健康管理は自分でしたほうがお得?

2016.12.23 17:18|健康、病気
来年1月1日から、医療費控除の特例として、
セルフメディケーションの税制がはじまるそうです。



それって何?
セルフメディケーションって?
私も友達から初めてその言葉をきいたわけですが、
セルフメディケーションは、
自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること
と、世界保健機関(WHO)は定義しているそうです。

保険のかかる費用を考えたら、遅いくらいで、今さらとも思うけど、
医療費削減としてはじめるにしても、医療費の税金控除になるのは、意味のあることだと思います。

で、税の控除は、自腹購入する市販の薬等の購入費用。
それが申告で節税対象となる、、ということのようです。

「スイッチOTC医薬品購入総額が、年間で12000円を超える部分が所得から控除される。
ただし、上限の控除額は88000円。
また、生計を一にしている家族・親族は合算対象に。同居じゃなくても問題ない。」
「この対象となる市販薬をスイッチOTC医薬品と言う。」

「たとえば、自分が花粉症で内服している市販薬「アレグラFX」、
妻が頭痛で内服している市販薬「ロキソニンS」、
おばあちゃんが使っているシップ「サロンパスEX」全部まとめて申請できる。
ちなみに、従来の医療費控除も、生計をいっしょにしている家族・親族は対象。」
(小枝医師のHPより)



健康管理を自分でしましたよ、、の証明として、
1.特定健康診査=結果通知表
2.予防接種=領収書または予防接種済証
3.定期健康診断=結果通知表
4.健康診査=結果通知表
5.がん検診=領収書または結果通知表    これらも、申告できるそうです。

スイッチOTC医薬品を購入した場合は、
1.商品名 2.金額 3.セルフメディケーション対象商品である旨 4.販売店名 5.購入日
つまり、領収書はきちんと取っておかないといけないわけです。

今までは、年に医療費として総額10万円以上支払いをした人が対象だった。
(10万円以上支払いをした人は、10万円を超える部分が所得から控除されていた)
ただ、控除の申請には確定申告をする必要があり、
その医療費控除に、今回の特別枠が追加され、対象者が拡大する、ということのようです。

でもまあ、自分で買った薬も対象になるなら、それは意味のあることです。
薬も薬局で買えば高いですしね。

けど、どっちみち今のところ、私にはほとんど関係のない話です。
10万以上の治療費が必要なことは、何年もありませんし、薬はのまないし。
ただ、12000円は超える人はけっこういそうです。申告を面倒がらなければ、、

ここ最近特に、病院にはほとんどかからないし、薬ものみません。
(交通事故では行ったけど)
風邪でも薬はのまない。血圧の薬、花粉症の薬も全くのまなくなりました。
これは、とてもありがたいことだと思います。
かなり健康に気を使い、運動もし(バレエ)、食事もかなり気をつけているし、
睡眠もしっかりとるし、自分の自然治癒力を引き出すことを考えています。
まあ、やりたいことしかしてないので、ストレスがないから、、が一番大きいかもしれませんが。

自然治癒力というと、一気に怪しいと思われる方もいるでしょう。
マクロビとか波動とか、整体、まあ色々あります。
マクロビはやっていませんが、昔は私もひととおり興味をもち、やってみました。

40代の頃はまっていた本

そういえば、この前、整体に行った話を書きましたが、
そこでも先生が、自然治癒力のはなしをしていました。

整体の先生は、スポーツマンだったので、子どもの時から骨折やケガだらけだったけど、
昔、骨折で病院で治療を受けたら、7か月も治癒にかかったけど、
その後、それよりひどい骨折で、ほねつぎ医に治療してもらったら、たった2週間で復帰できた、
という話をしていました。
骨接ぎ医で、骨をグイと元の所に戻してくれたそうです。
あとは、自分の身体の治す力にまかせる。それが一番治癒が早い、というわけです。

そういえばそうです。
昔は骨折とか、骨を自分で元の場所に戻した、、とかの話をきいたことがあります。
簡単に病院に行けない頃は、民間治療や、自助治癒の方法が発達していて、
けっこうそれで、みんな何とかしていたわけです。
しかも、今の治療より治りが早く、人も治る力を信じていたわけです。
今の医療は、切ったり金属を入れて、人の治癒力をかえって遮断している、、と。
それを身をもって知って、そして手術で悪化させられた人が、どうにもならなくなって整体にくる。
それもあって、その先生も今の医療に 不信感だらけになっているそうです。

ちなみに、上記の骨接ぎは、今でいう柔道整復師、というようです。
ただ、今はその資格をとれる学校が乱立し、治療のレベルが下がっていて、
そこにいけばいいわけでもない、、とか。
目印は「骨接ぎ」と書いてあるところにいくのがいい、、そうです。

バレエ友達で、今年のはじめに腕を骨折してしまい、やっと最近骨を固定していた金属を
はずす手術をした人がいます。 彼女の場合、ほぼ治癒に1年かかったわけです。
「骨接ぎ」のことを知っていたら、そういう所に行っていたら、もっと早く復帰できただろうな、、と、
つくづく思いました。



このように、昔ながらのいいものはたくさんあります。
それは、けっこう身体の治癒力を引き出す、考えが強かったわけです。
風邪でも、薬なんてのんでいません。休んであたたかくして治した。

それが、いまの医療以外は怪しいと、否定され過ぎている気もします。
昔の治療を否定している人が多いかもしれませんが、
じつは、今の医療もかなりおかしい。私もかなり不信感が強い方です。
もちろんすばらしい医療もあるでしょうが、全体的に人の体をトータルで見れず、
部位、部位でしか考えないことが多い。  それは致命的なところだと。
どこかの部分を良くしても、じつは問題はそこではなかった、とか、別の所にしわ寄せがくるとか。
人の体はつながっているのですから。

なのに、医者のいうことを信じ切っている人も中にはいます。
自分の身体なのに、自分で考えないで医者任せ、人任せな人もいます。
高齢の人ほど、医者の言うことは絶対、、と思う人が中にはいます。
整体にくる患者さんも、依頼心の強い人が多い、、と、先生もおっしゃっていました。

アメリカは制度的には色々問題を抱えていて、いいとは思いませんが、
医療費が高いのもあって、でしょう。
まず患者が自分で勉強して、病院にかかるそうです。
最近読んだ記事に、ありました。
「風邪に対する投薬を受ける際にアメリカ人は、「免疫力を上げる薬を加えてほしい」、
「抗生物質は処方しないでもらいたい」、「ビタミンC3000mg の処方を望む」など
専門的な内容を含む具体的な依頼が多くなる。」 、、とありました。

そりゃそうでしょう。自分の身体なんだから、お金がけっこうかかるとなると、
一生懸命調べて、何と何が必要か、余計なものを出されると費用が高くなるなら
勉強して、最小限のものにしてもらうことでしょう。

この本はおススメ。風邪の概念が変わります。

こういうコスト意識があまりない日本では、(とくに高齢者では安くなるので)
もうほとんどないのでは?とも思います。
うちの母をみていても、自分の払うお金には意識はあっても、コスト意識はほとんどない。

簡単に薬をもらい、簡単に薬を出す。
いらない薬まで出すし、もらう。もらわないと損、くらいに考えている人も中にはいるのでは?
とすら思う 。そういう状況でしょう。
お金があまりかからず簡単に治療してもらえるので、何も考えず、人任せで
気楽に病院に行き過ぎなのかもしれません。

まあ、そういう人も中にはいるから、今度のこの制度も始まるのかもしれません。
どっちにしろ、今のところは私には関係ない制度なのは、とてもありがたいことです。
これからも、できるだけ病院に近寄らないで、薬ものまないですむよう、
健康に気をつけて、元気に過ごせれたらいいな、、と願っています。
自分の治癒力も高めていけるように、笑って過ごせるのが理想です。

ほんとうは、セルフメディケーションというのは、本来できるだけ病院や薬に頼らず
自助努力をしようとする、ということなのではないか?と思いますがね。
病気にならないための、スポーツをするとか、本を買うとか、調べるとか、食べ物を買うとか、
整体もそうですが、そういったものにかかるお金を、控除する、がほんとうだろう、、
と思いますがねえ、、。

まあ、それは無理そうなので、これからも気になることは調べて、勉強して健康に気をつけて
いきたいものです。
ただ、事故には気をつけねば、、、ね。



今日のオカメ様  アタシがいてあげてるから、元気でいられるんじゃあないですかっ?
161220_2233~02




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト

コメント

No title

自然療法の本、以前より、気になっている本です。お読みになっていかがですか?

No title

はなさん、
上記のように40代の頃はよく読んだのですが、今は読んでいないので、今読むとどうかの判断は、ちょっと不明です。  
考え方はいいのですが、忙しい今の人が仕事をもちながらやるのは、けっこう大変かもしれません。  情報もちょっと古いところもあると思います。
友達がガンになった時も、ビワの葉で色々やっていました。
効果はいまひとつはっきりしなかったです。
気休めにはなりますが、、、

ただ、古典の良書だと思うので、こういう方法もある、考え方もある、と、もし興味があれば参考で読まれるのも一法かと思います。

No title

ありがとうございます。
なんでも検査、数値、薬・・というのが信用できなくて
医者のいうことは「ほんまかな」と思ってしまいます。

No title

はなさんも、そう思っているのですね。
なかなか信用できる医者には、当たらないです~
ひどい目にあった人を何人も見るとつい、、そう思ってしまいます。
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム