誰も気づかないんでしょうか?

2013.05.27 18:33|インコ
先日、オカメ様と外歩きしてきました。

図書館に本を返しに、オカメ様とのお散歩もかねて、行ってきました。
前に雨漏りで、借りていた本がゆがんでしまったので、同じ本を弁償したのでした。雨漏りの日
130527_1752~01
写真の野菜の作り方の本、2冊でけっこう高かった。


途中、肩にのって、ずっと後ろの止めマジックテープを、かじかじ。
130524_1844~02

誰もすれ違っても、何も気づかない。(夕方だから?)
こうなったら、図書館でも大丈夫だ~とばかりに、決死の覚悟で中へ、、

図書館の人も、本の処理の手続きにてこずっていたせいか、全く気付かない。
鳥が肩にのってるんだけど、、図書館に動物が入ってもいいんでしょうか~?と
内心ドキドキしたが、全く何も言われない。
まったく眼中にない。

ほっとした反面、なぜ気づかないんだろうか?と多少不安、不満も。あはは


で、そばの公園のベンチでお写真を。
130524_1826~04130524_1826~06
なんだかな~ちっとも楽しくなさそう、、

ベンチのそばにあった自転車に、子供を乗せようとした人が、初めて気づいてニヤっとしただけでした。
(外人の男の人だったので、どうリアクション取ったらいいかわからず、こっちもニヤっと返しただけ)

別の日に肩にのせて、近所の人と話した時も、だいぶ話してから、あらっ鳥が!と気が付かれた。

ということは、だいたい誰もオカメが肩にのって散歩してるなんて、思わないから、
誰も気づかないんですね~
私が思うほど、気にしなくていいんだ、とだんだんわかってきた。

よし、今度はもうちょっと遠出しても大丈夫かも、、

それにしても、もうちょっと慣れて、地面を歩いてくれたらいいんだけど、、、
それは高望みでしょうか~?
せめてオカメ様がもう少し慣れて、周りを楽しむゆとりが出てくれたら、嬉しいんですけどね。
そしたら楽しみが、もうひとつ増えると思うのですが、、、

 いよいよオカメ様18歳になります!
ご長寿のインコ様に、いったいどこまでやらせる気だ~?

130524_1842~04130524_1842~03
屋上でも、、、カジカジ

130524_1843~02130524_1843~01
屋上の花


↓こちらもよろしくお願いします~
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

私は文鳥を2羽飼っています。かつて(十年ほど前でしょうか。
私、おじおばさんと同年代です)、
「かごの鳥」の文鳥を外に連れ出して、大空のもと飛ばせてあげたい、
と思ったことがあります。

でも、文鳥の足は、糸やひもをつけるには細すぎて、
簡単に抜けてしまう、
携帯用の鳥かごに入れて、それを持って歩いても、
それはやっぱり「かごの鳥」でしかない。

結局、文鳥の大空散歩は実現しませんでした。

おじおばさんのオカメ様のお散歩デビュー顛末記を読んで、
そんなことを思い出しました。

オカメ様、振り回されて災難で、でも幸せそうです。

ごめんなさい

やりかたがわからなくて2回載ってしまいました。こちらで消し方がわかりません。できましたら2回目消去してください。パソコンよくわからずにやっています。最初で最後にした方がいいかも・・・。

No title

チロさん、コメントありがとうございます。
文鳥とお暮しなんですね。文鳥かわいいですよね。
でもきゃしゃなので、確かに外に出すのは難しそうですね。
大空散歩残念でした。
オカメ様の場合大きいので、できたことだと思います。
あと性格も。気丈で、めげない奴なので、、^^
でも、スーツを着せると気になるようで、いつもカジカジしてるので、最近は着せていません。
結局鳥をつれて出かける所もないんですね。
でも何かあったら、いつでも連れていけることがわかったので、うれしいです。
コメントこちらで消せますので、大丈夫です。
最初で最後と言わず、また遊びにきて、
気が向いたら、コメントも残してくださるとうれしいです。

鳥のおしめ

コメント消去、ありがとうございました。

オカメ様のスーツが気になり、リンク先の「鳥のおしめの会」をクリックして、
びっくりしました。こんな会があって、こんな商品を売っていたなんて。

現在うちに2羽いる文鳥のうち、1羽は白文鳥ですが、
4年ほど前に家の前で保護した迷い鳥(年齢、性別不明)です。
羽を切られているのか、人間の腰くらいまでの高さしか飛べず、
カゴから出すと床をチョコチョコ歩き回ります。

カゴの中でも止まり木には止まらず、底網を這いずり回って、
底網にお腹をつけて寝ています。具合でも悪いのか、
と病院に連れて行ったこともありますが、結局、お医者さんもわからない
ただの「変わりもの」らしい、ということになりました。

その白文鳥が最近「頻フン」で、放鳥したときのフン害がたまらず、
思わず「鳥のおしめの会」を閲覧した次第です。
でも文鳥用はありませんでした。不器用なので自分で作る術もありません。

文鳥の会に相談(?)すべき内容だったかもしれません。おじおばさんの
「でも何かあったら、いつでも連れていけることがわかったので、うれしいです」のコメントが可笑しくて(楽しくて)、また投稿してしまいました。

No title

チロさん、再度ありがとうございます。
白文鳥ちゃん、頻フンなんですね~
それはおしめがあるといいかもしれませんね。
「鳥のおしめの会」に入会したら、おしめがダウンロードできるので、
100%を印刷して、体重が80~100gで60%なので、例えば45gだと30%にコピーし直して、ご自分で縫うのというのはいかがでしょう?
小さい鳥なので、薄いやわらかい布でやれば大丈夫かも?
オカメ様のスーツもそこから印刷して、見よう見まねで適当に縫ったものです。四苦八苦しましたが、、、;
外に出すのでなければ、きっちり作らなくても大丈夫で、何とかなると思います。  まあ、、うちは外用なんだけど、いいかげんですが、、
もしわからなければ、チロさんは東京近辺でしょうか?
近ければ、お見せすることもできると思いますが、、

No title

おじおばさんは、私が手先が不器用だということを甘く認識されています。
体重25gの文鳥のおしめを自分が縫えるとはとても思えません。

それにすごく臆病で神経質な鳥なので、やはり着せるのはむずかしいかな、と。
かわいそうという気持ちもあります。一度路頭に迷い、死にかけた子ですし。

そんなに長い時間放鳥しているわけではないので、トイレットペーパーを
手について歩きます。行動パターンがコロコロ変わる「変わりもの」
なので、そのうち「頻フン」おさまるかもしれません。

頻フン対策、真剣に考えてくださり、ありがとうございました。

ホントのこと言うと、オカメ様にスーツを着せるのをやめた、とお聞きして、
良かった、と思ったんです。カジカジしてる写真、気になるのかな〜と
気になっていたので。

私は現在夫と犬と小鳥と軽井沢(移住の途中?)に住んでいます。
夫の名前はフリーカルです(カルイザワのフリーランス、だそうです)。

オカメ様の散歩日記がとても面白くて、夫のパソコンに送ったのですが、
夫が埋葬の頁にコメントしているのを、今日知ってビックリでした。

桜葬には、私の両親と二十歳で亡くなった弟が眠っています。
高台のさわやかな風が吹き渡るその場所が私は好きです。

もうすぐ桜の季節。行かれるなら是非、「桜葬」を一年で一番感じられるこの時期に。
もしかしたらお会いできるかも・・・。

No title

え~っつ
フリーカルさんとご夫婦だったんですか!
びっくり!!チロさんが送った記事を見て、フリーカルさんがコメントくださったんですね。偶然。どうもありがとうございます。
桜葬見に行きたいと思っています。4月に見学があるようなので、できればその辺で見に行けたら、、と思っています。
ご家族みなさんが入ってらっしゃるんですね。
うちも弟夫婦にも声かけてみようかな?とも思います。(興味もつかどうかは不明、、)
軽井沢に移住を考えているんですね。
友人の書いてる、軽井沢の「森に帰ろう」ブログともしかして、似たような状況かも??(10月23日の記事で遊びに行った様子をかきました。)

それにしても文鳥様は25gしかないんですね!それじゃちょっと難しいでね。お散歩スーツは小さい時から慣らしておくなら、いいかもしれないけど
年いってからは、なかなか慣れてはもらえないですしね~
でも鳥のお医者さんが言うには、鳥には環境を変える刺激が、時々あったほうがいい、とのことなので、たまには着せてもいいかな、とは思っています。^^

No title

そうなんですね。オカメ様に苦行を強いるスーツ着用は、
ただ人間が一緒に散歩したいからという身勝手ではなく、
鳥には環境を変える刺激があったほうがいい、
という思いからなのですね。辛いですね、ジレンマですね。

子どもの頃から、金魚、カメ、十姉妹、文鳥、
ハムスター(もいたような)、犬、何かしらいる家で育ちました。
ご長寿のオカメ様、いつまでも元気でいてほしいです。

riesan516さんのブログ、読ませていただいています。
軽井沢情報とても参考になります。
コメントも一度入れさせていただきました。
ブログへのコメント初体験で、おっかなびっくりでした。

そこからおじおばさんのブログへまいりまして、
しょっぱなからお手数をおかけした次第です。
(やめると言いながら、いつも長くてすみません)

桜葬、4月の見学会、桜は大丈夫でしょうか。
エンディングセンターのHPに、

「例年、満開の桜の下で行う合同メモリアルを、
桜の開花時期が年々早くなっていることを考慮して、
今回は例年より早めの3月30日に決定した」とあります。

四季折々に風情がありますが、やはり桜満開の桜葬は格別です。
(私は今年は見るのはむずかしそう・・・です)

団体の見学会参加に都合がつかなければ、
個別の見学にも応じる、ということなので、
是非、おじおばさんのご都合と桜の都合を合わせて、
満開のあたりに見ていただきたいなと切に願っております。

桜葬

きのうコメントを送ったあとに、気がついたのですが、
桜葬の見学会というのは、会場に希望者を集めて、
エンディングセンターについての説明、埋葬の方法、
その後の管理など、スライドを見ながらの説明会があり、
その後実際の桜葬を見て回る、というものだったと思います。

私たちが最初それに参加したのは6,7年くらい前だったので
あまり頭にありませんでしたが、参加者は50組ほどいたでしょうか。

それには参加された方がいいと思います。
ただ、今の見学会は当時とは内容が違うかもしれませんので、
ぜひ、エンディングセンターに確認してください。

もし、その見学会が桜満開の時期とずれていたら、再度(あるいは早めに)訪れるのもいいかな、お花見のつもりで、と思います。すみません、補足でした。

No title

チロさん、色々コメントありがとうございます。
桜葬の情報詳しくありがとうございます。どうやら見学会ははずせないようですね。それに合わせて、どこかで行ってみようと思います。
ただ30日はその辺で畑の講習会があり、無理かも??
先になるけど、行ったらそのうちブログに書いてみたいです。

チロさんと同じで、うちも金魚、鯉、にわとり、十姉妹、犬、メジロも、、、
何かしら色々いました。でも鳥を放し飼いしたのは、自分で暮らし始めてからです。オカメは長生きなので、ずっと元気で楽しくいてほしいと思っています。文鳥様も!ですね。
きっとチロさん家で幸せに過ごしていることでしょう。
また気が向いた時がありましたら、いつでもコメント気楽にしてみてください~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム