世間の常識ほどあてにならないものはない

2016.11.16 16:35|老後
何でも、人や世間の言うことをうのみにすると、ろくなことがありません。
私はたいがい、ほんとかどうか?色んな意見を聞いて、自分で調べて納得できないと
信じない方ですが、高齢の母だとそうはいきません。



せっかく落ち着いていた母が、
いつもとは違う別の病院に行き、CT検査を受け、
骨折しているので、あまり動かないで、コルセットをつけるよう言われたそうです。
で、何となく調子が悪いと言って、リハビリを休みがちで、動かないようにしている、と聞きました。

せっかくリハビリで筋肉がついて、元気になってきていたのに、これでは元のもくあみになります。
で、ここ何日か母、デイ、病院とやり取りをしていました。
結局、いつもの整形病院でない所に行き、検査をして、経過を知らない医者に言われた
骨折を気にして、休んでいたわけです。
どうやら、以前の骨折がCTに映っていただけで、最近の骨折ではない、ということがわかりました。

まあ、年が年なので、骨粗鬆症なので、以前の圧迫骨折や骨折があり、
今後危険な場所もあるようですが、今かかっている医者に確認をとったら、
以前の骨折なので、できるだけ動いて筋肉を落とさない方がいい、と言われました。

これは私も全く、そうだろう、と想像し、母に伝えていたとうりでした。
ただCT検査をした病院では(経過を知らない医者)、以前の骨折なのに
大事をとって動かないように、と言ったわけです。
これも一昔前の健康常識ですね。
心配症の母は、それをうのみにしてしまったわけです。
医者によって、こんなに見解が違います。
せっかくここまで積み上げてきたものも筋肉も、身体の維持も、一瞬に崩れてしまいます。

医者の言うことほどあてにならないものはない。(もちろんすべての医者ではない)
再度そう思いました。
これは、世間の常識も、当然と言われていることもだいたいがそうです。
常識なんて、すぐにコロコロ変わります。
うのみにしないで、自分で調べて、検討して、考えてみないと、とんでもないことになる
可能性もあります。



ある程度の年で病院に行き、検査を受けると誰でも何かにひっかかります。
骨粗鬆症は、年がいけば誰でも多かれ少なかれあるでしょう。
コレステロール、血圧、これに該当する人はかなり多いと思います。

それなりに自分で気をつけることは、もちろん必要だけど、
日本の数値は厳しすぎるので、他国では引っかからない人も、薬をのめとか、
いろいろ注意を受けます。 (こうして製薬業界が潤うのですが)

それよりも、そんな身体でいかにうまく楽しく生きていくか、の方がよほど大切だと思います。
数値を気にし過ぎて、行動がせばまったり、暗い気分で生きていくのは、つらいものがあります。

これは健康だけでなく、お金もそうです。
老後はいくらいくら必要だ、、とか、保険、年金に入っておくべきだとか、よく書かれています。

以前保険の原価をやっていた、という人から聞いたことがあります。
医療保険の原価は低いので、入るだけバカバカしいものだ、、と。
これは高額医療費制度もあることを知って、入る必要はないことにも気づきました。
年金型保険も解約しました。
年金型保険は、入る時期の利率で決まるので、今の利率の低い時に入るのは、
ものすごくバカバカしい。
90年代の利率のいい時、入ったものはとても貴重ですが。

最近、山崎元氏の本「超簡単お金の運用術」を読んでみました。
そこにやはり書いてありました。



「民間の多くの保険、医療保険、年金保険はムダであり、ひどく不利 。
医療費は、健康保険に入っていれば、高額療養費制度で医療費は払える。
民間の医療保険は、保険料が暴利というくらい、割高。」

「医療保険の原価は公開されていないが、
保険会社から医療費として支払われるのは、平均すると 、保険料の50%を下回っている。
なので、保険料を払ったつもりで、貯蓄しておく方がはるかに効率的」

「生命保険は、どうしてももし入るなら、保険料の安いネットの生命保険」

「投資信託等は手数料が高いので、おすすめしない」

「日本の銀行はよい貸出先を見つけられずに困っている。
基本方針は、金持ちからは投資信託などの手数料収入確保。
貧乏人からは、系列カード会社や消費者金融会社もつかい、小さな借金による
金利収入を稼ぐ、というもの」

多いですよね。CMでローン、保険、投資も。

保険もですが、個人年金も同じだと思います。
国民年金も国が税金で半分払ってくれるので、民間年金よりずっといいわけです。

テレビでやたらに宣伝しているものは、だいたいが必要ない物で、
宣伝しないと人が買ってくれないから、あんなに宣伝しているのでしょう。
そもそも多額の宣伝料にお金をかけてるので、いい商品のわけがありません。

薬もそうです。 健康番組も多い。
心配をあおって、インプットされ、色んな物を買わされていると思います。



ホリエモンの近畿大での伝説の講演、と言われているものがあります。
自分で考える力をつけることが、これからの世の中には必要 、というもの。
「これからの若者は、今までのように、レールの上を行くだけでは 生きて行けなくなる。
自分の頭で考えて生きて行かないといけない。
その方法としてブログを書け、できれば毎日」、と提案していました。
たしかに、、書くことで自分で考える習慣がつく、、ということだろうと思います。
とてもいいことです。  ただ毎日は大変ですがねえ、、。

でも、これは若者だけではありません。
年配者も、高齢者もそれは同じだと思います。
今までの高齢者は特に 、常識に逆らったり、人と違うことをしてはいけない、
という価値観で生きてきた人が多いでしょう。
でも、これからの高齢者は、そういうわけにはいかなくなると思います。

これからの激動期は、今までの常識にとどまっていては
やっていけないだろうな、と思います。
自分で考えないで、みんながやっているから、みんなと同じでいい、では
もう無理となっていく、、と。

1度きりの人生です。
少々具合の悪いところや、ビンボーであっても、色々大変や心配があっても、
それにとらわれて、心配してくよくよ生きるより、しっかり考えれば、
対処も対策もみつかるでしょう。
そして考えたら、あとは、とらわれずに楽しく生きる。
ちゃんと考えないと逆に、くよくよするのだと思います。
考えるところはしっかり考えて、楽しく生きた方がよほどいいと思っています。
一度きりの自分の人生、一生懸命生きていくのみでしょう。
心配性の母にも、できるだけ元気で楽しく過ごしてもらいたいものだ、とつくづく思います。



今日のオカメ様  アタシはかなりいいお歳(21歳)ですが、毎日元気で楽しくすごしていますよっ
161105_1255~02



↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト

コメント

スッとしました

読ませていただき、「その通り!」とスッとしました。
自分で考えること。自分で感じること。自分で判断すること。
そう、ありたいと思います。

No title

はなさん、そう言っていただけて、うれしいです。
私はちょっとはぐれ者だけど、はなさんもですかねえ、、?(失礼)

でも、同化しきっていると、あまり疑問をもたないものなので、はぐれててよかった、と思ってるんですよ~^^;

はぐれもの

しっかりと、はぐれ者です。^^

No title

やはり、、、ですね。^^
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム