりに独創的な発想も、ある程度はあるかな?とも思います。
時間がかかるけど、マスターしたらそれなりにやるので、
一見器用にみえて、器用、、と言われることもあります。
が、 色んなことを把握して、やれるようになるのに、ホントに時間がかかります。



でも、色々調べてみて、左利きは空間把握能力が高い、、とか書いてあったりもします。
紙の上とか、対、画面、頭の中だと確かにそうかな?とも思うけど
頭の中ではなく、身体がその空間にいると、その位置関係がとたんに把握できなくなるのです。
それは置かれた状況も同じで、どう対応していいかわからなくなります。
いわゆる一種のパニック障害ぽい気もします。
つまり、結局はどれだけ訓練ができているかどうか、なのかもしれませんが、
こればかりはパニックになると、どうにもなりません。
身体を使う訓練は、まだまだ少なすぎる、特に踊りになると少ないから、よけいそうなんですが。

それはたんに、利き手と関係なく、私の把握力がないせいと訓練が足りないから、
と言われるかもしれませんが、動きを把握、状況を把握するのに時間がかかり、
覚えるのにも時間がかかる。
これは不器用以外の何ものでもない、と思います。

たぶん右脳、左脳、ものによって利き手が違うので、踊りは身体の全部を動かすので、
脳の回路のつなぎ具合もあって、すぐに把握し動かすことがニガテなのかな?とも思います。
何度も回路をつなげて、その訓練を何度もして、初めて動きが把握できるので、
つなぎが上手くいかない傾向があるのかもしれません。
それは言葉も同じです。とっさに何を言われているか、理解不能のこともままあります。
瞬間把握がものすごいニガテなのです。

151118_1457~01

「認知行動障害には左利きの人の方がなりやすいと言われている。
実際、米国エール大学が行った研究では、左利きの人は、現実相関に弱いと結論づけられている。」
認知、現実相関に弱く、時間がかかるのは、ものすごく実感します。

まあ、中年から始めたことだし、踊りなど学校のフォークダンスしか
やったことがないのだから、踊り慣れてないので当然といえば当然でしょうが、、、
性格的にも、把握力が弱いのでなおさらです。
それにしても、踊るというのは、ふだんのレッスンとは全く違い、ほんとに難しいことなのです。

技術の上に、空間把握、動きの把握、表現力、音の理解力、注意の言葉を把握する力、
色んなモノが同時にいっぺんに求められます。瞬間力の弱い人間には
ほんとに難しい、、、機転も全くきかないので、ドツボにはまると、抜けられなくなります。

この前テレビで、芸能人がバレエに挑戦、、みたいな番組をやっていましたが、
みなさん子供の時からやってた、めちゃくちゃレベルの高い人達ですが、
それでもプロの舞台はいかに厳しいか、、という番組でした。
レベルはあまりに違い過ぎなので同列に言っては申し訳ないのですが、
「踊り」をやるという難しさは同じなんだろうな、、と思いながらテレビに釘づけでした。
そこにも器用にこなす人と、不器用な人がいるわけなんですね。

151118_1455~02

あまりの自分の把握力のなさに、心が折れそうになるけど、
この年で踊れる状況があるだけでも、ありがたいことかも、、と思いなおしたりもします。

こういう把握力のない人間は、きっと人一倍練習しないといけないわけなんですが、、
特に大人から始めているので、なおさらです。
練習時間をできるだけとって、自主練して、何とか乗り切れるよう、、、頑張りたいと思いますが、
それにしても、とっさの言葉、とっさの状況の把握力のなさには、
自分でも心が折れてしまいそうになることもあります。
せめて、左利きのせいで、仕方ない面もある、、と思わないとめげてしまいます。

そういえば、フレンチでナイフ右、フォーク左ができないので、私はナイフを左にもちますが、
これはフレンチのマナー違反なのか?誰に聞いても知らないので、ご存知の方おしえてください。

今回ちょっとめげてるので、愚痴っぽい記事になってしまいました~;


今日のオカメ様  アタシもじつはっ、左ききなんですよ~全然めげませんよっ
151112_2147~02



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト

コメント

こんにちは

ご無沙汰しています
いつも感心して読んでいます。

私も左利きを直した者なので、「認知、現実相関に弱く、時間がかかる」というのは、ものすごく実感します。
なるほどとです。

歌のためにピラティスを習い始めましたが、体の動かし方がぎこちなくて…、困ったもんです。

No title

suzuさん 、お久しぶりです。
読んでくださっていたんですね。どうもありがとうございます。

suzuさんも左利きだったんですね!写真とかに感性を感じていました。納得です。 それにしても、やはり不器用なのですねえ、、、やはり1割しかいない左利き、9割の右利きの人の中で暮らすと、どうしてもズレてしまうのかな?とも思うのですが、、謎は多いですね。
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム