古本の処分に法的規制がからんでいる?

2016.07.01 00:45|片づけ
アマゾンに古本の出品をしてみました。
28冊試しに出品をして、いまのところ5冊売れました。

amazon[1]

、、と書いたのですが、じつは1冊返品、、のお知らせが、、、
コンディションの欄があり、あまり読んでいない本だったし、帯つきのきれいな本
だと思ったので、「とてもいい」にしておいたのです。
それが返品理由として、シミ、折込があった、、と。
チェックして、そんなのに全然気が付きませんでした。

難しいなあ、、人によってとても良い、、の基準の感じ方が違うわけです。
新品の本じゃないんだけど、、とこちらは思うのですが、
人によっては、細かいところが気になる方もいるでしょう。
「とても良い」はもうつけられないな、、と思いました。
だいたいアバウトな私は、きれいだと思う基準が低いのかもしれません。
今までアマゾンで古本を買って、返品したことがないので、
お金の方がどうなっているのか不明ですが、送り返してもらうメールを出しておきました。

それにしても、アマゾンに出すのもいい方法だ、、と思ったけど、
上記のようなことがあるし、本によっては、全然割に合わないことに気づきました。

160625_1511~01プチプチ封筒

1円本がけっこう出品されているのですが、そういう出品者が何人もいると
1円以上の値はつけられません。
で、1円をつけた本が1冊売れましたが、郵便局に行き、送料をきいてびっくり!
最低の送料で180円かかります。(厚み2㎝、1kまで)

え~!?そんなにかかるんだ!
前はクロネコのメール便が、80円くらいで送れたので、そのイメージがあったけど
郵便だと、そんなにかかるんですね!
でも今は、クロネコはメール便がないのです。
甘かったなあ、、

それだと、アマゾンに小口出店者は1円本の場合、手数料を160円取られます。
アマゾンから送料が257円もらえるのですが、実際の送料が97円の場合で
はじめて差し引き0円。
実際の送料に180円かかれば、83円の赤字です。え~っ
それにプチプチつきの封筒だと、50円~100円かかります。
83円+封筒代の、完全赤字じゃないですかっ!!

単純計算でも、最低100ン円以上でないと、持ち出しになってしまいます。
なので、あわてて1円で出してた本、150円以下で出してた本を取りやめました。

160625_2252~01180円のスマートレター便

だったら、どうしてアマゾンには1円本が出てるか?というのは、たぶん
大口契約だと金額の手数料15%+60円なので、1円だと手数料60円ですむので、
送料入れても、ほんの少し利が出るから、、でしょうか?
ただし大口の場合、月料金4900円かかります。
なので、本にかぎらず大量に出品するのでないと、足がでることになります。
高いモノが売れて、なんとかなっているのでしょうか??

なんだか、、世知辛い世の中ですねえ、、、
本の送料が、そんなにかかるとは思っていませんでした。
最近本を送ったことがないので、事情がよくわかっていませんでした。
そもそもせっかく便利に使えていた、メール便がなくなったのがなぜ?
今回のことで、疑問に思いちょっと調べてみました。

どうやら、信書の扱いの法的規制の問題があったからのようです。

信書は手紙等ですが、郵便局から本を送る場合、手紙が入っているかどうか?
封筒の一部を切って送ることになっています。
手紙が入っていると、料金が高くなるわけです。

クロネコがメール便を止めたのは、
「利用者が知らないうちに信書を送ってしまい、郵便法違反に問われるリスクがあるため。
郵便法ではメール便で信書(手紙)を送ることは認められていない。
しかし「信書」の定義が曖昧で、総務省に問い合わせても信書かどうか即答できない
事例が多発している。
2009年7月以降、クロネコメール便で信書を送ったとして、
利用者が郵便法違反容疑で、書類送検または警察から事情聴取されたケースが
計8件発生。
同社は規制改革を提案したが、主張は受け入れられなかった。
現在の規制が変更されないままでは、「安全で安心なサービスの利用環境」と
「利便性」を自社の努力だけで両立させるのは難しいと判断して、メール便廃止を決定した」

そういう事情があったんですね、、、。

point_item_07[1]

「信書便法第9条
これが民間業者の信書送達を禁止していたが、郵政民営化で
一定の条件を満たした民間業者に信書の取り扱いを認めていたが、
認可参入の条件が厳しいことから、ほとんどの業者は関与できていない。」

「これは、全国で誰もが等しくサービスを受けられる環境が必要。
というのも、都会は手紙が届くけど、離島は届かないとなると不便。
そして、そのサービスを提供するための条件の一つが、
全国に約10万本の信書便差出箱(ポスト)を設置すること。
実は、これが新規参入を阻んでいる最大の要因となっている。」
(行政書士坂本氏)

規制が色々あることで、せっかくのいいサービスが受けられなくなっているのは
とても残念です。
今の時代ポストがなくても、コンビニから出すこともできます。
コンビニがないところは、ポストという方法もあるでしょう。
色々工夫すれば何とかなることだと思うのに、ほんとに頭が固いんでしょうか?
利害がからんでいるんでしょうか?
昔の事情で決まった規制を変えないでいること自体、
国民のことを考えてない、、と思えてしまいます。

160630_2348~01

それが、アマゾンの本の配送事情にも、からんでいたことがわかりました。
1円本、安い本は出品できないわけです。
なので、アマゾンでの本の処分は、ある程度の値がつく本のみにしました。
それもまあ、売れるかどうかはわからないですが、、。
結局12冊出して、いまのところ4冊売れたことになります。

でも、アマゾンでそれなりの値のついた不用な本をもっていたら、
出品してみるのもいい方法だと思いました。
ほしい人に買ってもらえるし、どこよりも高く売れる可能性があります。
やってみると、自己啓発本系?というのか?ロジカルシンキング、とか書く技術とか
そういう系の本がわりにいい値段がついていました。

問題は1円とか、安い値しかついてない本です。
仕事で使っていた本は、1円本が多かったです。
でも、役立つ本でもあると思うので、こちらは図書館で、引き取ってもらおうと
思っています。
場合によっては、欲しい人に放出することも承知、ということなら引き取ってくれるそうです。
読みたい人にもっていってもらえるなら、、と思い、出してみよう、、と。

どの本もそれぞれ思い入れがあるので、誰か興味ある人に
読んでもらえたら、、と、つい思うのです。

ただ、図書館でも本が余り気味だそうです。
ほんとに今の世の中、物があふれているんですね。
あらためて思いました。
物をいっぱいもっていると、ほんとに困ることになるんですねえ、、。


今日のオカメ様  アタシは何ももっていませんよ。シンプルライフですからね。
160630_2347~01


↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム