いよいよ介護か?

2016.03.07 01:51|老後
しばらく家をあけており、ブログもお休みしておりました。
というのも、実家に帰っていたからです。

いよいよ、うちにも母の介護問題がやってきました。
高齢の母は、一人でがんばってくれています。



脊柱管狭窄症で、骨粗しょう症で背骨が曲がっていて、腰にかなり負担がきていて、
1月半ば頃から、だんだん痛みが耐えられなくなっていたようです。

それで、毎日のように電話でやり取りをし、話を聞いていたのですが、
痛い日と、それほどでもない日があり、
じゃあ、帰ろうか?というと、次の日にはそんなに痛くないから大丈夫、、と言われたり、
病院に行って入院するから、来てくれる?と言われたり、、、
入院しなくてよくなった、、と、毎日コロコロと変わるのです。

そもそも入院は簡単にはさせてもらえるわけがありません。
こちらも、様子を見に帰らねば、と思いつつ、どうしても抜けられない用があったりで、
やっとタイミングを計って様子を見にいってきたわけです。
なにしろ遠いので、緊急でなければ、すぐ帰る、、というのはなかなか、なのです。



母は、以前は痛くなると、ブロック注射を打ってもらっていたのが、
その先生が遠くの病院に移り、やってもらえなくなったので、困っていたわけです。
それで別の、近くの痛みのペインクリニックを私の方で調べ、そこに行ってもらい、
別のブロック注射をやってくれる近い所を調べ、行ってもらいました。
でもブロックがあまり効果がなかったようで、ペインクリニックの方にかかりながら
様子をみていたのです。

そろそろ1人暮らしも限界なのかな?とか、
O県を出たくない、と言ってたので、(つまり私の住んでいる方に来る気はない)
O県で以前調べていた、よさげなホームを見にいくだけいったほうがいいのかな?とか、
介護申請はしたほうがいい、、とか。
もしくは前のブロック注射のうまい先生のいる遠くに、連れていったほうがいいのかな?とか、、、
離れていると色々心配で、あれこれ思います。
母も「ブロック注射に連れて行ってほしい」と言ったと思ったら、痛みが楽になると、
「やっぱり行かなくていい」と、日によってコロコロ変わるのです。
とにかく様子を見ないと、と思い帰りました。

で、帰ってから背中や腰をさわってみると、スジが張っているのです。
これは背骨が曲がっているせいで、その負担が筋や腰に出てきて痛いのじゃ?と思いました。
で、ペインクリニックに連れて行き、先生の話をきくと、どうやら姿勢を治すことが大事、、
と言われ、その先生がたまに打ってくれる注射も、一応種類の違うブロック注射とわかり、
この治療をやってる間に、他の以前の先生のブロック注射をやらない方がいい、、と言われました。



おおよそ、私の見立ても違っていない、とわかったので、背骨や腰を曲げる生活を改め、
クセを直すよう、しょっちゅう言うことにして、椅子を姿勢を保てるよう変えたりしました。
寝ていると痛くない、というので、それは背骨がおおよそ伸びてるから、とわかりました。
つまり立ったり、座っている時は背骨を真っ直ぐに支えるための筋肉がないから
伸びた姿勢が保てないのです。
筋肉をつけるには意識して、姿勢を保つよう、命令を送り続けるしかありません。
母の生活をみていると、かがんで色んなことをするクセがついているので、
それを改め、クセを直さないと難しいわけです。
おそらく、痛くなると今までのブロック注射の上手い先生の所に行き、
ブロック注射をしてもらうことで、痛みが取れるので、それに頼って、
自分の姿勢の悪さやクセを直す方に、意識がいかないままきたようです。
でも、今度行き始めたペインクリニックでは、姿勢をなおすことと、
きつい注射はあまりしない方がいい、という方針なのですね。

で、母も今の先生のところでやってみる、、ということなので、
じゃあ、姿勢を直すことを、自分でしっかり意識していかないといけない、、
ということになりました。
なので、いる間、ずっと私は「まっすぐ、まっすぐ、まっすぐ。」と言い続けてきたのでした。
やれやれ、、、
まるで、口うるさい鬼娘のようです。汗~;
しかも耳が遠いので、話を大声でしないといけません。大声出すのもけっこう疲れます。;

椅子にすわるにも、坐骨を突き刺す、立っても足を床に突き刺す、イメージ。
習慣にならないと、筋肉が身体を支えるようについてこないので、もう大変です。
年がいけばいくほど、姿勢、筋肉がいかに大切か、、と、今回もつくづく思いました。
それにしても、自分の身体には、ほとんど意識がいかない人は多いものです。
以前の私もそうだったけど、身体を使う踊りとか、ピラティスをやらない限り、
なかなか意識はできないのかもしれません。



まあ、それで、介護申請も認定委員に私がいる間にきてもらい、
医者にも頼み、申請してもらい、もし介護申請が認定されなくても、利用できるサービスがある、
と地域支援包括センターの人に、おしえてもらいました。
それぞれ自治体が色々やっているのですね。
お弁当の配達サービスもあるし、とのことで、その見本を頼み、
安く看護婦、ヘルパーの派遣を頼めるところもあったので、そこにも登録をしてきました。
なにしろ遠いので、急に何かあった時に、駆けつけてくれる人がいるのは、とても心強いです。

そして、どうしようもなくなった時の安心のためにも、ホームがどういう所か見てみないと
イメージがわかなないだろう、と思ったので、
前から考えていた、評判のいいというホームの見学も母と行ってきました。
母もよくみる気になったな、、と思ったけど、それだけせっぱつまっていたのでしょう。
そこはリハビリに力を入れてるから、1,2か月暮らして、また家に帰ることも可能ということでした。

それにしても、O県はホームの入居金が10万で、月々のお金も15万くらいです。
東京に比べて、とても安い!うらやましい限りです。



あいだに母のやっている畑の作業もして、スマホの使いかたも練習して、最低限覚えてもらって?
買い物し、簡単に食べられるものを冷蔵庫にたくさん詰めて、、と
まあ、目いっぱいできることをみなやって、帰ってきたわけですが、、
介護認定が出るのが、1か月後なので、要支援に引っかかってくれるといいな、、と思います。
そうすれば、デイケアにも行けるし、そこでリハビリも受けられるでしょうし、
食事もお風呂も入れるし、お仲間もできるだろうし、生活に張りがでるでしょう。
住み慣れた家で暮らせて、色んなサービスを使いながら、生活できるのが、
一番いいのだと思います。

それを祈りながら、またこちらに帰ってきました。

あ、補聴器を見に行くのだけ、行きそびれました。;
母が嫌がるのを説得まではしたけど、これはもう時間切れでした。
また今度、、ですね。やれやれ、、です。
まだまだ、母が何とか頑張ってくれたら、、と願っているところです。
母も心細いでしょうが、なかなかの頑張りやさんなので、
子どもとしては、ほんとに助かっていて、ありがたいと思っているのです。



今日のオカメ様   アタシもいっしょに行ってきましたよ。新幹線もガマンしましたよ。
160302_2214~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム