畑は相変わらず草がはえているのですが

2017.06.28 16:16|自然農
最近畑のことを全然書いていないので、
何人かから、畑やってるの?と聞かれました。

相変わらず、手をかけない自然栽培(ありのまま?栽培)をやっています。
農薬ゼロ、肥料ほぼゼロ、の草をはやしながらやる横着栽培です。

170622_1859~03

たぶん、誰がみても手抜きのほっちらかし、にしか見えないと思いますが、
まあ、人がどう思おうとそんなの気にしてたら、自分のやりやすい、安全な栽培は
できないので、気にしないでやっています。

うんと小さい畑なのに、何やかや植えてあるので、
収獲はほんの少しづつになりますが、野菜ジュースの葉物の半分以上は
畑で取れたものを使っています。

そばも植えていて、そばもジュースに入れています。
(そばのスプラウトを買ったので、その小さい苗?を植えたもの)
少しづつだけど、キャベツも収穫、ブロッコリーの葉も収穫、パセリ、ニンジンの葉、
最近は、雲南百薬の葉、しその葉も取れだし、ジュースに入れています。
キュウリ、ミニトマも少しづつ取れだしました。

色んなものを、花がさいて、種がなるまでおいておいて、種も取っています。
ネギの種も取りました。
顔見知りの畑のおじいさんから、ネギの種が欲しいと言われて、差し上げました。
私も再度まいておこう、と思います。

こんな普通と違うきれいじゃない畑でも、ちゃんといろんなものが、芽が出て、
曲りなりにでも生えてくれ、ほんとにうれしいです。
肥料をほとんどやっていないので、(米ぬかや燻炭。一部果菜に少しだけ牛糞を入れた)
大きなりっぱな物はとれません。それでも、ちゃんとなってくれます。

170622_1859~05

植物は窒素、カリ、リンが必要とは学校で習ったので、みんな肥料は
やらないと植物は育たない、と思い込んでいます。
特に窒素です。硝酸態窒素。
これは、やり過ぎの問題が色々取り上げられるようになりました。
ガンの要因や、やり過ぎによる地球環境の問題も、、。

でも、体への影響はそんなに考えなくてもいい、という説もあります。
が、そもそも、窒素をやり過ぎの野菜はおいしくないようです。
まずく、栄養価が低く、日持ちしない。
岡本信一氏によると、
「おいしさの一つの指標となる糖度は、作物が含む硝酸態窒素の量と反比例する傾向にある。
硝酸態窒素が高いと糖度が上がりにくい。
つまり、硝酸態窒素が高いと糖度が低くまずくなる可能性が高くなる。」

しかも、窒素過多によって、虫がつきやすくなるようです。
なので、肥糧を多くやると、殺虫剤も必要になる、わけです。

「窒素肥料を過剰に施すと、作物が吸収した硝酸態窒素を体の中で
分解する作用が追いつかず、作物中の硝酸態窒素が増える。
こうなった作物には虫が付きやすくなる、というとらえ方が正しい。
そして、この場合の窒素肥料とは、化学肥料であろうと天然物由来のもの、
堆肥であろうと、結果は同じことである。」



「作物中の硝酸態窒素が多いと、アブラムシがつきやすいという研究結果がある。
また、海外ではアブラムシ以外の虫も、硝酸態窒素が多いと付きやすいという研究結果がある。

筆者自身のこれまでの現場での経験でも、作物中の硝酸態窒素が増えると虫がつきやすく、
病気になりやすいということはよく見られる現象だ。
雨が多いなど気象条件が悪いとき、硝酸態窒素が多いと作物自体が倒れてしまうこともある。」

なんだか、、、バカバカしいですね。
お金も手間もかけて、人が余計なことをしているのでは?とも思えます。
みなさん、お金も時間も手間も、かなり畑にかけているようですし、
肥料代、殺虫剤代も、けっこうかかっていて、バカにならないことでしょう。

私は横着者なので、最低限のことしかしないので、とても楽して、畑を楽しめています。
お金もかけていません。
時々米ぬかをお米屋さんで、50円で買うくらいです。
種もときどき買いますが、とれるものは自分でも種をとってまきます。

170622_1859~04

苗も時々買いますが、上記そばのように、食品として売ってるスプラウトを植えたり、
買ったマメの大豆をまいたり、安く買ったボロボロのニンニクを1粒づつ分けて植えたり、と
色々工夫して、ほんとにあまりお金がけていません。
(小さいけどニンニクも収穫した)

この前話をしてて、「肥料をやりすぎて葉ばかり繁って失敗した~」という人がいて、
葉を見ると、たしかに全然違います。ものすごく緑が濃いのです。
他の畑の人達の葉物も、よく見ると、うちと比べて、緑が濃いなあ、、と思います。
ただ、みんさんの畑の野菜は、とても大きくりっぱな葉が茂り、りっぱな作物が取れているようです。
草などまったく生やしていません。

みんなマメに手入れして、マメに肥糧をまいて、マメに耕して、
病気だ、といえば、マメに農薬もまいているようです。
草をはやすのは、ハジという意識をお持ちの方がやはりまだまだ多いのですね。
日本人のマメさと几帳面さが、畑にもしっかり出ています。

私のようなルーズな畑は、信じられないわけでしょうね。
たしかに見栄えはまったく良くはありません。

草の根に土を耕してもらう、なので草は基本はやして、土を耕さない。
土の微生物を増やすことで、肥糧をやらない、、、これが
自然栽培の考え方だと思います。

170622_1900~01

肥料あげすぎ、農薬まきすぎ、きれいで見栄えのいい作物を育てるのがプロ、、
という農法の行き過ぎの反省から、そういうやり方の人がだんだん増えてきたのだと
思うのですが、、、

なぜか、区民農園では、こんなやり方してる人は、他にはいないようです。
新入りの人は、ベテランさんに教えてもらいながらやるので、肥糧、農薬がセットの
やり方を覚えるから、、?でしょうか?
きれいに見えない私の畑を見て、誰も私には聞いてきませんからねえ、、、

でも、まあ、排除されないだけいいと思います。
こいつはやり方が違うようだ、と何となく容認してくれているようなので、
ほんとに助かっています。
以前クギをさしたオジサンも、最近では「草ばかり生えて」、とは言わなくなりました。

上記岡本氏によると、
「葉菜類は、土壌中の養分が充分で根の張りさえ良ければチッソ肥料などは殆どいらず、
土壌の物理性に気をつけるべきもの。
つまり、土壌の良し悪しで出来が殆ど決まってしまうようなもの。
様々な試験を行った結果、葉菜類はほとんど基肥窒素は、いらないということに気付いた。」

とあります。
みなさん、肥料が必要、、と、あまりに思い込み過ぎている、、と、私も思うのですがねえ、、、

170612_1353~02

ちなみに、畑に植えていたヨモギの半分以上を収穫し、干して、
ヨモギの入浴剤を作りました。

先の柔らかい部分は、蒸して、ミルサーにかけ、ヨモギ粉にして保存して
何かに使おうと思っています。
犬のおしっこもかかってない、安心安全なヨモギです。



今日のオカメ様  うう、、なにするのやっ!?麦藁帽?どっからそんなの買ってきたんや~
(義妹がスマホでとってくれ、サイズ大きすぎ、PCのをガラケーで撮りなおしたので変ですが、、)
170628_1528~01

もう一枚(やっぱり変ですが、、、こんな帽子)
170628_1528~02




↓いつも読んでくださってありがとうございます。同感、参考になった、等いらしたら、
書くはげみになりますので、クリックをどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓ ついでに、、こちらも押してくださると、うれしいです

人気ブログランキングへ


ライフスタイル、暮らしのいろいろ
にほんブログ村 トラコミュ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活


スポンサーサイト

コメント

No title

自然栽培すごいですね。育つのがたのしみですね~~~。収穫が期待できますね。

No title

たぬきさん、そうなんです。
まいた種がでてきて、植えたものが育つのは、とても楽しみでいい気持ちです。
土や緑にふれるのは、すごく癒され食べる楽しみもあり、横着ながら、畑作業は楽しみです。
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

おじおばさん

Author:おじおばさん
オカメインコと暮らす、独り者おじおば。ビンボーながら、今まで気ままに好きなことをやって生きてこれた(自由業)。ありがたいことです。これからも色々考えながら、楽しくやっていけたら、と思っております。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

フリーエリア

私の使っているおススメ商品 ヘアカラー 保水クリーム ホンモノの青汁、これは一押し リッチグリーン 水素水はこちら

QRコード

QR

検索フォーム