老後資金はいくらいる、なんて言ってる場合じゃない?

2017.06.04 14:51|老後
よくあるのが、自分のお金が老後何年もつか?いくら必要か?
という記事です。

またか、、と、うんざりするものの、気になるので見てしまいます。
そこにはお決まりの、老後夫婦で生活するのに、月35万、、とか
最近は生活保険文化センター調査の、夫婦2人で最低限の生活費22万、、
との数値が。



最近どこかの記事で読んだのが、
「じっさい年金生活になってみて、じつはそんなにお金はかからなかった」と
書いてあるのを読みました。 (大江秀樹氏)

大江氏によると、老後の生活費は、現役時代の6,7割くらいですむので、
じっさい自分たちがそうなって、夫婦二人で、22万もかからなかったそうです。

私もそう思っています。
まあ、私は一人暮らしなのですが、
もともとビンボー暮らしながら、すでに家ローンが終わっているので、住居費がかからず
(修繕積立、管理費、固定資産税はかかるけど)
去年から年金が入るようになって、とても楽になりました。

といっても、国民年金+個人年金で月10万くらい。
それに、仕事のお金がほんとに少しですが、いまだに入ってくるので、
ビンボーでなら、それで十分暮らしていけます。

国民年金の場合、40年満額払い続ければ、月65000円の支給になります。
厚生年金はさらに上乗せ。
単純に計算しても、国民年金だけでも年間78万、10年で780万、30年で2340万。
仮に長く生きた場合、40年で3120万になります。
月10万の年金の場合でも、40年で4800万に。
それに厚生年金分足せば、もっともらえるわけです。



大江氏のように、夫婦2人でも22万かからなければ、
厚生年金分で足りない分は、そんなに大きな金額にはならないのでは?
とも思います。

そんなに貯金をたくさん貯めなきゃ、と思ってガツガツすることはないのでは?と
能天気な私は思っているのです。

そういったことを思っていたら、おもしろそうな本があることがわかりました。
最近、話題になっている、「ライフシフト100年時代の人生戦略」

まだ読んでいないのですが、これからは100歳まで生きる人が増える時代になり、
それを乗り切るための、心構えをアドバイスした本、だそうです。
図書館で借りようと、予約を入れたら、まさかの295番目!でした。
みなさん注目しているのですね!
いったいいつ読めるのでしょうか、、、??

要約をみると、今までの「勉強→働く→老後」の人生モデルが、
これからの時代は成り立たなくなってくる。
暗い未来を書き換えるためには、さまざまなことを試す必要がある、、と。
どうやら、若ければ若いほど、長生きする可能性が大きくなるようです。



著者のリンダ氏によると
「たとえば100歳まで生きる場合、65歳に引退して、それまでに蓄えた資産で
残りの人生を暮らすのは現実的じゃない」
「人生が長くなると、健康や人間関係についても考えなければならない。」
「1945年生まれ、1971年生まれ、1998年生まれの人物を想定し、
それぞれこんな可能性がありそう、と例を出しながら、皆さんの人生設計のヒントに
してもらえるような内容、となっている。」

大事なキーワードが2つ。
ひとつが「人生のマルチステージ化」。もうひとつが「無形資産」。

・マルチステージ化
いままでのような「学ぶ時期/会社勤めの時期/引退後」という
3ステージでの人生を選ぶ人が減り、より多くのステージからなる人生を選ぶ人が増える。
「◯歳ではこのステージ」といったことも減り、生きることが多様化する。
「学ぶ時期」「会社勤めの時期」「引退後」以外の、別のステージもでてくる。

別のステージとは、キャリアを外れ、自分で職を生み出す
「インディペンデント・プロデューサー」のステージ。
同時にいくつもの活動に関わる「ポートフォリオ・ワーカー」のステージ。
すでにいま、そういった生き方を選ぶ人たちが、増えてきている。



・無形資産
寿命100年時代には、マイホームや現金や銀行預金といった「有形資産」だけでなく、
目に見えない資産の「無形資産」についてもどう増やし、どう運用していくか、
目を向ける必要がでてくる。

無形資産には大きく3つあり、
1)「生産性資産」──これは仕事に役立つスキルや知識など。
また、仕事につながる人間関係や評判といったことも。
2)「活力資産」──これは健康、友人、愛など。
それぞれの人に肉体的・精神的な幸福感と充実感を持たせ、やる気をかきたて、
前向きな気持ちにさせてくれる資産。
3)「変身資産」──人生の途中で、新ステージへの移行を
成功させる意思と能力のこと。
人生がマルチステージ化する100年時代には、次のステージにうまく移ることが
非常に大事になる。

寿命100年時代、それぞれの人の人生はより複雑になるので、
「無形資産」についても考えつつ人生戦略を立てていくことが、
さまざまな危機を回避することに役立ち、より充実した人生を送りやすくする。
(著者へのインタビュー記事から、転載)



う~ん、これからの長寿の時代、今までのモデルは全く役にたたなそうです。
お金を貯めるだけでもだめなようです。
その人、その人の生き方全体の問題となってくる、わけですね。

やはり個人差がかなり出てきそうだし、保守的に今までの人生を踏襲していたのでは、
無理がきそうです。
やはり時代は変わってきています。

つい最近話した不動産関係の人と、今の社会では年齢が大きく言われるが、
これからは年齢ではなく、個人個人によって大きく違うので、年齢では推し量れない
時代になる、、というような話を、したばかりでした。

今までの規定の路線では、相変わらず年齢や社会的な要素が大きいけど
新しい動きの中には、そういった考えを持つ人が増えてきている、、というのは
とても感じていました。

私のように既定路線を生きてこなかった者にとっては、
一人一人が、自分の頭で考えて生きて行かないといけない時代に
じょじょになってきていることを、、うれしく思っているのですがねえ、、。

老後の資金がいくら必要、、とかだけでは、カバーしきれない時代になってきていて、
それが今後どんどん進んでいることだけは確かでしょう。



今日のオカメ様  さて、アタシはどっちの方を向いて生きていったらいいのでしょう、、?
170519_1205~01



↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



スポンサーサイト

コメント

No title

老後の資金は気になりますよね。うちも貯金は老後の資金にして、団地に住んで家を買っていません。

No title

たぬきさん、さすがです。とても賢い方法ですね!
これから中古家は下がる気がします。

いまだに私は、色々試行錯誤していていい方法がないか?検討中なのです。
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム