体脂肪率、多すぎも少なすぎも危ない?

2016.06.18 02:48|バレエ、身体
体脂肪率は、誰もが気になる数値で、
世間では少ない方がいい、、というイメージがあります。



「体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があって
内臓脂肪は、男性につきやすい。
アルコールの摂取や油分の多い食生活、甘いものなどの間食などが蓄積の原因。
生活習慣病の元になるなど健康への影響が大きい脂肪。
皮下脂肪は、女性につきやすい。
健康への影響は少ない脂肪だが、一度蓄積してしまうとなかなか落としづらい脂肪で、
スタイルを気にする女性にとっては天敵ともいえる。」

私の場合、中年になって太ってはいないのに隠れ肥満で、皮下脂肪かつ内臓脂肪も
多かったのです。お腹回りがブヨブヨしていました。
で、バレエをはじめてから、動くことで少しづつ筋肉が付き、脂肪も少しづつ減っていきました。
でもまだまだ多かった。24%~27%近辺をうろついていました。



「年齢別の体脂肪率の平均」によれば、
男性18歳~39歳
痩せ ~10% 標準(-) 11~16% 標準(+) 17~21% 軽肥満 22~26% 肥満 27%~
40歳~59歳
痩せ ~11% 標準(-) 12~17% 標準(+) 18~22% 軽肥満 23~27% 肥満 28%~
60歳~
痩せ ~13% 標準(-) 14~19% 標準(+) 20~24% 軽肥満 25~29% 肥満 30%~

女性18歳~39歳
痩せ ~20% 標準(-) 21~27% 標準(+) 28~34% 軽肥満 35~39% 肥満 40%~
40歳~59歳
痩せ ~21% 標準(-) 22~28% 標準(+) 29~35% 軽肥満 36~40% 肥満 41%~
60歳~
痩せ ~22% 標準(-) 23~29% 標準(+) 30~36% 軽肥満 37~41% 肥満 42%~

この数値をみれば、まあ平均的ともいえます。
でも多い、、と感じていたのは、回りが少ない人が多かったからです。

最近、バレエ仲間の友人が、体脂肪率が上がって、
20%近辺になったせいかどうか?元気になった気がする、、と言っていました。
というのも、その人は今まで15、6%の人だったのです。
えっ!?10%台??と驚かれるかもしれませんが、
いつもの仲いいバレエ仲間は、私以外は10%台の人が多いのです。絶句、、!



おばさんバレエとはいえ、子供の頃やってた人や、スポーツ等で身体を鍛えていた人は
ちゃんと筋肉があり、体脂肪率の少ない人が多いのです。
そういう方は低いのが当たり前、のような感覚があるようです。

そりゃまあプロの人は、ハードな動きをしているし、プロでなくても
バレエは体脂肪は少ないのがいい、みたいになっているから、でしょうが。
しかし、10%台では体がつらい?かと思いきや、みなさんそれが普通のようなので、
またまたびっくりです。
でも上記のように、20%になって、楽になったという人もいるわけですね。
もちろん年齢とともに、標準値が上がっていくわけだし。

仲間うちで話してみて、みんなの体脂肪率が低いことに驚いてからです。
私が多いのは、やはり中年まで運動も何もしてこなかったからだ、、ということに
気づいたのでした。
つまりそれまでの人生で、筋肉の貯金が全然なかったのです。
みなさん子供の頃やってた、とか、他の踊りをやってたとか、若い頃から
何らかのことをやってた人が多いので、貯金があるのですね。
中年からのバレエで、少し筋肉がついたくらいでは、脂肪量が少し減ったくらいでは
みんなとの差はありすぎたわけです。

で、その後、糖質制限をやってから、今は私も20%近辺になることができました。
内臓脂肪も減り、血圧も下がり、バレエ的にも軽く、調子がよくなりました。
年を考えたら、ちょっと低すぎるかもしれないけど、
バレエで鍛えてることを考えれば、元気が保てるギリギリかな、、とも。
これ以上落ちたら、きっときついことでしょう。
(増えることはあっても、落ちることは考えられないけど、、)



というのも、体脂肪率が低すぎて、バレエがきつく、
それでも頑張ってる友人がいるからです。
彼女は太ろうと思っても、太れない、、食事も食べようと思っても少ししか入らない、、
世の中、ほんとに食が細い人っているのですね。
痩せたくてもなかなか痩せない人は多いけど、逆に太れない人もいて、
それはそれでとても大変なんだ、体脂肪が少なすぎるのもきついんだ、と知りました。

女性の場合、脂肪率が異常になると、妊娠率は大幅におちるそうです。
「理想とされる20~25%だといいが、30%を超えると妊娠率が低下、
40%を超えると、妊娠は困難に。
逆に15%を下回ると妊娠率が下がり、10%を下回ると困難になる。」
(これは若い人の脂肪率か)

そもそも体脂肪の役割は、
「体脂肪が体を動かすために必要なエネルギー源になっている。
見る、歩く、話す、聞く、寝るなど日常的な動作には必ずエネルギーが必要。
日常生活で主に消費されるのは炭水化物だが、炭水化物は体に蓄積することができず、
エネルギーの量も体脂肪の半分程度しかない。
なので、走ったりトレーニングしたりするときは、体脂肪に蓄えられたエネルギーを使うことに。
体脂肪には、運動などに必要なエネルギー源、という非常に重要な役割もある。
しかし、このような重要な役割ゆえに、体が本能的に必要以上に蓄積し
増えていく性質をもっている。」



バレエの先生も20%くらいが、動きやすいとおっしゃってました。

ただ、プロのダンサーとか、スポーツ選手は、10%以下の人が多いようです。
もちろん男性、女性では体脂肪率基準がちがいます。
「3%長友選手、室伏選手、羽生選手、6%錦織選手、イチロー
4%高橋尚子、7%浅田真央」
女性で10%切るのはすごいことです。マラソンの高橋選手は現役選手の時の数値。
やはりプロのスポーツ選手は、とても過酷なんですねえ、、

プロは一般人に比べて、筋肉量がとても多く、骨格も太くなる傾向があり、
競技によっても脂肪率傾向が変わるようです。
実際体脂肪率を計る時も、
「一般成人とアスリートモードでは身体組成の違いから、測定されるインピーダンス(電気抵抗)が
異るため、一般成人とは別の専用の測定モードを使用して測定を行ってください。」
と計測器のメーカーもいうくらい、一般人とは全く違うわけです。
ちゃんと健康管理の人もついているようですし。

まあ結局、極端に多すぎたり、少な過ぎると
プロでないかぎり、問題が出やすい、、ということで、
それぞれの人に、その状況にあう適正な数値があるのだと思います。
今まで経験したことがないけど、自分でも体調もいい、と思える数値にもっていけたら、
それは、しめたものかもしれません。
脂肪の量、脂肪率でけっこう人生変わってくるかもしれませんから。



ちなみに、私が糖質制限で脂肪が減り、血圧が下がるだろうとトライしてみた訳は
若い時の体脂肪、内臓脂肪になれば、血圧が下がる、、と読んだからです。
若い時はものすごい低血圧だったし、中年から急に上がった血圧だったから。
それはたぶん、中年になってからの隠れ肥満が作用していたのでは?
と、にらんだからなのでした。
結果、今は血圧は下がり、降圧剤ともおさらばできていますから、万々歳です。
やはり、人生変わりますねえ、、


今日のオカメ様  アタシの人生、、肥満にみえますか?眠いからふくらんでるだけですよ
160603_1850~01



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム