日本はなぜ特殊なのか?

2016.08.29 23:46|地球 自然
オリンピックが終わり、次の開催国日本のパフォーマンスも成功に終わり、
日本に、期待がますます集まりそうな感じになってきました。



最近読んだ記事に、(ニューヨーク在住のりばてぃという日本人)
「行列ができたら、日本人はとうぜん最後に並ぶが、これをやらない習慣の国の人もけっこういる。
ニューヨークのように人種のるつぼの場所では、価値観も考えもそれぞれ違うので、
割り込もうとする人がいて、日本人の常識は人間らしい見習うべき憧れの対象となっている。

途中で割り込もうとする人がいたら、最後に並ぶよう誰かが注意する。
共通の価値観がバラバラのグローバルな場所ほど、
人間らしい生き方が理想像として崇拝されていく

つまり日本人の生き方、マナーは人間らしい理想像として、これからの時代に
求められていく。グローバル化時代になればなるほど、日本人の時代になるような気がする。」
そんなことが書いてありました。

これには全く同意見です。
東北大地震等でも、日本人の秩序が保たれていたことに 他国は驚いていたそうです。
他の国では、暴動、略奪等がおきるらしい、、。
どうも日本人が当たり前にやっていることが、他の国から見ると驚くべきことらしいのです。
日本はどうやら他国とけっこう違うらしい、、、それは最近よく見聞きします。
また日本に憧れて来る、外国の人を取りあげる番組も、増えている気がします。

戦後の日本人は、自虐史観をもつよう育てられました。
なので、ホントにそうなの?と、上記の話を聞いても、すぐには信じられないわけです。
でも、どうやら自虐ばかりでもない状況や歴史があることに、気づきはじめた人も増えてきました。



かくいう私も途中で、それに気づきました。
今まで教えられてきたことは、じつは違うのじゃないか?と。
調べれば調べるほど、その思いが強くなってきます。

で、どうして日本人が他の国と違うのか、、?ですが、
環境考古学者の安田喜憲氏によれば、
日本が、森の民、稲作漁労民だから、ということでしょう。

聞きなれない言葉でわかりにくいので、別の人の言葉で簡単に言うと、
自然を崇拝するアミニズム、環太平洋地域の稲作漁撈文明は「美と慈悲の文明」を持つとする。
逆に、一神教と狩猟系が結びついた畑作牧畜文明=「力と闘争の文明」が、
世界に環境破壊と軍事紛争を世界にばら撒いた。



だいぶ前に、森林の研修に何泊かで行ったことがあります。
そこに来ていた若い人達と、夜雑談で色んな話をしていて、聞いたことがあります。
これからはどこの国が覇権国、どの国の時代になると思う?と。
中国かなあ、、という答えが多かった。覇権国の言葉が悪かったかもしれませんが、
私は「日本だと思う」、と言ったら、みな「うそでしょ、、!?」と驚いていました。
そりゃあそうです。なにしろ自虐史観ですからね。

どうしてそう思ったか、というと、森が滅びると文明が滅びる
上記、安田喜憲氏の本や他の本を読んで、なるほど、、と思っていたからです。

ただ安田氏は非常な危機感をもってられるようです。
「21世紀は、森の民日本人の8番目の危機の時代となるだろう。
家畜の民、畑作牧畜民の地球支配をもはや、誰も押しとどめることができない。
日本は、西洋の家畜の民、超大国アメリカと、東洋の家畜の民の超大国中国にはさまれて、
日本は国家や民族のアイデンティティの喪失にさらされる危機さえある。
すでに、子どもの教科書から、日本人のアイデンティティの原点である縄文文化の記述が
削除されたことは、日本民族のアイデンティティの喪失が始まっている、ということである。」

MorinoBunmei[1]

安田氏、別の言葉によれば、

「畑作牧畜の民である漢民族は、4000年間、木を植えたことがありません。
アングロサクソンは、300年間で自分たちが住んでいた地域の森を8割がた使い果たしてしまった。
彼らは森を使うばかりで、植林の大切さに気づかなかった……。
これが、(彼らが過去やってきたことの)DNAが未来を決定することの証でもあります。」

「地球温暖化にしても、今、人類に足りないのは、自分たちの欲望をコントロールする知恵。
今の市場原理主義社会では、欲望が知恵に勝っています。
それでは持続型社会の実現は無理。

昔の日本人にはその知恵があり、淡々と循環的社会を実現していました。
東南アジアの諸民族や日本人が営んできた「稲作漁労文明」は、川に水さえあれば、
森さえあれば、何万年でも同じように持続できる、世界に誇れる持続型文明社会を構築してきた。

それに対してヨーロッパや中国の「畑作牧畜文明」は、森を家畜が食べつくして
水の循環系を破壊し森の生き物を幾万と殺し、森がなくなると今度は化石燃料である石炭、
石油にまで手を付けた。そして地球温暖化を引き起こしている。」

「文字や金属器を持たない、深い森に囲まれて生活していた稲作漁撈系の文明。
日本の古代の文明も、マヤ文明も、インカ文明も、森の文明でした。」

マヤも、インカも、一神教と結びついた、畑作牧畜民に徹底的に滅ぼされてしまいました。
アメリカのインディアンもつぶされた。
文明国として、八百万の神をもつ日本も縄文はつぶされた、とはいえ、
まだ森もあり、何とかその記憶を人々の中に保っています。
おそらく、それらが他の国と違う面として映り、人間らしい生き方、と映るのだと思います。

文明の転換期に、破壊と欲望で行き詰った今の世の中に、これからの新しい時代として求められるのが
かろうじて保っている、日本のような破壊しつくさない循環の考え方なのではないか、、と思います。



自虐している場合ではないわけです。
日本人は、自分たちが多神教の森の民だったことを、もっと自覚して誇りをもって、
生きていくべきだろうと思います。
自分の良い、と思ったことを、もっと世界のために役立てるための自信が必要だと思います。
日本は何度も危機にあっていて、もしかして、もっと大変なことがくるかもしれないけど、
日本があって良かった、といずれ世界の人が思ってくれる日がくるかもしれません。
文明国であって、森の民、こんな国は他にはないわけですから。

さて、それが上手くいくかどうか、、安田氏の不安が的中にならないためにも、
日本人の自覚や誇りをもつためにも、オリンピックだけじゃなく、
自虐史観がなぜあるのか?もっと正しい歴史認識をもつところから、
はじめる必要もありそうだと思いますがねえ、、、



今日のオカメ様  どーでもいいけど、今アタシャ必死ですよっ!爪切りはきらいです~っ
160829_1102~05



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト

コメント

初めまして

管理人様初めまして、栗芋(ブログ名です)と申します。

まだ2つの記事しか拝読しておりませんが、多いに共感、納得、素晴らしいです。

私、50代半ば(♀)、糖尿人です。
先日検査のため病院に行って、医師に糖質制限していることを告げたら引きつった顔で嫌みばかり言われました(担当の医師は決めてません)

来月も行かなくてはいけないので、その時に何とかギャフンと言わせることは出来ないかと、真夜中に参考になる記事はないかと探していたら、こちらに…

それで他の記事は…と読ませていただいて、いたく共感したものですから、コメントさせていただきました次第です(すみません、なんか文章おかしいですねw)。

私は日本大好きな自称保守でありまして、ずっと憂いていましたが、徐々に変わってきたな、と感じています。

ご紹介の本、是非読みたいと思います。ありがとうございます。

他の記事も少しずつ読ませていただきます。
突然失礼いたしました。


No title

おはようございます。いつも拝見させていただいてしております。

日本人も割り込みする人はたまにいますね。あと、並んでるんだか並んでいないんだかよく解らない人も。

以前イタリアへ行った時、ヴァチカン美術館を見学するために長~い行列に並びました。割り込みしようとする人沢山いましたよ。その都度「私たちは1時間も並んでるんだから一番後ろに行きなさい!」と言って、並んでいるどこの国の人も割り込みさせなかったんですが、ベビーカーを押して来た女性がちゃっかりと割り込んで並んじゃったんです。何度注意しても聞こえないふりしてたのでどこの国の人か解りませんが係員にその事を言いましたら「僕は見てなかったので」と言われちゃいました。日本だったら「見ていないから何とも言いようが無い」なんて返事しないだろうな~と思いました。

No title

栗芋様

はじめまして。コメント、ご意見をどうもありがとうございます。
糖質制限は、まだ認めていない医者もけっこういるのでしょうねえ、、。
今は専門家でなくても情報があるので、逆に勉強不足の専門家がいたりするので、困りますよね! 
私も、頭固い医者がけっこういることに、何度か驚いたことがあります。

でも、糖尿病学会の理事長が糖質制限というのは、最強では?と思います。
糖尿人として、ご自分の身を守るべく、奮闘されてください。

またご訪問いたき、記事を読んでいだければ、励みになりうれしい限りです。

No title

エメラルド様
いつも読んでくださり、コメントもいただき、どうもありがとうございます。
日本人もだんだん変わってきているのは、私も思います。
モラルも昔に比べ、低くなってきていると思います。

でも、海外ではほんとに思わぬことがおこるもんですね。
日本の常識は世界の非常識、逆もある。
海外に出ると、色んなことがあり、日本にいるだけじゃわからない常識があるので、いい刺激になりますね。
私もヴァチカン美術館行きました。イタリアでは友達が財布をスラれてしまいました。スリが多くて油断できない国でした。今もそうなんですかねえ、、?
イタリアのエピソードを、ありがとうございます。

No title

えーーー!お友達、お財布すられたんですかぁ?それはお気の毒でしたね。日本にもすりはいますがイタリアほど話は聞きませんよね。多分今でも油断ならない国だと思いますv-500

No title

エメラルドさん、ありがとうございます。
友達は英語が話せ、英語で話しかけてきたイタリア人らしき人と話して気を取られてている間に、別の人にスラれたようです。
つまりグルだったんですね。巧妙です。
今でも同じなんですねえ。
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム