寝たきりになるのは筋肉の減少

2016.11.19 14:52|骨粗鬆症
中年を過ぎたのに、筋トレをしていない人は、
それだけで、「寝たきり予備軍」となる。
とはっきり言うのが、人間総合科学研究所の久野譜也教授です。



久野氏は、筋トレをしないと筋肉は年々1%ずつ落ちていく。
筋肉は20代がピークで、その後10年で10%の割合で落ちていく。
40代になると80%になり、50代で70%、60代で60%。
何もしなければ、筋肉は落ちる一方で、寝たきりにつながっていく、と言います。

そういうハッキリした現実があるのに、
なぜ筋肉量減少をふせぐトレーニングをしない人が多いのか?は、
このままいくと、まずいことになる、という知識の乏しい人が多く、
問題意識が希薄なため、ではないか?といいます。

つまり、筋肉がそんなに大切なことを、知らない人が多いのでしょうね。
筋肉の大切さは、以前にも書きましたが、→お金を貯めるより、筋肉を貯めることが大事?
今回の母の件でも、動かないで筋肉が落ちると、寝たきりになる可能性があると、
とても危機感を感じました。

母は今年はじめ調子の悪い時、どうやら骨折していたらしく、ずっと寝て過ごしていました。
それでますます筋肉がおちて、下手をすれば、そのまま寝たきりになる
可能性もあったのです。
それが、介護保険でデイケアに行くことができ、リハビリで筋肉をつけてもらい、
だんだん元気になっていました。

でも、今回別の病院で、経過を知らない医者の「骨折している」「動くなら水中ウォーキング」
と言われ、コルセットを渡されたわけです。
母は心配になり、コルセットをし、あまり動いちゃいけない、と思ったようです。
いつもの医者に、骨折は以前のだと確認をとりました。
当然骨粗鬆症はあるので、逆に動かないと筋肉がおちて、骨を支えきれなくなり、
また骨折の可能性があることも。
そうなると、寝たきりになる可能性もあることを伝え、やっと納得してもらえ、
今また頑張って動いてくれているので、やれやれです。
ほんとに綱渡り状態です。

久野氏によれば、いくつからでも筋肉はつけられる、といいますが、
高齢になると増やせる筋肉も、少なくなるとも。
母のように、すでに骨折や圧迫骨折をおこすくらいに骨が弱くなってしまっていると、
なかなか大変です。
少しでも若いうちに、筋肉を貯金して、骨を鍛えておかないといけないな、、と、
あらためて、つくづく思いました。



筋肉の重要性は、私自身はつよく実感しています。
49歳でバレエをはじめるまで、私はほとんど運動をしたことがなく、
大人になっても、ずっと机について仕事をしていました。
身体は弱く、体力もなく、体調もとても悪かったのです。
それがバレエをはじめてから、だんだん筋肉がついてきて、だんだん元気になりました。
今では若い時や、40代の時よりも、全然元気です。
更年期もバレエでスムーズに乗り越えられました。
つくづく、身体が弱かったのも、調子が悪かったのも、筋肉がなかったからだ!
ということがわかったからなのです。ほんとに筋肉は財産です。

この財産をいかに減らさないで、キープできるか、が健康でいられるかどうか?
のカギだ、と思っています。



特に女性は、寝たきりになる人が多い。男女比でみても、圧倒的に女性が多い。
これは女性の方が長生きというのと、男性に比べ、女性は筋肉量が少ないせい。
そして、閉経後の骨密度の減少での骨粗鬆症のせい。
いくら長生きになったとはいえ、10年も20年も寝たきりでは、楽しくないでしょう。

久野氏によると、じつは骨密度の低下は、筋肉が大きな影響を与えている、といいます。
骨密度にとって、一番重要なのが、力学的ストレスがかかっていること。
骨にかかる力が大きいと、耐えようとして、骨がしっかりする。
筋肉を動かすことで、刺激が力学的ストレスとなり、骨を丈夫にする、というわけです。

いわゆる、負荷が必要。筋肉を増やすにも負荷が必要。
骨にも必要、というわけです。
そして、たとえ少し弱くなった骨でも、筋肉があれば、筋肉を鍛えれば、
支えることができるでしょう。

寝たきりになりたくなければ、筋トレが必要な理由です。
今筋肉を鍛えておくかどうかで、人生終盤の10年20年を寝て過ごすか、が
決まってくる、というわけですね。

注意しないといけないのは、歩くだけではだめで筋トレと両方をやらないと
筋肉はつかないそうです。
歩くのは有酸素運動で、代謝系、動脈系の低下をふせぐ。
筋トレは運動機能、体力低下をふせぐ。



筋トレ、というと筋肉ムキムキをイメージしますが、
そうではなく、誰にも必要な「生活科学」。
人が生活や活動に欠かせない動きを維持するには、どの部分にどれくらいの筋肉が必要か、
だいたいわかっていて、その筋肉をつけるには、どんなトレーニングが必要かも
わかっているそうです。
なので、それぞれが自分の身体にふさわしいトレーニングをするわけです。

スクワット、ももあげ、しこを踏む、ツイスト腹筋、自転車こぎストレッチ、
ツイスト腹筋は→ツイスト腹筋
筋トレ→自宅でできる簡単筋トレ

久野氏は「人間は動かないでいると、どんどん寿命をちぢめる生きもの」と定義。
腰痛、ひざ痛も元をただせば、筋肉減少の問題で、
筋肉は身体を支えるコルセット(大腰筋、腹筋、背筋)。
太ももの筋力低下が、ひざ痛をまねいている。
糖尿病も筋肉減少病、といいます。
食べ物からとったブドウ糖が、筋肉工場でエネルギー源として使われるので、
筋肉が減ると、余ってしまう、といいます。

他にも、筋肉量が落ちることが、肌の衰えの原因、、と。
肌の老化は紫外線によるコラーゲン減少、活性酸素、女性ホルモンの低下
それらもあるが、肌の老化に一番大きい影響を与えているのが、筋肉量低下
それに伴う代謝力低下



その理由は、「筋肉は皮膚のすぐ下で、筋肉を動かすと皮膚も動き、連動している。
筋肉は20代がピークで、その後10年で10%の割合で落ちる。
100%詰まっていたものが80%に減ると、外側をくるむ肌の皮は余る。
その余った分が、たるみやシワになる。
かつ筋肉量が低下すると、てきめんに代謝力が低下する。
つまりターンオーバーと呼ばれる、表皮細胞の生まれ変わる力も衰え、肌に勢いがなくなる。
年齢に逆らって、美しい肌をキープしたい場合は、筋肉を落とさないように
トレーニングが必要。筋トレと有酸素運動を並行して行う
肌のきれいな人は、必ず運動をしている。

また、年とともに、二の腕がぷよぷよして、垂れ下がってくる。
これはまさしく、二の腕の筋肉量低下が進み、中身がしぼんだ状態。
ハリのある状態というのは、筋肉という土台があってこそ保たれるもの」

とまあ、筋肉の必要性が
「筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない理由」の本には書いてあります。

今回母のこともあり、あらためて、筋肉の必要性をつくづく感じました。
そして、その認識がない人もけっこういるのかもしれない、、と。
ほんとにバレエをやっててよかった!と、思います。
楽しくやれて、身体をきたえられて、こんないいものに出会えたなんて、ラッキーでした。
でないと、私も寝たきり一直線に行く可能性がありました。
母には何とか、だましだましでも筋肉を減らさないよう頑張ってもらって、
できるだけ元気に、楽しく過ごしてほしいものだ!と、心から願っています。



今日のオカメ様  一生懸命歩いていますよっ、アタシはハウスに入る前もビュンビュン飛びますよっ 
161105_1254~02




↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム