肉食はいいのか?悪いのか?

最近、友人の絵の個展に行き、来ていた人と3人で
帰りに晩御飯をごいっしょしました。

個展は作品を運んだり、展示したり、オープン中ずっといる、、等
なかなか過酷です。
で、彼女は「疲れたから、焼き肉が食べたい!」ということで、
焼き肉やに入りました。



そもそも、私は外食は少なく、ビンボーなのもあり、で、
焼き肉やに行くことはめったにありませんが、
ごちそうしてくれる人がいたので、オバサンのずうずうしさでついていったのでした。笑

疲れた彼女が、食べてる間に「だんだん元気になってきた~」
「疲れた時は、やっぱり肉よね!」と、とても満足そうでした。

たしかに色んな種類の上質肉はおいしかったです。
私も、ふだんから蛋白質はとるようにしています。
変わらず、ゆるめの糖質制限を続けているので、なおさらですが、
豆腐、大豆製品を中心に、卵、魚、肉をごちゃまぜで食べます。(軟骨、小魚も)

バレエで身体を使っていると、蛋白質は取らないと回復しないなあ、、
というのは実感していますし。

肉を食べる、というのは、色んな考えがあります。
日本では殺傷の観点から、肉食が許されない時代もあったし、
宗教で何肉はダメと禁じているところもあります。
マクロビオティックもあるし、菜食主義の人もいるし、
最近は肉、魚だけでなく、卵やハチミツも一切の動物性食を食べない
ヴィーガンというのも聞きます。



で、最近たまたま、映画のキャメロン監督の奥さんの写真をみたのですが、
うわっ年寄り?と驚いたばかりだったのです。
歳が54歳だったので、えっこの人なぜこんな老けて見えるの?と
不思議に思ったら、徹底したヴィーガンで、菜食主義の学校を作った、、とありました。
夫婦は環境問題に取り組んでいます。
う~ん、、、たしかに家畜を飼うことは、多くの水と飼料が必要で、
肉食は、環境問題にもからんでいるんですよねえ、、。
にしても、この老け方は、、、

「牛1頭につき人間10人分の、豚1頭につき人間5人分の、鶏1羽につき人間3人分の飼料が
それぞれ必要。また、その飼料を育てるのに多くの労力資源を消費する」

「食卓危機 世界で買い負ける食料と水」より(2007年週刊ダイヤモンド)
・畜産物1kgの生産に必要な穀物の量
 牛肉11kg/豚肉7kg/鶏肉4kg/卵3kg
 →トウモロコシが11kgあれば18人が1日生きられる。
 →家畜用飼料の10%を飢餓地域に回せば、世界の飢餓問題は解決する

・食料1kgの生産に必要な水の量
 牛肉2万リットル/鶏肉4,500リットル/小麦2,000リットル
 →牛丼1杯で水1,890リットルを消費する
 →こうして間接的に輸入される水は年間640億トン



というのは、私も聞いたことがあるし、
それに種の遠いものを食べた方がいい、というのもきいているので、
まあ、私も少しは気にしています。
肉でも鳥が多く、買っても豚までで、今回のような機会があった時はありがたくいただきますが、
牛は自分では買わないようにしています。
鳥は鳥で、また別の問題があり、、ほんと肉食は難しいのですが、、。
なので、できるならメインは大豆、魚でいきたいところなんですがねえ、、。

でも、何でも徹底すると、怖いものがあるんだなあ、、と、上記写真をみて
つくづく思ったのでした。
その後の焼肉屋だったので、ありがたくおいしくいただいたのでした。

環境問題は考慮しないといけない、と思いますが
そもそも人類が何を食べていたか?という観点からすると、

人類の歴史、260万年前~狩猟採取をやっていて、
260万年前~今を100%とすると、
穀物生産をはじめた農耕革命の1万年前がら現代までが、0,48%になる。
つまり95%以上、人類は狩猟採取をやっていた、というものです。
骨髄、魚、肉、虫、動物性蛋白質、脂質にたよっていた。



なので、身体が狩猟採取での食べ物の摂取構造になっている、という考えです。
出土されたものから見て、鋭い石器を使っていて、
骨から骨髄を取り出して食べていた。
なので、菜食だけでは栄養が足りない、ビタミンB12は必須栄養素で 
肉にしか含まれていない、等あり、
ベジタリアンはB12のサプリをのんでいる、という説もあります。 

そもそも人の臼歯は、穀物をすりつぶすためにある、というのは
肉の否定派によく書かれていることですが、
臼歯は骨をくだき、骨髄をすするのに発達した、ということが、
最近言われているようです。(「親指はなぜふといのか」)

現代人が病気が増えたのも、たった5%弱の時期の穀物の取り過ぎ、という説です。
人の身体は急には変わらない、というわけですね。

でも、そもそも1万年前に農耕革命がおきたのも、食料難があったからおきたことでしょう。
今の世界人口を、狩猟採取時代の骨髄食でまかなうことは、とうてい不可能です。
それに、長生きになったから、病気が増えた、というのもあるでしょうし。

生きていくために何を食べるかは、ほんとに究極の問題なんですね。



昔、縁日で買ったヒヨコを育てていました。
ある日学校から帰ったら、オジサンたちが、そのニワトリを絞めていて、
晩のおかずになったことがありました。
生きものが、ダイレクトに食べ物に変えられたのを、身近にみたわけです。

今は食べ物は、スーパーに並んだ製品としか扱われず、
そういう体験もなかなかする機会が、ないと思います。
子どもには必要な体験かな?と私は思っています。

生きもの、というのでは、野菜でも、基本はいっしょなんですが、
何でも自分で育ててからいただく、という経験はとても大切なものでしょう。
ほんとに生きるということは、色んな生き物の命をいただいて生かせてもらう、
ということなのですねえ、、。

なので、何を食べるにしても感謝の気持ちは、とても必要だなあ、、と
つくづく思います。



今日のオカメ様  アタシもタンパク質はとりますよっ 今の好みはエダマメ天ですしっ。
161009_2043~02



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム