幸せの国の日本

2017.04.20 11:45|世情
最近、日本の技術がすごい、という番組が増えた気がします。
日本人があまり興味をもたない文化に、すごく興味をもつ海外の人が、
日本に来て、現場を体験する番組です。

9d0f8fe86bbdd055d98ea3bf18be9d58[1]

この前見たのが、組子細工を愛するアメリカ人で、自分流にやっていて
不明なことが多いし、尊敬している、みたい作品がある、その人を日本にご招待、、
というわけです。で、実際に組小細工の、すごい職人さんの仕事を、
テレビをみている私たちも、知ることができるわけです。

今回の組小職人、塩澤氏。その仕事をみて、すごい!と、
その技術の完成度に驚きました。
緻密で繊細。ものすごい根気のいる仕事です。
日本人の私たちが知らないけど、日本にはほんとにすごい職人さんがいるのですねえ、、
それを外国の人に教えられる、、というわけです。

たしかに、海外では(東南アジア以外)雑で、いいかげんな作りのものがけっこうあります。
彼らから見たら、日本の技術は驚きでしょう。

このように、日本人は自分たちの技術や、粘り強さでコツコツやる気力、そういったものに
あまりに無頓着で、知らないことが多いです。
実は、それは技術の面だけではなく、経営にもそれはあるらしいのです。

スティーブジョブズが日本、禅に惹かれていた、という話は知っている人も
多いと思います。ビルゲイツが軽井沢に別荘をもっている、、という話も
軽井沢の友人から聞いたことがありますが、
オラクルの元CEOのラリーエリソンが、京都に家をもち、京都にいたりするとか、、
いわゆる経営者も、日本に興味があるらしいのです。

それが、日本文化だけでなく、企業家の思考法に興味があるとか、、
日本企業は、よくガラパゴス化している、と言われますが、
実際には、どうやらそうばかりでもないらしい、、というのです。

どうやら日本の企業は、渋沢栄一からの系譜で、日産、日立を作った鮎川義介等、
明治期からの日本の企業家の考え方、精神、ノウハウが受け継がれていて、
それを上記の米人経営者も学んでいるらしい、、という話を最近聞きました。



100年以上続いている長寿企業は、日本には26000社以上あるそうです。
これは世界一。そんなにたくさんあるんですね。
そして200年以上続いている企業が5568社もある。これは世界で見ても
上位1~6位までが日本企業で、9位も日本、、、だそうです。

う~ん、そんなにすごいとは!
技術と伝統もありますが、経営を長く続けるのは、それは並大抵ではないでしょう。
全ての企業ではないでしょうが、日本企業は本来、
「企業の始まりが、天道にのっとり自然の摂理に従うこと、
地球の求心力の「愛」と「仁」にのっとっている、それをはずさず実践する」
徳山 暉純氏によると、明治期からのそういう企業の基本精神があるようです。

仕事のない時代に、みな貧乏で食べることもままならず苦労しているのをみて
頑張って企業し、仕事を作り、人を雇うことで食べていける人を増やした。
こういう企業からはじまった精神がある、、というわけです。

日本企業は平等で、社長も社員と同じ食堂でご飯を食べる、というのはよく聞きます。
これは他の国ではありえないようです。
身分の差が、はっきり分かれているからです。

そんなに続く企業や精神ノウハウがあれば、その奥義を学びたい、と思う外国人も
当然いることでしょうね。

でもそういったことは、日本人はほとんどは聞かされていないし、知らないことです。
相変わらず、日本企業の欠点やダメな所を、あれこれ取り上げて、
自虐していることが多い気がします。
実際、そういう上記精神のない会社も多いでしょうし、そんなにして雇ってもらわなくても、
今は人手不足で、売り手市場なので、仕事はいくらでもあるでしょう。



今の日本人の特に20代、30代の若者(男性)は、海外に行かないそうです。
行きたいとも思っていないようです。
それは、それだけ日本が居心地がいいから、でしょうが、
自閉していると、世界の危機感が見えないし、他の国を知らないと、
逆に日本が見えてこないのでは?というのが気にかかります。

「ハーバード大に留学している日本人は5人、中国人1000人、韓国人700人、
日本人が少なすぎることが心配されている。
それは世界中から集まる場所で、他国の友達の人脈が作れることが一番重要なのに、
これでは日本が孤立する」、その可能性があるから、だそうです。

「アメリカでは、若者に日本のアニメやマンガがすごく人気で、
東洋思想を題材にした映画、スターウォーズ、ラストサムライ、フィフスエレメント等
たくさんあり、日本の文化がヒーローに、自動車や精密機器、寿司バーがステータスになっている」
とは、アメリカ、日本在住の日産グローバル取締り役の徳山 暉純氏の言です。

そして、「世界の遺産、ピラミッドや、コロッセオ、パンテオン等は、
もう同じものを建てることはできない。それができる技術者も技術もない、といいます。
でも、伊勢神宮、出雲大社等の日本の建築は、20年ごとに建て直しをしていて、
その技術が次の人に受け継がれるような仕組みになっている。」、、と。

以前にも少し書きましたが、
今までの欧米社会の近代合理主義が、とっくに行き詰まっていて、
これからの展望を、心の世界を追求してきた東洋に、特に日本文化に見出そう、、
と考える、外国の人が増えているようです。(特に米国)
でも、日本人自身はというと、
「他の国を知らないで、自国にばかり籠っているので、日本の良さがわかっていない。
日本がいかに幸せな国かをわかっていない。
若者は海外に5年くらい出て暮らしてみることが、これからの日本のためにも必要。」
(徳山 暉純)



でも、なにも好き好んで、海外に行き、あえてしんどいことをする動機づけが、
今の若者にはあまりないのでしょうね。
親もその必要性をまったく感じていないでしょう。
でも、かといって、日本に満足しているわけでもないようです。

2016年度の、世界の幸せな国ランキングでも、
日本は157カ国中53位で過去最低になっているそうです。
(第1位のデンマークはじめ上位北欧)

まあ、不満やおかしいこともいっぱいあります。
私もおかしいことは、おかしい、、と色々書きます。
落差も広がっている、、とはいえ、日本の落差は他の国とは比べようもない気がします、
夜も平気で外を歩けるし、財布やカードを落としてもちゃんともどってくる。
世界中の食べ物が食べれる、水道水も飲める、平和で安全で自由な国。
時々なんて幸せな国で暮しているんだろう、、
この時代に、この日本に生まれられていてほんとに良かった、、というのは、
ときどき思うことがあります。

私は長めの海外旅行に行っただけで、住んだことはありませんが、
旅行で色んな国をみて、やはり日本に生まれてよかったなあ、と思うのです。
旅行に行くならいいけど、それらの国に暮らすのはきついだろうな、、と。
(東南アジアの一部暮らしやすい国はあるかもしれませんが)



それだけ若者も居心地がよくて、海外に行く必要も感じていない、と
いうことなんでしょうねえ。

でも、それだけいい国に生れた者としての責任?として、
日本のもっている精神が、これからの時代には求められている。
日本人の自覚が必要、というのはもっていなくてはいけないのでは?と思います。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」、、ということわざを、今の若者も
親の世代も、もしかして知らないのかもしれません。
それだけ恵まれた国に暮す日本人には、危機感もハングリー精神もないでしょう。
これからの時代、日本のはたすべき役割は大きいだろう、と思うのですがねえ、、

これには私たちの受けてきた、戦後の教育の問題が、大いに関係ありそうです。
いいかげんに目を覚まさないといけない、、と思うのですが、、。


今日のオカメ様   今日は怒ってますよっ、ほっといてちょうだいっのポーズですよ!
130503_1533~02




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト

コメント

No title

確かに自分の国の良さと文化がわかってないと、海外に出ても通用しませんね。漢字一つとっても、英語にはない独特の良さがあると思います。日本人は確かに小さいし、体力的にはいまいちですが、もっと勇気を持って世界に出て行ってほしいと思います。

No title

たぬきさん、いつもありがとうございます。
たしかに体格的には、海外では圧倒されますね。
ヨーロッパでは、南のスペインではたいして身長はかわらないのに、北にいくにつれ、背が高くなって身体が大きくなるので、大きさにびびります。
でも、日本の若者は大きくなってきているので、あとは気持ち次第ですねえ、、、
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム