年のいった人が入れる保険は限定される?

2016.03.28 19:27|老後
うちの母もいよいよ介護保険の認定がされました。
要支援2です。

以前申請したときは認定されず、再度申請しやっと通りました。
よかったです。
地域包括センターの担当さんと、今後お世話になるケアマネージャーさんが来てくれ、
受けられるサービスを、本人の希望を聞き、決めてくれました。
とりあえずは、週1は訪問リハビリで来てもらい、リハビリをしてもらえることに。
あと、週1ヘルパーさんに来てもらえます。



それ以外に市のやっている、配食サービスを利用でき、週5日お弁当を1個づつ配達してもらえます。
お弁当も好きな所を選べるのですが、2分間の見守りサービスのついたところを
母が選んだようなので、この2分で薬をちゃんとのんでいるかどうか?の
確認をしてもらえることになりました。
なにしろのむ薬が多くて、管理が大変なのです。

あと病院の付添いも希望だったのですが、これは介護保険では適応外、、と言われました。
自費で、安く利用できる派遣サービスがあるので、そちらで利用してください、、とのことでした。
なので、どうしても必要な場合はお金さえ払えば、何とかなるわけです。
しまりやの母は、おそらく自分で行こうと頑張るだろうと思いますが、、これも身体の状況次第です。
今のところ調子は良さそうなので、この調子なら何とかなりそうでよかったです。

ほんとはデイケアが、迎えに来てもらえて、入浴、食事、リハビリのやってもらえるので、
そのサービスがいいのでは?と思ったのですが、どたんばでやっぱり出かけるのは
おっくうだ、、ということになり、訪問で来てもらうことになったようです。
他の人にきいても、だいたいの方が、はじめは行くのを嫌がるようです。
初めてのところに出かけるとなると、支度や気遣い、なにやかやで面倒なんでしょうね。
こちらとしては、話し相手や友達ができ、気がまぎれるかもしれないからいいのでは?と思うのですが、
高齢になると、そういうのも面倒になるのかもしれません。
まあ、サービスは見直しもできるので、まずはスタートして様子をみてから、、また考えればいいようです。



とにかく、これで何とかめどがつき、ほっとしています。
ほんとに介護保険のおかげです。
本人負担は1~2割負担(収入に応じて)で、サービスが利用できるのですから、今はいい時代です。
自分でも介護保険料を払っているのだから、サービスを受けられる、、と頼みやすいわけです。

と、ここで気になるのが、介護保険の財源です。
2015年に、軽度者である要支援1・2の人の給付サービスの一部が、
市町村の手がける事業へと移行することに。
国の支出25%、都道府県12.5%市町村12.5%、1・2号保険料50%になるようです。

ケアマネージャさんは、自分で事業所をやったりするので、色々変わり、お金の計算が大変だろうと思いますが、、
今後団塊の世代が、どんどん高齢化していき、要介護者が増えると、財源的に大変になりそうです。
介護保険料もどんどん値上がりしていき、けっこう高くなっています。
これはまあ仕方ないことでしょうが、保険を利用する側も、できるだけ自助努力できることはすることも
必要だろうな、、と思います。
できるだけ健康に気を付け、できるだけ元気に過ごせるよう、できる人はしたいものです。



私もいよいよ今年には65歳になるので、介護保険のパンフレットが届きました。
母の介護保険のことを考えていた時に、自分にくるとは!思ってもいなくて、
ちょっとビックリしましたが、全然元気、、と思ってるけど、世間的には私ももうそんな年齢になるんだ、、
とあらためて思いました。
全く自覚なく過ごしていますが、ハッと気づくといい年になっていて、自分でもびっくりです。

人ってその年になってみないとわからないことって多いですね。
若い時は、60代というだけで、すごいバアサンだと思っていました。
でもこの年になってみて思うのは、年がいけばいくほど、
個人差がものすごくひらいていくんだろうな、、ということです。
今はまあ、全体的に昔の人に比べて、みんな若くなっている気がしますが。
けっきょくは年齢差ではなく、個人差がかなりある、、ということなんでしょうね。
年なりの自覚も全然ないし。なにせ若い時より元気なので、自覚をもちようがないし
ふだんすっかり、年を忘れてしまっています。
若い時の方が、考え方も身体も老けていた気がします。
まあ、見た目の老け方はそれなりでしょうがね。
バレエで行っているスポーツクラブには、元気な70代、80代の方もけっこういらっしゃるので、
ますますそう思います。
みなさんお元気で、バリバリです。

高齢者が増えても、できるだけ多くの人が元気でいられたら、
介護保険の利用者が増えすぎで財源が困るとか、年寄りが増えすぎて困る、、と
言われることもなくなるでしょうねえ。

そういえば、関係ない?けど、国民年金もどうせもらえないから、払わない、、という人もいるようですが、
それは障害者年金にもなるので、若くても障害をもつ可能性は誰でもありえます。
そのためにも、年金には入っておいた方がいい、、と、思います。
だれしも、年齢に関係なく、どこでどなことがおこるか?そんなのわかりませんし。
半分税金を使ってくれる年金なんて、民間ではありえないですから。



私も健康にはかなり気を付けて、生活を送っていますが、ただ事故だけは避けようがなく
どうしようもない場合もあります。
なにしろ移動手段は自転車が多いし、オッチョコチョイで、そのうえウッカリ者なので、
しょっちゅ自転車に乗っていると、どうしても事故にあう確率が増えてしまいます。
なので自転車保険には入っていて、健康保険にも若いころから入っているのがあります。
ただし入院5日以上、、という保険は、どうも今の実情にあわないです。
もうじき65歳で切れる通院保険がひとつあるので、あらたにケガ、通院のものに入ることを検討中です。
(車の方は、たまに実家に帰った時しか運転しないのもあるけど、こちらは無事故です)

保険とか、どうしても制度的には、年齢で区切るわけです。
65歳以上だと、病気にあいやすい、事故にもあいやすい、、と、どうしても年齢で区切られるわけですね。
まあ、たしかに高速の逆走とか、高齢のせいで事故をおこすことも多いかもしれませんが、
よくある事故が、アクセルとブレーキの踏み間違い。
これは70代以上も多いが、次に多いのが18~20代だそうです。
いちがいに年齢のせいだけ、、とも言えないようです。
年齢ではなくAT車の構造の問題、、という説もあります。とても間違いやすい構造。
これの改善のナルセペダルがもっと普及すればいいのですが、、、。



まあ、とにかく年になったら切れる保険なら、入れるのを探すしかないので、検討中です。
自転車はau損保の、自転車向け保険の通院つきに入ろうか?とも考え中です。
でも、これも74歳までなので、その後どうするか、、また考えないといけません。
なにしろこの調子だと、あっという間に、年をとってしまいそうです。
まあ、そこまで元気で自転車を乗り回せれるくらい元気なことを祈っていますがね、、、

色んな保険が切れるたびに、次の保険を検討しないといけません。
もっと長い、使い勝手のいい保険があるといいのに、、
年齢と保険のことをあれこれ考えてみました。

そういえば、関係ないですが、今保育園の待機児童が話題になっていますが、
こういうのがありました。
「介護施設の中に幼稚園が併設されている所がアメリカ、シアトルにあるそうです。
こういう融通のきく試みが日本でもできたら、高齢者、幼児、
どちらにもメリットがあっていいのになあ、、とつくづく思います。
工夫次第で、世の中過ごしやすくなるのですから、、
http://健康法.jp/archives/1177


今日のオカメ様  アタシはビビりなので、慎重なんですけど、、
160314_1335~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム