若く元気でいるために必要な食べ物

あっというまに12月で、今年ももう残りわずかになりました。
なので、誰かれと食事をする機会もあります。



で、気付いたのが、肉をあんまり食べない、という人が意外といることでした。
あまり好きじゃない、という人も。
友達にも鶏肉や塊肉が全くだめで、ミンチ肉(ハンバーグ)のみOKという人もいます。
全然食べない人や、できるだけ避けている人、好きじゃない人。
世の中にはけっこう肉を避け気味の人がいる、、ということでした。

かくいう私も、食べてはいたけど、最近までずっと肉食には、今一つの抵抗感がありました。
健康と生きものへの気持ち、肉はほんとにいいのか?悪いのか?
両方の意見があって、どっちなんだろう?と、自分の中でハッキリ答えがでていなかったからです。

でも今では、以前ブログでも書きましたが、→肉食はいいのか?悪いのか?
腸がもれる食事
色々調べた結果、肉は必要で、もっと食べないといけない、、、今ではそう思っています。
身体を動かすので、なおさら必要、、というのが、私の答えになりました。
もちろん魚も。卵も。動物性蛋白質をとることが必要、、と。

東京都健康長寿医療センター(老人総合研究所)という機関があります。
動物性食品を全くとらない菜食主義者が最も短命」というデータがあるそうです。

これは4つのグループに分けて、追跡調査をした結果、だそうです。
1.納豆、豆腐は食べるが、 肉、魚、乳製品は摂らない
2.菜食中心だが、卵や乳製品は食べる
3.肉や魚を週に1~2回は食べる
4.肉や魚を週に3~4回は食べる

1.は70歳前後で亡くなっており、 ほとんどの死因は脳卒中か肺炎です。
で、早死にする順番に2.3.と続き、4.が最も長生きだった。
そういう追跡結果があるわけです。



菜食主義といっても色んなタイプがあるわけですが、
厳密であればあるほど、老ける、、というのは、色んな人の写真をみて思います。
よく言われているのが、老化、しわ、色黒、やせ型または肥満になる、、というもの。

ただ、病気から菜食主義(マクロビ等)に入った人の場合、
吉冨信長氏によれば、
「人は古来より植物を利用して病気に対抗してきた。
薬草という言葉があるように、草、樹皮や果皮などを煎じて処方してきた。
現代の病気は食生活や生活習慣が大きく起因しているとされ、
ファーストフードや甘いお菓子などが原因にかかわっているとされる。」
「植物は自分の成長や自分の防御のために、あらゆる植物栄養素や自然毒を保有している。
これらの植物栄養素は、人間にとって毒なものもあれば、
人間に良い薬理作用を施すものもある。
それが、人間が不健康な時に、薬理的に作用することがある。」

で、「動物性のエネルギー摂取を控え、菜食をすることで、解毒や抗酸化に集中させる。
そして、これらのフィトケミカルが汚れた体にうまく作用する。
また、植物性食品にはビタミンCが多く含まれているため、抗ガン作用なども働き、
こうした薬理作用により患者は奇跡の回復をとげる。」

「ただ、元気になった後、通常の食生活に戻ればよいのだが、
菜食のおかげで健康になれたのだから、今後も菜食することで健康を保てるという
錯覚を起こしてしまう。」

「 そうするとどうなるか。健康体にとってフィトケミカルはかえって毒素のように働いてしまう。
抗酸化作用があるとしてほとんどの人が盲信しているポリフェノールは、
実はミネラル分の吸収を阻害する。
フィチン酸は体の余計な金属をキレートする一方、常食すれば体に必要な金属までキレートしていく。
植物ステロールは人間の体内にあるコレステロールをとってしまい、
細胞の形成に大きな影響を及ぼしてしまう。同時にホルモン代謝にも影響を与え、
ホルモンバランスが崩れる。
界面活性作用のある豆類によく含まれるサポニン、常在菌を殺してしまうアリシンなど
あげればキリがない。
その他、いまだ同定できない微量成分が人間の体に悪さをしていることもよくある。」



たぶん、尋常ではない老け方のベジタリアンの中には、上記のような
植物の作用を知らず、盲信している人もいるのでは?とも思えます。
もちろんそこまでではなくても、なんとなく肉食に抵抗があり、ヘルシー食がいい、
と思っている人は多いでしょう。

上記の東京都健康長寿医療センターがだしている、「老化遅延のための食生活指針」では、
動物性たんぱく質を十分に摂取する
・魚と肉の摂取は1:1程度の割合にする
・肉は、さまざまな種類を摂取し、偏らないようにする
油脂類の摂取が不足にならないように注意する

これらを推奨しています。
その理由は、、キイワードが、
たんぱく質」「血清アルブミン値」「総コレステロール値

「たんぱく質」は、筋肉、内臓、皮膚などを構成する成分、体の大切なエネルギー源。
不足すれば、体力や免疫力が低下し、血管も脆くなる。
体内老化だけでなく、肌や髪にハリツヤ、見た目の印象にも変化を及ぼす。

肉類に含まれるたんぱく質は、他の食材に比べても豊富に含まれている。
実は高齢者に必要なたんぱく質の摂取量は、高校生よりも多い
高校生より、高齢者の方がタンパク質を多くとらないといけない、、とは!

「アルブミン」
血液中を流れるたんぱく質の約50〜60%を占める、体が機能するために必要不可欠な物質。
アルブミンは歳を重ねるごとに減少しやすく、アルブミンの量で老化の進行状態を図ることもできる。
たんぱく質が十分でなければアルブミンは作られず、
高齢者のたんぱく質必要量が多いのはこうした根拠のせい。
血清アルブミン値が低い人は、脳出血といった血管の病気になりやすい、認知症になりやすい、
死亡リスクが高くなる、寝たきりになりやすい。



「総コレステロール値」
高齢になるほど気がかりになるコレステロール値。
健康診断の結果を見て、「コレステロール値が高かったから肉や卵を控えないと」
といった話もよくききます。
一般的に【コレステロール値が高い=健康を害する】といったイメージがあるが、
実は、【総コレステロール値が低いほど生活機能が低下する】といった調査結果が出されている。
さらに従来は、140〜199mg/dlが正常数値とされていたのに対し、
新たに151〜254 mg/dlぐらいまでに緩めるべきだ、といった論調もある。
また、160 mg/dlを切ると免疫力が大幅に下がり、ガンの発生率も高まる。
そのため、肉や卵といった効率的にコレステロールを摂取できる食品を控える人が、
逆に健康を害する危険性がある。

コレステロール。これも、以前書きました。
だいたい日本の基準値は、血圧にしても、コレステロール値にしても低すぎです。
このせいで、まちがったイメージで、薬をのまされたり、食べ物をひかえたり、
逆に病人を作る可能性さえあると思っています。
検診に行き、引っかかる人が多く、ありきたりなことしか言わない医者も多いので、
間違った常識が蔓延する理由だ、、と思っています。
年齢が上がれば、どの数値も高くなっていくのが、本来のあり方のはずなのに、、
低い方が、逆に健康を害する可能性だってあるのに、それを知らない人が多いわけです。

結果、イメージで、ヘルシーであっさりしたものを食べていた方が健康的、という
ムードが広がっている?と。
油をひかえて、肉をひかえて、ヘルシーに、となるわけです。
これは高齢になる人ほど思い違いしているように思います。



もちろん、私は野菜も大好きなので、野菜ジュースも作って毎日のんでいます。
他にも野菜料理もしっかり食べています。
ただ、肉に関しては、自分の中で答えがでたので、ちゃんと食べるようにしています。
そして、肉の油を捨てないで食べています。油も必要です。
ベジタリアンの有名人が、けっこういて、もしかしてカッコいいかもしれないけど、
それにだまされてはいけないな、、とつくづく思っています。

みんな健康で、年いってもできるだけ元気でいたいと思うのは同じでしょう。
それぞれに、いいと思うことをしているだけだと思いますが、イメージでとらえてる人が
案外多いかも、、?とも思ったことでした。



今日のオカメ様  ふんっアタシはおうちに入れられて面白くない~(意外と落ち着くんだけどね)
161118_1620~02




↓同感、参考になった、等いらしたら、書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ

ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

スポンサーサイト

コメント

バランスとプラスアルファ

食事はバランスとプラスアルファなのでしょうか・・・
そして運動(活動)ですね・・・。
いずれ、やってくるおひとりさま・・
そのときに元気に終えられるように今からとりくみます。

No title

はなさん、長生きをめざしているわけではないけど、ほんとにそうですね。できるだけぎりぎりまで元気でいたいね、、と思います。
1人だと、元気でないと困りますからねえ、、、
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム